誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    現代音楽

現代音楽

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 音楽
テーマ「現代音楽」のブログを一覧表示!「現代音楽」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「現代音楽」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「現代音楽」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

武満徹:秋(1973)−琵琶、尺八、オーケストラのためのア・ウェイ・アローンII(1981)−弦楽オーケストラのためのウォーター・ドリーミング(1987)−フルートとオーケストラのためのトゥイル・バイ・トワイライト( ... » more

アンリ・デュティユー:交響曲第1番ハンス・グラフ指揮ボルドー・アキテーヌ国立管弦楽団(2001年録音)やー、昨日の合唱団の話し合い(飲み会とも言う)は盛り上がりました。男4人でハイドンのことを話していたの ... » more
テーマ 現代音楽 フランスもの

やれやれ、体調もやっと落ち着きました。とりあえず、西洋の投薬治療と東洋の鍼灸治療のハイブリッドで当分治療を進めることにします。体調不良で休んでいた第九練習でしたが、これで出演を断念しなくてはならなくなりました。明日にでも ... » more

アルヴォ・ペルト:カントゥス〜ベンジャミン・ブリテンの思い出にゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮BBC交響楽団(1979年ライヴ録音・イギリス初演)ワタクシ、やや頭痛が出ているため、激しい音楽は受け付 ... » more
テーマ ペルト オーケストラ 現代音楽

作曲家吉松隆氏は,書くことと描くことも達者な人です.(マンガはとにかく2頭身でかわいらしい!)で,吉松氏のブログ,八分音符の憂鬱をよくチェックしています.これは日々の雑感で,わりと真面目な音楽エッセイは,姉妹サイトの月刊クラッシック音楽探偵 ... » more
テーマ 音楽 現代音楽 吉松隆

ルチアーノ・ベリオ:シンフォニア(8つの声とオーケストラのための)レジス・パスキエ:ヴァイオリンニュー・スウィングル・シンガーズピエール・ブーレーズ指揮フランス国立管弦楽団今朝は3時半に起きてしまった ... » more
テーマ 現代音楽 イタリアもの

原です。いろいろ理由があってブログを中断していましたが、再開しようと思います。きっかけになったのは、師匠の死です。僕は今までたった一人にだけ、音楽を教えてもらったことがあります。音大の時に2年間、大村哲弥 ... » more
テーマ 現代音楽 音楽一般 作曲

音海ダイバーNGATARI
私は特定のミュージシャンに関する批評をする際には、基本的にある程度聴き込んでからするようにしています。が、たまには出会った時の衝撃をそのままに、あれこれと想像を交えながら語ってみるのもアリかなと思い、今回は先日発見したばかりの『NGATAR ... » more

音海ダイバー天国
天国 今日はちょっと趣向を変えて宗教的な話を・・・するわけではなく、『天国』という名前のユニットを紹介します。天国はボーカルの宮國英仁(彼は以前『南風亭こま』としてここでも紹介しています)とピアノの本間太郎による歌謡(?)ユニット ... » more

音海ダイバーペンギン人格
ペンギン人格 ご無沙汰しています。多忙に加えてPCの調子まで悪くなってしまい、すっかり更新を怠っていました。ですがお盆の季節に入りまして、私も束の間の休暇期間に入りました。思い切ってPCも買い替えましたので、今月はドシドシ更新していきたいと思っていま ... » more
テーマ アヴァンギャルド 現代音楽 エクスペリメンタル

オリヴィエ・メシアン:5つのルシャン(12人のソロ歌手による)テリー・エドワーズ指揮ロンドン・シンフォニエッタ・コーラス(1990年録音)たま〜にメシアンが聴きたくなる。ハーモニーもリズムも旋律も ... » more
テーマ 現代音楽 フランスもの 合唱

少し前の話になりますが、日本公演を実現させたスティーヴ・ライヒ(STEVE REICH)の再評価がなされていますね!TOWERさんでは、特集が組まれていますので、ファンの方や気になる方はチェックしてみてください。こちら ... » more
テーマ 現代音楽

ベアトゥスアルヴォ・ペルト合唱作品集スタトゥイト・エイ・ドミヌスミサ・シラビカ(無伴奏版)ベアトゥス・ペトロニウス7マニフィカト-アンティフォンデ・プロフンディス(深き淵より)メメントカンタテ・ドミノ ... » more

ジョン・ラター:レクィエム合唱とオルガンのための降臨節アンセム「立ち上がれ、喜びに輝け」無伴奏二重合唱のためのアンセム「神聖なる愛よ、来たれ」合唱とフルートのためのアンセム「神の贈り物なる音楽」合唱とオルガン ... » more
テーマ 現代音楽 イギリスもの 合唱

レナード・バーンスタイン:映画音楽「波止場」-交響組曲チチェスター詩篇ミュージカル「オン・ザ・タウン」-3つのダンス・エピソードトマス・ケリー:トレブルエリザベス・フランクリン=キッチン:ソプラノヴィ ... » more

オリヴィエ・メシアン:世の終わりのための四重奏曲主題と変奏アミーチ・アンサンブル(1999年録音)今日はメシアン(1908-1992)を聴いております。そう、今年生誕100年のメモ ... » more
テーマ 室内楽 現代音楽 フランスもの  コメント(2)

スティーヴライヒ:・ディファレント・トレインズクロノス・カルテット・エレクトリック・カウンターポイントパット・メセニー:ギター(1988年1987年録音) 今日は娘と一緒に昼食→おやつの ... » more
テーマ 室内楽 アメリカもの 現代音楽  コメント(2)

ソフィア・グバイドゥーリナ:作品集バヤンとチェロのための「イン・クローチェ」バヤン、ヴァイオリン、チェロのための「シレンツィオ」チェロ、バヤン、弦楽のための「最後の七つの言葉」マリア・クリーゲル:チェロ ... » more
テーマ 室内楽 現代音楽 ロシアもの

(画像をクリックするとお買い物が出来ます)エイト・シーズンズヴィヴァルディ:四季、ピアソラ:ブエノスアイレスの四季(デシャトニコフ編曲)ヴィヴァルディ: 協奏曲集 「四季」 〜 「春」ピアソラ(デシャ ... » more

ヒナステラ:協奏的変奏曲作品23同:ピアノ協奏曲第1番作品28同:ピアノ・ソナタ第1番作品22ウォルフガング・グロース指揮ヨーロッパシンフォニーマルタ・ノグエラ:ピアノ(1996年録音)ART ... » more

松平敬さんからレスポンスをいただいた。2008年1月27日の、わたしたち「IME」の、シュトックハウゼンの「正しい長さ」"Richtige Dauern"の演奏のことだ。 今日(1月30日)、夜、休息の眠りから覚めてメールを見る ... » more
テーマ IME 現代音楽 シュトックハウゼン

シュトックハウゼン追悼 京都新聞2007年12月21日の記事 京都新聞の2007年12月21日版にわたしのシュトックハウゼン追悼記事を載せてもらいました。穏やかで満ち足りたシュトックハウゼンの表情が一番のポイントだと思います。下に再録しておきます。もう会えないと思うとさびしい。断腸 ... » more
テーマ 現代音楽 新聞 シュトックハウゼン

(画像をクリックするとお買い物が出来ます)1.レクイエム2.変化嘆詠3.混声合唱組曲「四季に」4.ピアノ・ソナタ外山雄三指揮、日本フィルハーモニー交響楽団、日本プロ合唱団連合、田中信昭指揮、東京混声合 ... » more
テーマ 三善晃 現代音楽 合唱

武満徹ピアノ曲集リタニ−マイケル・ヴァイナーの追憶に遮らない休息ピアノ・ディスタンスフォー・アウェイ閉じた眼閉じた眼II雨の樹素描小賀野久美:ピアノ(1990年録音)日Philips PH ... » more

音海ダイバーMedeski,Martin & Wood
Medeski,Martin & Wood こんにちは。さて新年一発目にご紹介するのは、アメリカのジャムバンド『Medesuki,Martin & Wood』(以下MMW)です。メンバーはバンド名そのままに、ジョン・メデスキ(Key)、ビリー・マーチン(dr)、クリス ... » more

今日は友人の歌うアカペラグループが出るクリスマスライヴを聴いてきました。毎年恒例でもうずっと聴いています。今年もいい音楽を聴かせてくれました。さて、、毎年思うに。。。クリスマスとは恋人も家族もいない人にはなんとも過酷な思いを ... » more

現代音楽が好きですかというと,「なんだか,変な音楽で気持ち悪い」,「全然,キレイに聴こえない」,「おかしなことしたりするんでしょ」,という反応が返ってきたりします.つまり,嫌いだと.じゃあ,そんなことを言うアナタ,どんなゲンダイオン ... » more

シュトックハウゼン・メモリアルに投稿された文章からロルフ・ゲールハールさんの投稿を紹介しておきます。http://stockhausenmemorial.blogspot.com/2007/12/share-your-thought ... » more
テーマ Stockhausen 現代音楽 シュトックハウゼン

忘年会でお忙しい皆様、いかがお過ごしですか。ここ数年、私は飲み会から遠ざかった生活をしているので、どんなテンションで飲んでいるのでしょうか。飲むとしたら焼酎お湯割りです。これが一番スッキリします。(でも焼酎を飲みきってしまったの ... » more

浅田彰氏の追悼文「シュトックハウゼンを悼む」に感じるもの 2007年12月12日の読売新聞に掲載された浅田彰氏の「シュトックハウゼン氏を悼む」という追悼文には、何か虚しい思いがつきまとう。その正体は多分終りの方の次のような文章から見えてくるように思う。>彼ら(=ノーノ、ブーレーズ。引用 ... » more
テーマ 現代音楽 新聞 シュトックハウゼン  コメント(1) トラックバック(2)

 

最終更新日: 2016/11/16 01:30

「現代音楽」のブログ関連商品

» 「現代音楽」のブログレビュー をもっと探す

「現代音楽」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る