誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    エッセー

エッセー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「エッセー」のブログを一覧表示!「エッセー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「エッセー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「エッセー」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

九重連峰 三俣山紅葉を 三俣山1748mノンキーハイカーズの登山メンバー13名紅葉のこの季節は駐車場確保に大変です。ましてや鹿児島市から高速で向かっても4時間。今回はメンバーの一人のHさんが当日の朝5時ごろ着いて、1台の場所を確保していただ ... » more

こころの文庫あの日あのとき
あの日あのとき 「MBSです。角淳一のトーク番組で『禁煙喫茶店』の話題を取り上げたいんですが」いきなり喫茶店を訪れた男性の申し出にあっけにとられた。角淳一の深夜番組は仕事終わりによく見ていた。その人気番組から声がかかるなんて ... » more
テーマ 思い出 エッセー 禁煙喫茶店

こころの文庫あの日あのとき・
あの日あのとき・ 記者が期待した答えではなかったろうが、禁煙喫茶店に踏み切る動機は他にはなかった。授かった三人目の赤ちゃんは生まれて早々額にできものをつくった。日を追って広がり痘痕そのものの症状を呈した。「アトピーですね」 ... » more
テーマ 思い出 エッセー 禁煙喫茶店

こころの文庫あの日あのとき
あの日あのとき 最近身の回りを整理し始めた。断捨離というわけである。子供たち三人が巣立ち、田舎特有の大きな家に夫婦と末娘だけの暮らしに入ってから、余計なものが多すぎるのが気になった。後生大事に取りおいておくのに、どん ... » more

こころの文庫つれづれ
つれづれ 図書館で行われた子供と大人のためのおはなし会に出かけてみました。ボランティアグループの女性が3人、絵本や紙芝居に工夫を凝らして読み聞かせておられる姿に、感心させられました。実は11月に、一人語り芝居を、ま ... » more
テーマ つれづれ エッセー お話の会

信天翁(アホウドリ)通信お富さん
お富さん文章は、生きている。そう思う出来事だった。客間に朝晩手を合わせる棚がある。五人の亡き人の写真を飾っている。下の段が私の両親、上の段がカミさんの父母である。大きさはまちまちで、一番小さいのが、カミさんの生母・富。いつ撮った ... » more
テーマ エッセー

第1452夜 【ノー・シューズ】 【ノー・シューズ】亜紀書房2014年5月26日発行佐々木マキ絵本を読んでいていつも思うのは、限界まで削られたことばの数です。伝えたい事をどう表現するか…日常、私たちが話したり書いたりする時にもちょっとは考えること ... » more
テーマ 絵本 エッセー 佐々木マキ

     ノンキーハイカーズ西郷どん
西郷どん NHK来年平成30年(2018年)大河ドラマ『西郷どん』が放送されます。 ... » more
テーマ エッセー 私の住む町 つぶやき  コメント(8)

大幡池とひなもりキャンプ場 上3枚の写真は借用しました。カメラの調子が今一で下の写真は自撮です。>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>大幡池から大幡山1353mに向か ... » more

秘密の取り得を明かします…他言無用 取り得とは、そのものの中で、ほかに比べて(取り上げて)用いるべき長所。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー−−−−−−自分の取り得とは何かと思案橋ブルースするとき。ズバリ生まれてこのかた何もな ... » more

     ノンキーハイカーズお盆によせて
お盆によせて 今年の春に亡くなった義母の初盆で福岡に帰省しました。義母が亡くなった跡は義妹夫婦とその子供の夫婦が継いでいます。門を入ると大きな提灯が立ち、玄関を入るとお客様を迎え入れる準備が滞りなく済んでいる様子が伝わりました。 ... » more

たたかいすんで……うかつだった。二〇一七年六月のある日、シャワーを浴びながら、あまりにもやせ細っている自分の右足に目を疑った。その太ももの付け根には、幅二a、長さ五aほどのひきつった手術の痕がある。まるで魚の図鑑でみるコバンザメ ... » more

炎天下の登山…暑さ対策 藺牟田池(いむたいけ)外輪山を一周しました。愛宕山〜舟見岳〜山王岳〜片城山〜飯盛山暑くて暑くて、2組の登山者に会いました.しかしその方々は1山〜2山とのこと。やはり暑いということが一番。夏山登山は日に ... » more

台風5号が近づく 明日の朝鹿県本土に上陸しそうです。今度の台風の特徴はノロノロと遅いこと。h/7kmといいますからジョッキングなみ。一点にとどまっていると言ってもよさそうです。降雨量が凄いらしくこれも心配です。 ... » more

志布志 御在所岳 志布志御在所岳(ございしょだけ)530.4m田之浦小学校通用門も道票から右手に登ると車が10台ほど駐車できる広場がある。7月29日(土)9:30集合参加者11名年齢差で気になるのが日射病の問題皆さんに最初 ... » more

黄色の山中タンク 登山道の雑木林にポツンと置かれた生活用タンクです。綺麗な山水をタップリ溜めて流れています。これから100mほど下ると1軒家があります。春夏秋冬に綺麗な花々で家が囲まれます。30数年前この家のご夫婦にお世話にな ... » more

     ノンキーハイカーズ切れる年配者
TVで放送されていました。日本人の40歳から68歳までの男女の検診率。男性40%女性30%あまりの少なさに目を疑いました。高齢になるほど多いと思うのですが。先月末胃がん検診(胃部X線撮影)腹部超音 ... » more

山からのプレゼント 山中の名のない橋は好きです。京丈山山頂カタクリの花山中のタンク見落としています。かなり年数が経っています。 ... » more

     ノンキーハイカーズ一人一石運動
一人一石運動 九重連山の平治岳に登りました。山道の入口付近の大小の石が山のように盛まれていました。近くに【一人一石運動】の写真の看板も。今回が初めてという仲間Aさんはそれを見過ごしていました。Aさんは登りながらこう呟きまし ... » more

ブルーベリー大収穫の夢 ブルーベリー2鉢植えて3年。違った品種を木市で買って大事に大事に妻と同じよう育ててきました。違ったところは妻より手塩に掛けて、丁寧に丁寧に朝晩面倒みてきたところです。去年は2鉢で20粒ほど。酸っぱい味がしまし ... » more

御礼に嬉しかった 夕方6時ごろ、階段を上っていたら年を召された女性の方がうずくまっていました。マラソンでよく通る場所です。「どうしたのですか」「右足がつってつって動けないのです」「しゃがんで足を伸ばされないですか」 ... » more
テーマ エッセー 私の住む町 つぶやき  コメント(12)

屋久島の遭難・2名死亡に思う 鹿児島港から屋久島に向かう登山者をよく見かけます。特に夏休みを利用してピークになるのです。今回のグループは鹿児島県伊佐市、湧水町を中心にした60歳代7人。登山仲間で気心も知れていた経験豊富な方々だったと思います。 ... » more

こころの文庫草を刈る・後半
草を刈る・後半 「はー。しんどいのう」「お互い年やからなあ。年々体に応えよるわ」「まだ、あんた若いやないけ」割り当て分を共同作業するKは、まだ四十後半である。七十を目前にした身には羨ましい若さを持っていた。それにしても五 ... » more

こころの文庫草を刈る・前半
草を刈る・前半 ちゃんと目は覚めた。不思議なものだ。いつもなら深夜を過ぎて床に就けば、寝坊は確実である。それが翌日に予定が入ると、必ず一時間は前に目が覚める。子供の頃、明日は遠足だとウキウキして眠るのが遅くなっても、翌朝は時間にきっちりと間に合うよ ... » more

日本語と英語の修飾語を比較する主要語、前置修飾語、後置修飾語、複合修飾語松野町夫 (翻訳家)修飾語とは、他の語を修飾(説明)するために付け加える語をいう。たとえば、「赤い花」の場合、「赤い」が修飾語で、「花」にかかる。「 ... » more
テーマ エッセー

こころの文庫記憶の風景・珈琲
記憶の風景・珈琲 「おとうさん、コーヒー飲む?」 「え?ああ、いれてくれのか」珍しいことだ。いつもコーヒーをいれるのはわたしで、娘は飲む人だった。「おいしい?」「え?ああ、うまいよ」これまた意表をつかれた。 ... » more
テーマ 珈琲 エッセー

こころの文庫記憶の風景・新米その3
記憶の風景・新米その3 日曜日。毎年恒例の草刈りと道普請のひだ。朝8時営農倉庫に集合したのは40数名。いつも集まる顔ぶれだが、年々年を食って減るばかり。既にわたしの4年後輩の元銀行員さんが、寝たきり状態だと聞いている。11時過ぎまで草刈 ... » more

今日という日 /記憶の風景・新米その2 大忙しの一日。午前中に野菜と花の苗を妻と娘が買ってきた。アルバイトでためたお金で買った「母の日のプレゼント」らしい。しかし父の日はどうなっているのだろう?(笑)木を植えるのは私の役目。 ... » more

ことば雑感昭和の日あれこれ
昭和の日あれこれ昭和は日本の歴代元号の中で最も長い松野町夫 (翻訳家)4月29日は祝日「昭和の日」である。少し前までは「みどりの日」と呼ばれていたが、その後「昭和の日」に改名され、「みどりの日」は5月4日に移された。4月 ... » more
テーマ エッセー

記憶の風景・新米(ニューフェイス) 「これ新しいやつかいな?」常連さんに声をかけられた。頭が白く品のいい男性で、毎日おひとり様で来店される。刺身用に柵取りされたハマチがパックされたものを手にしている。連日の購入だ。店頭に商品が並び始める時間を見計らい姿を見せる。 ... » more

 

最終更新日: 2018/04/07 14:46

「エッセー」のブログ関連商品

» 「エッセー」のブログレビュー をもっと探す

「エッセー」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る