誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    差別

差別

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「差別」のブログを一覧表示!「差別」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「差別」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「差別」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

(^_-)-☆何とか出かける 2363なでしこジャパン残念でした。2点取られた時、4点も取られた時、ショックでした。1点を返した時、ちょっと、ほっとした。2−5で負けた時、残念だが、良くやった、と思った。ギリシャ。緊縮財政反対が圧倒的だったという。借金を自己責 ... » more
テーマ 区別 差別 残念

「腹をくくれないが 今ここで生きるしかない」−原発の街を追われて 以下は、もう3ケ月前の記録で、それも尻切れトンボ。書き加えるためにアップしないでいたのだが、「腹をくくれないが今ここで生きるしかない」原発被害者の状況とダブルので、このままでアップすることにした。4月4日、花冷えの土曜午 ... » more
テーマ 地域 差別 原発

差別克服講座動物差別について
以前、差別最終街区の四丁目二番地・犯罪者差別の隣は動物差別であると述べた。実際、凶悪犯罪者は「鬼畜」と評されることすらあることからも、このことは裏付けられる。動物差別とは、人間以外の動物を劣等視することである。人間はかねて高等知能を ... » more
テーマ 差別 思想

差別克服講座日本社会と差別(下)
「日本社会と差別」の最終回である。差別は世界中すべての国で何かしら発現している現象であるが、差別にも「国柄」が滲み出る。そこで今回は、普遍的な人類的現象である差別が日本社会ではどのような特徴をもって発現しているかについて考える。日本 ... » more
テーマ 日常 差別

差別克服講座日本社会と差別(中)
前回は、日本社会において差別克服が困難な課題となる理由として、差別が高度の社会的安定の秘訣として利用されていることを、特に移民制限と精神障碍者隔離という典型的な二つの事例を挙げつつ、指摘した。しかし、日本社会で差別克服が困難となる理由は、他 ... » more
テーマ 日常 差別 思想

「在特会」公式チャンネルを閉鎖、「ニコ動」規約違反を理由に(TBSチャンネル)動画配信サイト「ニコニコ動画」が、サイト内に開設していた在特会=在日特権を許さない市民の会の公式チャンネルを閉鎖していたことが分かりました。在特会 ... » more
テーマ 差別 政治

差別克服講座日本社会と差別(上)
前回まで、差別問題を街区にたとえて、一丁目から四丁目まで見てきた。一巡したところで、今回から日本社会における差別問題の特殊性について、考えていきたい。残念ながら、日本は差別に対して感度の低い国であり、包括的な反差別法の制定もめどが立たない状 ... » more
テーマ 差別

差別克服講座犯罪者差別という課題
差別四丁目二番地は、一連の差別街区の最辺境地である。ここに位置するのが、犯罪者差別。多くの人にとってもはや「差別」という認識自体が持てない領域であり、その隣は動物の世界である。通常、人間は動物を人間より劣等的なものとして、所有・飼育・研究の ... » more
テーマ 日常 差別 思想

差別克服講座外国人差別の克服法
差別の四丁目一番地は外国人差別であるが、外国人差別の克服が難しいのは、外国人は法律上合法的に差別される存在だからである。現時点で、反差別法が整備された反差別先進国にあっても、外国人を完全に国民と対等に扱う国は存在していない。これは、 ... » more
テーマ 日常 差別 思想

差別克服講座差別の四丁目―最終地
今日から差別の四丁目に入る。ようやくここが差別の最終地である。四丁目は一番地に外国人差別、二番地に犯罪者差別という克服の難しい差別が位置する最も辺境的な街区である(この街区の先があるとすれば、それは「動物差別」である)。外国人と犯罪 ... » more
テーマ 日常 差別

差別克服講座再考・年齢差別
差別三丁目三番地は、年齢差別である。この差別は、表面上は生物学的な生存年数という客観数値に基づく差別であるが、実態的に見ると、年齢は人間の能力的な評価基準の要素であるため、能力差別の一環であると言える。それで、これを知能、職業に続く三番地に ... » more
テーマ 日常 差別

差別克服講座現代的職業差別
差別の三丁目一番地の知能差別に続く二番地は、職業差別である。現代の能力制社会にあっては、知能と職業とは密接相関関係にあると考えられており、ごく単純化して言えば、知能が高いほど高等的な職業に就けるものとみなされる。そこから、底辺的な職業に就い ... » more
テーマ 日常 差別

差別克服講座知能差別の克服
前回から差別の三丁目に立ち入っているが、ちょうどよく、政治家による差別発言のニュースが飛び込んできた。与党の幹事長某が街頭演説の中で、「バカだ、チョンだ」という発言をしたという。ただ、この発言で専ら問題にされているのは、かつて朝鮮人 ... » more
テーマ 教育 日常 差別

差別克服講座差別の三丁目
差別の二丁目に続いて、さらに三丁目へ進んでみよう。三丁目に来るのは、広い意味での能力に基づく差別である。能力に基づく差別は、ある意味では、一丁目の容姿差別や二丁目の性差別以上に馴染み深いものである。というのも、現代社会は一面、能力差別社会と ... » more
テーマ 日常 差別

差別克服講座性的少数者の問題
前々回より、差別の二丁目に立ち入っている。ここで復習すると、差別の二丁目も三番地まであり、一番地は性別、二番地は性自認、三番地は性的指向による差別であった。このうち二番地と三番地で差別の対象となる人たちは、まとめて性的少数者とも呼ばれている ... » more
テーマ 日常 差別

差別克服講座差別の共犯関係
差別の二丁目一番地を成す性別による差別、中でもその中心にある女性差別については国際的にも克服の取り組みが重ねられてきたこともあり、差別解消が最も進んでいる分野であるが、それでもその進展のレベルには国ごとに相当な格差がある。その違いはどこから ... » more
テーマ 教育 差別 思想

差別克服講座差別の二丁目
これまで差別の一丁目を中心に見てきたが、このへんで、二丁目にも足を伸ばしてみることにしよう。まず再確認しておくと、差別の一丁目には番地順に容姿・障碍・人種に関わる差別が並んでいた。これらは、いずれも持って生まれた先天的な属性を理由とする差別 ... » more
テーマ 日常 差別

差別克服講座ナチスとイケメン
今年はアウシュヴィッツ解放70周年の節目ということで、内外で改めてナチスへの関心が高まっている。そこで、本講座でも、差別の一丁目に関するまとめを兼ねて、このテーマを取りあげてみることにするが、それにしても奇妙過ぎるタイトルになった。 ... » more
テーマ 日常 差別 思想

報告:「養護学校はあかんねん」上映会+八木下浩一トーク が問いかけたものは 〈「養護学校はあかんねん!」上映会&29歳で小学校に通った八木下浩一・一問一答〉 蕨駅東口を降り会場へ向かうとすぐに案内隊。 そこからほど近いかっての八木下ビルを写真に。 そして、八木下父が逝った ... » more
テーマ 差別 障害 学校

落語家三笑亭夢吉は今春真打昇進へ 昨日は落語会へ招待されたので田町に出かけた。場所はJR田町駅東口のホテルの一室。田町は三田口には出たことがあるが、東口へ降りるのは初めてのこと。演者は三笑亭夢吉で、初めて見る顔であった。帰宅後調べると現在31歳で二つ目だ ... » more
テーマ 部落 差別 落語

差別克服講座白紙の倫理
前回、「全盲の倫理」として、他人を判断するときに、全盲者と同様に相手の容姿が見えないという仮定に立ち、容姿以外の要素で評価するという倫理観を示した。しかし、目の見える大半の人にとって、そのような不自然な実践は難しいかもしれない。たし ... » more
テーマ 日常 差別 思想

祝!韓国政府による在外国民用住民登録証の発行開始 ぱんぱかぱーん!(愛宕/艦隊これくしょん)艦隊これくしょん 第01話 愛宕「ぱんぱかぱーん!」 【高画質】 https://www.youtube.com/watch?v=P5mC0HXrwrM愛宕「ぱん ... » more
テーマ 艦これ 差別 在外国民用住民登録証

差別克服講座全盲の倫理
年末以来、約一か月ぶりの発信である。目下、当初の予想を超えたレベルの黙殺を受けている状況であるが、めげることなく、差別を克服するための方策を考えるという企画を続けていきたい。以前、人間は五感の中でも視覚が比較的発達しているうえに、美 ... » more
テーマ 日常 差別 思想

差別克服講座ユニーク・フェース論
だいぶん間が開いてしまったが、続けたい。今回は、表題のように、ユニーク・フェースの問題を取り上げる。ユニーク・フェース(unique face)というのは、直訳すれば「個性的な顔」ということだが、主として顔面に病変的な部分がある人々の自助及 ... » more
テーマ 日常 差別

時雨亭往還売春院生涯研究三郎居士
売春院生涯研究三郎居士 師走の忙しい中、午前中に某霊園へ墓参に出掛けた。お参りが済めば普段はすぐその場を離れるのだが、これといった理由もなく少し霊園内をブラブラと歩いていたら、こんな墓石を見つけてしまった。困ったなぁ。故人には申し訳ないが、 ... » more

差別克服講座整形/美容は必要?
前回、差別の根底にあるのは劣等感だと指摘した。よって、劣等感を持つ被差別者自身が加害者と化す差別の連鎖という現象が生じるのだった。その連鎖を抜け出すために劣等感を解消する方法はないだろうか。容姿の劣等感を解消するための方策としては、 ... » more
テーマ 日常 差別

差別克服講座差別の正体―劣等感
差別とは、特定の被差別特徴を持つ人ないしそのような集団を蔑視することであるから、それは何らかの優越感をベースにしているものと思われやすい。例えば、容姿差別ならば、自分の容姿に自信を持つ者が自分より容姿に劣ると見た相手を蔑視するのだろう、と。 ... » more
テーマ 子供 日常 差別

差別克服講座外見偏重の落とし穴
人間は視覚への依存度が高いので、他人を判断するに際しても外見にとらわれやすい。このことは容姿差別の被害者である筆者にしても、免れ得ない性向である。極端に言えば、美形の人を見ると、それだけで「感じの良い人」だと即断してしまいやすい。そ ... » more
テーマ 日常 差別

差別克服講座差別の一丁目三番地
前回、差別の一丁目二番地を見たついでに、隣の三番地まで足を伸ばしてみよう。三番地は、人種差別である。人種差別もまた一丁目に属しているが、それはこの人類学という学問の衣を纏った差別もまた、本質上は外見による差別である点において、一番地の容姿差 ... » more
テーマ 日常 差別

差別克服講座差別の一丁目二番地
これまで、差別の一丁目一番地として容姿差別について集中的に取り上げてきた。ここで、少し一番地を離れて二番地に移ってみよう。差別の一丁目二番地とは何か。それは障碍者差別である。どうして障碍者差別が二番地なのか。それは、容姿差別と連続し ... » more
テーマ 日常 差別

 

最終更新日: 2018/04/15 04:39

「差別」のブログ関連商品

» 「差別」のブログレビュー をもっと探す

「差別」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る