誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    武士道

武士道

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「武士道」のブログを一覧表示!「武士道」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「武士道」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「武士道」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

食の「過現未」共同研究者の横山明美女士は不断に多くの情報を提供してくださる。その中に食育があり、以下は啓発されて勉強したものの一部である。少しでも横山女士の研究と実践を生かせればと願う。過不足は小生に責がある。(1)「大 ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育

以下のコメントをいただきました。ここで取り上げているのは少数例であることは自覚してます。建設的な議論の発展に期待します。以前から読ませて頂いてましたが、最近は特にちょっと看過できないものを感じています。おそらく、私のブロ ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育

以下のご意見をいただいた。研究者とは思えない、奇妙なことをおっしゃいますね。まさか「吉原炎上」を持ち出すとは思いませんでした。フィクションは、所詮、フィクションですよ。堕胎と中絶は、一般的には分けて論じられます。日本軍の軍医 ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育

小ブログの「8月6日、9日に際し、黙祷しつつ」について、以下のコメントいただいた。感謝して紹介します。昔、森村誠一の本を読んだ事があって、サリン事件を解決して頂いた博士に質問したら、「あれは嘘!ペスト菌を弾に込めて撃ったら、ペスト菌 ... » more
テーマ 武士道 平和教育 メディア・リテラシー

1.慰安婦と日本兵が愛しあったのは文と山田だけではない。文は「わたしたちは互いにスーちゃんということになった。慰安所で恋愛の関係ができるとそう呼んだものだった。私たちはたいてい一人ずつスーちゃんがいた」と述べている。2.「脱 ... » more
テーマ 武士道 平和教育 メディア・リテラシー  コメント(1)

8月6日、9日に際し、以下のご意見をいただいた。731部隊の細菌兵器もあかんけど、民間人に空襲、原爆もっともっとーあかんと思います。ホンマNHKや平和活動家おかしいな。根本わかっていない。それがわからん人に 学士 修士 博士 ... » more
テーマ 武士道 平和教育 メディア・リテラシー

1.歴史は複雑で多面的重層的に構成されている。それはまた見方によれば、豊かな内容を擁していることでもある。「慰安婦」をめぐる問題について、これまでとは異なる角度から歴史を探り、新たな考え方を提出する。それは歴史を教訓として、未来を切 ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育

人情味のある特高は、馬島だけでなく、安田も述べており*1。中川が「こんどだけはカンベンしてやる」などと警告したのも特例ではないと言える。これを踏まえて、小林について見ると、彼は1930年5月23日、大阪で日本共産党資金援助の嫌疑で逮捕さ ... » more
テーマ 武士道 平和教育 メディア・リテラシー

1.承前……野坂が天皇制には一貫して反対を鮮明にしなかったことにも符合する。さらに戦争末期の1945年5月、延安で野坂は毛沢東から「戦後の日本で早期に天皇制を廃止することに消極的姿勢を示す内容の書簡」を得ることに成功した*2。野 ... » more
テーマ 武士道 平和教育 メディア・リテラシー  コメント(1)

世界大戦の中の中川−ライフ・ヒストリーとヒストリカル・モメント−1.中川を世界史的な視座で考察し、評価するために、エリック・エリクソンの「ライフ・ヒストリーとヒストリカル・モメント」を応用する*1。この思想的理論的考察は「ア ... » more
テーマ 武士道 平和教育 メディア・リテラシー

中川たち特高警察の評価は世界史的な視座で行うべきである。特に中国共産党のチベット、ウイグル、モンゴルなど少数民族への侵略、支配、ジェノサイドは、日本にとって教訓となる。中川たちが共産党の暴力革命を阻止したことは確かである。中 ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育

性器やプライベート・ゾーンへの破廉恥な拷問・刑罰は日本やソ連だけでない。私は中学生時代に『007は二度死ぬ』(1964年、世界ミステリシリーズ版)を読み、ゾッとした記憶がある。それは強烈で、すっかり忘れるほど意識下に抑え込まれていても、 ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育

中川の美化に注意しなければんらない。彼が指揮した小林への拷問・虐殺は余りも残虐であった。それは、遺体を直接検死した医師の安田徳太郎やそれを目撃した者により伝えられている。具体的には、必要な者が厳粛に覚悟して読むべきであり、ここでは以下の文献 ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育

中川のライフ・ストーリーについて、松本克平は次のように述べている*4。プロレタリア芸術陣営から見た敵側のスターは何といっても蘆田辰治郎と中川成夫である。我々プロット員は殆ど全部が築地署の特高刑事であった蘆田に引っぱられてブチ込まれ、 ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育

1.エリクソンによるフロイトの継承・発展エリクソンはマルクスとフロイトの統合により社会的外的な抑圧と心理的内的な抑圧からの二重の解放を目指したフランクフルト学派と時代を同じくした。ユダヤ系のためナチス・ドイツの迫害を逃れてアメリカへ亡命 ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育

伊那修太のブログ前川さん、立派!!
前川さん、立派!! 6月24日(土)昨日の前川前事務次官の記者会見の全てをYouTubeで聞いた。こんな志のある役人がまだいたんだ。本当の意味での武士道精神。憲法の前文「そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、(その権威は国民に由来し、その権力 ... » more
テーマ 前川前事務次官 武士道 知る権利

小ブログ「東大教育学の思想と実践−三木清の生と死−ソクラテス、また武士道のような−」の展開である。羽仁は、三木の「沈黙の生活が最も充実した生活である」、「将来には世間で普通に考えない特殊な運命が私を待っているように思う」を取り上げ、 ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育

羽仁の「哲学者の獄死」に拠れば、娘・洋子は父が「上京」したと受けとめていた。官憲は私服で召喚し、三木は心配をかけさせないように「上京」するとだけ伝えたのであろう。それは二七日で、逮捕は二八日(全集第十九巻の「年譜」)であることから、二 ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育  コメント(1)

高倉テルは三木の逮捕では、極めて重要な役割を演じた。しかし、そこには彼の「逃亡」を含めて疑惑が満ちている。高倉自身は「三月十二日、取り調べ中に、取り調べ官、用事で、ほんのちょっと座をはずしたのを見て、わたしは警視庁の正門から脱走した」と ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育

三木は「真理の勇気(Der Mut der Wahrheit)」を以て同時代と格闘した。彼は以下のように「真理の勇気」を繰り返し提起した。@「真の懐疑は柔弱ではなくて剛健な心、自分自身をも否定して恐れない心、ヘーゲルの言葉を用いるならば ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育

羽仁は「京大を去る三木」の表題で、次のように述べている。日本の思想はなかなか思想自身の足の上に立つことができないでいた。「しかし、いまや、日本の人民の思想は成長し、独立し、批判的となることができた。われわれはあの久しく支配してきた天 ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育

三木が「死について」で述べた「死」と「真に愛するもの」に関して、この執筆・発表が一九三八年で、二年前、三六年八月に喜美子が死去し、翌三九年十一月に糸子と再婚したことから、喜美子が念頭に置かれていたといえる。ただし、三木は喜美子も、そして ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育

注意すべきは、中西は獄死した二六日の「真夜中」に「高級警察官」が来たと記した点である。羽仁は「病状書が検事局に提出されたのは死の前日二十五日であったらしく、保釈の手続きがとられたのは死の当日の二十六日であったらしい」と記している*3。 ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育

羽仁は「京大を去る三木」の表題で、次のように述べている。日本の思想はなかなか思想自身の足の上に立つことができないでいた。「しかし、いまや、日本の人民の思想は成長し、独立し、批判的となることができた。われわれはあの久しく支配してきた天 ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育

羽仁は続ける(前掲「哲学者の獄死」より)。三木清とぼくがはじめて会ったのは、 一九二二年(大正十一年)六月、 ハイデルベルクは初夏であった。彼と最後にわかれたのは、 一九四五年(昭和二十年)六月、東京の警視庁の地下の留置場、陽もささ ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育  コメント(1)

三木の盟友と言える羽仁五郎は「哲学者の獄死」で三木の生と死を総括した*3。冒頭「“私には特殊な運命が待っている”」の項は、次のように書き出されている。みちのくの夏草ながし草ながし、うてどもうてども夏草ながし。三本清がある日そ ... » more
テーマ 人間的強さ 武士道 平和教育

三木の検挙から獄死までの過程を考察する。彼は「埼玉の農家のはなれの蚕室の二階」に疎開していたが、逃亡したとされる高倉テル*1を匿ったことを罪状にされ、一九四五年「三月二十七日、岩波さんの貴族院選挙の日、上京したきり」*2帰宅しなかった。 ... » more

八月一五日で戦争と軍国主義は終わったが、まだ全体主義は続いていた。中西は「昭和二十年九月のはじめ、巣鴨拘置所に収容されていた数百名の未決囚の大移動がおこなわれた」、「編笠、手錠、腰縄で数珠つなぎにされた数百名の囚人が行進する」という「異様な ... » more

昨日のブログの後半を以下のように加筆修正した。・・・サルトルは、一九六四年のノーベル文学賞受賞を拒否したことで知られているが、しかし、辞退を表明するサルトルの書簡は、ノーベル委員会で最有力候補に挙げられてから一カ月近く経過した後に到 ... » more

三木が戦後マルクス主義的党派に利用されたかどうか考える上で、フランスの知識人、ジャン−ポール・サルトルは参考になる。彼はマルクス主義者ではないが、マルクス主義にとって重要な役割を果たした。特に“マルクス主義は乗り越えられない”との言説は“あ ... » more

 

最終更新日: 2017/08/21 14:54

「武士道」のブログ関連商品

» 「武士道」のブログレビュー をもっと探す

「武士道」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る