誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    シューマン

シューマン

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「シューマン」のブログを一覧表示!「シューマン」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「シューマン」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「シューマン」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

《スカルラッティ》 スカルラッティはいつでも知性を取り戻させてくれる。そんな音楽家は他にない。「いやらしく知性を掻き立てる」と評する人もいるかもしれないが。ヘルダーリンの『ヒュペーリオン』や晩年のシューマンの幽明の境の世界に限界的な想像力で入り込んで ... » more
テーマ シューマン ヘルダーリン スカルラッティ

《シューマン》 音の響きを確かめたくて、そしてできるならシューマンのこころを探りたくて、何十年ぶりかにピアノを開けた。郡山で子どもたちのために買ったピアノだが、子どもたちも触らなくなって久しい。 弾きたかったのは《早朝の歌 ... » more
テーマ 雑記 シューマン ヘルダーリン

シューマン(8)室内楽(主にEMIのCDから) シューマンは、ライプチッヒ時代には、ピアノ作品の系列(1839年まで)、歌の年(1840年)、交響曲の年(1841年)、室内楽の年(1842年)と、扱うジャンルの幅が固定し、徐々に広がっていったのが一つの特徴だそうです。シューマ ... » more
テーマ シューマン

シューマン(7)ピアノ曲「クライスレリアーナ」 1838年の作で、op16ですが、最高傑作のひとつです。動機という小さなレベルから自由な変容によって多彩華麗な変容をとげていく様が見事です。この傑作を作曲中、シューマンはクララ宛にこんな手紙を書いたそうです。《―――今ぼくの中にあるこの ... » more
テーマ シューマン

Steven Isserlis - Schumann Cello Concerto Op. 129 Completehttps://youtu.be/7tm45E8kOR0ドゥルーズ(とガタリ)は「リトルネロ」の ... » more
テーマ シューマン ドゥルーズ シュトックハウゼン

シューマン(6)ピアノ曲「交響的練習曲」 名曲です。音大をでた女の子が卒業発表でひいたのを何度か聞いたことがありますが、結構楽しめました。この曲にはスポーツ的快感があるせいでしょう。ある時サントリーホルで、イーボ・ボルコレッチを聴きましたが、それは別の世界から流れ込んだ音楽でした。 ... » more
テーマ シューマン

シューマン(5)−ピアノ曲 ピアノ曲は、前回に触れたように、シューマン初期に集中的に作られた曲種です。その数が余りにも多いので、取り上げるのをためらいましたが、彼を論じるには避けられないと思ってとりあげました。シューベルトが数多くのピアノ曲をソナタ、即興曲、楽 ... » more
テーマ シューマン

《アンデルシェフスキのシューマン《早朝の歌》終曲讃》 《アンデルシェフスキのシューマン《早朝の歌》終曲讃》アンデルシェフスキの演奏は多種多様な流れのリズムをつかみ取って複合させ、また移行させていっている。霧の流れのリズム、木の葉の細かく震えるリズム、太陽が東の空に近づいてくるリ ... » more
テーマ 音楽 シューマン アンデルシェフスキ  トラックバック(2)

このパルティータ1番も穏やかさの中に鋭さ激しさ暖かさのある緻密で真っ直ぐな演奏で音色も美しくすばらしいと思うが、アンコールにシューマンの《早朝の歌》(Gesäenge der Frühe)の終曲が、さりげなく弾か ... » more
テーマ 音楽 シューマン アンデルシェフスキ

シューマン(4)ヴァイオリン協奏曲ニ短調(降霊) シューマンの晩年は波乱に満ちたものでした。1854年44歳でラインに身投げ、救出されて精神病院に入り、1956年7月46歳で死亡。ヴァイオリン協奏曲ニ短調は1853年の作とされています。勿論生前の初演はありません。それどころか初演は ... » more
テーマ シューマン

《シューマン: 懺悔、というよりは悔過》 東大寺二月堂の修二会の悔過(けか)作法のなかでも五体人と呼ばれるひとりの僧が礼堂の五体板に全身を膝から打ち付ける五体投地の行は、わたしにとっては、最も激しく、力強い悔過の行為のひとつだ。そのことを、この行為を近くで体験したひとは、納 ... » more
テーマ シューマン アンデルシェフスキ 早朝の歌  トラックバック(2)

シューマン(3)チェロ協奏曲イ短調op.123 このチェロ曲は1850年の作,死は1856年46歳、晩年もいいところで,しかも唯一のチェロ曲です。この曲には「オーケストラ伴奏をともなうチェロのためのコンチェルトシュチュック」というシューマン自身の別名をついています。「これは妻クラ ... » more
テーマ シューマン

シューマン(2)交響曲第1番(春)と第4番 ピアノ協奏曲と同じ日に交響曲第四番が演奏された(ゲバントハウスでの写真)。シューマンには類似の曲を纏めて作る癖があったようです。例えばピアノ曲、歌曲などが例で、初期の作品は殆どピアノ、晩年は歌曲。ピアノ協奏曲はピアノ時代の最後。1 ... » more
テーマ シューマン

シューマン(1)ピアノ協奏曲ハ短調 ゲバンとハウスの前での自分2006年6月ドイツ・ライプチッヒのゲバント:ハウスでこの曲をきいた。このホールはシューマン所縁で、確か、ここで妻クララが初演している。勿論当時のホールは今は残ってはいない。当日の独奏者は少し年をとったマ ... » more
テーマ シューマン

今日の日曜日は、昨日に続き穏やかな1日でした。最近、日中は穏やかな陽気ですが、夜になると冷え込むという日が続いています。本格的な春の到来はまだ先ということなのでしょう。今日聴いたのは、クリスティアン・ゲルハーヘル(Br)とゲルロト・ ... » more

今日の東京は晴れましたが寒い1日でした。管理人は、半年ぶりくらいでタワーレコード渋谷店に出かけ、最近はまっているヴォルフの歌曲集でシュワルツコップがフルトヴェングラーのピアノ伴奏で歌っているライブ録音を見つけたので購入しました。 ... » more

今日の東京は正午頃まで雨が降っていましたが、雨が上がると晴天となり、気温も上昇しました。今日聴いたのは、エディト・マティスの「シューマン&ブラームス歌曲集」です。DENONレーベルのCREST1000シリーズの1枚として発売されているも ... » more

シューマンの交響的練習曲を聞きました。CDは、ポリーニ盤です。この曲は、田部京子盤を持っているのですが、ポリーニ盤を中古で見つけたので買いました。両盤とも、ブラームスによって出版された第3版により、変奏1〜5(遺作)も演奏していますが、 ... » more

雑想 心の風景 Heartscape微動だに
微動だに 車庫のシャッターを開けようと思ったら開かない。かなり古いので重く、前々から開けにくくなってきてはいたが、今日はガタッともピシッとも、微動だにしない。あまり踏ん張ると腰を痛めそうだなと思いながらも開けないと車も出せないし自転車も出せない。 ... » more

《旋律 ---ロベルト・シューマンに寄す---》 (写真はオルタのモンテサクロ)ロベルト・シューマンのop.14、「オーケストラなしのコンチェルト」(ピアノソナタ第3番)の終楽章を聴いていて思うのだが、ある旋律の発見が解決になる、救済になる、という苦闘の ... » more

今日、関東地方は梅雨入りしたという報道がなされました。しかし夜に降っていた雨は朝に止み、昼には晴れて今日1日は好い天気でした。今日は、ジュリアード四重奏団の演奏するシューマンの弦楽四重奏曲第2番を聴きました。1967年5月17、18 ... » more

シューマンの歌曲集「リーダークライス」を聞きました。CDは、フィッシャー=ディースカウ/エッシェンバッハ盤です。「リーダークライス」は、12曲からなる歌曲集で、詩はヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフです。フィッシャー=ディースカウ/ ... » more

シューマンの歌曲集「詩人の恋」を聞きました。CDは、フィッシャー=ディースカウ/エッシェンバッハ盤です。この曲集は、ハイネの詩による16曲からなる歌曲集で、愛することの喜びにはじまり、失恋の悲しみ、そしてその恋を思い返す、という流れにな ... » more

シューマンの交響的練習曲を聞きました。CDは、田部京子盤です。この曲は、先日の演奏会で聞いたのですが、CDをまだ持っていなかったので、このCDを買いました。演奏会では、もっと短かったと思ったのですが、CDの解説を読んで、その理由がわ ... » more

週話§黄金週間徒然草〜2014.05.01〜 今日も6時過ぎの起床で外気温は16.1度。予報は、昼過ぎから晴れて夏日まで気温が上がるというものだったが、時折にわか雨も降るぞと予報が言っているものだから遠出はできず、近くで買い物したのみ。5月1日につきシューマンの『詩人の ... » more

東京・春・音楽祭千秋楽前日だった先週の土曜日、ソプラノのソフィー・ダヌマンとテナーのイアン・ボストリッジが歌うシューマンの歌曲を聴いた。ピアノ伴奏はジュリアス・ドレイク。プログラムは以下の通りで盛り沢山。聴き知った曲は、ミル ... » more

今年の東京・春・音楽祭も明日が最終日となり、今日の夜はイアン・ボストリッジとソプラノのソフィー・ダヌマンを文化会館小ホールで聴くのだ。当初はボストリッジとメゾ・ソプラノのアンゲリカ・キルヒシュラーガーがヴォルフのスペイン ... » more

 ラムダ音楽日記シューマン 「蝶々」
シューマンの「蝶々」を聞きました。CDは、リヒテル盤です。リヒテルのシューマンとグリーグのピアノ協奏曲のCDは、普通その2曲だけなのですが、わたしが中古で手に入れたCDは、ジャケットも見たことがなかっただけでなく、ボーナストラックとして ... » more

シューマンのピアノ協奏曲を聞きました。CDは、リヒテル/マタチッチ盤です。この曲も、CD初期からツィマーマン/カラヤン盤をもっていて、とくに不満もなかったのですが、しばらく前からこのリヒテル/マタチッチ盤がほしくなり、さがしていました。 ... » more

シューマンのチェロ協奏曲を聞きました。CDは、ロストロポーヴィチ/バーンスタイン盤です。この曲は、CDの解説によると「当時のチェロ協奏曲の常識を超えるような超絶技巧のゆえか、シューマンの生前には公開演奏されなかった。」そうです。3楽章構 ... » more

 

最終更新日: 2017/05/18 04:33

「シューマン」のブログ関連商品

» 「シューマン」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る