誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    供養

供養

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「供養」のブログを一覧表示!「供養」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「供養」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「供養」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

Makotoの占いブログお盆
このところ、霊障のご相談がまた増えています。家系の霊的な問題がたくさん出てきています。間違いなく、時期的なものです。お盆というのは、先祖様がこちらへ戻ってくる時期のことです。あながち、風習というものは、間違っては ... » more
テーマ 供養 お盆 霊障

先ずローソクに火を灯します。次、線香に火を灯します。次、お線香は三本(仏法僧)たてます。(宗派によってお線香の本数、立て方はちがいます。)次、姿勢を正します。次、合掌し深々と礼拝します。次リン2打鳴らします。次懺 ... » more
テーマ 供養 日常 生活

尼僧 道陽ブログ  散華(さんげ)
散華(さんげ) 法要の時や、ご供養の時に僧侶たちが金属で作られたお皿のようなものをもち、お経を称えながら、紙を撒くことがあります。これを「散華」といいます。金属で作られたお皿は「華籠」。花籠は“けこ”と呼びます。散華は昔は生のお ... » more
テーマ 供養

仏壇の前で先ずローソクに火を灯すします。線香に火を灯すします。お線香は三本(仏法僧)たてます。(宗派によってお線香の本数、立て方はちがいます。)威儀を正す。(姿勢を正す。)次、合掌し深々と礼拝します。 ... » more
テーマ 供養 日常

聞如是一時仏在舎衛国祇樹給弧独園大目連始得六通欲度父母報乳哺之恩即位道眼観視世間見其亡母生餓鬼中不見飲食皮骨蓮立目連悲哀即位鉢盛飯…。盂蘭盆経の一節です。読み下し分で称えますと、その様が眼に浮かんでくるようなお経です ... » more
テーマ 供養

尼僧 道陽ブログ  お盆。
早いもので、7月、8月にはご先祖様のお里帰りとでも申しましょうか、「お盆様」があります。若い方にはお盆は大体の会社が連休になって、両親のふるさとへ帰省する行事、と思われている方もいるようです。(^^;;ふるさとへ帰っ ... » more
テーマ 供養 生活

ご先祖供養、水子供養とご供養の大切さを、お坊さんでない分野の方々が言う時代になりました。では、何故ご供養が大切なのか。霊が障るから?ご先祖様や水子様が障ったり、祟ったりするから?いえいえ、ご先祖様も水子様も障ったり、 ... » more
テーマ 供養  コメント(2)

尼僧 道陽ブログ  六種回向
供養浄陀羅尼一切誦敬禮常住三寶敬禮一切三寶我今帰依釈迦彌陀願於生生以一切種浄妙供具供養恭敬無邊三寶自他同證無常菩提願わくはこの功徳を持って普く一切に及ぼし我らと衆生と皆 ... » more
テーマ 供養

お坊さんを志したい方の相談受けます。 「出家の意義」出家とは、家、親族、知己等あらゆる縁を断って生きる事が、かつては本義であり、そして、戒を守って自性向上に努めたものである。しかし、現今は、社会情勢も変化し、あらゆる縁を断ち、社会と離別して生きる ... » more
テーマ 供養

善男子善女人亨かに諦かに聴け。もし遮難あれば戒本発せず。我今汝に問わん。実の如く答えよ。一、汝かつて仏心血を抱さざるや否や!「否」一、汝殺父(しいぶ)せざるやいなや!「否」一、汝殺母(しいも)せざるや否や ... » more
テーマ 供養  コメント(2)

仏壇やお墓に供えるお花やお水の意味,4番目はお線香です。この頃はお部屋が煙で汚れるから、という理由で。煙の出ないお線香なども出回るようになりました。もし、これが、主流になってしまったら、ちょっと、困ります。お線香の意 ... » more
テーマ 供養 日常

お参りをするときに携えていくお花。お花にはとても深い意味があります。花は華鬘(けまん)といい、これは忍辱行をなんですね。〔忍辱行〕と漢字で書くと、大変ムズカシイ修行のように聞こえますが、ムズカシイ、厳しい修行ではあり ... » more
テーマ 供養 日常

歓喜信受 真宗の供養
父母の孝養のためとて、いっぺんにても念仏まうしたること、いまださふらはず一切の有情はみなもて世世生々の父母兄弟なり。いづれもいづれも、この順次生に仏になりて、助けさふらふべきなり。わがちからにてはげむ善にてもさふらはばこ ... » more
テーマ 親鸞の仏教 真宗 供養

骨壷から花壇にお引越し 昨年の7月に闘病の末に逝った友人の犬ダンディ。火葬されたダンは、ピレニアンマウンテン・ドッグだけあり、人間の大人と同じ骨壷に入っていた。そして、みんなが集まる居間に面した廊下に祭壇が作られたくさんの写真(特にまだほんの子犬の時の写真の愛らし ... » more

お師匠様はリピートが大切です、と、おっしゃっていました。“繰り返し、繰り返しお話をしなさい。一度聞いただけでは忘れてしまいます。何べんも繰り返し聞くことで、やがては身に染みていく。身に染みなければ気がつきません。”で ... » more
テーマ 供養

人形供養〜人形ぬいぐるみ,剥製,絵画,写真,遺品形見等のご供養 当寺は、人形供養のお寺で年間を通して人形供養の受付を行っております。当寺に集められた人形ぬいぐるみたちは定期的にお焚き上げされます。また、人形ぬいぐるみ他故人の遺品形見、仏像,仏壇,神棚等のご供養お焚き上げも行っております。 ... » more

春彼岸今年も早いもので、もう3月に入り春彼岸です。暑さ寒さも彼岸までというように少しずつ暖かくなってまいりました。千葉厄除け不動尊では、先祖供養、水子供養、ペット供養をはじめ、春彼岸の祭事を行っております。3月といえば桃の節 ... » more

尼僧 道陽ブログ  五濁とは…。
三災五濁という言葉があります。伝教大師様が願文の中でも言われている言葉です。末法思想も三災五濁から出たものだそうですが、いつの世も繰り返しす人の世だなあ、としみじみと思います。濁悪世(五濁) とは、1.劫濁( ... » more
テーマ 供養

歓喜信受 方便
自分の言うこと、思うこと、すること、皆お経の現れであります。我がかしこくて信ずるにあらず、如来の心が我が上に現れてくださるのだ。仏を礼拝し、仏にお給仕する思いの中にも、一切衆生を助けたいという如来の心を見せられる。 ... » more
テーマ 親鸞の仏教 真宗 供養

<一日尼僧、心の修行体験>尼僧さんの体験してみたい。自分を変えるきっかけをつくりたい。母娘や家族でお寺修業体験してみたい。社員教育研修に。ご先祖様や水子様のご供養を自分でしたい。尼僧体験できま ... » more
テーマ 供養

尼僧 道陽ブログ  供養の心
“ご供養はどうしたらいいのでしょう?”よくこのような質問を受けます。お坊さんにお読経をお願いする。これもご供養のひとうですね。それから、ご仏壇や墓前にお線香、お花、水を供える。これらのことを毎日行っている方もいれ ... » more

尼僧 道陽ブログ  釘念仏  ーつづきー
地獄とは一体どんなところやら。地獄へ落ちる人間とはどんなやら。死んだら人間は三途の川を渡り、閻魔大王の裁きを受ける。そして罪のあるものは地獄に落とされる。そして服役期間を終えたものは輪廻転生によって、再びこの世界に生まれ変わ ... » more
テーマ 供養 生活

尼僧 道陽ブログ  お地蔵様と閻魔様
中陰(四十九日)までは亡くなられた方の魂は、この世を去りがたく、四十九日までは魂は家の中にいて、七七日毎に裁判を受け、娑婆の重荷を浄化して仏様の身元へといくのですが、その裁判日の弁護士にあたる仏様が、十三仏様なんですよ、と、 ... » more
テーマ 供養 日常

お位牌を白木の位牌から黒い位牌に移しかえる、又はお墓建立した時、仏壇、掛け軸、仏像などを購入したときに、“魂入れをして。”と聞くことがあるでしょう。魂入れは開眼とも言います。“開眼“とは、供養して仏の魂を迎え入れるという ... » more

昨日の法要は回忌法要のあとに追善回向を行った。和尚と交代して登礼番。さて、どのような現象が生じるかと、ローソクの揺れを時々見つめる。炎は大きく揺らぐこともなく、穏やかな気に包まれている。六種回向を心を込めて声明し、終了。 ... » more
テーマ 供養 自然

ここ2、3日お読経に何を唱えるか、考えている。一ヶ月前から続いている霊障のことで…。“眠れなくてね、おばあさんみたいんだけれど、誰だかわからなくて。馬乗りになって体を押さえつけられて、腕に手形のあざが残った…。”そんな電話が ... » more
テーマ 家庭 供養

雲ひとつない秋晴れの中、追善法要のお手伝いに東京へ行く。4号線から15号線といつもは混雑状態の道路を、すいすいと気持ちよく走る。依頼された方よりも早く着き、いつものパターンでお待ちする。老ご夫婦が知人とともにやってきた。 ... » more

毎夕、会社の帰りにお参りに来られる方がいる。阿弥陀堂に祀られているまだ、白木のお位牌に手を合わせ、ちょっと、お話をして家へ帰られる。夕べもお参りに来られて、これから、隣の県までいかなくてはならない、というので、つい、“え ... » more

昨日は朝四時起床。神奈川県へ仏像の開眼へ。8時半到着。一時雨がひどく、帰りが心配だったけれど、午後には雨の心配もなく、思ったより早く、山のお寺へ帰りつく。普段なら急ぐこともなかったのだけれど、18日は夜の護摩。山のお寺の ... » more

尼僧 道陽ブログ  お布施とは?
お師匠様が話されていたことに、「お布施」の話があります。この頃ではお布施の金額が、「高い」「安い」ととらえられているようですが、「布施は本来善行をつむ行為」と、お師匠様は教えてくださいました。善い行いをたくさんすることは、た ... » more
テーマ 供養 お寺 お盆

 

最終更新日: 2016/11/15 22:08

「供養」のブログ関連商品

» 「供養」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る