誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    供養

供養

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「供養」のブログを一覧表示!「供養」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「供養」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「供養」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

「「仏教の正しい先祖供養  功徳はなぜ廻向できるのか」藤本晃(サンガ新書)」読みました! 「「仏教の正しい先祖供養功徳はなぜ廻向できるのか」藤本晃著(サンガ新書)」を読みました。藤本晃さんは、1962年2月生まれの宗教学者、浄土真宗本願寺派誓教寺住職。本の目次は、以下のとおり。はじめに1先祖供 ... » more
テーマ 人生 供養 人間

いっしょに遊ぼ!建碑開眼供養
建碑開眼供養 【開眼供養】去年の春、私の実兄が亡くなって年が明ければ2年近くなります。実家の甥から「父の弔いとして先祖代々の墓を建てようと思う。今まで一代墓だったので、これを機会に先祖代々の墓にしました。ぜひお墓の開眼供養に来てください。」と ... » more
テーマ お墓 供養

飛びたいサンマ忘れられない”
忘れられない” 忘れてしまいたい事のひとつやふたつは誰でももっているけれど忘れてしまいたいことは忘れられない引出しに閉まってしまう!15日施食会(せじきえ)という供養の行があり参列した!2500年前、お釈迦様が修行された法要 ... » more
テーマ 供養 後悔 お盆

徒然庵風流記お墓参り
今日はお墓参りに行きました♪ 菩提寺は京都ですが、頻繁に静岡から行くわけにもいかず、静岡にも墓を建て、今ではほぼ毎月お参りしてます(^^) 家族が若いうちに他界したのもあり、未だに受け入れ難い想いもあります。 ですが、お参りを ... » more
テーマ 先祖 供養

今日は、東日本大震災で犠牲になられた方々の仏教としては「四十九日」。しかしまだ不明者の方々も 四十九日までは、亡くなられた方の魂は、地上近くで彷徨っていると言います。四十九日の法要を受けてその魂は、迷いは去り仏界に入ると言う考えです。しかし未だ不明者の方々は、ご確認された死亡者とほぼ同じ、遺族の方々にとっては迷いが去ることはありませ ... » more

大乗神楽の「クラヌシの唄」は、先祖供養や回向の内容。2年前の伊勢の森大乗会で行われた。 2009年7月に行われた伊勢の森の大乗会で初めてくらぬしの唄で先人達の供養を行いました。この唄は、岩崎の伍代院文書に有ったもので、上宿和賀神楽の代表斉藤克郎氏が、マイクロフィルムから見つけ出しました。大乗神楽の歴史や演目を知る上で伍 ... » more

陸前高田市の民俗芸能「槻澤鎧念仏剣舞」の皆さん、お見舞い申し上げます。芸能の力を復興へ、応援します。 2月13日大船渡リアスホールで開催した文化庁地域伝統文化総合活性化事業「いわて民俗芸能フォーラム」に参加し熱演していただきました。横田町は住田町に近いので被害は少ないと思われますが、市内で勤務されていた方々もいたと思われます。報道を見れ ... » more

京都の本山修験宗総本山・聖護院門跡宮城泰年門主から激励のお見舞いのメッセージが届きました。 聖護院門跡宮城泰年門主とは、大乗神楽を通じて知り合い、本山でお会いしてから親しくさせていただいています。山岳修験学会の重鎮でもあり、平和運動の重鎮でもあります。この写真は、2008年に岩手で撮影しました。メッセージには、被災地被 ... » more

誠心館 美国塾秋のお彼岸
秋のお彼岸の時期に、お墓参りに行く事が出来なかったので本日行ってきました。本来の秋のお彼岸は秋分の日前後の7日間というのが一般的であります。今後の都合で、少し離れている父方、自宅から近い観光地にある母方の両方のお墓参りを済ま ... » more
テーマ 秋の彼岸 供養 英霊

おめでとうございます!皆白行山流三ヶ尻鹿踊 庭堅の儀 速報 三ヶ尻地区の郷土芸能4団体の伝承者の子ども達が除幕しました。今回の供養碑は鹿踊だけでなく三ヶ尻郷土芸能保存会全団体の先師供養という事でした。相伝式を三ヶ尻では庭堅の本地と言い、桑の弓取り式という珍しい儀式を行います。 ... » more
テーマ 民俗芸能 供養 鹿踊  コメント(1)

30日三ヶ尻鹿踊(金ヶ崎)が伝承者供養碑の除幕式、鹿踊の庭堅の本地(相伝式)を、地域住民に公開です。 (09/8北上みちのく芸能まつり詩歌の森公演)皆白行山流三ヶ尻鹿踊が代替わりの相伝を行います。金ヶ崎町三ヶ尻地区(北上川の稲瀬と金ヶ崎を結ぶ橋のたもと近く)の日吉神社で午前9時30分から序幕と相伝が行われ踊りが披露されます。前回はお ... » more
テーマ 民俗芸能 供養 鹿踊

誠心館 美国塾先祖を敬う心
皆さんそれぞれに自分の両親、祖父母、その上のご先祖様と血が繋がっている事でしょう。お墓参り、回帰供養、年忌供養等、先祖に関わる昔からの行事があります。先祖のお墓の近くを通りかかった時、お墓参りやお墓の掃除をしたり、自分や家族 ... » more
テーマ 先祖 供養 墓参り

一心寺へお参り 2009/12/31、大晦日です。こないだ新年を迎えたと思ったのに…1月、2月、3月…順番に月日を重ねている間は、長く感じるのですが、こうして大晦日になると、1年って早いものです。朝は、一心寺へお参りに行 ... » more

尼僧 道陽ブログ  【十三仏の意味】
【十三仏の意味】 【十三仏の意味】不動明王 初七日(7日目・6日後) http://tousenji.at.webry.info/200909/article_3.html釈迦如来 二七日(14日目・13日後)http://tou ... » more
テーマ 供養

なぜ、三十三回忌まで十三仏なのか。【虚空蔵菩薩】 なぜ、三十三回忌まで十三仏なのか。【虚空蔵菩薩】 十三仏の最後の仏様(十三番目)は虚空蔵菩薩様です。虚空蔵菩薩は大空を無限の庫蔵として妙法の宝をおさめ、祈願する一切衆生が一遍でも口に称えるか念ずれば、もと ... » more
テーマ 供養

なぜ、三十三回忌まで十三仏なのか。【大日如来】 なぜ、三十三回忌まで十三仏なのか。【大日如来】十三仏の十二番目の仏様は大日如来です。大日如来の名前は良く知られていますが、ではどういう仏様かというと、え〜と、となってしまいます。大日如来は摩訶毘盧遮那 ... » more
テーマ 供養

なぜ、三十三回忌まで十三仏なのか。【阿閃如来】(其のニ)阿しゅく如来様はお釈迦様や大日如来様、観音様やお地蔵様のように、誰でもが知っていて、有名な仏様ではありません。どんな仏様だったかな、と思ってしまいます。阿し ... » more
テーマ 供養

なぜ、三十三回忌まで十三仏なのか。【阿閃如来】(其の一) 「阿閃如来と光明皇后」阿閃如来は三十三回忌の仏様のうち、11番目めに座しています。奈良の大仏様が建立された時のお話から。奈良の大仏様を ... » more
テーマ 供養

なぜ、三十三回忌まで十三仏なのか。【阿弥陀如来】(其の三)極楽浄土は西の彼方十万億土の遠いところにある、といわれています。恵心僧都の言葉に「我が身即ち弥陀、弥陀即ち我が身、娑婆即ち極楽、極楽即ち娑婆」とあります。 ... » more
テーマ 供養

なぜ、三十三回忌まで十三仏なのか。【阿弥陀如来】(其のニ)観経文(かんぎょうもん)光明遍照十方世界念仏衆生摂取不捨(こうみょうへんじょうじゅうぽうせかいねんぶつしゅじょうせっしゅふしゃ)南無阿弥陀仏南無阿 ... » more
テーマ 供養

【なぜ、三十三回忌まで十三仏なのか。【阿弥陀如来】(其の一)大無量寿経。阿弥陀如来様のことが書かれているお経です。(お経は漢文で書かれていますから難しいと思ってしまいがちですが、仏様が仏様にいたるまでの物 ... » more
テーマ 供養

【お知らせ】平成22年度一日尼僧体験(プチ修行)*僧体験も可平成22年度開催月。1月、2月、3月、4月、5月、6月、9月、10月、11月、12月行います。(8月は旧盆ですので、お休みです。)日時は特に定めていませんので( ... » more
テーマ 教室 供養 体験修行

なぜ、三十三回忌まで十三仏なのか。【勢至菩薩】 なぜ、三十三回忌まで十三仏なのか。【勢至菩薩】勢至菩薩様は十二支の守り仏では午年生まれの方をお守りしています。観音様というと、みんなが知っている仏様ですが、勢至菩薩様は十二支守り本尊仏としてのイメ ... » more
テーマ 供養 日常

なぜ、三十三回忌まで十三仏なのか。【観音菩薩】 十三仏。人間が肉体というエネルギーを消滅し(死)、魂というエネルギーがあの世の世界で次に生まれ変わる為の修行を行なう時間として、33年間という長い時間がかかる。その33年間の修行期間を13の仏様が、仏の法の元に、次に生ま ... » more
テーマ 供養 日常

1人交換日記ご先祖さま
私の家には仏壇があります。何かを供える際には、手を合わせます。最近の家にはお仏壇が無いかもしれませんね。仏壇=実家=田舎っていうイメージもありますし。でも最近の仏壇はモダンでリビングに置いても調和する ... » more
テーマ 先祖 供養 仏壇

【何故、懺悔が必要なのか。】各宗派や新興宗教といわれている宗教であっても、勤行集には必ず、一番初めに懺悔文があります。我昔所造諸悪業皆由無始貧瞋癡従身語意之所生一切我今皆懺悔(がしゃくしょぞうしょあくごう ... » more
テーマ 供養 日常

なぜ、三十三回忌まで十三仏なのか。【薬師如来】 人間の生命が終わった死去の日を立ち日ともいいます。その日から数えて四十九日間を中陰、または中有(ちゅうう)と呼びます。死者が七日を区切りとして他所に生まれ変わるために、残された方々が功徳を積む七七日(四十九日忌)です ... » more
テーマ 供養 生活

今日、団塊世代の知人が来寺しました。団塊世代が集ると、話題になるのは自分の身の始末の事。葬儀。戒名。お墓の話。葬儀はどうする。お金の準備はいくら。お寺はどうする。坊さんを呼ぶか、呼ばないか。遺 ... » more
テーマ 供養 日常 生活

仏教、仏法を学びたい、と希望する方の為に、昨今では様々な情報が簡単に入手しやすい環境になっています。そういう中にあって、留意しなければならにことは、生兵法にならない、ということです。私の師(故人)が書き残したものの中 ... » more
テーマ 供養

【お知らせ】一日尼僧体験申し込み受付終了しました。 本年度(平成21年度)、一日尼僧体験の申し込み受付は終了いたしました。申し込みくださいました皆様、ありがとうございます。また、申し込みに間に合わなかった皆様、来年度(平成22年)の参加申し込みをお待ちしていま ... » more
テーマ 供養 体験修行

 

最終更新日: 2016/11/15 22:08

「供養」のブログ関連商品

» 「供養」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る