誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「死」のブログを一覧表示!「死」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「死」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「死」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

この頃、膝(ひざ)関節が痛い。多分仕事で、重たいコア箱を持ち上げたり、移動したりするからだろう。階段の上り下りに膝が、びびと痛み位が来て、膝が折り曲がりそうになる。もしコア箱を移動している時に、膝に痛みが来てコア箱を落としたりしたら、取り返 ... » more
テーマ 老化 つぶやき

ー われわれは、死後も努力次第で向上進化するのであれば、罪深い動機から転落することもあるのでしょうか?「ありますとも!霊の世界へ来ても、地上的な欲望から抜け切れずに、何百年も、時には何千年も、進化らしい進化を遂げない者が大勢います。 ... » more

ー 物欲や権勢欲は、死後の世界でも存在するのでしょうか?「死後の世界でも、低界層では、相変わらず物欲と権勢欲が残っています。忘れてならないのは、死ぬということは肉体がなくなるだけで、霊的には生前と少しも変わっていないということです。 ... » more

見知らぬ星の空 アナタのために…
アナタのために 生きたいと思った… 人のために生きるなんて おかしいわよね… アナタのために 死に ... » more
テーマ

ー 死後の世界は、どこにあるのでしょう?「今、あなた方が生活している世界の別の側面、肉眼に見えず、肉耳にも聞こえない世界です。今こうして存在しているのと同じ場所に存在しているのです。死後、わざわざそこへ赴く必要はありません。 ... » more

明日に向けて(親友の三回忌から) 親友が亡くなって、もう三回忌になりました。今年はもう悲しんだり悔やんだりしないで、奴と一緒に行ったビートルズ復活祭のオープニング曲「A Hard Days Night」を、奴のドラムではないけど歌います。彼のお母さん ... » more

霊界は思念が実在となる世界です 霊界へ来て、まだ霊的バイブレーションに順応していないうちは、地上時代と同じパターンの生活を営みます。霊界の低級界は、色々な点で地上とそっくりです。これは、新参者にショックを与えないようにとの、神の配慮なのです。いきなり環境が変わ ... » more

死は第二の誕生 “生”を正しい視野で捉えていただきたい。その中で“死”が果たしている役割を理解していただきたいと思います。人間はあまりに長い間、死を生の終わりと考えて、泣くこと、悲しむこと、悼むこと、嘆くことで迎えてきました。私たち霊は、是非と ... » more

死は暗闇から光明へ導いてくれる天使 私たち霊は、地上の同志の方に気楽な人生、何の障害もない人生をお約束することは絶対に出来ません。私から言えることは、障害も困難も、その一つ一つが挑戦すべき目標だということです。一つ克服するごとに、あなたは霊的に成長するのです。地上 ... » more

演奏家も作曲家もみな一種の霊媒 霊界へお出でになれば、大変な楽しみがあなたを待っております。と、申しますのは、霊界には今のあなたには理解できない性質と卓越性をもった音楽が存在するからです。地上で、まだ一度もお聞きになったことのないオクターブがあります。シンフォ ... » more

皆さんは毎晩死んでいる ー 人間が幽体で旅行する話を聞くことがありますが、どういう現象なのでしょうか?「いたって簡単なことです。幽体が肉体から抜け出て、時には霊界へ、時には地上の遠隔の地まで旅行するのです。実は睡眠中は一人の例外もなく、幽体で旅行してお ... » more

時雨亭往還仁成館の親父が逝った…
仁成館の親父が逝った… 一年前くらいから体重が10キロも減り、病院嫌いだった親父も、早春になって半ば仕方なく検査を受けた。肺気腫か肺線維症か詳細は不明だが、とにかく肺の機能が極端に低下する病気だった。「山菜の季節だから、入院なんかしちゃいられない」 ... » more
テーマ 秋山郷 仁成館

障害物は性格の発達と成長にとって必要 事態を改善するよりも悪化させるようなことは、いかなる魂に対しても、お勧めするわけにはまいりません。自殺行為によって地上生活に終止符を打つようなことは、絶対にすべきではありません。もし、そのようなことをしたら、それ相当の代償を支払わね ... » more

麦雨悲しさの極みは棺の中の菊  
しばらくブログを書く気になれなかった。同じ書くなら楽しいものを書きたい。辛い出来事で、先週の3連休は喫茶を休んで、3月以来の大阪に居た。その3月は長姉淳子の7回忌。11月22日は、悲しいかなそのひとり息子、小生の大切 ... » more
テーマ 俳句 雑記

死は魂に準備が出来た時に訪れるべきもの ー 患者が自由意志によって死を選んだ場合でも、やはり因果律が働くのでしょうか?「いついかなる場合でも、因果律が働いております。あなたの、この度の地上への誕生も、因果律が働いたその結果です。これから訪れるあなたの死も、因果律の自然 ... » more

霊界では魂の成長に応じた界に住む 霊界では魂の成長に応じた界、つまり、その人の知性と道徳性と霊性の程度に、ちょうどよく調和する界に住むようになります。界の違いは、そこに住む人の魂の程度の違いだけで、霊性が高ければ高いほど、善性が強ければ強いほど、親切心が多ければ多いほど ... » more

世の中のためにどれだけ自分を役立てたか 地上生活の総決算をする時が来た時、つまり地上に別れを告げて霊の世界へと移られると、誰がするというのでもなく、自家作用によって、自分で自分を裁くことになります。その時の判決の基準は、地上で何を考えたかでもなく、何を信じたかでもありません。 ... » more

死んだ人は地上にいた時と変わりません 私たち霊団の仕事の一つは、地上へ霊的真理をもたらすことです。これは大変な使命です。霊界から見る地上は、無知の程度がひどすぎます。その無知が生み出す悪弊は、見るに耐えかねるものがあります。それが地上の悲劇に反映しております。 ... » more

飼う時にわかっていたけど… 28日に悲しい出来事がありました…。実は、飼っていた猫のニャーが前の日、急に吐き、漏らしてぐったりした状態になり、翌日亡くなりました。 元々そんなに強い猫では無かったですが3年と言う短い生涯はあまり ... » more
テーマ ニャー  コメント(1)

全てのことはなるべくしてそうなっている 宇宙を創造した神は、愛に満ちた存在です。私たち一人一人を創造してくださった、その愛の力を信頼し、全てのことは、なるべくしてそうなっているのだということを、知らなくてはいけません。今は理解できないことも、そのうち明らかになる機会が訪れ ... » more

“「死に方」と「看取り」 PartV” 〜今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます〜今回が最終回となります。これは、今から40年ほど前の話です。東京にある、ある有名病院。そこに、70代後半の東京大学医学部の教授が運ばれました ... » more

“「死に方」と「看取り」 PartU” 〜今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます〜前回の記事の続きとなります。 今回は世界に目を向け、福祉先進国と言われるデンマーク と ドイツ の「死に方」と「看取り」の現状をご紹介しようと思います。 ... » more

“「死に方」と「看取り」 PartT” 〜今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます〜先日、いつものようにコンビニへ買い物に行ったところ、文藝春秋11月号が売っていました。私、いつも言ってますが、文藝春秋は雑誌類としては値段が高い。(あくまで ... » more

死刑では問題の解決になっていない ー 死刑制度は正しいとお考えですか?「いえ、私は正しいとは思いません。これは“二つの悪のうちの酷くない方”とは言えないからです。死刑制度は、合法的殺人を許していることにしかなりません。個人が人を殺せば罪になり、国が人を殺すの ... » more

死ぬことは悲劇ではありません 死ぬということは決して悲劇ではありません。今、その地上で生きていることこそ悲劇です。神の庭が、利己主義と強欲という名の雑草で、足の踏み場もなくなっている状態こそ悲劇です。死ぬということは、肉体という牢獄に閉じ込められていた霊が、 ... » more

あるのは神の摂理だけです 霊の世界は、人間の言葉では表現の仕様がありません。たとえるものが地上に見出せないのです。あなた方が“死んだ”と言って片づけている者の方が、実は生命の実相について、はるかに多くを知っております。霊界に来て、芸術家は地上で求めていた ... » more

あなた方は霊の世界の喜びを知りません 私たちが住む霊の世界を、よく知っていただけば、私たちをして、こうして地上へ降りて来る気にさせるものは、あなた方のためを思う気持ち以外の何ものでもないことが、分かっていただけるはずです。素晴らしい光の世界から、暗く重苦しい地上へ、一体誰が ... » more

きょうは正岡子規がなくなる一年前の明治34年10月13日の日記を掲載します。この日は「大雨恐ロシク降ル」とあるように朝から激しい雨が降っていたようです。ご覧のように原文は漢字とカタカナで書かれているので読みづらいので、自己流で平 ... » more
テーマ 仰臥漫録 子規

寿命を全うしなければなりません ー みずからの行為によって霊界へ行くことは、許されることでしょうか?たとえば最愛の伴侶を亡くした人の場合です。「許されません。あくまでも摂理にしたがって、寿命を全うしなければなりません。神の摂理は常に、その働きが完璧だからです ... » more

「集団的自衛権」の行使の容認について ... » more
テーマ 自衛隊 政治

 

最終更新日: 2017/01/21 21:37

楽天市場のおすすめ商品

「死」のブログ関連商品

» 「死」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る