誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「死」のブログを一覧表示!「死」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「死」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「死」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

★。・。・゜♪゜・。・。★筑紫風交心★。・。・゜♪゜・。・。★☆ご協力お願いします。写真俳句 ブログランキングへ☆ありがとうございます。 ★筑紫風交心r ... » more
テーマ 筑紫風交心 写真俳句

皆さんは毎晩別の世界へ行きます 一私たちは眠っている間は、どんなことをしているのでしょうか?「皆さんは毎晩その肉体をあとにして、別の世界へ行きます。訪れた世界での体験は、二種類に分けることが出来ます。一つは教育を目的としたもので、もう一つは純粋に娯楽を目的とし ... » more

死は生命に対して全く無力なのです 死は生命に対して全く無力なのです。生命は常に意気揚々としています。亡くなった息子さんは、決してあなたのもとを去ってはいません。むしろ死によって、霊的にはさらに身近な存在となっているとも言えるのです。そのことが今のあなたに理解 ... » more

★。・。・゜♪゜・。・。★青のくさみ交心★。・。・゜♪゜・。・。★☆ご協力お願いします。写真俳句 ブログランキングへ☆ありがとうございます。★青のくさみ ... » more
テーマ 写真俳句 余命

霊界では思ったことが現実となる 一死後どれくらいたってから地上へ戻って来るのでしょうか?「それは個々の事情によって異なります。霊界へ来て何世紀にもなるのに、自分の身の上に何が起きたかが分からずにいる人もいます。」一自分が死んだことに気づかないのですね。「一 ... » more

時雨亭往還Death Education
Death Education 井の頭公園の象、はな子が死んだ。私なんかよりはるかに年長の、69歳での大往生だった。三度訪ねて、実際に会えたのは二回。それももう10年も前のことだ。さまざまな人がはな子に自分の思いを仮託していたのは充分承知してい ... » more
テーマ 生と死 訃報

心に思うままがその人となります 「人生の究極の目的は、地上も死後も、霊性を開発することにあります。物質界に誕生するのも、そのためです。その目的に適(かな)った地上生活を送れば、魂は然(しか)るべき発達を遂げ、霊界の生活に正しく適応できる霊性を身につけた時点で死を迎 ... » more

真にあなたのものは失われません 死が訪れると、霊魂はそれまでに身につけたもの全て一あなたを他と異なる存在としている個性的所有物の全てを携えて霊界へ行きます。意識、能力、特質、習性、性癖さらには愛する力、愛情と友情と同胞精神を発揮する力、こうしたものは全て霊的属性であり ... » more

ひだまりのお話惜話§岩城宏之没後10年
岩城宏之が逝去したのは2016年6月13日で今年が没後10年にあたる。クラシックを聴き始めたのは中学2年の頃のことだった。家にレコードの再生装置はなかったので、ラジオでクラシックを聴くか、あとはせいぜいN響アワーくらいなもの ... » more

〜今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます〜飲酒時代を振り返っってみると・・・自分は確実に、『死に急いでいた』という気がします。どういうつもりで酒を飲んでいたかというと、『もう ... » more

同じ自殺行為でも意味が異なる 私たちに反論する人たちは、私たちが自殺を容認している一臆病な自殺者を英雄または殉教者と同等に扱っていると非難します。が、それは見当違いというものです。私たち霊は、変えようにも変えられない自然法則の存在を認めると同時に、同じ自殺行為で ... » more

〜今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます〜飲酒時代を振り返って・・・このことが結構大事だと思うこと。それは、『死が怖いと思ううちに酒を止めること』です。人間は大小はあるでしょ ... » more

〜今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます〜以前に一度記事で書きましたが、大事なことなのでもう一度ご紹介します。私が酒に溺れ酒に支配されている時、4回の膵炎を発症しました。その4回目の入院で、 ... » more

〜今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます〜『生き恥をさらすぐらいなら、死んだほうがマシだ』という言葉をよく聞きます。しかし、果たしてそうでしょうか?少なくとも私は、反対の立場をとっています。 ... » more

あなた方は実在から切り離されております 物質の世界に生きておられるあなた方人間は、実在から切り離されております。あなた方にとって、それが理解し難いことは私たち霊もよく承知しております。なぜならば、あなた方なりに何もかもが実感があり、実質があり、永遠性があるように思えるから ... » more

メモメモ結局
結局今もっているこれが自分。地獄だな、だとすると。これ以外に何の真実もないなんて。地獄だ。もう無理かな、きっと。もうダメなのかも。このままの気持ちで生きていく自信はまったくないや。死んだほうがラクなのかななんて思う日々がある。 ... » more
テーマ 無理 地獄

アーノンクールの死(10)レクイエム「咆哮する死」 「空が崩れる。その墓碑の前に膝をついた時、恐怖が彼の心臓を握り締めた。空の晴れやかさが嘘のように、土は冷ややかに彼の膝を噛んでいる.死とはこういうものなのか。」「マンゾーニの死を追悼するミサ曲」之は正にヴェルデイが作曲したレクイ ... » more
テーマ

死刑では問題の解決になっていない 一死刑制度は正しいとお考えですか?「いえ、私は正しいとは思いません。これは “二つの悪のうちのひどくない方” とは言えないからです。死刑制度は合法的殺人を許していることにしかなりません。個人が人を殺せば罪になり、国が人を殺す ... » more

ゴールデンウィークなどと騒いでいたのに、気がつけば5月半ばではありませんか。そして定年退職してから間もなく8か月……一年なんて、あっという間に過ぎ去っていってしまうのは、もちろん年を取ったせいでもあるのだ。子供の頃は、一 ... » more
テーマ 老化 日常

アーノンクールの死(9)アイーダ ヴェルデイのオペラでこんなに美しい曲は他にるだろうか。「アイーダ」で行進曲が余りにも有名だが、実は彼のオペラで最もうつくしい。私が感服した演奏は、アーノンクール指揮ウイーフィルのものだが、名作数多ある中で、この演奏ほど美しいものはな ... » more
テーマ

あなた方の世界は暗くて冷たい世界です あなた方人間の住む物質界は、活気がなくどんよりとしています。あまりに鬱陶しく且つ重苦しいために、私たち霊がそれに合わせようと波長を下げていく途中で、高級界との連絡が切れてしまうことがあります。私の住む光の世界とは対照的に、あなた方の ... » more

利己主義の罪 一死後の世界でも罪を犯すことがありますか?もしあるとすれば、どんな罪が一番多いですか?「もちろん私たち霊も罪を犯します。それは利己主義の罪です。ただ、霊の世界ではそれがすぐに表面に出ます。心に思ったことが、すぐさま他に知ら ... » more

地上で生きていることこそ悲劇です 死ぬことは悲劇ではありません。今その地上で生きていることこそ悲劇です。神の庭が、利己主義と強欲という名の雑草で足の踏み場もなくなっている状態こそ悲劇です。死ぬことは、肉体という牢獄に閉じ込められていた魂が自由になることです。 ... » more

霊界は言葉では表現のしようがありません 霊界は人間の言葉では表現のしようがありません。たとえるものが地上に見出せないのです。あなた方人間が “死んだ” と言って片付けている者の方が、実は生命の実相について遥かに多くを知っております。霊界に来て芸術家は、地上で求めていた ... » more

他界した方たちは今なお実在の人物 他界した方たちは今なお実在の人物であり、地上にいた時と同じように、あなた方のことを気づかってくれていることを忘れてはなりません。彼らはもはや言葉で話しかけることは出来ませんし、あなた方もその声を聞くことは出来ませんが、あなた方のすぐ身の ... » more

アーノンクールの死(8)オペラの読み替え(魔笛) 前回「ドン・ジョバンニ」の傑作に触れたが、同じ演出者フリムの「フィガロの結婚」はそれほどではなかった。アーノンクールが名匠ボネルとやったモンテベルデイの3部作は抜群の出来だったし、モーツアルト「コシ・ファン・トッテ」も悪くはなかった。そ ... » more
テーマ

魂には肉体を去るべき時がある 一医師にも寿命を長引かせる力があるでしょうか?「医師が肉体を生き続けさせようと努力なさる一それは結構です。が、魂にはその肉体を去るべき時があり、その時が来れば地上の医師には為すべき手段はありません。」一生命を維持させようと、いく ... » more

寿命を全うしなければなりません 一自らの行為によって霊界へ行くことは許されることでしょうか?たとえば最愛の伴侶を亡くした人の場合です。「許されません。あくまでも法則に従って寿命を全うしなければなりません。神の法則は常にその働きが完璧だからです。完全な愛に ... » more

アーノンクールの死(7)モーツアルトの歌芝居(オペラ)「皇帝ティトスの慈悲」 1983年フェルゼンライトシューレ>2006年の会場彼は優れたドイツ・オペラの演奏家だった。晩年は3つの優れたドイツ・オペラをかいた。彼はイタリア・オペラで名をなしたが、死の声を耳にした頃から、従来のジング・シュピール ... » more
テーマ

Ban'ya死者はどこにいる?
死者はどこにいるのだろうか?ある出版記念会に出席し、考えてみた。その本の著者は、死者は生者の記憶に存在すると述べた。はたしてそうだろうか?生者は、いつかは死者になるのだから、それは、未来の死者の記憶にと言うべきかもしれない。 ... » more
テーマ 俳句 人生

 

最終更新日: 2017/12/23 20:55

「死」のブログ関連商品

» 「死」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る