誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「死」のブログを一覧表示!「死」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「死」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「死」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

木漏れ日の中で近頃・・・
よく死について、考えている。でもこればかりは、「寿命」というものがあって、希望する時には死ねないし。もっと生きたいと思っても、災害や、通り魔、交通事故・・・などであたら命を落とす人も多い。早く死にたいと思っていて ... » more

死は大いなる解放者です 臓器移植については、私たち霊もよく知っています。そしてまた、その動機の多くが立派であることも知っています。ですが私は、人間の臓器を他人に移植することには反対です。そもそも死は怖いものではありません。死は大いなる解放者です。 ... » more

魂が最終的に引っ込んだ時に死が訪れます 人間には魂が宿っています。その身体を生かしている、神性を帯びた実在です。そして、その魂によって活力を与えられて存在を得ている、物的身体を持っています。魂が最終的に引っ込んだ時、この “最終的に” というところを特に強調しておきま ... » more

霊的な美しさは物的なものでは表現できない 仮に世界最高の絵画の全て、物質界最高のインスピレーションと芸術的才能、それに大自然の深く壮大な美しさを全て集めて、一つにまとめても、私が本来所属する霊界の荘厳美麗な実在に比べれば、至ってお粗末な反映に過ぎません。芸術家がインスピレーショ ... » more

コルビット日誌いずれ来る最期の時まで
身近な人が亡くなると淋しくなりまた遺された最愛の家族のことを考えてしまう。いつかくる最期の時まで何ができる?また、どのように生きたい?自問自答してみる。競争には1番になれなく、平凡な人間だと思い知らさ ... » more
テーマ 最愛 家族

〜今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます〜私が酒で溺れている時、このように思ったものです。『もう、このまま酒飲んで死のうか!』と。でも、なかなかそう簡単ではないのですね。それから私は ... » more

眠話§小平霊園散策雑感 小平霊園で自分たちの“樹林型合葬埋蔵施設”を見た後、30分程だが墓地を散策した。あらかじめ著名人の墓の位置を記した案内図を用意していたのだ。最初、目に立ったのはキリスト教の墓の多さで、考えてみれば教会に墓地はなく、都営霊 ... » more

祀話§樹林型合葬埋蔵施設〜小平霊園〜 10日ほど前、思い立って同居人と一緒に小平霊園に行ってきた。多摩モノレールと西武拝島線を乗り継ぎ、それだけで約一時間。我が家からだと1時間半近い行程というところ。2年前に当選した、生前応募の樹林型合葬埋蔵施設がどんなもの ... » more
テーマ 老化 私事

毎回シネル。体調ハゲシク悪いから、酒飲まない・食べるのも最小限って最初から言ってるのに、無理強いするな。ホント好きな人だけでやればいい。…直近でまたあるという予告付き。ヤッテランネ9/15( ... » more
テーマ 飲み会

親和性がなければ再会はありません 一つの家族が霊界に来ても、自動的に合流するわけではありません。家族の一人一人が、自然な霊的親和性を持っている場合は合流できます。親和性がなければ再会はありません。意識のレベルが違うからです。夫婦の場合なら、身体上の結婚だけで ... » more

腕組王女のブログどうやって死ぬか?
昨日は89歳、88歳(おキクさん)のご夫婦、87歳の近所の友達I さんとおしゃべりした。腕組城のとなりのCさん宅で早朝ちょっとした出来事があったって。朝walking の人がなにげなくCさんの玄関のあたりに目をやったら、(江 ... » more
テーマ

演奏家も作曲家も霊媒です 霊界に来れば、大変な楽しみがあなたを待っています。霊界には、今のあなたには理解できない性質と卓越性を持った音楽が存在するからです。地上でまだ一度も聞いたことのないオクターブがあります。シンフォニーもあります。コンチェルトもあ ... » more

各界層には同じレベルの人が集まっています 私たち霊が霊界の界層の話をする時、それは必ずしも丸い天体のことを言っているのではありません。様々な発達レベルの世界を指しています。それらが地理的に平面上で仕切られているのではなく、低いレベルから高いレベルへと段階的につながっているの ... » more

時雨亭往還日野原先生
日野原先生 私が「先生」と呼ぶのは、教師か医者であって、間違っても政治家などではない。誰に教え込まれたわけでもなく、ごく自然に身に付いた、幼い頃からの習慣である。その「先生」の頂点に存在していたのが日野原先生だ。お会いし ... » more
テーマ 人生 訃報

自殺はすべきではありません 事態を改善するよりも悪化させるようなことは、どんな魂にも勧めることは出来ません。自殺によって地上人生に終止符を打つことは、絶対にすべきではありません。もしそんなことをしたら、その代償を支払わねばなりません。それが自然法則です。 ... » more

一ヵ月以内に心筋梗塞で死ぬと言われた 付き添いで病院へ行くたび、「もう少し様子を見ましょう」と言われ続けて二か月半。ここで言う様子とは、血液検査の数値が、造影CTの使用可能になるまでということで、検査のたびに、ゆるゆると数値は改善傾向にあり、また様子見かと落胆し ... » more
テーマ 病院 高齢者

さみしがりやのひとりごと
死 最近死を身近に感じることが多くて。まあ自分もどんどん年を重ねているから、それなりに身内も同じように年をとるよね。改めて健康って大切。なんで病気になるかわからないけど。いつかはみんな死んじゃうん ... » more

日々是好日さよならマル
さよならマル かつてひとり暮らしを始めた娘の良き話し相手であり、そろって我が家に戻ってからは山田家の家族の一員だったデグーねずみの「マル」が死んでしまった。その日もいつもと同じく回し車で遊んだり、短く折って与えたスパゲティを手に持って食べたり ... » more
テーマ ペット デグーネズミ

霊界は輝きに満ちた世界です 物質界に降りてくるのは、正直言ってあまり楽しいものではありません。光もなく活気もなく、鬱陶しくて単調で生命力に欠けています。例えてみれば、弾力性のなくなったヨレヨレのクッションのような感じで、何もかもだらしなく感じられます。どこ ... » more

安楽死の決定権は医師に与えるべきではない 安楽死の決定権は、もともと医師に与えるべきではないのです。現実を直視して下さい。大半の医師の物の見方は唯物的です。その医学的知識は、人間が身体の他に精神と魂から成り立っていることが分かっていない、唯物思想を基礎としています。 ... » more

小林麻央さんが34歳で亡くなった。がんを患い、闘病していたのは知っていたが、お金持ちだから、最高の手当を施しているだろうから、元気な姿で戻ってくるとばかり思っていたが、死ぬとは意外だった。どれほどつらいか、死を覚悟した時の人間の悲しさはどれ ... » more
テーマ つぶやき 社会

魂をつなぎ止める力は持っていません 「魂が身体を生かしている限り、両者のつながりは維持されます。魂と身体をつないでいるコードが切れると、魂は身体から解放されます。身体の死を迎えた人にとっては、霊的人生の始まりであり、地上に誕生してきた霊にとっては、物的人生の始まりです ... » more

そう思うからそうなる 一霊界にも地上と同じ朝、昼、夜の変化があるのですか?「霊界に来て間もない初期の段階では、そういうことがあります。まだ新しい霊的環境に順応していないためです。霊界の低い界層、いわゆる幽界の環境は地上とそっくりです。これは新参者 ... » more

思念に言語はない 一他界直後には言語上の問題がありますか?「あります。地球に最も近い界層ではあります。そこには霊的理解がほとんど芽生えていない霊が住んでいます。まだ言葉が必要だと思い込んでいるので、言葉を使っています。」一一人が英語で話し ... » more

いつかは死ななくてはなりません 私たち霊の世界の素晴らしさ、美しさ、豊かさ、その壮観と光輝は、地上のあなた方人間には想像できません。それを描写しようにも言葉が見つからないのです。死は、独房の扉を開けて解放してくれる、看守の役をすることがよくあります。地上の人間 ... » more

亡くなった人を悲しむのは一種の利己主義 一亡くなった人を悲しむのは一種の利己主義だと思います。「一種の自己憐憫の情です。自分自身への哀れみであり、愛する人を失ったことを嘆いているのです。苦しみの世界から解放された人のために、涙を流すべきではありません。もちろん、地 ... » more

ついこの間のこと「医師が100%治せるわけでない」という発言に…………噛みついたタレントがいたと聞き、何だかなと思ったが、まずは医師が最善を尽くすのは当然の前提として、それでは完全に治せるかというと、医師であってもそこまでわ ... » more

死後どれくらい経って地上に戻ってくるのか 一死後どれくらい経って地上に戻ってくるのですか?「それは一人一人の事情によって違います。霊界に来て何世紀も経つのに、自分の身に何が起きたか分からない人もいます。」一自分が死んだことが分からないのですね。「一方には、ちゃんとし ... » more

地上は無知の程度がひどすぎます 私たち霊団の仕事の一つは、地上に霊的真理をもたらすことです。これは大変な使命です。霊界から見る地上は、無知の程度がひどすぎます。その無知が生み出す悪弊は見るに耐えかねます。それが地上の悲劇に反映していますが、霊界の悲劇にも反 ... » more

去る3月9日、初代教会長である母、山田尚子が86歳で亡くなりました。昨年8月31日に歯科の定期検診で口の中に腫瘍が見つかり、検査の結果、上顎歯肉ガンと診断を受けました。先進の化学療法で完治を目指しましたが、転移が避けられず、間質性肺炎も起こ ... » more
テーマ 生き方 信仰

 

最終更新日: 2017/11/03 11:44

「死」のブログ関連商品

» 「死」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る