誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    アイルランド

アイルランド

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: イギリス
テーマ「アイルランド」のブログを一覧表示!「アイルランド」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「アイルランド」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「アイルランド」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

地球逍遥船の群れと白鳥の列
船の群れと白鳥の列 北の国の海には短い夏の海のレジャーを持ち主に楽しませようとクルーザーたちが並んで出番を待っている。いつ乗りにきてくれるかな。わくわく。はしり出す時を待つクルーザーの群れの間を自由な白鳥達がすいすいと泳いで ... » more

地球逍遥境界線を走る
境界線を走る アイルランドの海岸線を南へ走る。左は海の世界。右は山の世界。海と山の境界線をひたすら南へ向かって走る。You're packing a suitcase 君はスーツケースを詰めfor a place none ... » more

前回は、「帝国」の2番手支配民族の心理ということで、帝国解体後に、帝国時代の自民族の繁栄ぶりにちょっぴり郷愁を感じつつも、独立国家・小国家の民族として、どうやって誇り高く生きていくか、とまどいつつ模索する民族がいることを、国際政治の舞台裏 ... » more

再び、ベラルーシ、アイルランドなどにおける小生の体験を元に、「帝国の2番手支配民族の心理」というテーマで、論考してみたくなった。1番手支配民族とは異なる、2番手支配民族の、「帝国」解体後の心理は、複雑である。この心理に注目すると、国際政治に ... » more
テーマ ユーゴスラビア アイルランド ソ連  トラックバック(1)

地球逍遥雨が降っても大丈夫?
雨が降っても大丈夫? ダブリン市内を走る路面電車・ルアス。市内を2路線走ってます。観光客には周遊バスの方が使いやすいので私はルアスには乗らなかったんですけども、東西の移動には便利そうです。近未来的な銀色のボディ。でも派 ... » more

地球逍遥アイリッシュシチューを食す
アイリッシュシチューを食す 国の名前がついた料理、”アイリッシュシチュー”。寒い日には是非食べてみよう!ということで食してまいりました。私たちが訪ねたのは、ダブリンのバーが集まるテンプル・バー地区の最も有名なバー”ザ・テンプル・バー”の ... » more

クラレンスホテルでディナーした ディナー本番です(笑)。ナイフ立ってます。このたびはアラカルトではなく、前菜・メイン・デザートのコースを選びました。フラッシュたかずにとったので見づらい写真がおおくてすみませんですm(_ _)mパ ... » more

クラレンスホテルでディナーした<序> 細い間口の洒落たホテル・クラレンス。☆☆☆☆☆のホテルです。ここに”ザ・ティールーム”というレストランがあります。本日は、ここでのディナーをご紹介しましょう。さて、何故わざわざ(って程でもないけど)ここでディ ... » more

地球逍遥天使の梯子
天使の梯子 海の上の鉄橋を走る。右の窓からも左の窓からも海が見える。天使の梯子がおりてきた。夕日とともに天使が海上に降り立つのかもしれない。列車はダブリンへ南に向かって走りつづける。Aug07 ... » more

地球逍遥さみしい海と光の贈り物
さみしい海と光の贈り物 ドロヘダからダブリンへ、列車は海岸近くを走る。東に面した海岸。多分午前中は明るいのだろうけど、夕暮れ近くのこの時間、とてもさみしく見える。家の中によりそって、心があったかくなる話でもしながら眺めないと、物悲しい気分に ... » more

地球逍遥タイムトリップ
タイムトリップ 夕暮れ時になりました。ドロヘダ駅に戻り、ダブリンへ帰らなきゃ。待合室に、企画切符のポスターがありました。ふむふむ、イースターホリディの切符、安い!しかし…これは!1922年のイースターホリディのポスターです。なん ... » more

地球逍遥聖ローレンス門
聖ローレンス門 坂をくだると、忽然と古い砦が現れました。聖ローレンス門。13世紀の、町を守る砦だそうです。現在の町をも堅牢に守っているみたい。Aug07Drogheda/IRELAND ... » more

地球逍遥ゆるやかな坂の下の街
ゆるやかな坂の下の街 ドロヘダの街は、ボイン川を中心にして両岸がゆるやかな坂になっています。片側が聖ピーター・アイルランド教会のある坂。対岸がミルモント要塞のある坂。坂の下の町って守りやすいのかな…?などと考えながら、見た目よりも足にはき ... » more

地球逍遥二つの聖ピーター教会
二つの聖ピーター教会 ドロヘダの町には”聖ピーター”教会が二つある。こちら、聖ピーター・ローマ・カトリック教会。街の中心地近くにあります。よくカトリック教会に見られるような、ゴシックな雰囲気。そしてこちら、聖ピーター・アイ ... » more

地球逍遥Where The Streets Have No Name
Where The Streets Have No Name 駅から歩いてドロヘダ市街へ来たらやっと町の地図に巡りあえた。でもバスターミナルは載ってない…。代わりに「i」(インフォメーション)のマークが。旅人の強い味方、インフォメーション。よし、ここでバスターミナルへの道を聞こ ... » more

北アイルランドへの道と導きの尖塔 ドロヘダ駅を出て、バスターミナルへと向かう道。国道一号線。北アイルランド(イギリス領土)の首都ベルファストへこの道をまっすぐ行けば、辿り着ける。一号線…それは国の動脈。ベトナムだったらハノイとホーチミンを結ぶ道。 ... » more

地球逍遥迷い子のドロヘダ逍遥
迷い子のドロヘダ逍遥 ボイン渓谷遺跡群への玄関口のはずの、ドロヘダ駅を出、…そして僕らは途方にくれた。「ボイン渓谷に電車で行くならドロヘダから」「ドロヘダの町の中央バスターミナルからバスに乗る」という情報しか持っていなかった…が。まず駅を ... » more

地球逍遥かわいい駅
かわいい駅 ボイン渓谷見学の、電車ルートでの玄関口となるドロヘダの駅。明るい色のレンガが、冷たい空気にあたたかみを添えます。そして、この国の人たちはほんとに大切にお花を飾る。花は風にふるえているけど、美しく可愛く整えられてる。 ... » more

ボイン渓谷遺跡群ビジターセンター ニューグレンジを含む、ボイン渓谷の遺跡群を訪ねるには、まずビジターセンターを訪ねます。遺跡にはガイドツアーに参加しないと、見学ができないからです。ビジターセンターからも、木々ごしにニューグレンジが見えます。ニ ... » more

地球逍遥Re‐Birth
Re‐Birth ニューグレンジは現地語で”太陽の洞窟”の意味。その名前と関係あるのか…この遺跡には、冬至の日に遺跡の奥まで太陽光が差し込む構造になっています。恥ずかしくも、私が「有名なぐるぐる」と言っていたのがこのエントラン ... » more

地球逍遥ニューグレンジ遺跡<Newgrange>
ニューグレンジ遺跡<Newgrange> ニューグレンジって要するにグルグル模様のついた古墳でしょ?その程度にしか思っていなかったら、ニューグレンジに近づくにつれ、自分の無知を恥じることになった。この圧倒的な存在感は何だろう?広い丘の上に、孤高の姿で建つこの遺跡 ... » more

映画「麦の穂をゆらす風」  -316- 近くのシネコン、いろいろとやってくれます。先日は、「音楽映画祭」でしたが、今度は「シネマワールドカップ」だそうです。昨年公開されたものの中から、珍しい国の映画、独立館系のチョット毛色の違う映画をやるようです。会員料金は700円で ... » more

地球逍遥アイルランドの田園風景
アイルランドの田園風景 ナウス遺跡の上にはのぼれます。少し高い位置から、はるか遠くまで眺められます。ボイン渓谷遺跡群の周辺は、田園地帯でした。綺麗に区切られた畑が見えます。その先は、緑。8月上旬時点で、畑に植えられた ... » more

地球逍遥古墳に咲く花
古墳に咲く花 ナウス遺跡の上は草に覆われ黄色い花がたくさん咲いていました。5000年前の遺跡を包む、明るい色の花。鎮魂の灯りをぽっとともしたかのように。Aug07BoyneValley/IRELAND ... » more

地球逍遥ナウス遺跡<Knowth>
ナウス遺跡<Knowth> ダブリンの北50Kmほどに流れるボイン川の周辺には40程の古墳群が残されています。その中で最も有名なのはニューグレンジですが、私達はまず”ナウス”と呼ばれる遺跡に向かいます。が、あまりに大きくて全容が捉えられ ... » more

地球逍遥解き放つ
解き放つ 思わず感嘆の声が漏れる。光と風と水。空と大地と川。眼前にこの世界の”美しいもの”が全て揃っている。流れの速い風にのって体と心が解き放たれていくのがわかる。電動パラグライダーで草をわたる風みたいにあ ... » more

「ゴドーさんは来られないって」 多分彼らはこんな景色の中でゴドーを待っている。大地はある。道がある。空もある。でもココニハナニモナイ。ゴドーは来ないと告げられた二人は明日首を吊るだろうか?いいえ、きっと明日も同じようにゴドーを待つでしょう。 ... » more

地球逍遥アビ―劇場
アビ―劇場 詩人のイェイツなどの尽力で建てられたアビ―劇場。ベケットも通ったとのことで、立ち寄ってみました。とはいえ、現在の建物は1960年代に建て直されたもの。ベケットとは違う景色を見ているのですが…劇場の入り口のガラ ... » more

ダブリン・ライターズ・ミュージアム アイルランドは文学大国。『ガリバー旅行記』を書いたジョナサン・スィフト。『幸福の王子』『サロメ』のオスカー・ワイルド。『ドラキュラ』を書いたのはブラム・ストーカー。(私も今回初めてアイルランド人の作者だと知りました) ... » more

地球逍遥持ち込み禁止
持ち込み禁止 私はハードロックカフェ巡礼者じゃないけどどうやらGreenDayキャンペーン(笑)中だったらしくビリー・ジョーのうたがめっちゃ聞こえてきたのでふらふら近寄ってみた(笑)。『薬/核兵器持込禁止』の表示。 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 19:02

「アイルランド」のブログ関連商品

» 「アイルランド」のブログレビュー をもっと探す

「アイルランド」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る