誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    自分史

自分史

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「自分史」のブログを一覧表示!「自分史」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「自分史」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「自分史」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

古い雑誌やスクラップを整理していたら、むかし書いた文章がいくつか出てきた。そんなものに何の意味も価値もあるわけではないが、OCRで取ってみたので、お遊びとして採録しておく。最初は、中学1年の時のもの。私は神田神保町に生まれ育ったので ... » more

アララトの虹半世紀を振り返る-3-
ある日、不思議な出会いがありました。ちょうど7カ月前・・・2012年10月20日の記事(サイクルのはじまりその2)にツルツルさんとの出会いを書いています。これが7年のサイクルの始まるきっかけのような出来事です。 ... » more
テーマ 自分史

アララトの虹半世紀を振り返る-2-
急ぎ足で振り返る半世紀以前も自分史のようなものを書きましたが年のせいか振り返ることが多くなったのかな(笑)今回は、このブログで手放すことができた結果の更なる総括ってことで。 ... » more
テーマ 自分史

アララトの虹半世紀を振り返る-1-
‘一途で情熱的な魂’は、予定より早くこの世に降りてきましたこれは私のことです。猪突猛進!!!エネルギッシュな女の子は火傷を負いました・・・・・それ ... » more
テーマ 自分史

チケット忘れ。 1978年6月13日なんのとりとめもなく何の気なしに思い出した長いこといろんなアーティストのコンサートに足を運んできた中で1回だけやらかしたことのあるチケット忘れ…{%表情恐怖 ... » more
テーマ チューリップ(財津さん) 自分史 ひとりごと  コメント(22)

セピアな想い出 その1 小学校入学式のクラス写真疎開やその後の引越しなどで幼少のころの写真はなくなり、これが残っている最古の一枚。校長先生は「二宮尊徳」の話を朝礼ごとになさいました。この町は二宮金次郎(幼名)の死去したところで、報徳二宮神社がありま ... » more

癌との付き合い方 NO2 師走の玉宮地区散策  12月27日は今冬一番の冷え込みで零下6,4度を記録した。家に閉じ篭っていては運動量が不足し癌と同居する人にとっては体力低下が怖いので、妻を誘い居住地である玉宮近隣の散策を楽しむこととした。散策には色々なコー ... » more
テーマ 癌との付き合い方 自分史 肺癌のリハビリ

新幹線と石油ストーブ。 母と次男。この時期になると毎年思い出すんです信号待ち、青空を疾走する新幹線に乗りたいなぁ…行きたいなぁ…っていう思いは今日はどうでもよくてまた今年も思い出しました ... » more

デフォルメ 昨日は朝から雪が降ったりやんだりの一日。デッサン授業では教室内の暖房が効いていたが授業が終わり学校から出たとたん強烈な寒さに襲われ、歯を鳴らしながら帰宅する流れで家の中も隙間風に震えっぱなし。今日は天気も良く洗濯日和ではあるが昨 ... » more
テーマ 自分史 血筋 つぶやき

一年近く、誰にも言えず苦しんできた私はもうさすがに限界を感じなんらかの相談という手段をとらずにはいられない状態になっていた一度だけのカウンセリングは受けたこともあったけどまあ ... » more

その後も魔物の攻撃を受け続けた私はあるところから、魔物との付き合い方を考えるようなった。「良い方向」に行こうとすればするほど、同じ力で「悪い方行」へ揺り戻される。そうはいっても抵抗しながらされるがままにすると ... » more

まさかこんなことが起こっていたなんて彼には言っていないので今頃びっくりしてるかなあ・・・うつの重い状態の彼に私が苦しんでいるなんて言えないし・・・というよりも、魔物ちゃんに ... » more

私の記憶が正しければ彼のメールに返信したのはその日はたった一度だけだったのにしばらくして彼から「いろいろ話して落ち着きました。」と返信がきた。不思議と私も話をした気がした。{%新芽we ... » more

たとえ話。そう・・・これは事実をそのまま語ることはできない。それにはいくつかの理由がある。事実をことばにすると、メールで支援している彼にも、私にも感情に傷がつくか、波立たせてしまい、よくない方向に行きかねない ... » more

爽やかな秋晴れの日の朝その男性からメールが来た私が学んだテキストには、「天気がいいですね」という言葉はあまり使わない方がいいと書いてあった。でも彼の最初の一言は「 ... » more

講演会で名刺をもらった翌日だったと思う。息子さんからメールが来たよろしくお願いします、という挨拶のメールだったので、すぐ返信をしてその後携帯メールのアドレスも登録してもらった。私は、出 ... » more

会議・・・名刺交換・・・公的機関の方たちと触れ合うこと・・・どれもが今までの私の日常とは別世界の、新鮮な体験でか、考えられない畏れ多くも臨床心理士さんが隣にいらっしゃるわ〜{%顔文字驚 ... » more

私は、相談を受けるボランティアを2つやっている。一つは全般的な相談の内容を電話で受けるもので、完全なボランティア。もう一つは、特に料金が定まっていないもので、これもボランティアみたいなものだ。結果を出せるものでもない ... » more

癒しというと、「心が落ち着く」とか「安らぐ」、あるいは「苦痛が和らぐ」等の意味に捉えられているようだ。しかし心理学では、「全体性の回復」ということらしい。人間としての全体、完全な人間というのは簡単に言うと「自 ... » more

久し振りの書き込みやけど、酒には手を出さずに済んでる。ただ作業所に遅刻しないで行きたいという思いと、朝から作業所へ行ってから夜に例会に出てると帰宅してから眠うて敵わんから、寝ることを優先してた。 この間、いろいろと考えることがあって、それは ... » more
テーマ アルコール依存症 50代のblog 自分史

サロン 竹森オリンピックの想い出
オリンピックの想い出 8月7日は肺癌の摘出手術をして5ヶ月が経過した記念すべき日ゆるやかに心肺能力は戻っているが傷口に突如痛みが走り、神経が繋がる痛みだと言う人もいるが私は不安である。生活は就寝が早いので早朝4時には起床しアスリートた ... » more
テーマ たまらなく嬉しい 東京オリンピック 自分史

母の母校、奈良女子高等師範学校を目指して 8月5日(日)、母の母校、奈良女子高等師範学校(現:奈良女子大学)を目指して、箕面からMTBで行ってきました。写真は、奈良女同窓会(佐保会)名の由来となった佐保川です。当然ですが、今でも我が家には佐保会から会合開催のご案内などが届きます。 ... » more
テーマ 自分史 MTB ブログ

ここ数日、疲れというかなんというか作業所に行って断酒会例会、帰宅して夕食済ませたら起きてられへんでゴロッと横になったら寝てしまう…。そんで朝方目え覚まして眠剤飲んで寝直して慌てて作業所へ…の繰り返しでblogも更新してへんかった。夢の中では ... » more

星湖舎は1999年7月20日海の日に創業いたしました。本来7月20日が創業の起算日なのですが、「海の日」が2003年よりハッピーマンデー制度で分離されてから、創業日が年に2度訪れることになりました(たまに合致することもありますが……)。 ... » more

「二度生まれ」のための自分史作り 今週の『週刊現代』のグラビア対談で姜尚中氏が「自分をもう一度見つめ直して、生まれ変わりたい」ことを『二度生まれ』という言葉で表現されています。この「二度生まれ」という概念を具現化する方法が、実は「自分史作り」なのです。私も自分史作り ... » more

ウィーンはいつもウィーン。 えっ、Say!?うれしいこと、あれこれウィーンはいつもウィーンって、言うタイトルなんだそうなんだぁまずは、これ…{%下 ... » more
テーマ チューリップ(財津さん) 自分史 グルメはめぐる  コメント(20)

二つの記念日 6月7日結婚25周年を迎えました銀婚式ってやつみたいですとりあえずプリザーブドフラワーをプレゼントうん十万円の宝石 ... » more

失業時代東京スカイツリーに思うこと
東京スカイツリーに思うこと 昨日から東京スカイツリーの話題でいっぱいですが、かってあの下町に勤めていたので思いでもいっぱいです。建設中の写真はいっぱいあるのですが、2011年よりこの地に移り住んだため完成した姿は一度も見ていません。この ... » more

失業時代自分史 モテ期
自分史 モテ期 誰にも人生では、三度のモテ期があると言われております。もしそれが正しいとすると、自分はもはや62歳、もうすでに三度のモテ期が終わったことになります。そう考えると、一回目のモテ期は、中学に入った瞬間だったでしょう。小学 ... » more
テーマ 音楽 自分史

母の日に想う 母が逝って3年近くなろうとする決して幸せに満ち溢れたとは言えなかったかもしれない人生昭和34年伊勢湾台風で中学1年の長女、小学5年と2年の2人の息子を失って人生に失望していた父母翌年3男として生を受けた私 ... » more
テーマ 人生 自分史 家族

 

最終更新日: 2017/08/12 16:40

「自分史」のブログ関連商品

» 「自分史」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る