誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    山田風太郎

山田風太郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「山田風太郎」のブログを一覧表示!「山田風太郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「山田風太郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「山田風太郎」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

山田風太郎 『幻燈辻馬車 下』  複雑骨折した元会津士族・干潟干兵衛の心境は? 「危機に陥ったとき、お雛が呼ぶと現れる干兵衛の息子・蔵太郎と妻・お宵の幽霊。2人に助けられながら、干兵衛はいつしか自由党壮士と明治政府の暗闘に巻き込まれていた。お雛と平穏な生活を望みつつも、会津藩士だった頃の自分を自由党壮士の姿に重ねて心揺 ... » more

山田風太郎 『幻燈辻馬車 上』  かなりの知識レベルが要求される難解な「明治もの」 山田風太郎の「明治もの」第二作は「週刊新潮」に1975年(昭和50年)より連載された本著『幻燈辻馬車』。冒頭、第一話「車の音が消えるとき」は明治15年、福島県令三島通庸(みちつね)の屋敷で開かれた大宴会。招待客の一員である三遊亭 ... » more

山田風太郎 『警視庁草紙 下』 近代化という陣痛に苦悶する両者対決の行方は? 東京を騒がせる怪事件の影で、知略によって警視庁を出し抜いてきた元江戸南町奉行の一派。業を煮やした大警視・川路はとうとう直接対決に踏み切る。同じ頃各地では、反政府派の反乱により不穏な空気が漂っていたそんな中についに西郷蜂起す、との報が入る ... » more

山田風太郎 『警視庁草紙 上』  「明治もの」の傑作を発見した喜び 山田風太郎といえばなんといっても「忍法帳」である。学生のころ「週刊新潮」に『くノ一忍法帳』や『外道忍法帳』が連載されていた。毎回忍者同士が奇想天外、抱腹絶倒のセックス忍法で死闘を繰り広げるのだ。なんて面白いのだろうと、その後忍法作品はほとん ... » more

「読書日記(8) 山田風太郎著“戦中派不戦日記”」 著者の山田風太郎は1922年生まれ、「伊賀忍法帖」等、多数の著書がある。本書は東京医科大学在学中に書いた日記のうち、昭和20年(日本敗戦の年)1月〜12月の分を収録したものだ。1936年生まれのぼくは、昭和20年春の名古屋空襲で、通 ... » more
テーマ 山田風太郎 1945年の日記

「風来忍法帖」山田風太郎著 いま公開中の映画“のぼうの城”と同じ題材を扱いながら全くアプローチの違う伝奇小説。ひとことで言えば、びっくり人間ショー。おおまかなストーリーとしては、明らかに劣勢な城をけなげに守る美貌の姫がいて、みょんなことから姫の身をを守るこ ... » more

山田風太郎 『魔群の通過』  鬼才風太郎が水戸天狗党の乱を描いた異色の傑作歴史小説 水戸の内戦は、まことに酸鼻なものでございました。内戦とはそれまでまったく隣人友人としてつき合っていた人間たちが敵味方に分かれて、同じ国の中で、いくさと言える時間と規模で相たたかうものであります。そもそも日本において内戦という状態にあるい ... » more

セイシュンと山風 ここまでくると、体調がいいとか悪いとか言ってる場合じゃねえくらいだ。なんじゃこりゃ。たぶん、路上は50度くらいになってるんだろう。正確に知りたいとも思わないが。『青春探偵団』山田風太郎ポプラ文庫ピュアフル猛暑の夏に〈 ... » more

「同日同刻」山田風太郎著 副題:太平洋戦争開戦の一日と終戦の十五日。忍法帖などの破天荒なフィクションを主とする著者の作品では異色の実録ものである。太平洋戦争を記述した作品で多いのは、体験記や、時系列の叙述、あるいは右や左の思想に沿った論評だったり、語り手 ... » more

山田風太郎『人間臨終図鑑』 ミステリー、時代小説、伝奇小説を中心にバラエティ豊かな作品を世に送り出した山田風太郎。司馬遼太郎とほぼ同時期に似たような(!?)活躍しながらも、なぜかマイナー路線というか、裏街道を突っ走った感のある著者ならではの作品。有史以来の古今 ... » more

ぺりーの靴レクイエム
レクイエム 年賀状を交換することにより、互いが健康であることを確認するようになってからもう何年も過ぎた。大学の友人とは、恩師や友人の告別式で会うことでクラス会代わりにしている。まだ元気だと思っていても、突然親しかった友の訃報が届く。高校の同窓会 ... » more
テーマ 同期会 山田風太郎 音楽葬

密室系blog?『山田風太郎が見た日本』
・5月13日、BS2「BS20歳の名作集」の枠で再放送された『山田風太郎が見た日本』を録画で観る。2005年8月に放送されたものの再放送なのだが、番組の存在自体を知らなかったのは、なんとも、うかつだった。視聴者の再放送リクエストで6位( ... » more

伊賀忍法帖 山田風太郎傑作忍法帖/山田風太郎 戦国の魔王松永弾正、己が邪恋を成就せんと、妖術師果心居士の弟子・根来忍法僧に数千の美女狩をさせた。伊賀忍者笛吹城太郎の妻・篝火(かがりび)もまたその贄(にえ)となって果てた。だが奇怪!復讐に起った城太郎の前に、弾正の籠姫が、篝火の顔 ... » more

密室系blog?『日本人の戦争』
道新の文芸時評で風太郎の日記が取り上げられていることを知って、「文學界」2月号掲載のドナルド・キーン「日本人の戦争−作家の日記を読む−」を読む。太平洋戦争の時代に作家たちは何を記し、何を遺したのか、作家たちの日記を読み解く長編評論400枚。 ... » more

密室系blog?>『風山房風呂焚き唄』
風太郎によれば、「そばvsうどん=俳句vs短歌=猫vs犬」という等式が成り立つそうだ。そば屋の行列に並ぶ人は多いが、うどん屋はあまりない。俳句雑誌の讃辞は熱狂的(誇大妄想的)たが短歌雑誌はそうでもない。猫を一人で何匹も飼う人はいるが ... » more

密室系blog?『秀吉はいつ知ったか』
『秀吉はいつ知ったか』 2009明けましておめでとうこざいます。昨年も、途中で止まってしまったが、今年は、少しでも更新数を増やしたいと思っております。どうぞよろしく。昨年は、風太郎の新しい本が3冊も出て、嬉しい年だった。山田風太郎『秀吉はいつ知 ... » more

密室系blog?『山田風太郎育児日記』
『山田風太郎育児日記』 『山田風太郎育児日記』(06.7/朝日新聞社)本書は山田風太郎が長女(佳織)の嫁ぐときに贈った日記。現代の子供たちであれば、成長を記録したビデオが贈られるかもしれないが、当時としては、最高の贈り物だったに違いない。ピンクの赤張り ... » more

『世界文学のスーパースター 夏目漱石』 ダミアン・フラナガン『世界文学のスーパースター夏目漱石』(07.11/講談社インターナショナル)漱石は大切にしている作家だ。なにせ、30代で『三四郎』『それから』『門』の三部作を読み、『道草』『明暗』等等は、もったいなくて50代で読むようと ... » more

『北村薫のミステリびっくり箱』 北村薫『北村薫のミステリびっくり箱』(07.11/角川書店)日本推理作家協会の前身である探偵作家クラブの会報に書かれたトピックスに、こと寄せて、将棋、忍者、嘘発見器、手品などのテーマを北村薫が選定、自身がホストになって、それに相応しい作 ... » more

密室系blog?『昭和前期の青春』
『昭和前期の青春』 山田風太郎『昭和前期の青春』(07.10/筑摩書房)風太郎の生い立ちと戦争についての文章をまとめた巻。「T私はこうして生まれた」山田風太郎というペンネームを初めて使用した中学生時代の映画雑誌の投稿「中学生と映画」から始まる構成の妙。 ... » more

密室系blog?『わが推理小説零年』
『わが推理小説零年』 仕事が一段落したら戻ろうと思っているうちに、既に2年半が経っていた。うへえ、2年半。ついこの前まで更新していたような気がするのだが。週末中心に徐々に復帰したい、それが私のささやかな希望であります。この間、書込みしてくださった方には申し訳ない ... » more

映画SHINOBIの原作である。この本を映画にするのは難しかったろうなというのが率直な感想。正直、原作と映画ではだいぶ内容が違う。もちろん、時代設定、主人公、主な登場人物は同じだが、映画で5対5の戦いになっているが原作は10対10で ... » more
テーマ 読書 山田風太郎 甲賀忍法帖

風のない場所甲賀忍法帖
著:山田風太郎出版:時代小説文庫(富士見書房)初版:H5-03-30本体価格:505P337□あらすじ□家康の秘命をうけ、徳川三代将軍の座をかけて争う、甲賀・伊賀の精鋭忍者各十名。四百年の禁制を解き放たれ ... » more

密室系blog?山田風太郎「乳房」
・最近の購入本有栖川有栖『有栖川有栖の鉄道ミステリ・ライブラリー』(角川文庫)北村薫『ミステリ十二か月』(中央公論新社)深草淑子『愛国者』(東洋出版)(おーかわさんのところhttp://masmas.lovely.to/my ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 17:50

「山田風太郎」のブログ関連商品

» 「山田風太郎」のブログレビュー をもっと探す

「山田風太郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る