誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    フェルメール

フェルメール

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「フェルメール」のブログを一覧表示!「フェルメール」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「フェルメール」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「フェルメール」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

蘭話§旅はなお[12]国立美術館(下) [承前]そしてフェルメールである。レンブラントが分散して展示されているのと違って、国立美術館には4点のフェルメールが“名誉の間”の一角にまとめて展示されているのだ。↓ストリートビューで見た『名誉の間』正面に夜警、左に ... » more

蘭話§旅はなお[7]美術館での写真撮影 [承前]毎度のことながら、美術館の中で写真撮影することについて考えている。多くの美術館や博物館では館内の撮影が認められているようだ。もとより展示されている作品を撮影する……そんな趣味などはなく、それなら図録を買えばそ ... » more

蘭話§旅はなお[6]デルフト眺望 [承前]狂った磁石を騙し騙し歩くこと10分ほど……何となく近づいてきたという気がしてきて、路地の奥先を眺めると、見えてきたのだ。というわけで、紆余曲折を経てマウリッツハイス王立美術館に到達。肝腎な時にけっこう致命 ... » more

季語は・・・南風フェルメール 描く運河や 南風今日は、アムステルダム中央駅からデン・ハーグまで電車に乗っての遠征。マウリッツハイス美術館に収蔵されているフェルメールの傑作『デルフト眺望』を観に行く。30数点し ... » more

遊話§一日一句〜国立美術館〜 季語は・・・皐月闇皐月闇 レンブラントの 技巧哉アムステルダム国立美術館の膨大なコレクションを鑑賞するのだが、そのすべてをなどとはとても不可能なので、例によってのつまみ食いである。4点所蔵されているフェル ... » more

フェルメールの『水差を持つ女』を摸写しました 『水差しを持つ女』を摸写するのは大変に久々です。この作品を長く摸写しなかったのにはふたつ理由があります。どちらも消極的理由なのでありますが。水差を持つ女(私の摸写)ひとつは、フェルメールの8号作品としてはややこしくて時間 ... » more
テーマ 絵画制作 フェルメール 模写

フェルメール後期の傑作『ギターを弾く女』を摸写しました! フェルメール『ギターを弾く女』を摸写しました!フェルメールの絵を私は、前期:絵の具盛り上げ期中期:ソフトフォーカス期後期:面塗り分け期の三つに分類していますが、この作品は、後期の傑作。のみならず、フェルメールが行きつ ... » more
テーマ 絵画制作 フェルメール 模写

フェルメール『レースを編む女』を模写しました! フェルメールの『レースを編む女』を模写しました。『レースを編む女』(私の模写)F3号これはあのサルバドール・ダリも賞賛していた作品で、ダリはこの作品から受けた霊感による作品をいくつか描いていますが、ズバリの模写もあり ... » more
テーマ 絵画制作 フェルメール 模写

フェルメール『牛乳を注ぐ女』を摸写しました。 『真珠の首飾りの少女』と並んでフェルメールの作品のなかでは有名&人気の『牛乳を注ぐ女』を久しぶりに摸写しました。フェルメールはF8号サイズ(45.5×38cm)近似の絵をたくさん描いていて、私もそのほとんど(多分全部)を摸写したことがありま ... » more
テーマ フェルメール 古典絵画について 模写

フェルメールの全作品、と言っても現存するのは36作品だが、それを取り上げながら、赤瀬川原平が評している。彼はカメラも趣味であり、カメラの眼を、フェルメールの作品を観る時に常に意識しているようだ。冒頭にも書いているが、カメラができる以前の絵に ... » more

フェルメール『デルフトの眺望』を模写しました! 念願のフェルメールの大作『デルフトの眺望』を模写しました。もちろんほぼ原寸大で。オリジナル含め、さすがに今まで描いた油絵の中で一番時間かかりました。以下、掲載写真は、今回の模写のものです。小さいとわかりにくいので、画像をクリックして、さらに ... » more
テーマ 絵画制作 フェルメール 模写

フェルメール風 堤防の切れ目から見える景色なんとなく、フェルメールの絵のような雰囲気に見えた。少し離れたところから、ドアの開いた部屋の中を見てるような・・・路地とは、また少し違った感じが、いーです。歩いていると、 ... » more
テーマ 仙台堀川公園 フェルメール 散歩

フェルメールの描き方 私なりのフェルメールの模写の仕方をアップしようかと思ったのですが、最初のキャンバスの下地作りだけで、バカみたいに長くなりそうなことが分かったので、模写の仕方はやめて、ちょっと前から言いたかったことを言わせていただきます。前から言いたかったこ ... » more
テーマ フェルメール 古典絵画について 模写

このシリーズのピカソの本が面白かったから、今度はフェルメールを読んだ。フェルメールは17世紀のオランダの画家で、日本では寛永〜延宝の頃である。誕生の地のデルフトはオランダ独立戦争の指揮官オラニエ公ウィレムT世(私はオレンジ公ウィリアムと習っ ... » more

惜話§夏季休暇〜ベルリン国立絵画館〜 [承前]ベルリン滞在も最終日となりにけり。いつものとおりに重い腰を上げて国立絵画館に行く。この日も気温が高めで、ポツダム広場からフィルハーモニーを経由しての道のりは日陰という逃げ場がなく、やるせないとはこのことである。 ... » more

[承前]観光地としてのドレスデンは見どころエリアが集中していて、それだけを見て回るのだったら一日で十分なくらいであるが、オペラやらコンサート通いが中心の我々にとっては、一週間くらいいても飽きるわけではない。そんな ... » more

フェルメール 光の王国展 in Shizuoka スルガ銀行静岡支店8階にあるホール「5風来館(ごふくかん)」で昨日まで開催していたフェルメール 光の王国展 in Shizuoka に行ってきた。フェルメール・センター銀座で開催したものを静岡に持ってきたようだ。科学的なエッセイの書き手 ... » more

はせどんブログフェルメールブルー
フェルメールブルー ▼昨年12月24日、羽田発、札幌行きのJALから撮った写真。午前9時30分。宇宙の深淵に続くようなブルーを見た。地上からはめったに見る事のできない「はっとする青」だ。氷点下数十度を超える寒波の到来の日だったので、寒波の影響なのか。 ... » more

日々のつれづれ・・Be ambitious!
Be ambitious! ラピスラズリを削って作ったフェルメールブルーに魅せられて、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」のレプリカを描いてみました。ほぼ原寸大、キャンバスはF8です。私には小さな挑戦でしたが楽しい時間でした。 ... » more

真珠の耳飾りと首飾り 「もしもし神戸市立博物館ですか?“フェルメールの真珠の耳飾りの少女”は本物でしょうか?九州国立博物館でもやっていますが。」「もちろん本物です、九州の方を調べてみましょう。・・・・・・ああ九州のは“真珠の耳飾りではなくて首飾り”ですね、耳と首 ... » more
テーマ フェルメール 真珠の耳飾りの少女 神戸市立博物館

「フェルメール IN ベルリン国立美術館展」 10月13日太宰府天満宮近くの九州国立博物館で開催中の「フェルメール IN ベルリン国立美術館展」に出かける。高速に乗って約1時間半近くで結構遠いところなのだけれど、多分もうここには4,5回は訪れているかと。ゴッホ、阿修羅像、 ... » more
テーマ 博物館 フェルメール タイトル「は」行

先週、青学の福岡伸一教授を迎えてのおはなし。まずは、ルリボシカミキリの鮮やかな青色の胴体が魅せられたとのコメント。この青は、100倍くらいの顕微鏡でみると、透明にみえる。青は色でなく「効果」であると。先生は昆虫オタク。学者よ ... » more

だーちゃんの暇つぶし見事、入賞!!
見事、入賞!! 久しぶりのブログです。写真を初めて・・・1年半ぐらいかやりましたカメラのキタムラ365日フォトコンテスト2011秋冬腕だめしコース自然入賞http: ... » more

世界一有名な少女に、会ってきました 昨日、上野の東京都美術館で開催されている、マウリッツハウス美術館展を見に行ってきました。ついに行ってきました!あの、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」(または「青いターバンの少女」)で話題の美術展です。女性 ... » more

     真珠の耳飾りの少女 来日♪ 梅雨の晴れ間昨日、今日と夏日になりましたね。また、明日からは雨模様かな・・・東京都美術館で開催中の「マウリッツハイス美術館展」ヨハネス・フ ... » more
テーマ ルーベンス フェルメール 美術館  コメント(4)

公話§展覧会は苦手・・・ そもそも絵心がないことに加えて人ごみが嫌いなものだから、都内で催される展覧会に行くのは苦手なのだ。おそらく、大きな展覧会には10年くらい出向いていないはずである。その最後に大阪は天王寺の美術館で見たのが、今回東京で展示さ ... » more

A.A.TH ああす設計室 blog光から木陰へ
光から木陰へ 少し前になりますが、フェルメールの絵を3枚同時に見ることが出来ました。、、の3枚です。「フェルメールからのラブレター展」東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージアム絵の裏側に光源でもあるかのように輝く光の表現は、本 ... » more

フェルメールからのラブレター展(渋谷、Bunkamura) 仙台に帰省する機会が増えて、東京で寄り道することも多くなった。3月14日閉幕のちょっと前に、短時間ながら渋谷に寄って「フェルメールからのラブレター展」を見て来た。最終日近くとあって、会場には開館前30分に着いたのに既に百名を越える行列が ... » more

書道 in the Skyフェルメール光の王国展
フェルメール光の王国展 Yasuhiko さんが秀逸な記事を提供して下さったので便乗。そんな訳で本日はオランダに ... » more

フェルメールと浅草軒 フェルメール、見てきました。写真みたいな絵でした。3月14日まで開催しています。娘とこのBunkamuraに出かけるたびに寄る洋食屋さん。浅草軒オムライスがうまい!!一度 ... » more

 

最終更新日: 2017/09/20 22:43

「フェルメール」のブログ関連商品

» 「フェルメール」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る