誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    新撰組

新撰組

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「新撰組」のブログを一覧表示!「新撰組」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「新撰組」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「新撰組」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

☆☆問☆答☆無☆用☆☆新撰組!!
新撰組!! 先日の歴史秘話ヒストリアで土方さんが登場でした♪♪♪もう20年以上新撰組土方歳三ファンのワタクシ。大興奮でした♪♪♪最近BSでやっていた「新撰組血風録」が日曜日の昼にやっています。その為にヒストリアで取り上げたと思うんですが ... » more

池田屋事件の逮捕者・古高俊太郎史跡めぐり 東京から新幹線でまた京都にやってきました。今回は、『池田屋事件の研究』(中村武生講談社現代新書)の冒頭にでてくる古高俊太郎の「発見」≠ノ触発されて、彼の関連史跡を歩いてみました。(以下、関連情報は同書を参考にさせていた ... » more
テーマ 幕末史跡 東京人の京都散策 新撰組  コメント(2)

清河八郎 大江戸線沿線ぶらり史跡めぐり 3月のある日、地下鉄大江戸線に乗って都内の清河八郎関連の史跡をめぐりました。"新撰組中心史観”とやらにたてば、清河八郎の評判はいまいち。彼の人生の後半といえば、文久3年、浪士組をつくり、ある奇策とともに、将軍 ... » more
テーマ 史跡散策 幕末史跡 新撰組  コメント(1)

もしもの老子龍源寺(近藤勇の墓)
龍源寺(近藤勇の墓) 近藤勇の墓はいくつかある。板橋と会津若松、そして調布の龍源寺が有名である。近藤の生家・宮川家は上石原村の豪農だった。龍源寺から近いところに石碑が建っている。龍源寺は雰囲気のある寺である。門前に近藤の胸像と顕彰碑がある。 ... » more
テーマ 新撰組

もしもの老子井上源三郎資料館
井上源三郎資料館 JR日野駅の近くにある宝泉寺に井上源三郎の墓がある。井上源三郎は、新撰組六番隊組長であり、試衛館時代からの仲間であるが新撰組の中ではややマイナーな存在である。年長者で好々爺的な存在と思われている。井上源三郎資料館には、天 ... » more
テーマ 新撰組

もしもの老子土方歳三資料館
土方歳三資料館 念願だった土方歳三資料館をやっと訪れることができた。土方歳三資料館は、第1・第3日曜日の午後しか開館していない。日野には何回か訪れていて、歳三の墓がある石田寺には5回ほど行っているのだが資料館が開館していない日ばかりで外から ... » more
テーマ 新撰組

もしもの老子追悼!左右田一平さん
左右田一平さん(そうだ・いっぺい)が10日、S状結腸がんで亡くなった。左右田さんは、私にとっては「燃えよ剣」の斉藤一である。土方歳三の栗塚旭、沖田総司の島田順司とともに斉藤一の左右田一平に夢中になったことがあった。今も新撰組 ... » more
テーマ 新撰組

もしもの老子永倉新八の命日
1915年(大正4年)1月5日に永倉新八は永眠した。永倉新八は、新撰組二番隊組長として幕末の数年間を京都に闊歩した。有名な「池田屋事件」においても近藤勇ら数人で修羅場をくぐっている。鳥羽・伏見の戦いの後、江戸に戻ってきた新撰 ... » more
テーマ 日記 新撰組

昨日は高幡不動ござれ市。 昨日は、高幡不動ござれ市に出店しました。午前三時に出発。空を見ると月が出ていたので安心してましたが、途中から雲行きが怪しくなり、横田基地のあたりでポツリポツリと。高幡不動に到着したらものすごい雨。見る見るうちに地面には水たまりが。 ... » more
テーマ 新撰組 骨董市

俳優島田順司さんと沖田総司像 俳優島田順司さんと沖田総司像俳優の島田順司さんと言えば、現代では、故藤田まことさん主演テレビドラマ「はぐれ刑事純情派」での安浦刑事の上司捜査課長川辺警部のイメージが強いのではなかろうか。人は好いのだが、署長の顔色 ... » more
テーマ 新撰組 島田順司 沖田総司

俳優栗塚旭さんと土方歳三 俳優栗塚旭さんと土方歳三俳優の栗塚旭(あさひ)さんは、昭和12年5月9日のお生まれというから、御年74歳ということになる。栗塚さんは、私が子供の頃から大好きな役者さんなのだ。栗塚旭さんと言えば、新撰組 ... » more
テーマ 栗塚旭 土方歳三 新撰組

岩手宮古湾の海戦 …新撰組隊士海上の斬り込み 宮古湾の海戦…新撰組隊士海上の斬り込み宮古湾は岩手県中部東側にある、リアス式海岸であり、幅3km長さ6km。北東側に開け、太平洋と繋がっている。東日本大震災では、宮古湾沿岸でも甚大な被害を蒙った。宮古湾沿岸部被災 ... » more
テーマ 函館五稜郭 新撰組 アボルダージュ

もしもの老子長倉家の墓参
長倉家の墓参 今回の岡山行きの目的は、永倉新八の実家である長倉家の墓参である。その墓石の前に永倉新八のことを書いた碑がある。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー武士の節を尽して厭(あく)までも貫く竹乃心一筋 ... » more
テーマ 歴史 新撰組

新撰組・斎藤一勤務先訪問記 新撰組隊士、斎藤一探索記の続きです。この散策シリーズ、背後でその筋の方≠フチェックを受けているようでして(笑)、それはそれとして、諸説の結論は専門家さんたち≠ノまかせましょう。ところで、斎藤は維新後、警視庁に勤め ... » more
テーマ 史跡散策 幕末史跡 新撰組  コメント(2)

新撰組・斎藤一住居跡探索放浪記 新撰組隊士、永倉新八の住居跡を訪ねたあと、同じ隊士の斎藤一がかって住んでいたあたりを訪ねました。斎藤一は、ご存知、永倉新八と同じく、新撰組の副長助勤。近藤らには京都で合流、池田屋では屋内に切り込んだ男ですね。会津 ... » more
テーマ 史跡散策 幕末史跡 新撰組  コメント(4)

新撰組・永倉新八住居跡群散策記 ゴールデンウィークのある日。曇天です、でも空気はさわやかです。新撰組のその後≠たどる散策に出かけました。たまたま本屋で手に取った『江戸・幕末を切絵図で歩く』(伊東成郎著 PHP研究所)。その中に永倉新八の ... » more
テーマ 史跡散策 幕末史跡 新撰組  コメント(4)

ぶらり元町O〜海軍操練所跡・神戸電信発祥の地〜 京橋を山側へ行くと・・・碇の形をした石碑が目に飛び込んできました。そこには「海軍操練所跡」とありました。そして横には「神戸電信発祥の地」ともあります。。。「神戸電信発祥の地」周りを探し ... » more
テーマ 歴史 新撰組 神戸

巻き戻し京都新撰組屯所紀行 新撰組の魅力とはいったい、なんなんでしょう。個人的に感じているのは、近藤や土方らの"一途さ"でしょうか。 思想や行動のよしあしうんぬんより、死ぬまで一環して初志を押し通したこと。そして、それを実行したこと。こ ... » more
テーマ 幕末史跡 東京人の京都散策 新撰組  コメント(4)

勝てない、無駄なCC><新撰組
新撰組 こんにちわ今日はMUではなく本の話しです。本は好きで何時もなにかしらの小説は持ち歩いてます。MUやりながらも読んだりしてますね。今までは日本人作家の小説は読まないできましたが、最近読むようになりました。ヘミングウ ... » more
テーマ 新撰組

京都紀行4(西本願寺周辺) 坂本龍馬が暗殺された数日後、近藤勇の休憩所に招かれた元新撰組参謀・伊東甲子太郎は帰路、待ち伏せた新撰組隊士に襲われ、本光寺まで逃れたが絶命した。新撰組は、御陵衛士をおびきだすために伊東甲子太郎の亡骸を七条油小路に運ん ... » more
テーマ 新撰組

京都紀行3(京都駅西側周辺) 京都駅を出て左(西)側に歩いてビッグカメラを通りすぎると明王院不動堂がある。新撰組不動村屯所跡である。そこへ行く途中にハトヤ瑞鳳閣があり、新撰組最後の洛中屋敷跡という石碑が建っている。不動堂に戻って、堀川通を渡るとリーガ ... » more
テーマ 新撰組

土方歳三の街、高幡不動へ 突然意味もなくやってくる、Myプチブームといえば、今はラスクでしょうか。池袋の「ガトーフェスタ・ハラダ」で買ったというラスクを知人からいただいて、食べたら評判どおりこれがとてもおいしい。というわけで、もっとラスクが食べたい。 ... » more
テーマ 史跡散策 幕末史跡 新撰組

若きころの残影「試衛館」の跡へ 幕末の志士で好きな人といえば、坂本龍馬と土方歳三。小説で言えば『竜馬がゆく』と『燃えよ剣』でしょうか。わたしにとって、土方のどこがいいかというと、その一途さです。思想的には浅かったにせよ、彼の行動は函館で死ぬまでブレな ... » more
テーマ 史跡散策 幕末史跡 新撰組

板橋駅前の近藤勇像はかわいい。 板橋方面に、ふらり出かけました。新撰組の供養碑は、板橋駅(JR埼京線)のまさに真ん前にありました。考えてみれば、かなり有名な人の史跡が、駅前0分の場所 ... » more
テーマ 史跡散策 幕末史跡 新撰組

もしもの老子永倉新八の命日
永倉新八の命日 今日は、新撰組二番隊長・永倉新八の命日である。小樽・札幌・板橋にあたる北の方角を向いて手を合わせた。永倉新八の墓としては東京板橋にあるものである。他は杉村義衛となってからのものであろう。しかし、同一人物である。191 ... » more
テーマ 日記 新撰組

新選組沖田総司、もうひとつの終焉の地へ 晩秋の気持ちのいい日差しの中を、浅草から隅田川に沿って歩きました。川の向こうに見えるスカイツリーもかなり成長≠オましたね。みなさん、さかんに写真をとっていました。 ... » more
テーマ 史跡散策 幕末史跡 新撰組

新選組 沖田総司の終焉の地へ ほんとにいい天気でした。新選組沖田総司の終焉の地へ行ってきました。慶応4年(1868年)、肺を病んでいた沖田総司は力尽き死にました。その場所には諸説があるようです。これから訪れる池尻橋そばの植木屋平五郎の納屋 ... » more
テーマ 史跡散策 幕末史跡 新撰組

あにをた☆ソムリエ薄桜鬼-碧血録-
薄桜鬼-碧血録- いや正直薄桜鬼は、よくできてると思いますこの怒涛の中嶋敦子・美麗画で一瞬たりとも崩れることなく、それ以前にキラキラの美形キャラたちが乱舞していながら、まったく原典としての新撰組譚から逸脱していない...(羅刹云々のオリ展 ... » more
テーマ 中嶋敦子 新撰組 薄桜鬼 碧血録

もしもの老子永倉新八の墓
永倉新八の墓 永倉新八の墓は3ヶ所ある。札幌の里塚墓地の杉村家の墓には杉村義衛と刻まれている。二つ目は、東京・板橋にある。三つ目は、岡山市にある長倉家の墓であるが、私はまだ訪れたことがない。 ... » more
テーマ 新撰組

もしもの老子永倉新八を訪ねてNo2
永倉新八を訪ねてNo2 明治15年、永倉新八は樺戸集治監に剣道師範として勤めた。集治監とは監獄のことである。『密偵』秋山香乃(幻冬舎)に樺戸集治監が出てきて、永倉新八も登場する。月形樺戸博物館は、「監獄資料館」で展示を見てまわるだけで暗い気 ... » more
テーマ 新撰組  コメント(2)

 

最終更新日: 2016/11/15 17:13

「新撰組」のブログ関連商品

» 「新撰組」のブログレビュー をもっと探す

「新撰組」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る