誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    米澤穂信

米澤穂信

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「米澤穂信」のブログを一覧表示!「米澤穂信」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「米澤穂信」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「米澤穂信」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

おっちゃんの備忘録儚い羊たちの祝宴
儚い羊たちの祝宴 「古典部」から時系列に読んでいこうと思うも、いきなり誰かが借りているのか「氷菓」がない。「愚者のエンドロール」「クドリャカの順番」は置いてあったけど、表紙がおっさんが読むには若干恥ずかしい感じ。。とりあえずは諦める。「小市民」はタイ ... » more

おっちゃんの備忘録追想五断章
追想五断章 久しぶりに追いかけたい作家発見しました。Webで調べると経歴も面白いし、独特の区分で年寄りには分かりにくいのですが最初の方から読んでみようと思います。追想五断章集英社 米澤 穂信 ユーザレビュー:リドルストーリーに脱 ... ... » more

「追想五断章」 米澤穂信 またまた米澤穂信さんです。コレは中々に面白い作品でした。あらすじは・・・伯父の営む古書店で居候&アルバイトをする芳光は、北里可南子という女性に父「北里参吾」の書いた短編小説を探して欲しいと依頼される。小説はり ... » more
テーマ 米澤穂信 小説

「ボトルネック」 米澤穂信 「ボトルネック」・・・読了米澤穂信さんです。1年ほど前に「春期限定いちごタルト事件」を偶然に読んで、激ハマリしてます。既読分はまたおいおい書くとして、著者作品の中では異質といわれる本作をようやく読みました。あ ... » more

インシテミル [米澤穂信] インシテミル米澤穂信高給に釣られて集まったバイト達が、閉ざされた館の中で大量殺人事件に巻き込まれてゆく。比較的薄い本の多い米澤穂信だが、本作は長編で、内容もしっかり。米澤ファンには必見の作品だろう。どんでん返しの評価 ... » more
テーマ 米澤穂信

『秋期限定栗きんとん事件』 米澤穂信 上下巻。前作で小市民互恵関係が解消された小鳩くん、小山内さんは、それぞれ別の人とお付き合い。小鳩くんが、ついつい日常の謎解きをしそうになりながら仲丸さんと付き合っている一方、小山内さんは、一学年下の新聞部員の瓜野と付き合うことに。そ ... » more

儚い羊たちの祝宴 読みました。【儚い羊たちの祝宴/米澤穂信】【解説】ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。中でも、「最後の一撃」と呼ばれる、ラストで鮮やかに真相を引っ繰り返す技は、短編の華であり至芸でもある。本書は、更にそ ... » more

『何がなんだかわからないものは、何がなんなのかわかるまで放っておいても、どうってこたあない』米澤穂信著「インシテミル」を読みました。あらすじ≪結城理久彦は、車がほしかった。須和名祥子は、「滞って」いた。オカネが欲しいふた ... » more
テーマ 読書 米澤穂信

米澤穂信/秋季限定栗きんとん事件(上)(下) マロングラッセには成り得ない秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)東京創元社 米澤 穂信 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)東京創元社 米澤 ... » more

儚い羊たちの祝宴 米澤穂信 新潮社 久しぶりに読んだなあ、米澤さんを。ブラック&クラシックな味わいのミステリー連作。「お嬢様」とか、「旧家」とか、「座敷牢」とか、いやー、懐かしくて嬉しい(笑)大体、ミステリー上においては「旧家」という場所では殺人事件が起こ ... » more

「秋期限定栗きんとん事件 下」 米澤穂信 秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)米澤 穂信東京創元社 2009-03-05売り上げランキング : 15Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)ぼくは思わず苦笑する ... » more

「秋期限定栗きんとん事件 上」 米澤穂信 秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)米澤 穂信東京創元社 2009-02売り上げランキング : 86Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)あの日の放課後、手紙で呼び出されて以降、 ... » more

『インシテミル』 米澤穂信 この作品を昨年中に読んでいれば、『この本が面白いベスト10』の上位に間違いなくランキングされていたと思います。いや〜〜、ハラハラ・ドキドキ一気読みしてしまいました。インシテミル文藝春秋 ... » more
テーマ 読書 米澤穂信

読みました。内容紹介≪ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。中でも、「最後の一撃(フィニッシング・ストローク)」と呼ばれる、ラストで鮮やかに真相を引っ繰り返す技は、短編の華であり至難の業でもある。本書は、その更に上をいく ... » more

「儚い羊たちの祝宴」 米澤穂信 儚い羊たちの祝宴米澤 穂信新潮社 2008-11売り上げランキング : 635Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。中でも、「最後の一撃」と呼 ... » more

インシテミル/米澤穂信 昨年の本格ミステリ・ベスト10では第4位の作品で、米澤穂信の『インシテミル』(文藝春秋、1600円)という作品があります。【あらすじ】バイト情報誌に時給11万2000円の「モニター募集」が掲載される。主人 ... » more

愚者のエンドロール [米澤穂信] 愚者のエンドロール米澤穂信古典部シリーズの第二弾。前作の氷菓で活躍した古典部のメンバーが、製作途中で中断してしまったミステリービデオの謎に挑む。前作同様に読みやすく、青春ミステリとして安心して読める作品。中には綾辻行 ... » more
テーマ 米澤穂信

氷菓 [米澤穂信] 氷菓米澤穂信一言で言うと青春ミステリ。自分の学校にもありそうな身近な「謎」を、古典部という名のミステリ同好会が明らかにしてゆく物語。事件らしい事件もなく、誰一人ケガすることもないまま展開するため、終始ほのぼのとした雰囲気 ... » more
テーマ 米澤穂信

『遠まわりする雛』 米澤穂信 青春ミステリ『古典部シリーズ』第4弾!シリーズ初の短編集です。遠まわりする雛角川書店 米澤 穂信 ユーザレビュー:今後も期待大♪この作 ...続編気になります「野 ...水彩の色彩が濃くなっ ...Amazonアソシエイト ... » more
テーマ 読書 米澤穂信

「このミステリーがすごい!」2006年版の第8位に選ばれていた、「犬はどこだ」を読みました。あらすじ≪開業にあたり調査事務所〈紺屋S&R〉が想定した業務内容は、ただ一種類。犬だ。犬捜しをするのだ。――それなのに舞い込んだ依頼は、 ... » more
テーマ 読書 米澤穂信

『春期限定いちごタルト事件 前編』 米澤穂信原作・饅頭屋餡子画 春期限定いちごタルト事件 前 (Gファンタジーコミックス)饅頭屋 餡子 スクウェア・エニックス 2008-02-27売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools先月発売の、あの「春期限定〜」のコミカライズ作 ... » more

そんなタイトルの小説があったなぁ、米澤穂信の「さよなら妖精」一度手にとって見てはいかがでしょうか。いたちは「○季限定シリーズ」の方が好きですけど。微妙に風邪気味?っぽくて更新せず寝ていた、いたちですこんばんわ。仕事も始まったのであん ... » more
テーマ 雑記 米澤穂信

遠まわりする雛 米澤穂信 角川書店 古典部シリーズ最新作です。いや〜、安定感。読む側も、なじみの友達に会う感覚で、お話にするっと入っていける。相変わらずの省エネ奉太郎と、お嬢様える。軽い里志に賑やかな伊原・・。それでいてサザエさんみたいに時間の進まない世界・・ ... » more

インシテミル 米澤穂信 文藝春秋 最近更新をさぼってまして(汗)しばらくこんな状況が続くと思われますが・・。こんなゆるい感じのブログに、コメント&TBくださる方々、本当にありがとうございますm(_ _)mお返事がおくれることがあると思いますが必ずさせて頂きま ... » more

「遠まわりする雛」 米澤穂信 遠まわりする雛米澤 穂信角川書店 2007-10売り上げランキング : 24493Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明神山高校で噂される怪談話。放課後の教室に流れる奇妙な校内放送。摩耶花が作ったチョコの消失事件…… ... » more

「インシテミル」 米澤穂信 インシテミル米澤 穂信文藝春秋 2007-08売り上げランキング : 39223Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明車がほしかった結城理久彦。「滞って」いた須和名祥子。オカネが欲しいふたりは、高給の怪しげな実験モニ ... » more

購入した当時は『真っ先に読もう!読みたい!』と思っていた作品なんだけど、気がつけばツンドク状態に!(爆)でも、読み出すと、やっぱり面白いです。米澤作品!!犬はどこだ主人公の紺屋青年は、念願の銀行員になったものの、皮膚 ... » more
テーマ 読書 米澤穂信

『どうしようもないことは、受け入れるしかないじゃないか』米澤穂信著「ボトルネック」読みました。あらすじ≪恋人を弔うため東尋坊に来ていた僕は、強い眩暈に襲われ、そのまま崖下へ落ちてしまった。―はずだった。ところが、気づけば ... » more

『文庫化されたら読みます!』と公言していたこの作品ですが、文庫化されるまで待てなくて、購入しちゃいました!!(てへっ)クドリャフカの順番―「十文字」事件いよいよ神山高校文化祭が始まりました。古典部のメンバーも張り切って( ... » more
テーマ 読書 米澤穂信

米澤穂信著、「春期限定いちごタルト事件」を読みました。あらすじ≪小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生。きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。それなのに、二人の前には頻繁に ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 14:28

楽天市場のおすすめ商品

「米澤穂信」のブログ関連商品

» 「米澤穂信」のブログレビュー をもっと探す

「米澤穂信」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る