誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    米澤穂信

米澤穂信

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「米澤穂信」のブログを一覧表示!「米澤穂信」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「米澤穂信」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「米澤穂信」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

放火事件は未解決のまま新年度を迎え、小鳩くんと小佐内さんは3年生に、そして小佐内さんの彼氏である瓜野くんは2年生に進級します。瓜野くんは、新聞部の新部長として連続放火事件を追います。犯人を捕まえてみせる、そんな気概でいっぱい ... » more

米澤穂信 「折れた竜骨」  米澤穂信さんの「折れた竜骨」読みました。感想です。【内容紹介】ロンドンから出帆し、波高き北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。その領主を父に持つアミーナはある日、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと、その従士 ... » more
テーマ 読書 米澤穂信

『ULTIMATEMYSTERY究極のミステリー、ここにありミステリー傑作選』------よくもまあ、自信ありげなタイトルを付けるもんだと思って読んでみたのが本作です。全8人の作家さんの短編が収められていますが、冒頭作品が東野圭 ... » more

二人が別々の道を歩むことになった夏も終わり、秋がやってきました。ここで、衝撃の展開が --- え?小鳩くんに彼女が?小佐内さんに彼氏が?お互い付き合っていたわけではないとは言え、切り替え早すぎッ(笑)。 ... » more

「面白い話、売ります」という自信あり気なコピーが表紙に書かれている本作ですが、伊坂幸太郎氏、近藤史恵氏、有川浩氏、米沢穂信氏等の作品が詰まった、オール読み切り集となっています。この本をキッカケに気になる作家に出会えるといいですね…… ... » more

「小市民」シリーズ第二作である本作は、前作から一年後、高校2年の夏休みを舞台にします。「タルト事件」以降、小鳩くんと小佐内さんの関係には変化がなく、街の中を二人で歩くこともなかったとのこと。そんな中、小佐内さんが突然 ... » more

本作は、最近では『インシテミル』が映画化されて話題になった米沢穂信氏の2004年の作品ですが、先日ご紹介いただいたご縁で読んでみました。人が死なない日常系学園ミステリで、謎も謎解きも日常の範囲内です。同級生のポシェッ ... » more

遠まわりする雛 [米澤穂信] 遠まわりする雛米澤穂信古典部シリーズ第4弾。奉太郎達が高校に入学してからの1年間を、7つの短編で振り返る。これまでの3作で登場した人物や事件も織り込まれ、1作目からの読者なら思わず懐かしんでしまうシーンも。シリー ... » more
テーマ 米澤穂信

犬はどこだ 米澤穂信 ★★★ 読みました米澤穂信『犬はどこだ』帯に2010年版『このミステリーがすごい!』作家別得票数第一位と書いてあったので、期待大で読み始めました。新しい知らない作家を読み始めるのに『このミス』のなんちゃらかんちゃらで読むと面白いのに ... » more
テーマ 読書 米澤穂信 犬はどこだ  コメント(2)

米澤穂信 ‘インシテミル’ 映画‘インシテミル 7日間のデス・ゲーム’が2010年10月16日に公開されたのを受けて、原作の小説である‘インシテミル’を読んでみました。時給11万2000円という破格の仕事に応募した12人の男女が「人文科学的実験」の ... » more

Tudo Bem ?『さよなら妖精』(米澤穂信)
『インシテミル』がきっかけで読み始めた米澤穂信さんですが,こんな本も書くんですね.普通のミステリではないです,殺人事件などは起きないのですが,「日常の謎」と分類されるそうです.ユーゴスラビアから日本へやってきて,当てにしていた親戚が ... » more

Tudo Bem ?『ボトルネック』(米澤穂信)
『インシテミル』の影響で米澤さんのこちらの本も読んでみました.帯をみると,「このミステリーがすごい!2010年度(宝島社)」作家別投票第1位と書いてあります.自殺した恋人の追悼のために東尋坊を訪れたところ,まさにその自殺現場にいって ... » more

秋期限定栗きんとん事件(上)楽天ブックス 商品副データ創元推理文庫米澤穂信東京創元社この著者の新着メールを登録する発行年月:2009年02月登 楽天市場 by 秋期限定栗きんとん事件(下)楽天ブックス 商品副データ創 ... » more
テーマ 米澤穂信

米澤穂信 ‘秋季限定栗きんとん事件 下’ 「小市民」シリーズ第三弾‘秋季限定栗きんとん事件’では、「秋季限定」といいながら、季節は巡って夏になりました。小鳩君達は3年生になり大学受験の勉強にいそしむはずですが・・・。未解決の連続放火事件が気になって勉強に集中できないよう ... » more

米澤穂信 ‘秋季限定栗きんとん事件 上’ 「小市民」シリーズ第三弾‘秋季限定栗きんとん事件 上’は出だしから、小鳩君のラブロマンスになります。お相手は、あの小佐内さんか?実は、違いますが・・・。(上巻だけに、ジョーって呼んでいい?みたいな??)そんなことより(?)、 ... » more

夏期限定トロピカルパフェ事件楽天ブックス 商品副データ創元推理文庫米澤穂信東京創元社この著者の新着メールを登録する発行年月:2006年04月登 楽天市場 by 「小市民シリーズ」第二弾です。「春季限定いちごタルト事件 ... » more
テーマ 米澤穂信

米澤穂信 ‘夏季限定トロピカルパフェ事件’ 米澤穂信氏の出世作というべき‘小市民シリーズ’の第二弾である‘夏季限定トロピカルパフェ事件’をご紹介します。立派な「小市民」を目指す小鳩君と小佐内さんは「小市民」らしく夏祭りに繰り出したり、町中のスイーツのお店を巡ったりしま ... » more

米澤穂信 ‘春季限定いちごタルト事件’ 高校生の小鳩君と小佐内さんは「小市民」となるべくお互いに協力しあって生活するという「互恵関係」変わった関係性を築いています。なぜ、彼らは「互恵関係」というややこしい関係を築いてまで、「小市民」を目指すのでしょうか?「小市 ... » more

春期限定いちごタルト事件楽天ブックス 商品副データ創元推理文庫米澤穂信東京創元社この著者の新着メールを登録する発行年月:2004年12月登 楽天市場 by 最近読む本が切れて、息子に「何か貸して」といったら、「これ、読む ... » more
テーマ 米澤穂信

Tudo Bem ?『インシテミル』(米澤穂信)
クリスティの『そして誰もいなくなった』を思い出させる作品です.2010年10月にロードショーも予定されているようですね.以降の文章はネタばれにご注意ください.本作によく登場した海外の古典ミステリは,中学校の頃によく読んでいた ... » more

「ふたりの距離の概算」 米澤穂信 ふたりの距離の概算米澤 穂信 角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-06-26売り上げランキング : 3527Amazonで詳しく見る by G-Tools内容紹介春を迎え、奉太郎たち古典部に新入生・大日向友子が仮入部す ... » more

米澤穂信 『ボトルネック』 パラレルワールドにさまよう若者の自己発見だが………。 学生時代から馴染んできた東京の繁華街に渋谷、新宿、池袋があるのだが、新宿や池袋はそのころの名残がまだあるのだろう、街をうずめる群れの中には私と同じ体臭を漂わせる人たちも少なくない。ところが渋谷はどうだ、あれは異界である。居心地が悪い ... » more

『追想五断章』 by 米澤穂信 学資がなく休学の身の苦学生・芳光は住み込みバイト先の伯父が営む古書店の留守番中、叶黒白(かのうこくびゃく)という作家の短編5編を探して欲しいという依頼を受ける。依頼者は北里可南子、黒白の娘であり5編のリドルストーリーの結末のみを所持 ... » more

ボトルネック [米澤穂信] ボトルネック米澤穂信さわやかな青春サスペンスが得意の著者が送るホラーミステリ。恋人を弔うために東尋坊へ足を運んだ主人公。その現場で不思議な声を聞き意識を失うと、目覚めたのは自分が存在しないはずの世界だった。タイト ... » more

『ボトルネック』 by 米澤穂信 非常に、非常に暗く、救いのない、痛ましい物語だった。紹介欄を読むと死んだはずの姉が生きている別世界に飛んでしまった主人公の物語・・・これはパラレルワールドもの、そしてその世界で自分を見つめなおすようになる、いわゆる少年の成長物語かな ... » more
テーマ 日記 米澤穂信

米澤穂信 ‘ボトルネック’ ‘ボトルネック’はSFタッチの小説です。主人公のリョウは突然、パラレルワールドに飛ばされてしまいます。その世界には、リョウは存在しておらず、流産したはずのリョウの姉が代わりに存在しています。‘ボトルネック’は「リョウの世 ... » more

クドリャフカの順番 [米澤穂信] クドリャフカの順番米澤穂信古典部シリーズ第3弾。過去2作と同様に殺人は一切なく、子供にも薦められる青春ミステリ。カンヤ祭当日に予定の7倍もの「氷菓」を売らなければならなくなったホータロー達。里志は文化祭のイベントに乗 ... » more
テーマ 米澤穂信

読みました。あらすじ≪古書店アルバイトの大学生・菅生芳光は、報酬に惹かれてある依頼を請け負う。依頼人・北里可南子は、亡くなった父が生前に書いた、結末の伏せられた五つの小説を探していた。調査を続けるうち芳光は、未解決のままに終わっ ... » more
テーマ 読書 米澤穂信

おっちゃんの備忘録インシテミル
インシテミル これも表紙がおっさんにはキツい感じなのですが、シリーズ物ではないのと評判がよさそうなので読んでみました。内容は読んでいて退屈でおもしろくないわけではないんですが読むのに凄く時間がかかりました。設定が不自然で複雑な条件だからかなぁ。 ... » more

おっちゃんの備忘録犬はどこだ
犬はどこだ なかなか進まないインシテミルを中断し、珍道中に持っていったら一気に読めた。ハンペーとのコミュニケーション不足をもどかしく感じ、チャットの相手が頼りになりすぎるところもありますが、最後は一気に展開。犬はどこだ (ミステリ・フロ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 14:28

楽天市場のおすすめ商品

「米澤穂信」のブログ関連商品

» 「米澤穂信」のブログレビュー をもっと探す

「米澤穂信」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る