誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    米澤穂信

米澤穂信

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「米澤穂信」のブログを一覧表示!「米澤穂信」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「米澤穂信」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「米澤穂信」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

ふくろうの読書記録『満願』米澤穂信
『満願』米澤穂信 米澤穂信の『満願』(2014年3月刊)をよみました。BOOKデーターによると<人生を賭けた激しい願いが、6つの謎を呼び起こす。期待の若手が放つミステリの至芸! 人を殺め、静かに刑期を終えた妻の本当の動機とは――。 ... » more
テーマ 米澤穂信

「満願」米澤穂信著(新潮社 1,728円税込) 「満願」米澤穂信著(新潮社1,728円税込)人生を賭けた激しい願いが、6つの謎を呼び起こす。期待の若手が放つミステリの至芸!人を殺め、静かに刑期を終えた妻の本当の動機とはーー。驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、交番勤務の ... » more
テーマ 米澤穂信 ミステリ小説 満願

2014年ミステリ読みのプロが選んだベスト1 『満願』ってどんな本? 2014年ミステリ読みのプロが選んだベスト1『満願』ってどんな本?http://www.gruri.jp/article/2014/11251830/満願米澤穂信 著「満願」米澤穂信著(新潮社1,728円税込 ... » more
テーマ 矢来町ぐるり 米澤穂信 満願

Pour que?リカーシブル*米澤穂信
《引っ越した町は母親の生まれ故郷。新しい町で馴染もうと努力するわたしの横で、弟のサトルは「予知能力」を発揮しはじめ…》……怖い。ぁー米澤さんだぁ。と思った。なんていうか、とにかく暗すぎる。家族の事情、町の ... » more

今日のオススメ本 : 『リカーシブル』 米澤穂信 父が失踪し、母の故郷に引越してきた姉と弟。「終わっている」感じの寂れたその町には、何やら秘密めいた雰囲気が漂い、弟が突然予知能力を見せ始める…というお話。読み進めて理いる間、常にもやもや感がつきまといます。ま ... » more
テーマ 米澤穂信 小説

UMAIBU SURVIVE(ウマイブ サバイブ)読書
読書 今年、初めての新刊として、古典部シリーズがアニメ化されて有名な米澤穂信氏の新刊「リカーシブル」を購入。同じ新潮社の「儚い羊たちの祝宴」を読んで、同氏の作品が好きになったが、今回、全く予備知識がない状態で読むのでどんな話か分からな ... » more
テーマ 読書 米澤穂信 リカーシブル

Pour que?ボトルネック*米澤穂信
ぃゃぃゃぃゃ...怖いってボトルネック (新潮文庫)新潮社 米澤 穂信 Amazonアソシエイト by 何、ちょ、後味悪すぎるよこれはまじでやばい。。冗談じゃなく鬱になる自分が生ま ... » more
テーマ 米澤穂信 小説

Pour que?儚い羊たちの祝宴*米澤穂信
米澤さんの本は、セリフが軽快だったり伏線が見事だったりで結構好きです。儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)新潮社 2011-06-26 米澤 穂信 Amazonアソシエイト by 優雅な読書サークル「バベルの会」に ... » more
テーマ 米澤穂信 小説

夏がきたので(笑)、『夏期限定トロピカルパフェ事件』を読みました。読む度に、シャルロットが食べたくなりますねえ。あの小鳩くんさえも狂わせたシャルロット。美味そうだ〜〜!『夏期限定』のことは前も ... » more
テーマ 米澤穂信

ふたりの距離の概算 [米澤穂信] ふたりの距離の概算米澤穂信TVアニメ化もされて、飛ぶ鳥を落とす勢いの米澤穂信が送る古典部シリーズ最新作。二年生になった奉太郎たちの元へ、古典部に入部希望という奇特な少女が登場。仲良くお互いの理解を深めていたはずだった ... » more
テーマ 米澤穂信

集英社のナツイチ編集部が送る短編集。見るからに青少年向けの体ですが、主人公は小学生から高校生までのまさに青少年!ただまあ、高校生以上推奨かな(ちょっとオトナな会話もあるので)。石田衣良、辻村深月、朝井リョウ、小川 ... » more

米澤穂信はこういうのも書けるんだ!とちょっと驚いた作品でした。時は中世、イングランドはリチャード獅子心王の御世。ロンドンの北西に浮かぶソロン島の領主の娘・アミーナの元に現れた、放浪の騎士ファルク・フィッツジョンとその従士 ... » more

「ある人文科学的実験の被験者」になるだけで時給11万2000円がもらえるという破格の仕事に応募した12人の男女。とある施設に閉じ込められた彼らは、実験の内容を知り驚愕する。それはより多くの報酬を巡って参加者同士が殺し合う犯人当てゲー ... » more
テーマ 米澤穂信

折れた竜骨 [米澤穂信] 折れた竜骨米澤穂信中世ヨーロッパのソロン島で起きた領主の暗殺事件。犯人は「暗殺騎士による黒魔法で操られた者だ」と断じた探偵役の騎士は、領主の娘と弟子の3人で事件の真相解明に挑む。著者の作品としては異例となる、剣と魔法 ... » more
テーマ 米澤穂信

愚者のエンドロール (米澤穂信) 満足度3★★★角川文庫英題Why didn't she ask EBA ?初出版2002年読んだ回数1.5回★ 角川文庫−裏表紙の紹介文「わたし、気になります。」文化祭に出展するク ... » more
テーマ 読書 古典部シリーズ 米澤穂信

ポケットに文庫本を氷菓 (米澤穂信)
氷菓 (米澤穂信) 満足度3★★★角川文庫初出版2001年読んだ回数1回★ 角川文庫−裏表紙の紹介文いつのまにか密室になった教室。毎週借り出される本。あるはずの文集をないと言い張る少年。そして「氷菓」 ... » more
テーマ 読書 古典部シリーズ 米澤穂信  コメント(2)

米澤穂信の著作リストです。シリーズ等で分類して本棚にまとめてあります。(文庫があるものは文庫、無いものは単行本)本棚の画像(画像が表示されないものもあり)をクリックするとAmazon、本棚下の書名をクリックすると、ブ ... » more
テーマ 著作リスト 米澤穂信

ダークな味わいがある5篇の短編集です。全体的に、薄暗〜い雰囲気が流れています。全編で、共通しているのは、上流階級のお嬢様や使用人がメインキャラクターであること、そして「バベルの会」の存在でしょうか。バベルの会は、一言で言 ... » more

秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)東京創元社 米澤 穂信 Amazonアソシエイト by これって上下で表紙つながってるんですよね。並べて見てるとなんとなく不穏な感じ。セーラー服の小山内さん ... » more
テーマ 米澤穂信 小説

秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)東京創元社 米澤 穂信 Amazonアソシエイト by 今回は夏季限定より更に長編化してます。上下巻になるとは(・0・*)内容去年の夏休み、ふたりは小市民パー ... » more
テーマ 米澤穂信 小説

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)東京創元社 米澤 穂信 Amazonアソシエイト by このシリーズは装丁がかわいいです。私が部屋に本飾る人だったら今の時期はこれ使うなぁ……。埃かぶりそうだから飾らない ... » more
テーマ 米澤穂信 小説

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)東京創元社 米澤 穂信 Amazonアソシエイト by 高校の時に友達に借りた本。読み終わって、結局自分で買いました^^;内容恋愛でも依存でもない、互恵関係にある ... » more
テーマ 米澤穂信 小説

本作は、「古典部」シリーズ第5弾。奉太郎たちが高校2年生に進級し、古典部に新人・大日向友子が仮入部したことから物語が始まります。しかし、その新入部員も本入部を目前として退部することに!奉太郎は、タイムリミットであるマラソン大会の ... » more

『Story Seller』シリーズも3作目。本作では、沢木耕太郎さん、湊かなえさん、さだまさしさんが新たに登場です。沢木耕太郎さんといえば、『深夜特急』シリーズで著名なノンフィクション作家さんですが、本作も自身の経験談を基 ... » more

「アントワープの銃声」と呼ばれる事件で母を失った北里可南子。古書店でバイトする菅生芳光は、店に訪れた可南子から父の書いた五つの短編を探してほしいとの依頼を受け、小さな手がかりを頼りに捜索を始める。見つかっていったのは、結末が描か ... » more

本作は「古典部」シリーズ第4弾。高校一年の春から春休みまでの1年間に起こった出来事の短編集です。古典部のメンバーの関係が、時を経るごとに少しずつ変化していくことが感じられます。えるが女の子っぽくなってきたのにはちょっ ... » more

春雨の中、あてもなく雨宿りしていたユーゴスラヴィアの少女・マーヤ。世界を旅し、今は日本のことを知ろうとする彼女の探究心に、仲間とともに振り回される日々。楽しく、充実した、そして謎めいた2ヶ月間。別れの時、守屋は寂 ... » more

古典部メンバーにとって初めての文化祭がついに始まる。 皆の手で作り上げた文集「氷菓」。しかし、手違いで山のように積み上がっているのだった。その数、200。完売のために奔走する……いや、気ままに楽しんで ... » more

いろんな意味でミステリー要素満載の本作。『氷菓』に続く「古典部」シリーズ第二作は、文化祭に出す映画を巡るストーリーです。あらすじとしましては……古典部メンバーの1年生4人は、2年F組の入須から依頼を受ける ... » more
テーマ 米澤穂信

本作は、今も『インシテミル』が売り上げ好調な米澤穂信さんのデビュー作です。友人の福部から「灰色」の生活を送っていると評される折木奉太郎。本作は、奉太郎が、高校合格時に姉からの手紙を受け取るところから物語が始まります------ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 14:28

楽天市場のおすすめ商品

「米澤穂信」のブログ関連商品

» 「米澤穂信」のブログレビュー をもっと探す

「米澤穂信」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る