誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    カラヤン

カラヤン

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「カラヤン」のブログを一覧表示!「カラヤン」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「カラヤン」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「カラヤン」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

プロコフィエフの交響的物語「ピーターと狼」を聞きました。CDは、カラヤン盤です。この曲は、ひさしぶりに聞いたのですが、改めてよくできているなと思いました。おもに子どもを対象としているのでしょうが、わたしなども十分勉強になります。各楽器が ... » more

アンゲラーの「おもちゃの交響曲」を聞きました。CDは、カラヤン盤です。この曲は、以前はハイドンの作品とされていましたが、1951年の楽譜の発見により、L.モーツァルトの作品とされました。しかし、1992年の新たな楽譜の発見により、現在で ... » more

ワルトトイフェルの「スケートをする人々」を聞きました。CDは、カラヤン盤です。このCDは、何曲も入っていますが、この曲と「おもちゃの交響曲」が聞きたくて買ったものです。この2曲は、他にちょうどいいCDがなかったのです。フィルハーモニア管 ... » more

ウーマンラッシュアワー 12月18日(月)朝、ツィッターを見たら、昨日の「The MANZAI 2017」の“ウーマンラッシュアワー”の話題がずらり並んでいた。例えば、“自立と共生”さんのツイート、「沖縄・辺野古・高江の問題。米国への思いやり予算。米国に媚びて ... » more
テーマ ブラームス カラヤン 村本大輔

 ラムダ音楽日記CDを1枚注文
ひさしぶりに、アマゾンでCDを1枚注文しました。注文したのは、カラヤンの「ピーターと狼」、「おもちゃの交響曲」、「スケートをする人々」、「軽騎兵」序曲、「天国と地獄」序曲、ラデツキー行進曲です。とくに、「おもちゃの交響曲」と「スケー ... » more

『僕は奇跡なんかじゃなかった』 を読み終わりました。中盤も、カラヤンの活躍ぶりが続きます。しかし、終盤、1980年代初めの「ザビーネ・マイヤー事件」以降、カラヤンの黄昏がやってきます。その前兆は、カラヤンとベルリン・フィルの絶頂期と言わ ... » more

『僕は奇跡なんかじゃなかった』を読み始めました。この本のことは、『レコード芸術』に載っていた紹介記事で知りました。そのおかげで、ひさしぶりにカラヤンについての本を読みたくなりました。この本は、カラヤンについて、「オーストリアの音楽評 ... » more

 ラムダ音楽日記名曲名盤500F
「レコード芸術」の特集名曲名盤500Fを読みました。今回で最終回で、R.シュトラウスからイザイまでです。おそらく来年あたり1冊か2冊にまとめられるのだろうと思いますが、ひさしぶりの500曲なので買おうかなと思っています。最初のR.シ ... » more

「レコード芸術」の連載「現代名盤鑑定団」で、ドヴォルザークの交響曲第8番が取り上げられていました。いつものように、たくさんの録音が取り上げられています。わたしにとって、そのなかで印象的だったのは、カラヤン/ウィーン・フィル盤(1961年 ... » more

充実のカラヤン美学 ベートーヴェン 交響曲第9番《合唱》/ カラヤン ベルリンフィル (1962年) その後進歩しなかったとか、堕落したということではないですが、もうこの時点で達していた世界のなんという高みよ。ベートーヴェン:交響曲第9番『合唱』グンドゥラ・ヤノヴィッツヒルデ・レッスル・マイダンヴァルデマル・ ... » more

メンデルスゾーンの交響曲第5番「宗教改革」を聞きました。CDは、しばらく前に買った全集のカラヤン盤です。この曲は、アウクスブルク信仰告白300年祭で演奏してもらうつもりで作曲に取りかかったのですが、それは実現しませんでした。その300年 ... » more

メンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」を聞きました。CDは、しばらく前に買った全集のカラヤン盤です。この曲は、題名のようにイタリア旅行で着想を得て作曲されました。「スコットランド」と違い、明るく輝かしい感じの曲です。とくに、曲の冒頭 ... » more

メンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」を聞きました。CDは、しばらく前に買った全集のカラヤン盤です。この曲は、レコード時代はマーク盤を持っていて、CDではマズア盤を持っています。しかし、何回聞いても、ちょっと暗いような感じの曲 ... » more

メンデルスゾーンの交響曲第2番「讃歌」を聞きました。CDは、しばらく前に買った全集のカラヤン盤です。この曲は、印刷術発明400年を祝う祭典のために作曲されました。ベートーヴェンの交響曲第9番のように、独唱(ソプラノ・テノール)と合唱をと ... » more

メンデルスゾーンの交響曲第1番を聞きました。CDは、しばらく前に買った全集のカラヤン盤です。この曲は、メンデルスゾーンが15歳になったばかりのころに作曲されました。メンデルスゾーンの早熟の天才ぶりに改めて驚きます。のちの「スコットランド ... » more

モーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」を聞きました。CDは、しばらく前に買ったカラヤン/ベルリン・フィル盤です。この曲も先日の第40番と同じく、クラシック音楽を聞き始めたころに、クレンペラー盤を聞き、モーツァルトが好きなるきっかけに ... » more

モーツァルトの交響曲第40番を聞きました。CDは、しばらく前に買ったカラヤン/ベルリン・フィル盤です。この曲は、クラシック音楽を聞き始めたころに、クレンペラー盤を聞き、モーツァルトが好きなるきっかけになった曲で、多くのレコードを持ってい ... » more

 ラムダ音楽日記カラヤンとテレビ
きょうの朝日新聞夕刊に、カラヤンと日本のテレビについての記事が載っていました。来日したカラヤンをNHKのカメラが追いかけたのですが、演奏会の番組を見たカラヤンが、君たちは楽譜を見ながら撮っているのか、ときいたそうです。というのは、「生放 ... » more

真打はこれでしたね。メンデルスゾーン 交響曲第3番《スコットランド》/ カラヤン ベルリンフィル 究極の名演だと思います。文句ない・・いや文句はありますよ。それは美しい過ぎること。メンデルスゾーン:交響曲第3番イ短調作品56《スコットランド》ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ヘルベルト・フォン・カラヤン録音: ... » more

手抜きなき横綱相撲。メンデルスゾーン 交響曲第2番 《讃歌》/ カラヤン ベルリンフィル他 帝王カラヤンの実力が見える凄演。オケも独唱も合唱も本気。今の私にとってのこの曲の決定盤です。・メンデルスゾーン:交響曲第2番変ロ長調 op.52《讃歌》第1部;第1曲: シンフォニア第1楽章Maestoso co ... » more

アダルトな魅力で迫ります。メンデルスゾーン 交響曲第4番《イタリア》/ カラヤン ベルリンフィル 若やいだ曲を余裕の表現、大人なムードで纏めてくれてます。これも魅力的な表現で私は大好き。・交響曲第4番イ長調作品90『イタリア』ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ヘルベルト・フォン・カラヤン1971年1月 ... » more

陶然、夢心地。ラヴェル 組曲《クープランの墓》(管弦楽版)/ カラヤン パリ管 さすがカラヤン、聴かせ上手も神レベル。甘甘のスイーツだけど後味も良し。おかわりお願いします!・組曲《クープランの墓》1.プレリュード 2.フォルラーヌ 3.メヌエット 4.リゴードン パリ管弦楽団 ... » more

瑞々しさと壮麗さと・・。 メンデルスゾーン 交響曲第5番《宗教改革》/ カラヤン ベルリンフィル 聴かせ上手カラヤンの手腕、ヴァイオリンやフルート(ゴールウェイでしょうね。)をはじめとするベルリンフィルの途轍もなく素晴らしい響き。これは圧倒的です。・交響曲第5番ニ長調 op.107『宗教改革』ベルリン・フィルハー ... » more

充実の疾風怒濤。メンデルスゾーン 交響曲第1番 / カラヤン ベルリンフィル カラヤン+ベルリンフィルにかかれば、メンデルスゾーン若書きのマイナー曲もこのとおり超名曲に。・メンデルスゾーン:交響曲第1番ハ短調 op.11ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ヘルベルト・フォン・カラヤン ... » more

「レコード芸術」で、カラヤン没後25周年企画の記事を読みました。この企画は、旧EMIの録音をまとめなおしたものだそうです。その多くは、新たにリマスタリングされて音がよくなっているようです。そのなかでも目玉といえるのが、フィルハーモニア管 ... » more

「レコード芸術」の「LP藝術」のコーナーに、カラヤン/ベルリン・フィルの1977年の来日公演をおさめたベートーヴェンの交響曲全集が発売されたことが取り上げられていました。この全集は、重量盤レコード10面にゆったりカッティングされ、ジャケ ... » more

きょうの朝日新聞朝刊に、また普門館に関する記事が載っていました。普門館が、全日本吹奏楽コンクールの会場として使われなくなってから、何回も記事にっています。今回もけっこう大きな記事でした。いろいろな内容がありましたが、わたしがまず気に ... » more

超一流の紛い物、一流を超える。マーラー 交響曲第6番 / カラヤン ベルリンフィル そのカッコ良さにひれ伏せ!マーラー:交響曲第6番イ短調ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ヘルベルト・フォン・カラヤンベルリン、フィルハーモニー1975年1月20〜23日、4月マーラーの ... » more

先日見た「カラヤン 〜ザ・セカンド・ライフ〜 」のDVDを作りました。先に録画を見たのは、DVDを作るつもりではなかったからです。何人かのインタビューを中心に構成されているということでしたから、DVDに残しておくほどではないだろうと思っ ... » more

しばらく前に録画した「カラヤン 〜ザ・セカンド・ライフ〜 」をようやく見ました。これは、クライバーのドキュメンタリー作品の監督が作ったカラヤンのドキュメンタリー作品です。レコーディング風景や録音後の編集についてカラヤンがいろいろと指示を ... » more

 

最終更新日: 2017/12/28 23:47

「カラヤン」のブログ関連商品

» 「カラヤン」のブログレビュー をもっと探す

「カラヤン」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る