誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ネイチャーフォト

ネイチャーフォト

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ネイチャーフォト」のブログを一覧表示!「ネイチャーフォト」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ネイチャーフォト」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ネイチャーフォト」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

伊豆大島奮闘記 大島での水中撮影も無事に終わり、陸撮へと!以前、秋の浜(ダイビングポイント)へ行く途中にシカらしき野生動物を見たのだ。これがず〜っと気になっていた。どうも現地の話しでは「シカらしき」ではなく、「シカ」という事だ。 ... » more

考える魚 海底から頭上を見上げているカサゴ君。常に「何か」を考えている風貌である。彼を見るたびに、そう思う。接近しても逃げようともしないのだ。かなり集中しているのでは?以前、20分ほど観察した事があるが、、、水中で一点を20分見つめる ... » more

猫と駄菓子屋 今日は東京近辺に用事があってチョイと外出。そこで少し懐かしいお寺に立ち寄ったのだ。鬼子母神堂の敷地内にタイムスリップしたような駄菓子屋がある。必ずそこには数匹の猫が寺を守るようにして暮らしているのだ。実は近くに「東京 ... » more

暗闇の光 水中洞窟では太陽の光が屈折し、とても神秘的なカーテンを写しだすのだ。ゆらゆらと幻想的な光の線が見られる洞窟。真っ暗闇の中の一筋の光はなんともホッとするものだ。と、街の灯りを見て思う今日この頃であります。今日はバタバタとしてい ... » more

色躍る世界 僕は地球上の生物の中で、もっとも色彩豊かな輩が多く暮らしているのは「海の世界」だと思っている。撮影:伊豆(オオメハゼ)ダイビングをはじめる前は「昆虫」や「鳥類」が色彩豊かな輩が多いと思っていた。ところが海中をのぞいてビックリ ... » more

誤乗車 ウミウシ類の体表に乗っている。小さなエビ?でかっ!大きいウミウシを探ると、小さな甲殻類が付いている事がある。彼らはウミウシの体表で暮らす事で身を隠し、食事をするのだ。又、隠れていれば危険を犯さず移動できるというわけだ。が! ... » more

艶やかに花咲く海牛 すっかり寒くなってきた。外では小雨が降っているようす。今日は物撮り撮影。さまざまな色鮮やかな「物」を撮影していて、ふっとウミウシを思い出した。確か・・・かなりうねっている状況で撮影したアデヤカミノウミウシ。ミノ状の突起も触覚 ... » more

エアーリング 久しぶりにエアーリングをしてみた。スタッフの頃、よく体験ダイビングのお客さんへ披露していた芸?である。ちなみにコレは僕のリングではありません。撮影が終わり、気持ちの良い透明度だったので、久しぶりにやりましたが・・・・・ ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録西沢渓谷
西沢渓谷 埼玉県から行くと、雁坂トンネルを抜けてほどない場所にある西沢渓谷に行ってきた。紅葉とともに滝・渓流が美しい場所だ。10ほど年前に一度行ったことがあるのだが、その時の記憶と照らし合わせると、遊歩道がしっかり整備されていたが、きつさはかなり ... » more

ナマコのうんち 砂地で“うんち”のように積み上げられた物体をご存知?そう、あれはナマコのうんちなのです。といっっても浄化されたもの。ナマコたちは、砂地の中にある微小生物、藻類、排泄物などを食べて、体の中でもっと細かくして排泄する。それをバク ... » more

もみじ谷大吊り橋 ちょっと早いかな?という危惧を抱きながらの計画だったが、やはり早すぎた。塩原湖のモミジ谷大吊り橋から眺めは、紅葉という景色にはほど遠かった。次に訪れた、小太郎が淵のモミジは、まだ青々しており、がっかりだった。更に日塩もみじラインに進むと ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録高知への旅
高知への旅 20年ぶりの高知だった。観光は、高知城、桂浜の定番コース、ひろめ市場で鰹のたたき、という計画だった。高知城は、石垣の積み替え工事を施工中だった。積見終わった石を眺めて、昔の工事と比べてかなり雑な印象を否めなかった。城や門など、古い ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録巾着田
巾着田 秋風の吹き渡る一日、高麗の巾着田を楽しんだ。西武線・高麗駅から巾着田まで徒歩15分の距離。歩き始めると、あちこちにヒガンバナが現れ、群生地への期待が高まる。以前は、無料だったと記憶しているが、今回は200円の入場料が必要だ。早咲き区域 ... » more

白米の千枚田 能登半島にある白米の千枚田に行ってきた。海に面した急斜面に広がる黄金色の田圃は、丁度刈り入れの最中だった。ここ白米の千枚田は、12000平方b、1000枚を超える小さな田圃がぎっしりとパッチワークされている。しかし、千枚田の美しい景観と ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録湯釜
湯釜 白根山に行ってきた。天気はあいにくだった。エメラルドグリーンの湯釜を覗くべくアタックしたが、初日はうっすらとしか見えなかった。翌朝、再度、ガスの合間を縫って登頂してようやく拝むことができた。山麓には、薄紫色のヤナギランが見頃を迎え綺麗だ ... » more

岩槻城址公園 岩槻城址公園にアオバズクが来ているとの情報をもらったので出かけた。カワセミを狙うカメラマンが数人並んでいた。ちょうど、♂が飛来して木陰に止まってくれた。更に園内を進むと、カメラマンが10名近くたむろしている。視線の先を眺めると、ブログの ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録葉陰の宝石
葉陰の宝石 梅雨に欠かせない花をたくさん撮るとき、主役の雨を忘れてはならない。先日の大平山は、時折小雨が降る天気だった。雨粒、滴を期待できる条件が整っていた。青いアジサイの葉陰に、蜘蛛の巣に簾状に連なった雨滴群を見つけた。よく見ると、一つひとつの ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録カレンダー
カレンダー 昨年、氷川神社参道に飛来したアオバヅクだ。まん丸いつぶらな瞳が実に可愛い。毎年変わりなく来るものが来る、それが平穏というものだろう。巨大な投機マネーが世界経済を混乱に陥れようとしている。このアオバズクが今年も来てくれることを祈っている。 ... » more

トビシマカンゾウ 佐渡島のトビシマカンゾウ自生地を目指して出かけた。高速バスで新潟駅に着いたのは、午前5時、夜明けの新潟の町をそぞろ歩いて港まで移動。おぼろげな記憶と比べ、新潟の町並みは美しく変身していた。ジエットフォイルで両津港に上陸、レンタカーをとば ... » more

クモはなぜ己れの巣をゆさぶったのか? ゴミグモの捕食▲のっけからわかりにくい画像です。右の後ろ脚にあるのは糸にからげられたハエ。ハエが網にかかって数秒のうちのできごと。さらにしりから吐き出される糸にハエは生きたまま厚くくるまれる。ラグビーボール状になった ... » more

千畳敷の夕日 津軽・下北ツアーの途中、深浦から鰺ヶ沢温泉に行く途中にある千畳敷に差し掛かった折り、太陽が赤く輝き始めた。翌日に予定されていた千畳敷の立ち寄りを省略してもよい交換条件で、急遽、日本海に太陽が沈むシーンを眺めることになった。時刻は18時5 ... » more

見慣れない野草 大久保農耕地に野鳥を観察に行った際、日当たりの良い堤下に見慣れない花が咲いていた。手持ちの野草図鑑には出ていないので、名前がわからない。正体がわからないままだと、何か胸につかえた感じですこぶる気持ち悪い。どなたか野草に詳しい方の知識 ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録骨波田の藤
骨波田の藤 「骨波田の藤」に行ってきた。樹齢550年のムラサキナガフジで埼玉県指定天然記念物だ。丁度見頃で、名前のとおり花房が1m〜1.5mに達する見事なものだ。その藤は、曹洞宗の長泉寺というお寺さんの境内にある。一緒になった方の話によると、昔来た ... » more

チュウシャクシギ さいたま市西部に位置する「大久保農耕地」に行ってきた。この辺りは、連休に田植えが行われる。田植えが近づくと、田起こしされ、水が引き入れられる。そうなると、春の渡りの途中、シギ、チドリが立ち寄ることが期待できる。ムナグロ、チュウシャク ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録三春滝桜
三春滝桜 念願の三春滝桜を見ることができた。天気予報よりも早目に回復し、雨には降られず、明るい光の下で、千年咲き続ける桜を堪能することができた。樹齢千年は伊達ではない。前日の強風・雨にも負けずに、神々しいまでに咲き誇る花房を満載した枝を垂らしてい ... » more

やんま工房ハナグモを花蜘蛛と書けば
ハナグモを花蜘蛛と書けば 文字から入るひとにはもっと親しみやすいかもしれない6oから8oほどの小さな生きものだからといって怖がるひとが近くにいるものだから(じぶんの名前はいかにも強そうなのに)ちいさい声でいうほかないがわたしはハナ ... » more

やんま工房クサノオウも咲いてるぞ
クサノオウも咲いてるぞ 森の、たいして日のあたらない場所、ハナダイコンの群れのなかに、少し背を高くして、濃い黄色で、ぽつんぽつんと立っているんだ。撮影:2008年4月11日〜12日撮影地:龍ケ崎市▼クサノオウ ... » more

桜のライトアップ 今年の桜は美しい!ご近所の寺の境内にある桜がライトアップされていると聞いて、三脚を担いで出かけてみた。狭い境内に、本堂の他比較的新しい鐘楼がある。桜は10本ほどあるだろうか。境内中央にある一番大きな桜に照明が当たっている。花見の宴会どこ ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録カレンダー
カレンダー ガソリンの税率が本来あるべき姿になったために、混乱が続いているようだ。正に、エイプリルフールにふさわしい珍事といえるが、何処の店でもというわけでもなさそうなので、何処が安く売っているのかわからないという、忸怩たる思いもある。やはり、エイ ... » more

やんま工房モンカゲロウ? それとも
モンカゲロウ? それとも 体長約9ミリ。モンカゲロウ、あるいはヒゲナガカワトビケラ…不詳です。どなたかご教示いただけたら幸甚です。2008.3.19撮影:龍ケ崎市自宅庭光のかげんで羽がやや透けています▼上と同じ個体=バラの若葉の上で▼ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 13:54

「ネイチャーフォト」のブログ関連商品

» 「ネイチャーフォト」のブログレビュー をもっと探す

「ネイチャーフォト」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る