誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    円天

円天

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「円天」のブログを一覧表示!「円天」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「円天」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「円天」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

プライドを強化するのも実践の中でより実現できないのです。あらゆる罵倒を受けても傷つくことのないプライドの持ち主になる訓練を積まねばなりません。生きていく上で、経済的な心配のなくなった人類は、感情操作能力の高揚とプライド強化に、もっと ... » more
テーマ 円天  コメント(1)

この気持ちがある限り、くらやみの感情の世界に巻き込まれて行動することは絶対にあり得ないのです。こんなあかり人生が、神仏の創っている人間社会を発見したのです。この世界は、人類が誰も考えつく世界ではない筈です。この世界を ... » more
テーマ 円天  コメント(1)

どんな問題が自分自身に発生しても、「問題を起こしたのは、問題を解決できないのは、自分が悪いのだ!」と考えることによって、自分自身に誘発されるくらやみの感情を撃退させることが出来るのです。波 和二は日常生活の中でも、テレビや新聞で報道 ... » more
テーマ 円天  コメント(3)

このような計画が波 和二にあったとは誰も想像がつかない筈です。もし、波 和二も株主社員や弁護団のくらやみの感情に巻き込まれていたら、「自分が正しい!お前が悪い!」の法廷闘争に巻き込まれ、マスコミを恨み、判決を下した裁判官を恨み、強制 ... » more
テーマ 円天  コメント(3)

お金を返さねば問題は解決しないのです。そのお金は返す当てはあるのですが、返す前に何を言っても、相手がくらやみの感情でいる以上通じないのです。返したという結果を出さないことには無理なのです。だから、くらやみの感情に巻き込まれることなく ... » more
テーマ 円天  コメント(2)

世界中の人々と仲良くするということは、先ず自分自身が相手にどんな仕打ちをされても、暗闇の感情を混入して行動しないということが大前提となります。生身の人間ですから、瞬間的にはくらやみの感情が発生することは止むを得ません。波 和二も同様 ... » more
テーマ 円天  コメント(3)

感情操作能力を持って、自分自身もそれを実践している人材は中々見当たらないのです。神仏の創った人間社会の人々も、その点に苦労しているのです。出来ることなら、波 和二がそのコーチ役を買って出て、教えてあげたい気分で眺めております。ど ... » more
テーマ 円天  コメント(3)

現実に神仏が創っている人間社会でも、生活は豊になっても、金銭面以外での争い事が絶えないのです。「毒は毒を持って制す」というように、くらやみの感情が混入して起る争い事を、一番力のある法の判決によって解決することに疑問を持ち、刑法で罰するの ... » more
テーマ 円天  コメント(2)

この感情操作を訓練によって身につけるという機関が文明社会に極端に不足しているのです。特に、お金の問題が原因での争いが増加する一方です。神仏が創っている人間社会のように、国民が全員億万長者として生活している社会を、人間が作って ... » more
テーマ 円天  コメント(2)

諦めかけていた頃に長男を授かったのを契機に、「あかりの感情だけで人生を生きてみよう」と決心して、三八年が経ちました。くらやみの感情を完全に消し去ることは恐らく人間である以上、不可能なことです。但し、くらやみの感情群が発生している時は行動せず ... » more
テーマ 円天  コメント(4)

第二部感情操作人間には二種類の感情が遺伝子の中に組み込まれていると言われていますが、俗に言う積極的感情と消極的感情というものです。もう百年も前から分析心理学者によって指摘されている代表的な七つの感情とは、積極的感情( ... » more
テーマ 円天  コメント(3)

以上が、四つのノウハウが施行されるまでに行われた円天市場ですが、神仏の創っている人間社会を参考として考えるならば、別に円天市場は省略して、国民を全員国家公務員にしていくところからスタートした方が、結果から見て効果が早くでます。円天市場は参考 ... » more
テーマ 円天  コメント(4)

G年目の売上は十二兆八千億円です。(C)の仕入代金は、六兆七百五十億円となります。内訳は、@のリピート円天分二百五十億円Aのリピート円天分五百億円Bのリピート円天分一千億円Cのリピート円天分二千億円Dのリピート円 ... » more
テーマ 円天  コメント(3)

E年目の売上は三兆二千億円です。仕入支払いは、1兆五千億円です。その内訳は、@のリピート円天分二百五十億円Aのリピート円天分五百億円Bのリピート円天分一千億円Cのリピート円天分二千億円Dのリピート円天分四千億円 ... » more
テーマ 円天  コメント(2)

@年目には五百億円残り、A年目には七百七十億円残り、B年目には一千二百九十億円残り、この残高で、国家の運営資金が充分に出せるわけです。D1兆六千億円の売上に対して、商品仕入れ(C)は、@のリピート円天分の二百五十億円と、Aの ... » more
テーマ 円天  コメント(2)

<図表‐2の見方>(A)年度@一千億円の売上に対して、商品仕入(C)は二五%設定ですから二百五十億円です。手数料支払(D)は二百四十億円です。(E)の残高は五百十億円となります。ディスカウント商法や一般商法では、割引や広告宣伝費に消えて ... » more
テーマ 円天  コメント(2)

年間十兆円や百兆円の日本円売上なら、現金カードを利用するお客だけでも十分です。然しながら、百兆円でも、1千兆円でも、毎年元金円天による日本円売上を増やしていく為には、現在発行している日本円だけでは不足する時代がやってきます。円天市場 ... » more
テーマ 円天  コメント(4)

国家が主催した円天市場の元金円天による日本円売上を、@一千億円規模で始めて、G年後に十二兆八千億円にすることは何の問題もない筈です。この問題の(C)仕入、(D)メンバー・オーナーへの支払い、この経済効果は極めて大きなものになっていきます ... » more
テーマ 円天  コメント(3)

円天・波 和二 @ Enten. Nami Kazutsugi@<47> <スタート設定>初年度、@元金円天による日本円売上額をいくらに設定するかによって、その数値は違ってきます。これは国家の規模によっても違ってきます。仮に、日本円の場合、@一〇〇%を一千億円としますと、 ... » more
テーマ 円天  コメント(2)

(D)メンバー・オーナーへの手数料の支払い%です。メンバーに四%、オーナーに二〇%が基本ですが、支払い%が年々二倍に増えていきます。元金円天の日本円売上に比例して、二倍二倍と増えていく手数料を、一体何人のメンバーとオーナーとで受取る ... » more
テーマ 円天  コメント(2)

従って、Dの元金円天の仕入代金は四〇〇%、リピート円天が@が二五%、Aが五〇%、Bが一〇〇%、Cが二〇〇%の三七五%ですから、合計七七五%となるのです。このような調子で、G年目には、売上は一二八〇〇%となります。@の一〇〇%からスタ ... » more
テーマ 円天  コメント(2)

(A)年度の@〜Gまでは、八年間にわたって円天を支払うわけです。(B)売上とは、元金円天の日本円売上のことです。(C)仕入とは、毎年発行される元金円天とリピート円天をすべて商品に替えたとして、その仕入が二五%であったと仮定しての日本 ... » more
テーマ 円天  コメント(4)

円天・波 和二 @ Enten. Nami Kazutsugi@<43> この図表1を見て理解できる人は素晴らしい人です。殆んどの読者は、ここは飛ばし読みをするかもしれません。要は、八倍円天が出来た時に利用すればいいのですから、深く考えようともしません。然しながら、この図表1の中に、八倍も商品を渡 ... » more
テーマ 円天  コメント(4)

<インストラクター>国家は、全国都道府県に最低一名のインストラクターを配置します。インストラクターは国家の直属です。この、インストラクターが自分のエリアのメンバーやオーナーを取り締まることになります。<国家> ... » more
テーマ 円天  コメント(6)

<メンバーとオーナー>民間では円天市場の運営を担当する者のことをメンバーと呼びます。メンバーは、国家の仕入れた商品を委託されて、国民に販売します。当然、国民は誰も元金円天、リピート円天を持っていないわけですから、メンバーから ... » more
テーマ 円天  コメント(4)

<国営・円天市場>あなたの住んでいる国家は、誰の所有ですか。総選挙で政治が行われていますか。そのような国家であれば、円天市場は国家が運営するべきです。国家が富めば、国民もその恩恵をうけることになります。波 和二は日本 ... » more
テーマ 円天  コメント(2)

<元金円天・リピート円天>B店の商品券を日本円で売ったものを、元金円天と呼びます。次年度から七回分渡す商品券のことをリピート円天と呼びます。この日本円で売った同額の元金円天の売上を、毎年倍々に増やしていくことが可能か否かが問 ... » more
テーマ 円天  コメント(4)

<円天登場>どうして、上代価格一個分の日本円で八倍もの商品を出せるの?これは商売人や知的階級の常識的な質問です。ここに、「円天ノウハウ」が潜んでいるのです。円天は解説しないことには、一般常識人には判る筈がないのです。 ... » more
テーマ 円天  コメント(3)

<円天理論>デパートA店に来るお客は、現金カードで買物をします。わざわざ商品券を買ってから、それで買物をする客は一人も居ない筈です。デパートB店に来るお客は、まず商品券を買ってからそれで買物をします。A店のように現金カードで ... » more
テーマ 円天  コメント(6)

<付録・円天市場>・・・・・・・・一般の人は飛ばし読みをして下さい。これは、ブログ集の中の国営・円天市場一〜その一五の中で詳しく述べてありますが、大略を紹介します。国家が最初から円天研究会と組んで行うことが望ましいのですが、円天 ... » more
テーマ 円天  コメント(2)

 

最終更新日: 2016/11/15 13:44

「円天」のブログ関連商品

» 「円天」のブログレビュー をもっと探す

「円天」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る