誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    最近読んだ本

最近読んだ本

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「最近読んだ本」のブログを一覧表示!「最近読んだ本」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「最近読んだ本」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「最近読んだ本」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

上司から「もしドラ」を渡されたら 大型の台風が猛威を振るっています。皆様お気を付け下さい。さて、先日Bossと打合せしている最中に「もしドラ読んだことある?」えっ『もしドラ』ってもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読 ... » more

吉川英治氏の『新・平家物語』ですが、文庫本で全16巻もる。2年前に読み始めて、ようやく6巻を終えたところ。全部読み切るまで一生かかるかも。一気に16冊を読む気力もなく、恐らくそんなことをしたら、私のことだから途中で飽きてしまうに違い ... » more
テーマ 最近読んだ本

いつだったか、この本の書評を読んだことがあった。ちょっと興味を持ったが、そのままこの本自体を目にすることがなかったので、忘れてしまっていた。ところが先々月、古本屋さんの棚にあるのが目に入り買ってしまった。ある日、68名の乗員、乗客を ... » more
テーマ 最近読んだ本

税金が高いか低いか、議員の歳費が高いか低いか、何を持って何を根拠できめられるか。河村名古屋市長が減税をかかげて当選したことは、これまで当たり前のように見てきた税金や歳費に問題視し、疑問を投げかけてメスを入れようとしている点、、ある意味では非 ... » more
テーマ 気になる減税党 グラミー賞歓迎 最近読んだ本

最近「絵のある岩波文庫への招待」(坂崎重盛著、芸術出版社)という本、興味深かったので池袋のリブロ店頭でみて購入、早速読んで見た。期待にたがわずこれがなかな良く、岩波文庫のかなりの作品から絵が挿入されているものを紹介し、その作品と絵についてそ ... » more
テーマ グラミー賞歓迎 最近読んだ本 はじめまして  コメント(1)

新田次郎氏の作品は、30数年前に読んだ『八甲田山死の彷徨』以来である。まだ大学生になる前のことだった。その作品には、強い衝撃を受けた。その頃は、日本映画界の低迷期で、『八甲田山死の彷徨』のような作品を映画化すれば、きっとヒットするだ ... » more

去年暮れに、そろそろ東野圭吾氏から離れなくては、と言ったのに、今年最初に読んだ本がまた東野氏の小説だった。毎度言っているが、東野氏の本は面白いから仕方ない。さて今回の『白銀ジャック』。昨年秋に出たばかりの新刊。スキー場が舞台の話。 ... » more

2010年も終わり2011年。そろそろ東野圭吾氏からは離れなくちゃと本屋さんで手に取った本が、この有川浩氏の『阪急電車』。ぱらぱらとページをめくり、その目次に惹かれて買ってしまった。目次には、阪急今津線の駅名が順に並んでいた。阪急今 ... » more

最近読んだ本(29)――東野圭吾『ブルータスの心臓』 今に始まったことじゃないけど、最近特におぞましい事件をテレビや新聞で目にすることが多いです。簡単に人は人を殺めることができるのものなのでしょうか。そんなことは小説の中だけの話にしてもらいたいですね。しかし、事実は小説より奇なりで、小 ... » more
テーマ 最近読んだ本

またまた東野圭吾です。もう何冊も読んでは、ここで紹介していますから、「またまた」というには少なすぎますね。またまたまたまたまたまた…………、ってところでしょうか?さてこの『赤い指』。東野氏の作品ではお馴染みの刑事・加賀恭一郎が事件解 ... » more
テーマ 最近読んだ本

島田莊司氏の作品は、これが最初だと思う。名前だけは知っていたが、過去に読んだ記憶がないので、たぶんそうだろう。『最後の一球』というタイトルに惹かれて、書店で手にした。野球に関する話だろうと思った次第。さて、読み始めると、母親 ... » more
テーマ 最近読んだ本

5月に読んだ『Story Seller』の第2弾です。短編7編のアンソロジー。この第2集もひとりを除いて、1970年代から80年代生まれの若い作家たちの作品。「最近読んだ本」なんてシリーズ化して自分が読んだ本のことをあれこれとブログ ... » more
テーマ 最近読んだ本

最近読んだ本 自分の小さな「箱」から脱出する方法 いやぁ〜今日は猛暑でした。出勤して朝一番に診療所の周りの草取りをやっつけよう!!なんて思いましたが、甘かったOrz9時前で既に暑すぎる、、、そんな8月折り返して後半戦です。学生さんは夏休みってやつですね。私のブロ ... » more
テーマ 最近読んだ本

もう何冊目でしょう?東野圭吾氏の本。そろそろ飽きてもよさそうなものですが、なかなか飽きません。それに何冊読んでも、次から次へと本屋さんに並びますからねえ。第一、ハズレがありません。どの作品を選んでも、東野氏は相当楽しませてくれるのです。 ... » more
テーマ 最近読んだ本

やや遅まきながら、赤星憲広元阪神タイガース外野手の『決断』を読んだ。衝撃の引退発表のニュースを聞いた昨年12月9日。あれから半年も経っていないのに、随分前のような気がする反面、赤星選手が打ち、走り、守っている姿が昨日のように思う。い ... » more

副題の「面白いお話、売ります」の文字に惹かれて、本屋さんの棚から手に取った文庫本。7人の若手作家の短編7編を集めた本。いやあ、確かに面白いお話を買ったと満足の一冊でしたね。私が読む小説と言えば、長編・短編を問わず、私と同世代か、上の ... » more

読み進めば進むほど、早く先を読みたくなる。しかしそんなに早く読んでしまってはもったいない。この面白さを長い間味わっていたい。そんな感覚になった本は、ずっと以前にもあったようにだが、何という本だったかは思い出さない。それほど久し振りに味わう快 ... » more

すみません。また森村誠一作品です。(別に謝らんでもええけど……)しかも、また古い作品です。毎度毎度申していますように、私は貧乏で(笑)、図書館でただで借りてくるか、古本屋で安く買うことしかできませんもので……。さて、今回の『 ... » more
テーマ 最近読んだ本

僕の森考えさせられました
考えさせられました こんな本を読みました。「ニッポン貧困最前線ケースワーカーと呼ばれる人々」久田恵著文藝春秋社最初は、こんな時代だから、貧困にあえいでいる人達のルポかと思って読み始めました。視点が逆でした。貧困にあえぐ人 ... » more

久し振りにいい話を読んだという読後感であった。戦時中勤労動員に駆り出される13歳の女子中学生の挿話から始まる冒頭で、グッと私の心を捉えられてしまった。いつものように、これも文庫版で読んだ。その裏表紙に簡単な解説がある。「帝国陸軍がマ ... » more

先日、たまには推理小説以外も読みたいなと図書館に行ったが、これと言って読みたいと思う本も見つからず、自ずと足は推理小説の並んでいる棚へ向かってしまった。今回読んだ本は、西村京太郎という十津川警部シリーズでお馴染みの推理小説作家が集め ... » more
テーマ 最近読んだ本

僕の森「命」 柳美里
「命」 柳美里 今日も日曜だというのに仕事でした。クラブの引率です。連れて行って、終わるのを待つだけです。文芸部なので、お互いの作品の批評とかし合ってるだけですから、特にやることはありません。たいしたことやってないのですが、 ... » more

例によって森村誠一作品。前に読んだ本は私的にはちょっと不評の一冊でしたが、今回はなかなか面白かったです。森村作品のストーリーの組み立ては、平行して発生した別々の事件が、複雑に入り組んで関わって来て、探偵役の刑事が緻密な捜査によって、 ... » more
テーマ 最近読んだ本

またまた森村誠一。以前、古本屋さんでまとめて3冊買ったうちの1冊です。やっとこさ読み始めました。今回の事件は、新宿の風俗嬢が無惨な絞殺死体となって発見されたところから始まります。事件はやがて政財界に繋がって行くところまで発展し、お馴 ... » more
テーマ 最近読んだ本

文庫版で全16巻もある『新・平家物語』。春先から読み始めたが、間に推理小説など挟んでいたから、ようやく4巻目まで読み終わったところ。このペースで行けば、全巻読み終わるまで5・6年かかるかも知れない。さて、2巻目は、保元の乱から平治の ... » more
テーマ 最近読んだ本

僕の森あるきかたがただしくない
あるきかたがただしくない 「あるきかたがただしくない」枡野浩一朝日新聞社読み終えました。あるきかたがただしくない朝日新聞社 枡野 浩一 ユーザレビュー:歩けば進む歌人、枡 ...でも、面白いよ。週 ...離婚を語ってもいいと ...Amazonアソシ ... » more

僕の森本を読みました
本を読みました 夏休み中に借りていた本を読み終えました。「思いやり」の心理学加藤諦三大和出版「思いやり」の心理―自分が大きくなる人間関係の方法 (PHP文庫)PHP研究所 加藤 諦三 ユーザレビュー:著者の本の多くは、で ...わかりに ... » more

僕の森アダルト・チルドレンと癒し
アダルト・チルドレンと癒し 昨日「アダルト・チルドレンと癒し」西尾和美学陽書房を読み終えました。幼児期などに心の傷を負い、大人になってもそれが癒されず、無意識のうちに様々な障害を起こしてしまう人々たちのことです。下記HPをご参考ください。h ... » more

やはり私には、この手の本が合っているようで、今回はすらすらと1週間ほどで読み終えました。森村作品にはお馴染みの棟居刑事が活躍する話。これまた森村作品にはお馴染みの手法であるところの、一見それぞれは全く関係のない複数の事件が別の場所で ... » more
テーマ 最近読んだ本

最近読んだ本(14)――矢作俊彦『ららら科学の子』 本屋さんの棚でこの書名を見て、ふと手にとってしまった。“ららら科学の子”と来れば、私と同世代の人にはピンと来る。それは「鉄腕アトム」のことだな、と。実際、表紙には「鉄腕アトム」の漫画が3コマほど載せられている。文庫版のこの本の裏表紙 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 12:42

楽天市場のおすすめ商品

「最近読んだ本」のブログ関連商品

» 「最近読んだ本」のブログレビュー をもっと探す

「最近読んだ本」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る