誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    日蓮

日蓮

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「日蓮」のブログを一覧表示!「日蓮」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「日蓮」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「日蓮」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

じーさん徘徊 正月の富士山周遊 その2  法連寺(松野) <法連寺から富士を見る>富士川に沿った山間の集落であるが、現在は住居が景観を阻んでいる。法連寺は、「あの方」の後継、、六老僧の一人、、日持上人誕生の地と言われるが定かではない、、、。Googlで空から見れば、、駿河湾、富 ... » more
テーマ 仏教 歴史 日蓮

六老僧 日頂は 弘法寺(葛飾真間)から母と正林寺(重須)へーーD ■日頂の泣き公孫樹(いちょう)伝説「あの方」の三回忌(1284)に日頂が遅参したとされる(中山法華経寺)ことで、義父の冨木常忍のもとに釈明に向かった日頂であったが、冨木常忍は許すことはなかった、、、。その後、、、 ... » more
テーマ 仏教 歴史 日蓮

日本史の「トホホ」24 日蓮サン予言?の星取表 日本の歴史には、時として「日本人離れ」?した人物が登場します。たぶん、日蓮宗(法華宗)宗祖・日蓮(1222-1282年)もそうした一人に挙げていいのでしょう。なにせ、みんな仲良くの「和」をモットーとする日本社会にあって、いわば ... » more
テーマ 元寇 日蓮 四箇格言  コメント(2)

六老僧 日頂は 弘法寺(葛飾真間)から母と正林寺(重須)へーーC ■日頂と日向は、、師の葬列に参加していない?あの方は、、弘安5年(1282年)10月13日、辰の刻(午前8時頃)、すべての化導と相承を終、弟子・檀越が唱題するなか、御歳61歳をもって入滅された。この時、地震が起こり、10 ... » more
テーマ 仏教 歴史 日蓮

六老僧 日頂は 弘法寺(葛飾真間)から母と正林寺(重須)へーーB ■伊与房(日頂)は、文永10年4月に佐渡に到着した、、。文永8年(1271)11月(新暦1272.1)に、、あの方が極寒の佐渡の塚原に流配されてから半年が過ぎ、、翌年春、、4月に配所は塚原から一の谷に移ります、、。富 ... » more
テーマ 仏教 歴史 日蓮

六老僧 日頂は 弘法寺(葛飾真間)から母と正林寺(重須)へーーA ■真間釈迦仏供養逐状(真間仏供養抄)冨木殿(1215-1299:富木五郎左衛門尉胤継:千葉氏被官:出家して常忍)は、真間の「御所領堂」に釈迦仏を建立したことを「あの方」に報告した、、。それに対する返事が「真間釈迦仏供養逐状」 ... » more
テーマ 仏教 歴史 日蓮

六老僧 日頂は 弘法寺(葛飾真間)から母と正林寺(重須)へーー@ 弘安5年(1282)9月、、、あの方は、9カ年を過ごした甲斐の国の身延を離れ、、故郷安房の国を目指していた。体調はおもわしくない、、冬を前に地頭の波木井実長からの勧めで茨城常陸の湯に養生するための旅であった。あの方を馬上に、一行 ... » more
テーマ 仏教 歴史 日蓮

2016年7月・寺泊と佐渡の旅−日蓮の足跡− 「2016年7月・寺泊と佐渡の旅−日蓮の足跡−」をホームページにアップしました。往路は夜行バスを利用しています。なお、写真を多用しています。佐渡・塚原三昧堂跡【日程 ... » more
テーマ 日蓮 佐渡

14日、久遠寺に行ってきました。 ここは、久遠寺。山深い山梨峡谷にある身延。日蓮が開祖した総本山へ行ってきました。35年ぶりのお参りだ。前回、内井昭蔵さん設計の宝蔵をみたが、今回閉鎖して見れませんでした。残念! 蓮の花は、淀んだ水こそきれいに咲き、世の中 ... » more
テーマ 日蓮 久遠寺

身延山 山麓には日蓮宗総本山久遠寺がある 山頂にはここで修業した日蓮の奥の院があります  身延山(みのぶさん;1,153m)に登るのは、簡単なロープウェイ作戦(往復1,250円)もあるが、自分の足で登る健康作戦をお勧めします♪整備されたハイキングコースです。簡単な運動服装で十分です♪片道5Kmの東コースは、久遠寺本堂裏を ... » more

クッキーカッターズ クッキーカッターズ…何故、教団の親玉に隷従したがるのか?如何なる類いの宗教を信奉する信仰生活に於いても、誇り高く超然として、「独立自尊の精神」を堅持すべきである。特に、全国規模で狂信的に布教活動を展開している ... » more
テーマ 宗教 日蓮 信者

日蓮の呪縛から解き放たれよ!C …日蓮の事相は密教もどき 日蓮の呪縛から解き放たれよ!C…日蓮の事相は密教もどきで、仏教に非ず我が国の仏教教団の中には、自宗の教義としている教理や行法の起源について、ゴータマ・ブッダの教説に連なるものなのか、はたまた、ヒンドゥー教やゾロア ... » more
テーマ 仏教 日蓮 密教

日蓮の呪縛から解き放たれよ!B…天台かぶれの独り善がり  日蓮の呪縛から解き放たれよ!B …天台かぶれの独り善がりゴータマ・ブッダ(463B.C. ?−383B.C?)の死後100年程で、インド仏教は教義論争の為に分裂が起こり、教団は20部に分派した。更にゴータマ・ ... » more
テーマ 仏教 日蓮 教相判釈  コメント(1)

日蓮の呪縛から解き放たれよ!A …天人相関説に基づく立正安国論 日蓮の呪縛から解き放たれよ!A…天人相関説に基づく立正安国論日蓮は、1222年(貞応元年)から1282年(弘安5年)の鎌倉時代を生きた天台僧であり、浙江省天台山国清寺の智(ちぎ《538年−597年》中国の仏 ... » more
テーマ 立正安国論 日蓮 天変地異  コメント(2)

日蓮の呪縛から解き放たれよ!@ …日蓮在世は像法時代 日蓮の呪縛から解き放たれよ!@…日蓮在世は像法時代日蓮は、1222年(貞応元年)から1282年(弘安5年)の鎌倉時代を生きた天台僧であり、浙江省天台山国清寺の智(ちぎ《538年−597年》中国の仏教僧であり ... » more
テーマ 日蓮 末法 法華経

日蓮の名相 …数霊21の傲慢な象意 日蓮の名相…数霊21の傲慢な象意…「ヤァ!ヤァ!我こそは…」の傲慢な頭領運日蓮の物語りを弟子の日興(富士門流の祖)が記したとされる「産湯相承事(うぶゆそうじょうのこと)」(偽書との説もある)に依れば、日蓮は幼名を ... » more
テーマ 日蓮 上行菩薩 釈尊

宮澤賢治は日蓮主義者であったのか?A…上行菩薩再誕論の呪縛 宮澤賢治は日蓮主義者であったのか?A …上行菩薩再誕論の呪縛賢治が法華経に帰依する機縁となったのが、日蓮宗の僧侶や信者からの折伏に依るものではなく、盛岡北山の浄土真宗本願寺派寺院、願教寺(がんきょうじ)の住職で仏 ... » more
テーマ 宮澤賢治 日蓮 国柱会

宮澤賢治は日蓮主義者であったのか? @ 宮澤賢治は日蓮主義者であったのか?@賢治の父、政次郎氏(明治7年・1874年−昭和32年・1957年)は古着質商を家業とする有力な商家であり、篤信の門徒(浄土真宗の信者)であったという。花巻仏教会や四恩会を組織しては ... » more
テーマ 宮澤賢治 日蓮 国柱会

虚妄の仏教G …馬鹿馬鹿しい法華三十番神説 虚妄の仏教G…馬鹿馬鹿しい法華三十番神説日蓮宗には、日本の神々が法華経とその信者を守護するという「法華神道(ほっけしんとう)」の信仰がある。「法華経」の「安楽行品第14」に、「諸天昼夜。常為法故。而衛護之。( ... » more
テーマ 諸天善神 日蓮 三十番神  コメント(1)

虚妄の仏教E …日蓮の事相は密教もどき 虚妄の仏教E…日蓮の事相は密教もどき西洋哲学を学ぶ学徒は、その志す専攻に関わらず、哲学という学問の原点として、ギリシャ時代のプラトンやアリストテレスなどの著作を繙き、中世、近世、現代と一通りの哲学史を研究する。従 ... » more
テーマ 仏教 日蓮 密教

仏教徒の肥大型虚言症候群G …馬鹿馬鹿しい法華三十番神説 仏教徒の肥大型虚言症候群G…馬鹿馬鹿しい法華三十番神説日蓮宗には、日本の神々が法華経とその信者を守護するという「法華神道(ほっけしんとう)」の信仰がある。「法華経」の「安楽行品第14」に、「諸天昼夜。常為法故。而衛護 ... » more
テーマ 諸天善神 日蓮 三十番神

仏教徒の肥大型虚言症候群E …日蓮の事相は密教もどき 仏教徒の肥大型虚言症候群E…日蓮の事相は密教もどき西洋哲学を学ぶ学徒は、その志す専攻に関わらず、哲学という学問の原点として、ギリシャ時代のプラトンやアリストテレスなどの著作を繙き、中世、近世、現代と一通りの哲学史を研究す ... » more
テーマ 仏教 日蓮 密教

太閤殿下の寝言日蓮大聖人と御書
日蓮大聖人の仏法では、基本の修行として「信・行・学」が説かれています。「信・行」とともに大事になってくるのが「学(=教学)」です。「学」とは、大聖人が教え遺された「御書」を拝読することを根本にして、正しい仏法の法理を実践のな ... » more
テーマ 日蓮 日蓮仏法 御書  コメント(2)

「日蓮悪しく敬えば国亡ぶ」は、日蓮大聖人の御金言です。日中戦争が始まり、日本陸軍が満州国を建国しようとした1932年(昭和7年)2月から3月にかけて日本国内で発生した連続テロ事件が血盟団事件です。これは、日蓮宗の僧侶である井 ... » more
テーマ 創価学会 血盟団事件 日蓮

郷土千葉の最東端の海辺に誕生した 尊敬するその方は、当時起こっている天変地変、飢餓、疫病などの原因は「人々が誤った世界観を持っているためだ」と言い切った。つまり、多くは人災だと言うのである。たとえて言えば、「身体を曲げていれば、影が曲がっている」ように、「正しい世界 ... » more
テーマ 仏教 歴史 日蓮

海音寺潮五郎さんは「日本人に日本歴史の常識を持ってもらいたい」という念願のもと、多数の史伝を執筆し、様々な人物を取り上げています。しかし、長い日本歴史を扱う以上、どうしても人選には偏りがあります。歴史を語るには、いわゆる「施政者」に相当する ... » more

身延山ウォーキング(最終回)            身延山山頂〜三門山頂の東側展望台で昼食を取った後、下山道に向かう。下山道入口の標識の他にハイキング東コースと南側展望台の標識がある。身延山山頂へ登るにはロープウェイに乗る他に、ハイキング東コースとハイキング西コースを歩く ... » more

負けることも意識する 勝たんとうつべからず、負けじとうつべきなり。(兼好)----------------------------------------------------吉田兼好が記した随筆『徒然草』の一節ですね。読んで字の如く ... » more
テーマ 吉田兼好 日蓮 道元

 

最終更新日: 2018/01/13 15:28

楽天市場のおすすめ商品

「日蓮」のブログ関連商品

» 「日蓮」のブログレビュー をもっと探す

「日蓮」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る