誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    伊坂幸太郎

伊坂幸太郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「伊坂幸太郎」のブログを一覧表示!「伊坂幸太郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「伊坂幸太郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「伊坂幸太郎」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

ゴールデンスランバー やっと観てきましたゴールデンスランバー以下、ネタバレあるかもよ【あらすじ】杜の都・仙台。野党初 ... » more

嬉有箱SOSの猿
SOSの猿 『SOSの猿』伊坂幸太郎伊坂幸太郎は新刊がでたら必ず読む作家さんのひとり。『死神の精度』を読んでからすっかりファンになって、他の作品も全部読んだはず。『死神の精度』は今でも一番好きな作品です。前作の『あるキング』はぜんぜん私 ... » more

「ゴールデンスランバー」見てきました。 「ゴールデンスランバー」見てきました。おととい(2月10日)に「ゴールデンスランバー」を109シネマズ木場へ見に行きました。最近、伊坂幸太郎さんの作品を読み始め、ちょっとはまっていましたので、 ... » more

死神の精度(伊坂幸太郎)を読んで 死神の精度を読んで死神の精度を読み終えて、感じたこと。この作品は、短編6篇で構成されていて、ミュージックが大好きな「死神」が情報部と呼ばれる機関から、ある特定の人間を指定され、1週間の調査期間 ... » more
テーマ 死神の精度 読書 伊坂幸太郎

ビタミン日記冬ソナツアー。
アニメのアフレコのツアーがあるようですね!生ヨン様とジウ姫が見れるよう。ここから水曜日出発はきついな〜〜しかも、どれにも会員になってない。行きたいけど、無理かな(^_^;)斉藤和義さん ... » more
テーマ 伊坂幸太郎 ペ・ヨンジュン アニメ冬のソナタ  コメント(4)

「ゴールデンスランバー」_無実の男の大逃走劇 1/30日 109シネマズ佐賀にて「ゴールデンスランバー」を観る。 golden slumber = 黄金のまどろみ、麗しい眠気、の意味らしい。伊坂幸太郎の同名小説の映画化(原作未読)主演、堺雅人、竹内結子。堺 ... » more
テーマ 伊坂幸太郎 タイトル「か」行 映画

2010年・・・☆☆☆☆☆仙台市内で宅配便のドライバーを生業に暮らす青柳は、ごく平凡な30歳の独身男性。非凡な経歴があるとすれば、2年前、配達先で強盗事件に遭遇し、犯人を唯一の技である大外刈りで撃退したところ、被害者がアイドルタレン ... » more

気になる・・・あるキング
伊坂幸太郎さんの「あるキング」を読みました。私個人の意見ですので、あくまで参考に・・・。私、この手の内容が苦手なのかもしれませんが、読みやすかったんですが、どちらかというと、面白くない部類に入るのかなぁ・・・ ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

「ゴールデンスランバー」を読む 「ゴールデンスランバー」伊坂幸太朗著新潮社を読みました。映画のCMを見て面白そうだったので買ってきました。逃亡者モノ好きなので。首相が乗った車がラジコンヘリの爆弾によって爆破された。なんの関係のない主人公が容 ... » more

ゴールデンスランバー [ 2010年1月30日公開 ] {ストーリー}首相の凱旋パレードが行われているそのすぐ近くで青柳は、大学時代の友人・森田と久しぶりに再会していた。 様子がおかしい森田。そして爆発音。 首相を狙った爆弾テロが行われたのだ。「逃げろ!オズワルドにされる ... » more

陽気なギャングが地球を回す(伊坂幸太郎)を読みました。 陽気なギャングが地球を回すを読みました。今回も、ジャズの話がありますし、政治批判のせりふもあります。経歴を見て判ったのですが、伊坂さんは、大学を卒業してから、コンピュータの会社に勤めていたよう ... » more

映画「ゴールデンスランバー」を見て♪ 先日携帯電話会社の応援試写会に当選し、伊坂幸太郎原作の映画「ゴールデンスランバー」を見てきました。舞台挨拶もない試写会でしたが会場15分前にはすでに20列に並ばされ開場までにかなりの人数に。さすがに若い子が多かったけれど、時折自分より高 ... » more

伊坂幸太郎 ‘砂漠’ 伊坂幸太郎氏の‘砂漠’は東北大学法学部の学生の4年間を描いた小説です。伊坂氏も東北大学法学部の出身者であるためか、物語全体に妙なリアリティーがあります。物語は全体的に淡々と進み、いつの間にか4年の月日が経過してしまい ... » more

「魔王」(伊坂幸太郎)を読んで 「魔王」(伊坂幸太郎)を読んで「魔王」を読んで感じたことは、作中に出てくる政治家「犬養」のことが強烈な印象として残りました。まず、読み始めると安藤兄の超能力に心惹かれます。思ったことをストレートに言え ... » more

『SOSの猿』 by 伊坂幸太郎 『陽気なギャングが〜』でエンタメ小説として火がつき、出る作出る作、映画化し高評価を受け続けてきた著者だったが、『魔王』あたりからどうも政治的な話や権力・圧力・集団・群集など反社会的要素がちらほら見える作風になり ... » more

読んドコ本SOSの猿
SOSの猿 SOSの猿2009-11-26 伊坂 幸太郎 内容(「BOOK」データベースより)ひきこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれた男と、一瞬にして三〇〇億円の損失を出した株誤発注事故の原因を調査する男。そして、斉天大聖・孫 ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

おっちゃんの備忘録あるキング
あるキング なんか変な話でした。いままでとはまったく違う作風だけど面白いとは。。。ま、幅を広げる必要はあって試行錯誤してるのかなと。あるキング徳間書店 伊坂 幸太郎 ユーザレビュー:とりあえず読んでみよ ...異色ながら、満足でき .. ... » more

『ホームランというのはそういうものなんだ。世の中の不安だとか、怖いこと、忌々しいこととかを全部、突き刺して、空というか宇宙に飛ばしてしまうんだ』伊坂幸太郎著「あるキング」読みました。あらすじ≪天才が同時代、同空間に存在す ... » more

「オーデュポンの祈り」を読みました。 昨日、ようやく「オーデュポンの祈り」を読み終えました。伊坂幸太郎さんのデビュー作だそうですが、この「オーデュポン」とは実際に存在した人物だそうです。ネットで調べたら、<リョコウバト><記事抜粋 ... » more
テーマ 読書 伊坂幸太郎 オーデュポンの祈り

SOSの猿 伊坂幸太郎 中央公論新社  あけましておめでとうございます。正月三が日はバタバタしていたのもあり、落ち着いて本が読めず。やっと今日、新年一作目を読み終えました。伊坂幸太郎氏の新作。読み終わって、あとがきを読んで知ったのですが五十嵐大介さんとの、コラボだ ... » more

チルドレン(伊坂幸太郎)を読み終えて。 伊坂幸太郎さんの「チルドレン」を読み終えて、結構楽しめました。主人公は間違いなく脇役の「陣内」さんでしたね。人質にされた状況で「ヘイ・ジュード」を歌ったり。芥川龍之介の「侏儒の言葉」をかってにトイレの落書き ... » more

伊坂幸太郎 ‘チルドレン’ 伊坂幸太郎氏の‘チルドレン’は「自分のことを棚に上げて偉そうにしている大人」に片っ端から反発する陣内という騒がしい男性が主人公の小説です。‘チルドレン’は主人公の陣内の学生時代と社会人になってからの二つの時間軸を行っ ... » more

オーデュボンの祈り 不思議な話やったぁ…。いい話でした。読み終えた後もしばらく余韻が残って、田んぼに吹き渡る薫風で心が満たされる。伊坂幸太郎さんのデビュー作です。『オーデュボンの祈り』伊坂幸太郎(新潮文庫)コンビニ強盗未遂で警察に捕まっ ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎 ‘終末のフール’ 「ミステリー以外の小説」というリクエストを受けた伊坂幸太郎氏が悩んだ結果、「八年後に小惑星が衝突し、地球が滅亡する。」というストーリーを搾りだし、その結果、‘終末のフール’という小説が生まれました。‘終末のフール’は ... » more

グラスホッパーを読み終えて グラスホッパーを読み終えてこの小説は、多岐に渡って私に色々な事を教えてくれたような気がした。「鈴木」「鯨」「蝉」の章が組み合わさって成り立っているこの小説の一番言わんとしている事は「押し屋」の存在では ... » more
テーマ 読書 伊坂幸太郎 グラスホッパー

おっちゃんの備忘録モダンタイムス
モダンタイムス またまた珍道中の往路機内で読みきるだけ残してしまった。関係ないけど、飛行機は修学旅行生で遅れるし、電車も遅れてた。これから外出するけど何もなければいいけど。。で、本題。そのうち読もうと思っていて忘れてました。なん ... » more

「重力ピエロ」を読んで感じたこと。 「重力ピエロ」を読んで感じたこと。伊坂幸太郎さんの「重力ピエロ」読み終えて、感じたことは作者の意図があまりわからなかったことです。「家族の絆」を訴えたかったのか「人殺し」を肯定化しようとしていたのか「 ... » more

伊坂幸太郎 ‘重力ピエロ’ 「春が二階から落ちてきた。」伊坂幸太郎氏の小説‘重力ピエロ’の出だしの一行です。なんとも印象的なフレーズですが、「春」は人名です。春に生まれたから「春」だそうです。‘重力ピエロ’は、連続放火事件を主人公たちが ... » more

伊坂幸太郎 ‘死神の精度’ 死神が登場する作品は色々ありますが、伊坂幸太郎氏の‘死神の精度’では、「死」の対象となった人間に対して調査を行い、調査対象の人間に対して「死」を実行するのに適しているのかを判断する役割を担っている神という設定です。 ... » more

伊坂幸太郎『グラスホッパー』(角川文庫) 伊坂幸太郎『グラスホッパー』(角川文庫)という本を読み終えた。ぼくが伊坂さんの小説を読むのは、今回が初めてだった。伊坂さんはたいへんな人気作家なのでいつかは読みたいと思っていただけれど、今までのびのびになっていたのだ。『グラスホ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 10:53

「伊坂幸太郎」のブログ関連商品

» 「伊坂幸太郎」のブログレビュー をもっと探す

「伊坂幸太郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る