誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    伊坂幸太郎

伊坂幸太郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「伊坂幸太郎」のブログを一覧表示!「伊坂幸太郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「伊坂幸太郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「伊坂幸太郎」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

伊坂幸太郎『オー!ファーザー』 数々の名作を世に送り出している伊坂幸太郎だが、『ゴールデンスランバー』以降の作品は名作というよりは「迷作」のようなものが多くなってしまった。この『オー!ファーザー』のあとがきを読み、その疑問が解けた。著者いわく「『ゴールデンスランバ ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

My Favorite Books死神の精度
死神の精度 今日は伊坂幸太郎です。金城武主演で映画化もされてます。ちなみに「不夜城」も金城武なんだよね〜。古すぎて近所のTUTAYAにはないから見たいんだけどみたことないんだよね〜。「死神の精度」は本読んで、映画も見ました!両方いいね! ... » more

オー!ファーザー 伊坂幸太郎 新潮社 定番の楽しさ、というものがあります。時代ものなんか、特にそうですよね。役回り、物語の道筋、大体決まっていて、読者は安心してその世界に浸る事が出来る。多少のハラハラドキドキはあるけど主人公は決して破滅する事にはならない。ハ ... » more

「フィッシュストーリー」(伊坂幸太郎)を読み終えて 「フィッシュストーリー」(伊坂幸太郎)を読み終えてこの作品は4篇の中篇からなっている。「動物園のエンジン」「サクリファイス」「フィッシュストーリー」「ポテチ」まず「動物園のエンジン」には「オーデュ ... » more
テーマ 読書 伊坂幸太郎 フィッシュストーリー

こんばんは!今日は私の好きな伊坂幸太郎の本を紹介します。この人の本は結構、映画化されています!人気作家ですね!BOOKOFF行ってもなかなかおいてないんだよね〜!!!一番最初に読んだのは「陽気なギャングが地球をまわす」だった ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

「SOSの猿」(伊坂幸太郎)を読み終えて 「SOSの猿」(伊坂幸太郎)を読み終えてまず、読み始めて(毎日通勤電車での読書なので)睡眠薬のように眠くなる小説であることがわかった。「私の話」と「猿の話」と「五十嵐真の話」で構成されている。まず、「私の話」 ... » more
テーマ 読書 SOSの猿 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎さんの「アヒルと鴨のコインロッカー」を読みました。大学入学のために、アパートへ引越しして来た学生と、そのアパートに住む隣人、その隣人の友人と、2年前の出来事が、並行して描かれていく作品で ... » more

伊坂幸太郎さんの「陽気なギャングの日常と襲撃」を読みました。「陽気なギャングが地球を回す」と同じ、ギャングシリーズ(笑です。この本から読まれる方もいるかと思うので、公務員と喫茶店経営者とOLとフリーター?・・ ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

気になる・・・「オー!ファーザー」
伊坂幸太郎さんの「オー!ファーザー」を読みました。タイトルのとおり、お父さんが主題の作品です。この、お父さんについて書いてしまうと、これから読む方が面白くないでしょうから、書きませんが、まあ、 ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

「蝦蟇倉市事件1」を読み終えて 「蝦蟇倉市事件1」を読み終えて架空の街「蝦蟇倉市」を舞台に様々な事件が巻き起こる連作ミステリーで、警察には「不可能犯罪係」なるものまで設けられる街を5人の作者たちが時には面白く、時にはちょっと恐ろしく描いた作 ... » more

グラスホッパー/伊坂幸太郎 「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・ ... » more

嬉有箱オー!ファーザー
オー!ファーザー 『オー!ファーザー』伊坂幸太郎母一人、子一人、父親四人。どういう家族なのかと思ったら・・・・・・設定としてはありえない。私はまじめな人間だし、心配性だからね(笑)でも、読んでいて楽しかった。会話が面白くってついつい声 ... » more

『あるキング』 by 伊坂幸太郎 『魔王』辺りからどうにも政治色・権力や集団への社会批判とも取られがちな作風を帯びてきていた伊坂作品。万人受けするエンタメ性が減りよりシリアスな、深刻な問題提起を孕んだ主題に読者層、ファン層もコアなものになってきたそんな折、追い討ちを ... » more

伊坂幸太郎 ‘オー!ファーザー’ 母一人、子一人そして、父四人の六人家族の心温まる妙な物語・・・。というのが‘オー!ファーザー’という小説のあらすじです。それにしても「父四人」とは・・・実にシュールなシチュエーションです。この状況で、母一人、子一人、父四 ... » more

「あるキング」(伊坂幸太郎)を読み終えて 「あるキング」(伊坂幸太郎)を読み終えて「あるキング」(伊坂幸太郎)を読み終えて感じたこと。孔子の「過ぎたるは、なお及ばざるが如し」という諺を思い出しました。主人公の「山田王求」は、バッターの「超人( ... » more

アヒルと鴨のコインロッカー/伊坂幸太郎 引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は――たった1冊の広辞苑!?そんなおかしな話に乗る気などなかったの ... » more

「ゴールデンスランバー」を読んで、思い出したこと映画の「ゴールデンスランバー」を観た時も、何か、以前に同じようなストーリーを観たような感じを受けました。本を読んでも同じ感じを受けました。漸く、それが何か、今日 ... » more

伊坂幸太郎 ‘あるキング’ 誰も読んだことのないような伝記を書いてみました。−‘あるキング’著者・伊坂幸太郎著者の伊坂幸太郎氏の言うとおり、‘あるキング’は、伝記のような雰囲気の不思議な内容の小説です。主人公の山田王求はプロ野球仙醍 ... » more

「ゴールデンスランバー」を読み終えて感じたこと 「ゴールデンスランバー」を読み終えて感じたこと「ゴールデンスランバー」を読み終えました。本を読む前にすでに映画を見ていましたので、あらすじは解っていましたが、本を読んでみて映画の内容は5部構成の小説の ... » more

嬉有箱蝦蟇倉市事件 1
蝦蟇倉市事件 1 『蝦蟇倉市事件 1』海と山に囲まれた蝦蟇倉市。この街ではやたらと事件が起こる。謎と犯罪に魅せられた街、蝦蟇倉へようこそ―11人の作家が描く架空の街の謎物語だそうで、1巻には5編収録されてます。伊坂幸太郎の ... » more

珈琲と重力 うひぃ。奇跡の2連休。なーんも予定入れませんでした〜なんとなく、おうちでホゲーとしたかったので。話変わるけど、みなさんコーヒー好きですか??このカップ可愛いっ ... » more

伊坂幸太郎さんの「陽気なギャングが地球を回す」を読みました。銀行強盗のお話です。作品の根底に流れる、軽快感や躍動感は、どこから来るのでしょうか?自らを「ギャング」とも呼ぶ登場人物には、全く悲壮感がない(笑 ... » more
テーマ 伊坂幸太郎 DVD

気になる・・・「SOSの猿」
伊坂 幸太郎さんの「SOSの猿」を読みました。引きこもりの男と、システム会社の品質管理に勤務する男の出来事のお話です。ミステリというよりは、どちらかというと、人間の持っている精神的な要素・・・、理 ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

「ラッシュライフ」(伊坂幸太郎)を読み終えて 「ラッシュライフ」を読み終えて伊坂幸太郎さんの第2作目「ラッシュライフ」を読み終えて感じたことは2作目にしては色々な要素が含まれている小説であるということ。伊坂作品を読むのであれば、最低でも4〜5冊以上伊坂作品を読ん ... » more

映画『ゴールデンスランバー』 by 原作:伊坂幸太郎 じつは伊坂氏の原作『ゴールデンスランバー』をすでに読んでいるので、期待を裏切るのではないか・・・という心配をしつつ観にいった。が、そんな予想を完全に払拭して余りある出来栄え。「大変よく出来ました」と花丸をつけたい(この意味は観たヒトには ... » more

「終末のフール」(伊坂幸太郎)を読み終えて 「終末のフール」(伊坂幸太郎)を読み終えて読み終えて、まず始めに感じたことは「音楽がない」事だ。そして、伊坂幸太郎を読んでいると言うよりは「星新一」のショートショートを読んでいるような感じがし ... » more
テーマ 終末のフール 読書 伊坂幸太郎

「アヒルと鴨のコインロッカー」(伊坂幸太郎)を読み終えて 「アヒルと鴨のコインロッカー」(伊坂幸太郎)を読み終えて読後の感想ですが、最後の方を読むまですっかり騙されていました。昔読んだ横溝正史の「犬神家の一族」や「悪魔の手毬歌」、綾辻行人の「水車館の殺人」、古くは松本清張の ... » more

「モダンタイムス」(伊坂幸太郎)を読み終えて 「モダンタイムス」(伊坂幸太郎)を読み終えて「魔王」の続編にあたるという「モダンタイムス」を読み終えて感じたことは「勇気と想像力とちょっとのお金があれば人生は楽しく過ごせる」ということと、「宇 ... » more

ラッシュライフ 冒頭に挿絵として使われているエッシャーの騙し絵。読み終わった後に、なるほどそういうことかと、ものすごく納得してしまった。『ラッシュライフ』伊坂幸太郎(新潮文庫)世の中金で買えないものはないと思っている画商の「戸田」、空き ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

嬉有箱SARU[上]
SARU[上] 『SARU[上]』五十嵐大介今日発売だというので、買ってきましたよ。あ〜でも、上巻だけなのね。下巻は6月末だって!さっき読んだ感じでは、下巻から本格的な決戦が始まるみたい。もうちょっと描いてから「続く」にしてほしかったなぁ( ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 10:53

「伊坂幸太郎」のブログ関連商品

» 「伊坂幸太郎」のブログレビュー をもっと探す

「伊坂幸太郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る