誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    伊坂幸太郎

伊坂幸太郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「伊坂幸太郎」のブログを一覧表示!「伊坂幸太郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「伊坂幸太郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「伊坂幸太郎」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

夕芽の EX LIBRIS砂漠
砂漠 英語のサブタイトルは、「a campus life」。大学生というのは、大人でもなく子供でもない不思議な世代だ。『砂漠』伊坂幸太郎(新潮文庫)大学生活=オアシス、社会=砂漠なのだという。社会に出たら出たで楽しいことも ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

物凄い友情で繋がれた友人たちの物語です。この御時世にこんな関係が存在するのか、と思わずにはいられませんでした。 本作は、仙台の大学に通う大学生の物語です。 遠い昔に学生だった人、大学を卒業して間もない人、今まさに大学 ... » more

先日、友人から、東野氏ばかり固め読みしていないでと勧められたのが伊坂幸太郎氏。この方も売れっ子作家ですよね。ベストセラーがベストセラーのうちは読まない、売れっ子作家はあまり読まない、というひねくれ者の私なのですが、東野氏という超 ... » more

オーデュボンの祈り―伊坂幸太郎 第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞したこの「オーデュボンの祈り」は、映画化した「ゴールデンスランバー」や最近では「バイバイ、ブラックバード」などで有名な伊坂幸太郎のデビュー作。デビュー作なんですか?と聞きたくなってしまう。 ... » more

アヒルと鴨のコインロッカー―伊坂幸太郎 第25回吉川英治文学新人賞受賞作、井坂幸太郎の5本目の長編「アヒルと鴨のコインロッカー」。一見ありそうなストーリーに思えるのに、予想もしなかった展開でまんまと騙されました。結構タイトルから不思議ですよねー。当然、読み進め ... » more

陽気なギャングの日常と襲撃/伊坂幸太郎 嘘を見抜く名人は刃物男騒動に、演説の達人は「幻の女」探し、精確な体内時計を持つ女は謎の招待券の真意を追う。そして天才スリは殴打される中年男に遭遇――天才強盗4人組が巻き込まれた4つの奇妙な事件。しかも、華麗な銀行襲撃の裏に「社長令嬢 ... » more

スペシャル・ブレンド・ミステリー「謎005」(伊坂幸太郎選)を読み終えて スペシャル・ブレンド・ミステリー「謎005」(伊坂幸太郎選)を読み終えて伊坂幸太郎が選んだミステリーということで読んでみました。収録されているのは以下の8編。○長い話(陳舜臣)「僕はニクソンみたいな立場で ... » more
テーマ 謎005 読書 伊坂幸太郎

河出書房新社 ‘文藝別冊 総特集 伊坂幸太郎’ ‘文藝別冊総特集伊坂幸太郎’は作家の伊坂幸太郎氏のデビュー10周年を記念して出された特集です。デビュー作の‘オーデュボンの祈り’から出版当時の最新作の‘マリアビートル’まで作品間のリンクの解説やあらすじ、製作秘話 ... » more

「砂漠」(伊坂幸太郎)を読み終えて 「砂漠」(伊坂幸太郎)を読み終えて久しぶりに伊坂作品を読みました。また、この作品が伊坂さんの特徴をすべて集約したような作品で、とても面白かったですし、読み応えもありました。<あらすじ>(アマゾンより転記) ... » more

嬉有箱マリアビートル
マリアビートル 『マリアビートル』伊坂幸太郎面白かったですね〜東京発盛岡行きの東北新幹線“はやて”の中に物騒な奴らがごろごろ(笑)変な奴らばかりなんでまた会話が面白いんだよね。つい読みながら笑ってしまいます。あ ... » more

伊坂幸太郎さん作家デビュー10周年おめでとう。 伊坂幸太郎さん作家デビュー10周年おめでとう。伊坂さんが作家デビューしてから10周年になるそうです。その記事が11月1日付けの夕刊に載っていました。次々とヒット作品を飛ばしている伊坂さんですが、3〜4年前ほど ... » more

嬉有箱SARU[下]
SARU[下] 『SARU[下] 』五十嵐大介下巻、やっとでましたね。最初の予定では、6月に読めるはずだったのにのびのびになって、かなり待ちました。8ヶ月は長かったですねー(^^;下巻を読んで、奈々ちゃんの役割がちょっと意外で、面白 ... » more

気になる・・・「魔王」
伊坂幸太郎さんの「魔王」を読みました。両親を亡くした2人兄弟と、弟の恋人の周りに起こる(起こしている)、ちょっと変わった現象を、政治や、世界情勢を絡めて、ちょっとだけミステリアスに描いています。2人兄弟は同じとこ ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎 ‘グラスホッパー’ トノサマバッタは密集したところにいると「群集相」と言われる、茶色く羽が大きい個体になります。そして「群集相」のトノサマバッタは非常に獰猛です。人間も密集していると獰猛になりかねません。伊坂幸太郎氏の‘グラスホッパー’を読 ... » more

伊坂幸太郎 ‘マリアビートル’ ‘マリアビートル’は‘グラスホッパー’の続編です。バッタに引き続き、テントウムシですか・・・・。いずれの小説も結構物騒なお話です。‘マリアビートル’の舞台は東北新幹線です。物騒な中学生や、小説好きの殺し屋、‘機関車ト ... » more

「陽気なギャングの日常と襲撃」(伊坂幸太郎)を読み終えて<あらすじ>(アマゾンより転記)人間嘘発見器成瀬が遭遇した刃物男騒動、演説の達人響野は「幻の女」を探し、正確無比な“体内時計”の持ち主雪子は謎の ... » more
テーマ 読書 伊坂幸太郎 陽気なギャングの日常と襲撃

嬉有箱新刊!
新刊がでてますねー。伊坂幸太郎『マリアビートル』!嬉しいなぁ。紹介文には―『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲と、ありますねー。楽しみ。早く読みたいな ... » more

嬉有箱バイバイ、ブラックバード
バイバイ、ブラックバード 『バイバイ、ブラックバード』伊坂幸太郎連作短篇集。面白かった〜「ある日、小説がポストに届いていたら、楽しいに違いない」と「ゆうびん小説」として発表された作品。太宰治の「グッド・バイ」の設定(複数 ... » more

つれづれゴールデンスランバー
伊坂幸太郎さんは、同郷のようです。同じ県内だ、という以上には詳しく知らないのですが。そのためか、小説の舞台が私の知っている場所だったり、映画のロケ地が「行ったことある!」場所だったりします。同郷ということを知るきっかけとなったのは、映画 ... » more

伊坂幸太郎『砂漠』(新潮文庫) 伊坂幸太郎『砂漠』(新潮文庫)という本を読み終えた。あらすじは、仙台が舞台になっている。仙台にある国立大学(もちろん東北大学)に通う学生、東堂、西嶋、南、北村(語り手)、鳥井の男子3人、女子2人の友人たちの物語である。5人は麻雀 ... » more

伊坂幸太郎 ‘オーデュボンの祈り’ 作家・伊坂幸太郎の処女作の‘オーデュボンの祈り’は、オーデュボンという実在の生物学者の名前が含まれています。この変わったタイトルの小説は、人と会話ができ、さらに未来が見える案山子が登場します。なぜ、案山子がしゃべるのか? ... » more

「ランドマーク」「オーデュポンの祈り」 またまた吉田修一「ランドマーク」そして初めて読んだ伊坂幸太郎が「オーデュポンの祈り」。ランドマーク講談社 吉田 修一 Amazonアソシエイト by オーデュボンの祈り (新潮ミステリー倶楽部)新潮社 伊坂 幸太郎 Am ... » more

夕芽の EX LIBRIS重力ピエロ
重力ピエロ 「正解なんてないんだろうな」と、主人公の父は言った。私はうーんと考え込む。『重力ピエロ』伊坂幸太郎(新潮文庫)「春が二階から落ちてきた」。解説でも触れられているが、この書き出しには虚を突かれる。この「春」とい ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎 ‘フィッシュストーリー’ 「釣り師の自慢話ほど誇張された話は無い。」ということでしょうか?伊坂幸太郎氏の‘フィッシュストーリー’は、この何かの警句のような言葉が小説の本文の前に書かれています。‘フィッシュストーリー’は、まずなさそうですが絶対にないと ... » more

伊坂 幸太郎さんの「オーデュボンの祈り」を読みました。作者の単行本化1号作品のようです。当時、SE(システムエンジニア)を生業としていたようで、その傍ら、創作活動も行っていたようです。仙台在住(大 ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎原作。思わずタイトルで読みたくなりました!彼の作品で一番最初に読みました。個性的なキャラクター達。ジョークの聞いた台詞&ストーリー。へんてこな物があとでココで役に立つんだ!とわかったときのおもしろさ。最高にお洒落な連中です ... » more

伊坂幸太郎 ‘バイバイ、ブラックバード’ 太宰治・未完の作品‘グッド・バイ’にインスパイアを受けた伊坂幸太郎が紡いだ物語小説が‘バイバイ、ブラックバード’です。この‘バイバイ、ブラックバード’でもいわゆる「伊坂節」は健在です。ブラックなストーリーのはずなのに、笑えて ... » more

『オー!ファーザー』 by 伊坂幸太郎 子供は親を選べないと一般に言うけれど、選り取りみどり、多種多様な4人の父親の元に生まれた子供の苦労を思えば・・・選べないことがどれだけ幸せか分かるに違いない(笑)本書の主人公・由紀夫少年は、職業も才能も容姿も性格もてんでバラ ... » more

My Favorite Booksラッシュライフ
ラッシュライフ 今日、「フィッシュ・ストーリー」買ってきちゃいました。また読む本が溜まって来た!早く消化しないとね。ラッシュライフは冒頭に不思議な絵が紹介されてます。四角形のお城の上の四辺を兵士がぐるぐる歩いてる絵で、階段をだんだん下りてるのに一番 ... » more

My Favorite Books重力ピエロ
こんちは〜 最近何かと忙しくてなかなか書くことが出来ませんが、頑張って続けたいと思いま〜すこれもだいぶ前に読みました。伊坂幸太郎の本で2番目によんだかな?この人の本は登場人物が、他の小説 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 10:53

「伊坂幸太郎」のブログ関連商品

» 「伊坂幸太郎」のブログレビュー をもっと探す

「伊坂幸太郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る