誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    伊坂幸太郎

伊坂幸太郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「伊坂幸太郎」のブログを一覧表示!「伊坂幸太郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「伊坂幸太郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「伊坂幸太郎」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

月ノ浦執務室伊坂幸太郎・原作の映画
僕の観た伊坂幸太郎・原作の映画を、気に入っている順に紹介。1stゴールデンスランバー2ndアヒルと鴨のコインロッカー3rd陽気なギャングが地球を回す 4thSweet Rain 死神の精度5thフィッ ... » more

良太の部屋「魔王」を読む
「魔王」を読む 「魔王」伊坂幸太朗著講談社文庫を読みました。主人公が念ずれば、その言葉を相手が口に出すという摩訶不思議なお話。面白かったですよ。政治の話とか興味深かったです。 ... » more

本作は、銀行強盗の人質になっても物怖じせずに犯人に食ってかかるような、犯人にとっても人質にとっても迷惑なキャラクター、陣内くんを軸にしてストーリーが展開していく連作短編集です。第1章「バンク」は、学生の頃、陣内と鴨居が銀行強 ... » more

春を恨んだりはしない またやって来たからといって春を恨んだりはしない例年のように自分の義務を果たしているからといって春を責めたりはしないわかっているわたしがいくら悲しくてもそのせいで緑の萌えるのが止まったりはしないと〜ヴィ ... » more
テーマ 伊坂幸太郎 仙台 2011年春  コメント(19)

ゴールデンスランバー 『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎(新潮文庫)私は伊坂さんの小説を全部読んでいるわけではないのでよく知らなかったのだけれど、この作品はこれまでの伊坂作品とはちょっとタイプが違うのだそうだ。巻末の解説に作者本人の言葉が引用されてお ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎 ‘実験4号 後藤を待ちながら’ ‘実験4号後藤を待ちながら’は伊坂幸太郎氏の小説と山下敦弘氏のDVDがセットになった物語の小説のほうです。‘実験4号後藤を待ちながら’は「ロックンロール」の意訳がテーマの小説です。舞台は(おそらく)近未来の関東地 ... » more

My Favorite Booksゴールデン・スランバー
伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」読み終わりました”俺は犯人じゃない!”首相殺しの濡れ衣を着せられ逃亡を余儀なくされる主人公・青柳雅春。平気で暴力や銃を使ってくる警察!誰が何の為に・・・・ ... » more

嬉有箱3652
3652 『3652』伊坂幸太郎さん・ろく・ご・に 伊坂幸太郎エッセイ集2010年12月20日でデヴュー10周年ということで10年分のエッセイがまとめてあります。365×10+2=3652(10年の間にうるう年が2回あるということ ... » more

My Favorite Booksフィッシュストーリー 3
東北地方太平洋沖震災の被災者の皆様方へお見舞い申し上げます。募金と言う事でしかご助力できていませんが、一刻も早い復興を願います。さて読み途中だった伊坂幸太郎著の「フィッシュ・ストーリー」ようやく読み終えました{% ... » more

伊坂幸太郎さんの「バイバイ、ブラックバード」を読みました。伊坂ワールドです。主人公の男が、付き合っている女と別れる事になる。違う女と結婚するから・・・。しかしその女は巨漢で横柄極まりなく、「私の辞書に ... » more

My Favorite Booksフィッシュストーリー 2
最近は仕事が忙しいなかなか読書の時間がない!そのくせ本屋さんやBOOKOFFでついつい本を買ってしまう本ばかり増えてなかなか消費できないが、ようやく「フィッシュスト ... » more

『僕が愛したゴウスト』 by 打海文三 実はこれ、伊坂幸太郎があちこちでやたら薦めてるものだから読んでみるか、と読み始めた作品である。伊坂氏は本書の解説をしていて、「不思議で、素晴らしい終わり方だなと僕は感じた。〜そして、書棚の一番いい場所に置きたいなと思った。〜この本を ... » more

ゴールデンスランバー/伊坂幸太郎 衆人環視の中、首相が爆殺された。そして犯人は俺だと報道されている。なぜだ?何が起こっているんだ?俺はやっていない──。首相暗殺の濡れ衣をきせられ、巨大な陰謀に包囲された青年・青柳雅春。暴力も辞さぬ追手集団からの、孤独な必死の ... » more

伊坂幸太郎 ‘ラッシュライフ’ まるで、エッシャーの絵のような小説です。何度か読み返したくなる小説でした。実際に自分はこの2日で二回繰り返して読みました。‘ラッシュライフ’は様々な物語が一つに収束しそのまま拡散していくような小説です。金満家の画 ... » more

二十数年前、正義感の男・雅史は友人から勧められたロックミュージックのテープを聴く。それには間奏の途中で音が消える1分程の時間があった…………物語はこの無音と正義感から始まる。現在。瀬川に繋がった「正義感」。 ... » more

久々に更新!けど、まだ1冊読み終えてませんが、短編なんで1話ずついきたいと思います。4つの物語からなるこの短編集の記念すべき第1話は「動物園のエンジン」読んだ感想は、短編で終わらす ... » more

嬉有箱クリスマスを探偵と
クリスマスを探偵と 「クリスマスを探偵と」伊坂幸太郎文藝別冊総特集伊坂幸太郎 デビュー10年新たなる決意(KAWADE夢ムック)伊坂幸太郎デビュー10周年の記念特集本。「クリスマスを探偵と」は伊坂幸太郎が18歳の時に書いた初めての小説をリメ ... » more

3652 伊坂幸太郎エッセイ集 新潮社 伊坂氏の初めてのエッセイ集。デビュー10周年ということでの企画だそう。そうかあ。10年かあ。10年があっという間に過ぎていく年齢になりつつありますが。このブログも6年ぐらい書いてるんだから、伊坂氏のデビュー10周年と聞いて驚くことはないんで ... » more

ビタミン日記『重力ピエロ』
『重力ピエロ』 2009年・・・☆☆☆☆☆遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では、謎の連続放火事件が発生していた。泉水と春は事件に深く踏み込み ... » more

ビタミン日記『クリスマスは探偵と』
私は伊坂幸太郎さんが好きで、数冊読んでいます。昨年は、映画「ゴールデンスランバー」も、劇場に観にいきました。ブログにも、たまに登場しますが・・・。こないだ、アマゾンでサーフィンしてたら見つけた雑誌。その名もずばり ... » more
テーマ 初めての小説 伊坂幸太郎

「マリアビートル」(伊坂幸太郎著)を読み終えて「ゴールデンスランバー」以来の書き下ろしということで、この本を読んでみたのだが、以前読んだ「グラスホッパー」のどうやら続編に当たるらしい。新幹線で東京駅から盛岡駅までに行く間の車 ... » more
テーマ マリアビートル 読書 伊坂幸太郎

あと8年で地球が滅亡すると宣言され、5年が経過した世界。未来がなく、絶望しかない中で、残りの日々をどう過ごすか。本作は、そんな世界で生きる人々を描いた短編集です。表題作「終末のフール」をはじめ、全8編が収められています。 ... » more

@ビル持ちで画廊社長の大金持ちの男と絵描きの女、Aリストラされて失意の五十路男と老犬、B新興宗教幹部と新入り、C一匹狼の泥棒、Dダブル不倫の男女----別々に走る5本の人生のストーリー。rush、rash、lash、lush … ... » more

バイバイ、ブラックバード by 伊坂幸太郎 伊坂ワールドには沢山の個性的なキャラクターが登場する。いや殆どがどこにでもいそうな普通の人々のうちの一人なのだが、偶然か必然か?またたくまに妙な事件の当事者になり、事態はあっというまにとんでもないことに豹変し、そこから逃げるにせよ立ち向 ... » more

「面白い話、売ります」という自信あり気なコピーが表紙に書かれている本作ですが、伊坂幸太郎氏、近藤史恵氏、有川浩氏、米沢穂信氏等の作品が詰まった、オール読み切り集となっています。この本をキッカケに気になる作家に出会えるといいですね…… ... » more

伊坂幸太郎おすすめミステリー小説、お奨めの伊坂幸太郎のミステリー小説。伊坂幸太郎の名作ミステリーの面白い作品。おすすめミステリー作家のオススメ面白いミステリー、おもしろい傑作お勧めミステリー小説は『ゴールデン・スランバー』伊坂幸太郎 ... » more
テーマ 伊坂幸太郎 2009年ベストミステリー

伊坂幸太郎おすすめミステリー小説、お奨めの伊坂幸太郎のミステリー小説。伊坂幸太郎の名作ミステリーの面白い作品。おすすめミステリー作家のオススメ面白いミステリー、おもしろい傑作お勧めミステリー小説は『オーデュボンの祈り』伊坂幸太郎(著 ... » more
テーマ 伊坂幸太郎 おすすめのミステリー小説  トラックバック(2)

伊坂幸太郎おすすめミステリー小説、お奨めの伊坂幸太郎のミステリー小説。伊坂幸太郎の名作ミステリーの面白い作品。面白いミステリー、おもしろい傑作お勧めミステリー小説は『重力ピエロ』伊坂幸太郎(著)だ。2004年「このミステ ... » more
テーマ 伊坂幸太郎 おすすめのミステリー小説

伊坂幸太郎 ‘san・roku・go・ni 3625 伊坂幸太郎エッセイ集’ 「伊坂幸太郎のエッセイ集」は今までなかったです。というのも伊坂幸太郎氏はエッセイに対してかなり強い苦手意識があるからだそうです。そんな、伊坂幸太郎氏がデビュー10周年を記念して(口実にして?)出版したエッセイ集が‘s ... » more

本屋の目立つ所に平積みになっていた本作、最近読み始めた伊坂幸太郎氏の作品だったので、目に留まったのも何かのご縁かと購入しました。本屋の策略にまんまと乗せられてしまっています(笑)。題材としては、無実の罪を着せられた主 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 10:53

「伊坂幸太郎」のブログ関連商品

» 「伊坂幸太郎」のブログレビュー をもっと探す

「伊坂幸太郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る