誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    伊坂幸太郎

伊坂幸太郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「伊坂幸太郎」のブログを一覧表示!「伊坂幸太郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「伊坂幸太郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「伊坂幸太郎」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

2007年新潮社幾つかのストーリーがやがて繋がる。その瞬間がとっても気持ちよかった。「fish story」のバンド、絶対自分が好きだと思う。アイネクライネでも思ったけど、人物の台詞がいちいちカッコイイ。日常的な内容なの ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

本を読む。「SOSの猿」伊坂幸太郎
2005年中央公論新社「私の話」と「猿の話」の関係性がわかった時、とてもすっきりした。そういう事か、とニヤけてしまう感じ。二つの視点から物語を書き、途中で密接な関係性を示すというパターンがとても好きだ。それは細かい部 ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

本を読む。「重力ピエロ」伊坂幸太郎
2003 新潮社随分唐突な書き出しだな、と思ったら最後の一文も同文で。感動した。クロマニョン人とネアンデルタール人を使った比喩、遺伝子を使ったトリックなど、論理的にも頭が働くし、兄弟の心情に感情的になることもできた。 ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

2003年創元社この作者は細かい人物の動きや心情が洋画みたいだなと思った。内容としては、私は時系列が複数ある物語を読むのが苦手だったけど、すらすら読めた。ドルジが後に「河崎」を名乗っていたのも、2つの時界を上手く結ん ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

アヒルと鴨のコインロッカー(伊坂幸太郎) 名前に惹かれて読み見終えた訳ではないが、伊坂幸太郎さんの5本目の長編だそうだ。2003年11月、東京創元社の叢書ミステリ・フロンティアの第1回配本作品として刊行。2006年12月、創元推理文庫に収録された。そして、第25回吉川英治文学新人賞 ... » more

グラスホッパー(伊坂幸太郎) 体は縦形にやや平たい筒形で、褐色型と緑色型の両型をもつものもあるが、概して生息環境の背地に同調する同色性を示すものが多い。頭部は大きく、縦卵形またはショウリョウバッタAcrida chinereaのように体の前方に突き出る円錐体形で、触角は ... » more
テーマ 伊坂幸太郎 船戸与一 直翅目  トラックバック(1)

‘マリアビートル’から‘PK’の発売まで1年半と結構間があいています。伊坂幸太郎氏は最近、筆が遅くなったと思っていら‘仙台ぐらし’というエッセイを書店で見かけてあること気づきました。それは、伊坂幸太郎氏は仙台在住の作 ... » more

タイトルはアルファベット2文字で‘PK’です。超能力のサイコキネシス(Psychokinesis:念力)ではなくサッカーのペナルティーキック(Penalty Kick)の頭文字の「PK」ということのようです。サッカーの「 ... » more

Pour que?死神の精度*伊坂幸太郎
死神の精度 (文春文庫)文藝春秋 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by 誰が死のうと、私には関係もなければ興味もない。けれど、私は今日も、人の死を見定める為にわざわざ出向いてくる。なぜか? 仕事だか ... » more

「忘れたころに(?)ふと読みたくなるのが伊坂幸太郎作品」…と言うわけでもないのでしょうが、何年も前からちょっと気になっていた作品『グラスホッパー』読了しました。グラスホッパー (角川文庫)角川書店 伊坂 幸太郎 Amazon ... » more

嬉有箱Story Seller 2
Story Seller 2 Story Seller2沢木耕太郎「マリーとメアリーポーカー・フェース」伊坂幸太郎「合コンの話」近藤史恵「レミング」有川浩「ヒトモドキ」米澤穂信「リカーシブル―リブート」佐藤友哉「444のイッペン」本多孝好「日 ... » more

本読み日記モダンタイムス
講談社文庫「モダンタイムス」(上)(下)(伊坂幸太郎著)を読み終えた。「魔王」とのつながりは、こういう事だったのか、とようやくわかり、ある意味すっきりとした。おもしろさは健在ではあるが、さすがに拷問シーンはちょっと苦しかった。「国家」を ... » more

並行して読んでいた本が、昨日読み終わりました。関連性が全くない、3冊ですね、こりゃ。orz遅ればせながら、初伊坂幸太郎でした。短編集だったこともあって、簡潔で良かった。最後の話が哀愁よ。『陽気なギャング〜』、読んでみようかなあ。 ... » more

良太の部屋「モダンタイムス」を読む
「モダンタイムス」を読む 「モダンタイムス」上下伊坂幸太郎著講談社文庫を読みました。今から50年くらい未来の設定のようです。日本が徴兵制になってたりちょっと面白いです。文庫本が出たばかりでネタバレになってしまうので詳しくは書きません。。。 ... » more

良太の部屋「砂漠」を読む
「砂漠」を読む 「砂漠」伊坂幸太朗著実業之日本社を読みました。大学時代を扱った小説です。伊坂幸太朗さんは文章のセンスがいいなーと思います。すごく面白いです。私より年下なんですね。すでにいっぱい本を書いて伊坂ワールドを確立しててす ... » more

ゴールデンスランバー新潮社 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by 伊坂幸太郎の小説ってどうも読み始めてから入り込むまでに時間がかかってしまう、というか、文体や言葉の選び方がたぶん苦手なんだけど、この「ゴールデンスランバー ... » more

今日も盛りだくさんでした〜!っていっても、特にしょーこちゃん、、まず、昼前に出かけていって、、りょうさんと、あっちゃんとランチ!!「AtoZ」というお店!その後は、「CafeZ」で、あっちゃんと、ドゥーニャンさんとお ... » more
テーマ 伊坂幸太郎 ゆかいな仲間  コメント(2)

アヒルと鴨のコインロッカー/伊坂幸太郎 アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)東京創元社 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by 引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲 ... » more
テーマ 『あ行』その他の作家 伊坂幸太郎

気になる・・・「マリアビートル」
伊坂幸太郎さんの「マリアビートル」を読みました。今回は、新幹線「はやて」が舞台です。思わず、「西村京太郎か??」と思ってしまいました(笑自分の子供をビルから突き落とした中学生を殺そうと、新幹線に乗り込 ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

読書の嵐オーデュポンの祈り
オーデュポンの祈り オーデュボンの祈り (新潮文庫)新潮社 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by 伊坂幸太郎と言えば、重力ピエロが有名ですが、このオーデュポンのかかしは好きです。このお話を最初に読んだとき、また天才作家が出てくるんだ ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

嬉有箱首折り男の周辺
首折り男の周辺 Story Seller伊坂幸太郎「首折り男の周辺」 近藤史恵「プロトンの中の孤独」 有川浩「ストーリー・セラー」 米澤穂信「玉野五十鈴の誉れ」 佐藤友哉「333のテッペン」 道尾秀介「光の箱」 本多孝好「ここじ ... » more

「バイバイブラックバード」(伊坂幸太郎著)を読み終えて 「バイバイブラックバード」(伊坂幸太郎著)を読み終えて伊坂作品を読むのは「マリアビートル」以来だが、冒頭から伊坂ワールド全開の作品になっている。そして、この題名だが、過日WOWWOWで放送していた「ジョニーデップ」主演の「パ ... » more
テーマ 読書 伊坂幸太郎 バイバイブラックバード

伊坂幸太郎 全小説ガイドブック 『伊坂幸太郎全小説ガイドブック(洋泉社MOOK)』2000年から書かれたすべての小説を徹底解説!ということで、まるまるガイドブックでした。私は伊坂作品のファンだけれど、読んだ作品をすべて憶えているわけじゃない。どちらかといば ... » more

良太の部屋「グラスホッパー」を読む
「グラスホッパー」を読む 「グラスホッパー」伊坂幸太朗著角川文庫を読みました。飽きさせない展開で一気に読めました。でも道徳的にあまり犯罪性の強いものは書かない方が良いと思います。英語の勉強はあきたので本を読み始めました。 ... » more

妻をひき殺された鈴木が、仇の親が経営する会社に契約社員として潜り込み、復讐の機会を窺う……そんな構図で始まる本作ですが、伊坂ワールドがそんな単純な訳がない(笑)。隙を窺っていたはずの鈴木が、逆に疑われたりしていて……展開は結構スピー ... » more

月ノ浦執務室● 魔王
● 魔王 伊坂幸太郎の小説。単行本は「魔王」と「呼吸」、ふたつの中編からなる二部構成。“政治”という魔物と、それに対抗する武器となりうるか?細やかな“超能力”に目覚めた者。ふたつの話は続き物であり、同じ世界とテーマを持つが、見せ方、語り口の対 ... » more
テーマ 伊坂幸太郎 BOOK

良太の部屋「重力ピエロ」を読む
「重力ピエロ」を読む 「重力ピエロ」伊坂幸太朗著新潮文庫を読みました。主人公の弟は母がレイプされて妊娠して生まれた。弟はどんな人生を歩むのだろうか。伊坂ワールド、おもしろいなぁ。 ... » more

● 陽気なギャングの日常と襲撃 映画化された伊坂幸太郎の「陽気なギャングが地球を回す」の続編にあたる小説。それぞれに才を持つ4人組の銀行強盗のそれぞれの日常から話は始まり、やがてはひとつの大きな騒動へと繋がっていく。銀行強盗というロマンを追う彼らには、オフでもその ... » more
テーマ 伊坂幸太郎 BOOK

月ノ浦執務室● オーデュボンの祈り
● オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎のデビュー小説。若くして職から離れ生きる道を見失っていた男は、自らの知らぬ間に不思議な島にいた。旧来の友人のように馴れ馴れしい“見知らぬ男”に案内された彼は、嘘しか言わない画家、殺人を許された男、そして未来の見える、人語を ... » more
テーマ 伊坂幸太郎 BOOK

「アヒルと鴨のコインロッカー」を読む 「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂幸太朗著創元推理文庫を読みました。第25回吉川英治文学新人賞伊坂幸太朗さんてすごいんだね。もっと読んでみたいと思います。 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 10:53

「伊坂幸太郎」のブログ関連商品

» 「伊坂幸太郎」のブログレビュー をもっと探す

「伊坂幸太郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る