誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    伊坂幸太郎

伊坂幸太郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「伊坂幸太郎」のブログを一覧表示!「伊坂幸太郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「伊坂幸太郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「伊坂幸太郎」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

サブマリン サブマリン講談社 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by チルドレンの続編のサブマリン。「かっこいい大人とは何か」というテーマが興味深かった前作と比べて「罪ってなんだろう」という今回のテーマは少々重く感じら ... » more

陽気なギャングは三つ数えろ (ノン・ノベル)祥伝社 伊坂幸太郎 Amazonアソシエイト by おすすめ☆☆☆☆ギャグ☆☆☆☆軽さ☆☆☆☆☆伊坂幸太郎の小説。「陽気なギャングが地球 ... » more

ガソリン生活 ガソリン生活朝日新聞出版 2013-03-07 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by おすすめ☆☆☆☆ポップさ☆☆☆☆新聞紙☆☆☆☆☆伊坂幸太郎の朝日新聞に連載されていた小説。 ... » more

チルドレン チルドレン (講談社文庫)講談社 2012-09-28 伊坂幸太郎 Amazonアソシエイト by チルドレン面白さ☆☆☆☆☆おすすめ☆☆☆☆☆読みやすさ☆☆☆☆☆伊坂幸太郎の小説。 ... » more

グラスホッパー グラスホッパー (角川文庫)角川書店(角川グループパブリッシング) 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by グラスホッパー面白さ☆☆☆☆おすすめ☆☆☆☆陰鬱さ☆☆☆☆☆伊坂幸太郎 ... » more

ジャイロスコープ ジャイロスコープ(新潮文庫)新潮社 2015-12-25 伊坂 幸太郎 Amazonアソシエイト by 短編集☆☆☆爽快さ☆☆渋さ☆☆☆☆最近、同著者の「グラスホッパー」と「チルドレン」を読み返した流 ... » more

ビタミン日記グラスホッパー
グラスホッパー 伊坂さんの久しぶりの映画なので行きたいと思ってて、この日しかないって感じで先週火曜日に行ってきましたヽ(・∀・)ノちょっと、ストレスがピークだったので気分転換になりました(*゚▽゚*)なかなかのハードボイルドで、だからR ... » more

グラスホッパー 本日は以前原作を読んで大好きだった、伊坂幸太郎著「グラスホッパー」が映画化されたので観てきました。レビューを見ると、期待しすぎて・・など、普通だったなどの評価だったため期待しない様に行ったけどそこそこ良かったんじゃないかと思う。 ... » more

伊坂幸太郎氏の「陽気なギャング」シリーズも第三弾になり、例の銀行強盗4人組もいい加減、強盗稼業から足を洗っているのかと思いきや、まだまだ懲りずに横浜の銀行を個性的な手口で襲っています。ただ、‘陽気なギャングは三つ数えろ’ ... » more

‘陽気なギャングの日常と襲撃’は、4人組の銀行強盗の小説‘陽気なギャングが地球を回す’の続編です。この作品は前回作と異なり、強盗をしていないときの4人の日常が描かれています。しかし、それぞれが職場などで出会った人たちの世 ... » more

わざわざAmazonで予約してしまった…カレンダーにまで書いて楽しみにしてて。初めてだよ〜予約してまで発売日に買った本なんて^_^;ま、1日過ぎましたけどね。この時ばかりは田舎暮らしが嫌になる。そして、折角お昼に届い ... » more

ああああ>____<記憶が…消去したい。伊坂さん最近怖いのばっかり…分かってて読む私がいけないんだけど。早く返しにいこ。抜き出しとか絶対無理。※ネタバレに気を使う余裕がないので、未読の方はUターン ... » more

伊坂幸太郎 ‘あるキング:完全版’ ‘あるキング’は野球好きの両親の間に生まれ、野球の才能にも恵まれた山田王求の伝記的な小説です。‘あるキング:完全版’は、雑誌版、単行本版、文庫版の‘あるキング’がすべて掲載された本です。‘あるキング’は主人公の山田王 ... » more

伊坂幸太郎 ‘ジャイロスコープ’ ‘ジャイロスコープ’は、伊坂幸太郎氏の短編集です。掲載されている作品は「浜田青年ホントスカ」などのように他のアンソロジー作品や文芸誌に掲載されたものに改稿を加えたものが多いです。‘ジャイロスコープ’の最後に掲載された ... » more

伊坂幸太郎の代表作とされている「ゴールデンスランバー」の映画化作品(2010年)がBS日テレで放映されたので鑑賞した。主演は堺雅人。けっこうおもしろかった。伊坂幸太郎(1971年生まれ)の作品では以前、「重力ピエロ」を映画で見ている ... » more

『死神の浮力』伊坂幸太郎 伊坂幸太郎の『死神の浮力』(2013年7月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<7日のあいだ対象の人間を観察し、「可」か「見送り」かを判定。「可」の場合8日目にその人間の死を見届ける存在、死神。死神の千葉は、 ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎 ‘死神の浮力’ ‘死神の精度’の続編にあたる小説が、‘死神の浮力’です。前作の‘精度’は短編集ですが、‘浮力’の方は長編です。‘死神の浮力’は、前作の‘死神の精度’と同じく、千葉という死神が主人公です。なお、これらの作品で、死神とい ... » more

『しあわせなミステリー』伊坂幸太郎他 『しあわせなミステリー』(2012年4月刊)を読みました。BOOKデーターによると、<亭主関白の真逆を体現する男・兜。愛する息子も恐妻も知らない、彼の本当の職業は…殺し屋!?(「BEE」)。故郷の自然と思い出を守りた ... » more

バイバイブラックバード/伊坂幸太郎 〈あのバス〉に乗るため、五股をかけていた彼女たちとの関係を清算しに回る男・星野の話。〈あのバス〉へ連れて行く巨漢の女・繭美を連れて。6章構成になっており、そのうち5章は彼女たちとの出会い回想と別れ話になっています。ある時 ... » more

頭の中の干し柿チルドレン
チルドレン ※ネタバレ注意これは傑作ですね。伊坂幸太郎の全作品中で、これを最高傑作に挙げる人は多いと思うが、それは当然と思えるくらいに面白くてよくできた小説である。私自身は、これが最高傑作かどうか判断できるほど、伊坂作品は読み込めていな ... » more

伊坂幸太郎 ‘アヒルと鴨のコインロッカー ’ 本屋を襲うくらいの覚悟がなければ、隣人に挨拶に行くべきではない。これは、伊坂幸太郎氏の小説‘アヒルと鴨のコインロッカー ’からの引用です。主人公の椎名は、大学入学を機に一人暮らしをはじめました。彼は、多くの人がやるよ ... » more

陽気なギャングが地球を回す ※ネタバレ注意先日から、友人に勧められて、伊坂幸太郎の小説を読み始めました。もちろん彼の名前は知っていたので、今まで読まなかったのは、単にきっかけがなかったからですが、読み始めたら面白くて結構ハマっています。このブログの ... » more

《ギャング続編。それぞれの日常とトラブル、そして奇妙な連鎖…》前回でハマらないと難しいかな?掛け合いがメインで、わたしはすごく良かったけれど。スピンオフの…こちらも、小説というより映画みたいです。・俺の仕 ... » more

《人間嘘発見器 成瀬、演説マスター 響野、 スリの天才 久遠、体内時計持ちの紅一点 雪子… 百発百中の銀行強盗グループがある時事件に巻き込まれる》伊坂さんの話はいつ読んでも文句無しです(*^^*)これはかなり初期に読んだ ... » more

風のない場所SOSの猿/伊坂幸太郎
SOSの猿/伊坂幸太郎 困っている人に出会うと、「どうにかしてあげなければ」と思わずにはいられない男・遠藤二郎。そんな性格が高じて、時々悪魔祓いという名のカウンセリングのようなことをやっていた二郎は、知人から引きこもりの息子に関する相談を持ち込まれる。(『私の ... » more

Pour que?砂漠*伊坂幸太郎
《大学生たちの物語》↑紹介終わり…(笑)いいなぁ、大学生。毎日楽しそうで、こんなふうだったら大学行けばよかったなと…ちょっと思う(^-^)・北村。好き。「ええと、横浜のどこ?」・確率と中国語の研究 ... » more

‘残り全部バケーション’は主にあたり屋などの裏稼業を営む「溝口」と「岡田」の二人をめぐる奇妙な物語です。話は、「岡田」の方が父親の浮気がきっかけで「解散」することになった家族と接触するところからはじまります。 ... » more

嬉有箱死神の浮力
死神の浮力 『死神の浮力』伊坂幸太郎死神の千葉さんの長編がでましたね〜。私は『死神の精度』が大好きで、作品として完璧!と惚れ込んでます伊坂ファンになったきっかけの作品。完璧だし完結してるし、もう続編は読めないん ... » more

嬉有箱ガソリン生活
ガソリン生活 『ガソリン生活』伊坂幸太郎緑のデミオが語り手。持ち主の望月家の兄・良夫が元女優の荒木翠をデミオに乗せたことから色々なことに巻き込まれていく。事故の真相などは想像できるので、ビックリ!ってことはないのだけれど、望月家や、それに関わ ... » more

『マリアビートル』伊坂幸太郎 伊坂幸太郎の『マリアビートル』(2010年9月刊)を読みました。BOOKデータによると、<元殺し屋の「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた相手に復讐するため、東京発盛岡行きの東北新幹線“はやて”に乗り込む。狡猾な中学生 ... » more
テーマ 伊坂幸太郎

 

最終更新日: 2016/11/15 10:53

「伊坂幸太郎」のブログ関連商品

» 「伊坂幸太郎」のブログレビュー をもっと探す

「伊坂幸太郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る