誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    アート

アート

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「アート」のブログを一覧表示!「アート」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「アート」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「アート」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

『本の運命』1 <『本の運命』1>図書館で『本の運命』という本を、手にしたのです。本と共に生きてきた井上ひさしさんの半生ってか・・・図書館大好きの大使も唖然となりそうやで。【本の運命】井上ひさし著、文藝春秋、1997年刊 ... » more

横尾忠則の世界R3   B <横尾忠則の世界R3> 横尾忠則について集めてみました。60年代に、村上隆より早く世界に打って出た横尾忠則はパイオニアとも言えますね♪横尾忠則現代美術館が近くにあるので、顔なじみになるほど、リピーターをやっています。 ... » more

『ヨコオ論タダノリ』1 <『ヨコオ論タダノリ』1>図書館で『ヨコオ論タダノリ』という本を、手にしたのです。いろんな人と交流している横尾さんであるが・・・荒俣さんともお友だちだったようで、ええでぇ♪【ヨコオ論タダノリ】荒俣宏著、平 ... » more
テーマ アート

『花の町 軍歌「戦友」』2 <『花の町軍歌「戦友」』2>図書館で『花の町軍歌「戦友」』という本を、手にしたのです。陸軍徴用員として従軍した井伏さんの、戦争プロパガンダ活動が興味深いのです。【花の町軍歌「戦友」】井伏鱒二著、講談社、199 ... » more
テーマ アート

『ひなびたごちそう』4 <『ひなびたごちそう』4>図書館に予約していた『ひなびたごちそう』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。先日読んだ高橋源一郎著『もっとも危険な読書』でこの本が紹介されていたので、即図書館に借出し予約したら。ツーカーでゲットでき ... » more
テーマ アート 料理

『ひなびたごちそう』3 <『ひなびたごちそう』3>図書館に予約していた『ひなびたごちそう』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。先日読んだ高橋源一郎著『もっとも危険な読書』でこの本が紹介されていたので、即図書館に借出し予約したら。ツーカーでゲットでき ... » more
テーマ アート 料理

床の目地詰め 何と十数年を経て、あーと山荘松下塾の石貼りの床に目地が詰まりました。目地無しだと石の立体感がより味わえるので、そのままにしてあったのですが、ついに目地詰めすることに決定目地を詰める前は ... » more

『ひなびたごちそう』1 <『ひなびたごちそう』1>図書館に予約していた『ひなびたごちそう』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。先日読んだ高橋源一郎著『もっとも危険な読書』でこの本が紹介されていたので、即図書館に借出し予約したら。ツーカーでゲットでき ... » more
テーマ アート

『言葉の降る日』3 <『言葉の降る日』3>図書館で『言葉の降る日』という本を、手にしたのです。加藤典洋さんの文章は、教科書だか入試問題にもなっているそうで、それだけ論理的な文章なんだろう。そういう文章とはどんなだろうというハウツー志向もあって、この ... » more
テーマ アート

■ルネ・ラリックの香水瓶■−アール・デコ、香りと装いの美− ヨガレッスンの後、コートの襟を掻き合わせ夕暮れ近い渋谷・松濤の渋谷区立松涛美術館で開催中の■ルネ・ラリックの香水瓶■展へ。ルネ・ラリックのガラス作品の中でも香水瓶は色をあまり使わないレリーフのような優 ... » more

『花の町 軍歌「戦友」』1 <『花の町軍歌「戦友」』1>図書館で『花の町軍歌「戦友」』という本を、手にしたのです。陸軍徴用員として従軍した井伏さんの、戦争プロパガンダ活動が興味深いのです。【花の町軍歌「戦友」】井伏鱒二著、講談社、199 ... » more
テーマ アート

2018年最初の映画は、『ゴッホ〜最後の手紙〜』。ゴッホの絵がそのまま動く映像になり、その映像の中で、ゴッホの死を巡る真相が明らかになっていくという奇跡の映画は、もちろん、奇跡ではなくて、100枚あまりの手描きのゴッホの作品を画家たちに ... » more
テーマ アート 映画

表札作りコース!大理石モザイク作家の松下敬が指導 大理石モザイクの表札を自分達の手で作ってみたいそんな要望を受けて、大理石モザイク作家の松下敬(まつ)が表札作りの手ほどきをしました。表札作りの指導は今回が初です ... » more

『言葉の降る日』2 <『言葉の降る日』2>図書館で『言葉の降る日』という本を、手にしたのです。加藤典洋さんの文章は、教科書だか入試問題にもなっているそうで、それだけ論理的な文章なんだろう。そういう文章とはどんなだろうというハウツー志向もあって、この ... » more
テーマ アート

東京ステーションギャラリーの展覧会と動画 東京駅丸の内口の、東京ステーションギャラリーで、鉄道絵画発→ピカソ行コレクションのドア、ひらきます。を観る。これではまるで、ピカソの立体派期の油絵を味わうための前菜に、日本の近現代の絵画が配置されたとしか言いよう ... » more
テーマ 俳句 アート 動画

『言葉の降る日』1 <『言葉の降る日』1>図書館で『言葉の降る日』という本を、手にしたのです。加藤典洋さんの文章は、教科書だか入試問題にもなっているそうで、それだけ論理的な文章なんだろう。そういう文章とはどんなだろうというハウツー志向もあって、この ... » more
テーマ アート

高橋源一郎アンソロジーR1      B <高橋源一郎アンソロジーR1>そもそも高橋源一郎を表わす肩書きとは何になるのか?・・・朝日新聞で、毎月「論壇時評」を書いているくらいだから評論家なのかな?(注)Wikipediaをのぞいてみると、小説家、文学者、文芸評論家、大学 ... » more

『「COMICばく」とつげ義春』4 <『「COMICばく」とつげ義春』4>図書館で『「COMICばく」とつげ義春』という本を、手にしたのです。マンガ界における純文芸誌ってか・・・執筆者につげ兄弟、杉浦日向子、林静一らのビッグネームも見える凄い雑誌やないけ♪ほとんど ... » more
テーマ アート 漫画

■ 犬 展 ■銀座・ACギャラリー お正月休みも終え相模湖でのヨガレッスンも始まり銀座・綿本スタジオでの初レッスンの前に銀座5丁目のACギャラリーで開催中の「犬展」へ。藤野在住の陶人形作家・高橋安子さんも参加されて、今年の干支、犬をそれぞ ... » more
テーマ 高橋安子 展覧会 アート  コメント(6)

『狼が来るぞ!』3 <『狼が来るぞ!』3>図書館で『狼が来るぞ!』という本を、手にしたのです。この本は「SPA!」名物コラムから精選とのことで・・・四方田さんは右の論客という側面もあるようです。【狼が来るぞ!】四方田犬彦著、 ... » more
テーマ 韓国 アート

『マンガ論争勃発』1 <『マンガ論争勃発』1>図書館で『マンガ論争勃発』という本を、手にしたのです。日本のマンガ文化といえば、クリエイティブかつ貧乏な文化であるが・・・ちょっと古い本ではあるが、そのあたりを見てみましょう。【マンガ論争勃発 ... » more
テーマ アート 漫画

『もっとも危険な読書』3 <『もっとも危険な読書』3>図書館で『もっとも危険な読書』という本を、手にしたのです。図書館大好きの大使としては、書評集もツボになるわけで・・・高橋源一郎著のこの本など、そのツボに的中しているわけでおます。【もっとも ... » more

私がヴィーガンになった理由、ヴィーガンでいる理由 苦しむ動物を減らしたいから、というのは言うまでもない大前提として、以下はその他の理由です。1 美容とアンチエイジングのため。あ、ダイエットもかなw2 健康のため。三年半前にやめてなかったら、今ご ... » more
テーマ VEGAN エコロジー アート

『「COMICばく」とつげ義春』2 <『「COMICばく」とつげ義春』2>図書館で『「COMICばく」とつげ義春』という本を、手にしたのです。マンガ界における純文芸誌ってか・・・執筆者につげ兄弟、杉浦日向子、林静一らのビッグネームも見える凄い雑誌やないけ♪ほとんど ... » more
テーマ アート 漫画

『「COMICばく」とつげ義春』1 <『「COMICばく」とつげ義春』1>図書館で『「COMICばく」とつげ義春』という本を、手にしたのです。マンガ界における純文芸誌ってか・・・執筆者につげ兄弟、杉浦日向子、林静一らのビッグネームも見える凄い雑誌やないけ♪ほとんど ... » more
テーマ アート 漫画

なんか、詩が出来た なんか、詩が、出来た。もし曲をつけられたら、歌いたいな。【ナニかと恋に落ちまして】ナニかと恋に落ちたので地獄の中に舞い降りてきましたいったいナニと?えーとですね私にもよくわからないこの地球という舞台に恋をしたので ... » more
テーマ VEGAN エコロジー アート

『もっとも危険な読書』2 <『もっとも危険な読書』2>図書館で『もっとも危険な読書』という本を、手にしたのです。図書館大好きの大使としては、書評集もツボになるわけで・・・高橋源一郎著のこの本など、そのツボに的中しているわけでおます。【もっとも ... » more

見比べてみました。「グリザイアの迷宮」「グリザイアの楽園」は殺し屋のお話しだったので、、。グリザイアの場合、元がゲームだということなのでゲームをやってみないと何とも言えないのですが殺し屋のお話ってアニメだと難しい部分もあ ... » more
テーマ アート

読書術・書評のインデックスR4     B <読書術・書評のインデックスR4>このところ読書術や書評や古本屋に関する本よく読んでいるのです。・・・で、それらのインデックスを作ってみました。R4:『もっとも危険な読書』を追記・『もっとも危険な読書』1・気 ... » more

『アトリエ会議』3 <『アトリエ会議』3>図書館で『アトリエ会議』という本を、手にしたのです。おお横尾忠則が作家たちと対談していて、面白そうである・・・わりと気楽な、そしてクリエイティブな会議のようです。【アトリエ会議】横尾 ... » more

 

最終更新日: 2018/05/25 18:47

「アート」のブログ関連商品

» 「アート」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る