誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    アート

アート

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「アート」のブログを一覧表示!「アート」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「アート」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「アート」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

★インドヨガ旅★ニューデリー、デリー、アグラから… リシケシから早朝出て、デリーに戻り翌日はじめてのインド観光を…インド北部のインドの首都デリーフマユーン廟は16世紀から支配したムガル帝国の墓廟★フマユーン廟(Humayun's Tomb)ムガル帝国の ... » more

丸メガネもあるけど こんなメガネから 丸メガネをかけてみたいけどちょっとという方にこんなメガネはどうでしょうか?やや楕円で丸メガネではないですがシンプルでかつ丈夫なメガネですプラスチックのフレームをかけていた方でメタルフレームに変えてみたいなと思う人にもちょっと ... » more

藤井龍二の馬耳映風新春の会
新春の会 デジタルマンガ協会とマンガジャパンの合同早春の会があった。通常は2月の旧正月に新年会と称してやってるが今回は少し遅れたのか、早春の会になってる。いつもは帝国ホテルなのに今年は平河町の都市センターホテルであった。帝国ホテル ... » more

逆さ絵です! からくりミュージアムの逆さ絵ですこのまま見ると「鼻を引っ張られるワンコ」逆さまにすると「鼻を触る神様」 伊藤文人さんの作品です。この度、諸事情で他の施設にこれらの作品を嫁がせる事になりました ... » more
テーマ 逆さ絵 アート トリックアート

今日の写真『手作りの恋人?』 丸太で屋外オブジェの第2弾を作りました。これです。両人とも片手をあげ、帽子をかぶせたスタイルに!男性は、柿の丸太。女性は、赤松を本体と顔部分に使い、手足は椿の木です。腕を組ませたところがミソ。チェーンソーの扱 ... » more

岡根谷:ルドルフ2世の驚異の世界展 3/11(日)に渋谷文化村ミュージアムで開催中のルドルフ2世の驚異の世界展↓へ行ってまいりましたんっ♪http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/18_rudolf/最終日でござ ... » more
テーマ アート

《葛の造形 2014年1月16日》 (フルスクリーンにしてご覧ください) 葛がないとこういう立体造形を作ってくれるひとがいない。編み合わせてネットワークを作りテクストとなる。 (わたしがデザイナーならこんな服を作ってみたい) ... » more
テーマ アート テクスチャルアート 写真

「しあわせの絵の具:モード・ルイス」 「しあわせの絵の具:モード・ルイス」を東劇で観る。ここに入館したのは何十年ぶりだろう。昔はよく行ったかもしれないが、近年は歌舞伎の映画しかやらないのでまったく行く機会はない。そもそも普通の映画をやってないから行くことはな ... » more
テーマ アート 映画

「写真の地層展 vol.19」、会期終了。 世田谷美術館でのグループ展「写真の地層展 vol.19」、会期終了致しました。ご来場下さいました皆様、誠にありがとうございました。 ... » more

おきあがりこぼし ライブペイント 「おきあがりこぼしプロジェクト」のライブペインティングに参加してきた。狭い会場だったので3人ずつに分かれ色紙とミニおきあがりこぼしに絵付け。なかなか楽しい。おきあがりこぼしの方はこうして全部を一堂に見るのは初めて ... » more
テーマ アート 美術

おきあがりこぼしプロジェクト 明治大学で「おきあがりこぼしプロジェクト」が 開催されている。2月9日から5月20日まで明治大学の米沢嘉博記念図書館にて開催中。100人以上の漫画家が福島復興の一環として倒れても起き上がる”おきあがりこぼし”に ... » more
テーマ アート 美術 新聞

『サライ(2017年11月号)』2 <『サライ(2017年11月号)』2>図書館で『サライ(2017年11月号)』という雑誌を、手にしたのです。北斎の大特集となっているが、この雑誌を見落としていたのは不覚であった・・・ということで、即、借りたわけでおます。 ... » more
テーマ 浮世絵 アート

北斎あれこれR2     B <北斎あれこれR2>北斎を描くアニメ映画『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』が近日公開されるし、この際、北斎をきわめておくか、と思いたったわけです。ということで、北斎についていろいろ集めてみます。・サライ(2017年1 ... » more
テーマ 浮世絵 アート

『サライ(2017年11月号)』1 <『サライ(2017年11月号)』1>図書館で『サライ(2017年11月号)』という雑誌を、手にしたのです。北斎の大特集となっているが、この雑誌を見落としていたのは不覚であった・・・ということで、即、借りたわけでおます。 ... » more
テーマ 浮世絵 アート

『日本語のこころ』3 <『日本語のこころ』3>図書館で『日本語のこころ』という本を、手にしたのです。ぱらぱらとめくってみると・・・日本語関連ももちろんで、なかなか読みどころの多いエッセイ集になっています。【日本語のこころ】日本 ... » more
テーマ アート

今日の写真『手作りの鹿』 切り倒した柿の木を利用して屋外(野外)のオブジェを製作しました。これです。別のデザイン。違いは、足の取り付け方にあります。前者は、足の上部を半分ほど切り欠いてネジ止めしてあります。それに対し、この鹿は、胴体に孔をあけ ... » more

『気になる日本語』3 <『気になる日本語』3>図書館で『気になる日本語』という本を、手にしたのです。目次を見ると「気になる日本語」もさることながら、クリント・イーストウッドとか映画「ゴールデンスランバー」が出て来るのがいかにも小林信彦ふうで、ええでぇ♪ ... » more
テーマ アート 映画

『気になる日本語』2 <『気になる日本語』2>図書館で『気になる日本語』という本を、手にしたのです。目次を見ると「気になる日本語」もさることながら、クリント・イーストウッドとか映画「ゴールデンスランバー」が出て来るのがいかにも小林信彦ふうで、ええでぇ♪ ... » more
テーマ アート 映画

やじろべえメガネの こだわり 今回ご依頼のあったやじろべえメガネですがいろいろと細かいところにこだわりがあるようです。例えば耳の部分の木の部分(ボンボリ)の色ですが普通黒檀の黒っぽい色が多いのですが今回ちょっと明るめにしてほしいとのことでローズウッドの明 ... » more

『絵本作家のアトリエ3』2 <『絵本作家のアトリエ3』2>図書館で『絵本作家のアトリエ3』という本を、手にしたのです。作家14人のなかで知っていたのは、佐々木マキ、和田誠、レイモンド・ブリックスの3人だけですが・・・これだけ居れば御の字でんがな♪【 ... » more
テーマ アート

『絵本作家のアトリエ3』1 <『絵本作家のアトリエ3』1>図書館で『絵本作家のアトリエ3』という本を、手にしたのです。作家14人のなかで知っていたのは、佐々木マキ、和田誠、レイモンド・ブリックスの3人だけですが・・・これだけ居れば御の字でんがな♪【 ... » more
テーマ アート 漫画

LUMIEREアカデミー賞☆
アカデミー賞☆ 毎年楽しみにしている、アカデミー賞授賞式を、WOWOWで見ました俳優ゲイリー・オールドマンを、見事に、ウィンストン・チャーチル元首相に変身させた、辻一弘さんが、メイクアップ&ヘ ... » more
テーマ TV アート

『日本語のこころ』1 <『日本語のこころ』1>図書館で『日本語のこころ』という本を、手にしたのです。ぱらぱらとめくってみると・・・日本語関連ももちろんで、なかなか読みどころの多いエッセイ集になっています。【日本語のこころ】日本 ... » more
テーマ アート 言語

本の声 先日久しぶりに本屋さんへ行きました。ふだんはネットで本を買うことが多いのですが本屋さんへ行くとああやはり本屋さんは格別だと思います。新しい紙のにおいと接着糊?だかインクだかの化学物質なにおい本 ... » more
テーマ 教育 アート 漫画

備忘録@美術館とギャラリーの役割の違い こんにちはtonmaです。美術館とギャラリーの役割の違いについて(※日本において)私自身が覚えているうちに備忘録美術館※公立・入場料、税金による運営・作品の売却益・公益性、 ... » more

『気になる日本語』1 <『気になる日本語』1>図書館で『気になる日本語』という本を、手にしたのです。目次を見ると「気になる日本語」もさることながら、クリント・イーストウッドとか映画「ゴールデンスランバー」が出て来るのがいかにも小林信彦ふうで、ええでぇ♪ ... » more
テーマ アート 言語

『昭和の男』3 <『昭和の男』3>図書館で『昭和の男』という本を、手にしたのです。半藤一利と阿川佐和子が「昭和の男」を語るという企画が、ええやんけ♪昭和を代表する男8人というチョイスもなかなかのものやで。【昭和の男】半藤 ... » more
テーマ アート 建築

『ひとり出版社という働きかた』1 <『ひとり出版社という働きかた』1>図書館に予約していた『ひとり出版社という働きかた』という本を、待つこと5日でゲットしたのです。奇しくも『コンパス綺譚』という本を紹介したところだが、この本もひとり出版社から出版されたものでした。 ... » more
テーマ アート 出版

『昭和の男』1 <『昭和の男』1>図書館で『昭和の男』という本を、手にしたのです。半藤一利と阿川佐和子が「昭和の男」を語るという企画が、ええやんけ♪昭和を代表する男8人というチョイスもなかなかのものやで。【昭和の男】半藤 ... » more
テーマ 歴史 アート

Zauberfloete 通信清宮質文展
清宮質文展 清宮質文の展覧会、12月の高崎美術館には行けなかったので水戸に行こうと思い、ついでに偕楽園にも行くことにした(2/28)。品川始発になった特急「ひたち」に乗る。水戸には1時間20分で到着、駅前からバスで偕楽園へ向かう。昨年の今頃は満 ... » more
テーマ アート 生活

 

最終更新日: 2018/05/13 10:01

「アート」のブログ関連商品

» 「アート」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る