誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    マルクス

マルクス

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「マルクス」のブログを一覧表示!「マルクス」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「マルクス」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「マルクス」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

【ニコニコ動画】1/3【討論】シリーズ「日本の敵」:日本共産党とは何か?[桜H28/10/15] ... » more
テーマ マルクス イエズス会 日本共産党

3/3【討論】シリーズ「日本の敵」:日本共産党とは何か?[桜H28/10/15]【ニコニコ動画】3/3【討論】シリーズ「日本の敵」:日本共産党とは何か?[桜H28/10/15] ... » more
テーマ ニユース マルクス 日本共産党

「わたしたちの闘いは労働者階級の利益を代表している」と、わたしは若い頃、労働組合運動をしている時に、このように喋っていた、新宿区にある10人未満の新聞販売店での運動、そして層としての臨時工の全運動を代表してのことだ、自分がやって ... » more
テーマ 森 信成 マルクス ゴルバチョフ

ケヴィンウォディントン 『現代の哲学入門』 以下のサイトは、あらゆる本、食品、飲料、美容製品、家電製品、パソコン、ソフト製品、乗用車、バイクとあらゆる日常で必要な製品が網羅されているサイトです。買ったもの値段の3%が還元されて、それがこのサイトのモノを買えます。 ... » more
テーマ 社会主義論 マルクス 左翼知識人

渓内謙 『現代社会主義を考える』 ★おススメのネット本スーパー 『honto』です!書籍や電子書籍を買うごとに、100円につき1ポイントが貯まります!そのポイントは、また書籍や電子書籍を買うときに使えます。更に会員になると、毎月10%あるいは ... » more

第2巻第一篇資本の姿態変換とその循環第2章生産資本の循環本章では第1章で、貨幣資本の循環としてみた総資本の循環を、生産資本の循環 P...W'-G'-W-...Pとして考察する。つまり総資本の循環を生産...再生産の循環としてみ ... » more

第2巻第一篇資本の姿態変換とその循環第1章貨幣資本の循環資本論第一巻を通じて明らかになったマルクスの基本的な問題意識は、封建社会が資本主義社会に転換することによって、失われてしまった共同体(コミュニティ)をどう再建するか、という ... » more

1、イェニーとは誰か?イェニーは、亡命したマルクスと一緒にやってきた。かれらは、始めロンドンの市中のソーホーに住んだ後、ハムステッドの広い住居へ移った。イェニーは、悪筆で判読不能なマルクスのドイツ語の原稿をくまなく清書する役目を負っ ... » more
テーマ 思想哲学 批評 マルクス

142、そのアンチテーゼとしての革命のリベラルなモデルの可能性を語る言語を齎し広めたようには。互酬性原理の基づくモデルをつくりあげることによって、世界資本主義とその革命についての批判的言説を失わせる危険があったかもしれない。この点に関して運 ... » more
テーマ 思想哲学 批評 マルクス

142、そのアンチテーゼとしての革命のリベラルなモデルの可能性を語る言語を齎し広めたようには。互酬性原理の基づくモデルをつくりあげることによって、世界資本主義とその革命についての批判的言説を失わせる危険があったかもしれない。この点に関して運 ... » more
テーマ 反TPP マルクス 資本論

1、イェニーとは誰か?イェニーは、亡命したマルクスと一緒にやってきた。かれらは、始めロンドンの市中のソーホーに住んだ後、ハムステッドの広い住居へ移った。イェニーは、悪筆で判読不能なマルクスのドイツ語の原稿をくまなく清書する役目を負っ ... » more
テーマ 反TPP マルクス 資本論

■ 5つの次元のマネジメント ■〜手だけを雇うことはできない。〜 仕事と労働(働くこと)とは根本的に異なり、その労働は、生理的、心理的、社会的、経済的、政治的の5つの次元から見なければならない。この労働について、マルクスは、経済的次元を重視し、疎外も解決するとし、エルン ... » more
テーマ 5つの次元 マルクス メイヨー

1、マルクスの商品論は、<使用価値>と<交換価値>との対立構造において表現される。伝統的マルクス主義は<交換価値>に対する抵抗を展開した。しかし八十年代の消費論は、<使用価値>と言おうと、<交換価値>と言おうと、マルクス理論のどの部 ... » more

1、一九六〇年代に仏共産党が問題提起した国家独占資本主義の研究は、米国マルクス経済学者達によって発展をみた。やや乱暴だが、今風にこれを描写すると、大企業は、国内に、参入障壁、即ち、保護貿易的なものを導入し、市場の機能を自分達 ... » more
テーマ デリダ マルクス 哲学

私の理解が正しければ、12月号「世界」に執筆した金子先生によると、政府は、東日本大震災と原発災害によって国民が動揺している間に、ネオリベの市場主義の理念に根ざしたTPPを、導入しようとしているのは、(中途半端だった)小泉ー竹中路線の政策の全 ... » more
テーマ John Rawls マルクス ギリシャ問題

非民主的な色眼鏡はかくも、他国のデモと国民投票を歪んで報道するものなのか?ギリシャは遠すぎるということもある。ただ、国民皆が利用する社会共通資本を、民間企業に手渡す、植民地的官僚の無気力と、肉食資本主義の馬鹿騒ぎは、ここ日本において ... » more
テーマ 正義論 マルクス TPP反対

1ジェニーはマルクスに言った。「あら、ユダヤ人は幻想じゃなかったの。もしエジプトから出発したモーゼが本当に祖先だとしたら自分たちの起源はアラブ世界だったことになるけど」。マルクスは苦笑した後、首を横に振って、グラスに注いだワインをぐいと ... » more

「一週間de資本論」見逃した方々に朗報!再々放映へ ニコッとタウンをはじめよう!★みんなのアバターをみる★先々週、NHK教育テレビで「一週間de資本論」という短い番組を4回シリーズで放映されたが、その翌週にも同番組が同じくNHK教育で再放送された。 更に明日(20 ... » more

TV番組「一週間de資本論」(NHK教育)の反響 ニコッとタウンをはじめよう!★みんなのアバターをみる★先週の月曜から木曜まで全4回シリーズで「一週間de資本論」がNHK教育テレビで放映された。正面から「資本論」を取り上げた番組は、ここ近年では珍しく画期的だと思った ... » more
テーマ マルクス TV番組 商業メディア

NHK教育テレビ「一週間de資本論」再放送予定 ニコッとタウンをはじめよう!★みんなのアバターをみる★今週NHK教育テレビで放映された4回シリーズ「「一週間de資本論」」が再放送されます。《番組概要》世に「難しいけど分かりたい」コト ... » more

マルクス・毛沢東のスピリチュアル・メッセージ 大川隆法著(幸福の科学出版刊) 衝撃の真実歴史的カリスマの実像に迫る!マルクス&毛沢東の「いま」共産主義の理想と真実――思想家として、革命家として、地上世界を変えた二人は、現在、「あの世」で何を考え、どう生きているのか? ... » more
テーマ マルクス 毛沢東 大川隆法総裁先生

マルクス・エンゲルス全集CD−ROM版で「自由」を検索すると、それこそとても読みきれない程、実にさまざまな「自由」に関する項目がため息(笑)が出るほど検索される。。マルクス・エンゲルス全集の第1巻の最初の論文は、「プロイセンの最新の検閲 ... » more
テーマ マルクス 出版の自由

「恐慌論」宇野弘蔵 岩波文庫 この学者の「経済原論」を、大学時代のあまたの教科書の中でほぼ唯一覚えていた。論旨が明確で、学者とも思えぬ簡潔な文章。経済学の教科書の中では、意外なほどの「まとも」な本だった(という記憶がある)。恐らく、現在の状況に「役立て」ると ... » more

毎日新聞2面「風知草」。山田孝男さんの文章。・・・民主党と中国の交流が急速に広がる中で、不破哲三の「激動の世界はどこに向かうか日中理論会談の報告」を面白く読んだ。中国共産党の理論家たちが不破を質問攻めにしている。・・・不破は ... » more

むかし(15年前)、マルクス・エンゲルス全集(大月書店・全53巻)は24万円でした。それが、CD−ROM版になって、なんと35万円となった。現在CD−ROM版はV2版15万円と格安になった。それでも、時代は移り変わって、ある教組の若き女性幹 ... » more
テーマ マルクス マルクス・エンゲルス全集  コメント(1)

マルクスが没して125年が過ぎた。彼が20世紀の最大の思想家であるのはまぎれも無い事実である。また、誰もが認めざるを得ない知的巨人でありまよう。そして、マルクスは100万回反論しつくされた!といわれる。でも、100万とあと一回の反論が、 ... » more
テーマ 不破哲三 CD-ROM版 マルクス  トラックバック(1)

ザ・テンプターズ / 神様お願い!萩原健一  松崎由治  高久昇  田中俊夫  大口広司 1968 作詞:松崎由治/作曲:松崎由治2'12"1968.3.5発売■ザ・テンプターズ(The Tempters)松崎由治:ギター萩原健一:ボーカル田中俊夫:ギター高久昇:ベース大口広司:ドラムス カテゴ ... » more

GO! GO! CD 7月の男
7月の男 キューブカレンダー7月男は森野。それに今年は「森野元年」。この男こそさらなるドラゴンズ前進のカギだ!連勝の後の連敗を吹き飛ばす今日の活躍を期待しよう!今日は「希望」を確かめに名古屋に向かう。久々の聖地での「燃えどら」が楽 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 09:13

「マルクス」のブログ関連商品

» 「マルクス」のブログレビュー をもっと探す

「マルクス」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る