誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    アガサ・クリスティ

アガサ・クリスティ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「アガサ・クリスティ」のブログを一覧表示!「アガサ・クリスティ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「アガサ・クリスティ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「アガサ・クリスティ」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

アガサ・クリスティのエルキュール・ポワロをつれづれぶろぐ 先日の夜はNHKBSプレミアムで放映された名探偵ポワロ「オリエント急行殺人事件」を観ておりました。推理小説やミステリー映画、TVドラマにある、誰が犯人か?の犯人探しや、新しいトリックは?はたまた名探偵エルキュール・ポワロ(主人公で今回はデビ ... » more
テーマ アガサ・クリスティ エルキュール・ポワロ オリエント急行  トラックバック(1)

なんか違う!違うといっても私の場合は原作というよりヒクソン版ということになるのだけど、きっと原作とも違うと思う(断言)今回も「カリブ海の秘密」を映像化する前にこちらから。ラフィールとの関係とかわかる方が面白いと思うのだけど、あまり気にし ... » more

今回もミス・マープル作品ではなく、舞台化もされたりしているノン・シリーズもののようです。「殺人とは終局である。全てが集約されて起こる。ゼロ時間に向かって」冒頭のトリーブスのセリフ。つまり、すべてはある人物の殺害の布石であるというもの ... » more

こんな話は知らないなぁと思っていたら、どうやらミス・マープルシリーズではないみたいですね。2年前に義理の母で資産家のレイチェル殺しで死刑になるジャッコ。後妻になった元秘書グエンダに結婚式の招待を受けたミス・マープルの前に学者のキャルガリ ... » more

ジェラルディン・マクイーワンさんはミス・マープルには似合わないって評判があまりよろしくないような感じ。もちろん、マープルのイメージと違う点もあるけど、それ以上に脚本に問題があるような気がする。原作は読んでないですが、なんだかかなり展開が違い ... » more

アガサ・クリスティをつれづれぶろぐ 昨年末から、つい最近にかけて、アガサ・クリスティの小説を続けて読みました。それらは今まで読んだものとは違っていました。どうしてかと言いますと、私は、彼女の小説はエルキュール・ポワロのカーテン(ポワロ最後の事件)を最後にすっかり遠ざかっていた ... » more

邪悪の家〜PERIL AT END HOUSE〜 感想を一言でいうとしたら、とにかく面白かった!!!!!の一語に尽きると思いますwwそうですね、本作に対する個人的評価は星7つといってもいいんじゃないかと思います♪(^^)そのくらい面白かった!!!{%ハート2webr ... » more

スタイルズ荘の怪事件〜The Mysterious Affair at Styles〜 ※この記事は、アガサ・クリスティの小説『スタイルズ荘の怪事件〜TheMysteriousAffairatStyles〜』の激しいネタバレ☆を含んだページです。これから人生のどこかでクリスティの小説を読む予定のある方は、開かないようにお気をつ ... » more

155分という長時間で、犯人、動機も分かっているにも関わらず楽しく観ることができました。逆に犯人がわかっているだけ見るツボみたいなのもありますしね。今回はもちろんドラの言い間違い。ばっちり確認できました。でも、これって小説で読むと誤植と思っ ... » more

マクイーワンさんバージョンで見たはずなのに、まったく思い出さなかったんです(--;遺体の入れ替え、移動など印象的なトリックのはずなのにー(苦笑)アーサー・バントリー大佐の書斎で見知らぬ女性の死体が発見される。マジェスティック・ホテルのダ ... » more

前回見た「復讐の女神」の三部作の一つ。といっても最後は未完のようですが。。順番としては「カリブ海の秘密」「復讐の女神」。当作品に「復讐の女神」という言葉が出てくるのでやっぱりこちらから見るのがおすすめですが、何故か「復讐の女神」から映像化さ ... » more

字幕版でまたまた見てしまいました。グウェンダが一目ぼれした新居で、人が絞殺される幻想を見る。ミス・マープルの以前住んでいたのではないかという助言を元に調べ出すグウェンダと夫ジャイルズ。マープルの推測通り以前短い期間住んでいたことがわかり ... » more

「カリブ海の秘密」で知り合った富豪・ラフィール氏からの手紙がことの発端となるのですが、残念ながらこちらの方が先に放映になってしまって、ちょっと残念。ミステリーチャンネルでは再来週に放送みたいです。亡くなった大富豪・ラフィール氏から手紙を ... » more

今回も字幕完全版を拝見。なので、またも出演者を覚えるのが大変。2時間ドラマだとどうしてもながら見する場合が多いのですが、字幕だと余所見ができない。ちょっと目を話すと話しがわからなくなるんですよね(^^;娘時代に利用したことがある、バート ... » more

マクイーワンさんバージョンではかなり無理な展開だった作品ですが、こちらはとてもしっくりしました。マクギリカディ夫人が4時50分パディントン発の列車でマープル家へ訪ねる途中で、列車内より並走する別の列車での殺人現場を目撃してしまう。スラッ ... » more

岸恵子さん主演で映像化もされているので、知っていた作品だけど、こちらはあまり事件は起きないです。どちらかというと動機に重点が置かれている感じですね。女優のマリーナ・グレッグが近所の豪邸を購入しパーティを開くということで、みんなで参加する ... » more

冒頭からちょっと不気味なマザー・グースの「六ペンスの唄」。歌になぞられたように次々殺人が起きるわけですが、アガサ・クリスティーは結構、マザー・グースの歌になぞった作品があります。この「六ペンスの唄」はポワロの「24羽の黒つぐみ」でも使われて ... » more

飛行機事故で負傷したジェリーが妹ジョアナとともにリムストックの小さい村にやってきた。最近この村では他人を中傷する匿名の手紙が次々に届けられていて、さっそくジェリーにも届く。相談を受けたミス・マープルはさっそく村へ来て調べることに。弁護士 ... » more

ジョーン・ヒクソン版です。これは初めて見たかもしれないです。とにかく出演者が多くて、もともと外人さんの名前を覚えるのが苦手なのに、人間関係が複雑。キャリーが3回も結婚しているので、義理の息子といえど本人より年上だったりとか。そのうえ、非行少 ... » more

ジョーン・ヒクソンのミス・マープル完全版がCS「ミステリーチャンネル」で放送されていたので見てみました。ジェラルディン・マクイーワンさんが個人的にはお気に入りだったんだけど、アガサ・クリスティ自身がぜひともジョーン・ヒクソンさんに演じて ... » more

ミステリーチャンネルで放送していたのでついつい見てしまいました。ジェラルディン・マクイーワンさんの「スリーピング・マーダー」を見たばかりなのであまりの違いにびっくりです(^^;実際はマクイーワンさんのマープルの方がかなり原作を無視した感じの ... » more

かなり原作と違うので賛否両論どころかきっと不服だろうなぁって感じです。2時間ドラマだぁって思えばそれはそれで面白かったけどね。次期首相と期待されるトレヴェリアン海軍大佐は「シタフォード山荘」で暮らしていた。「生活を改めないと遺産相続人か ... » more

事故のため足が不自由になったジェリーは静養のため、妹ジョアナとともにリムストックという村にやってくる。リムストックでは今、匿名で村人を中傷する手紙が出回っていてジェリーたちのもとにもさっそく中傷の手紙が舞い込む。そんな時弁護士のシミントンの ... » more

原作は読んでないのですが、これっておしどり探偵トミーとタペンスのシリーズですよね?トミーのおばエイダが養護ホーム「サニー・リッジ」で亡くなった。留守がちなトミーにかわって、好奇心旺盛な妻タペンスは荷物整理中、見たこともない絵画を見つけ裏 ... » more

いろんな人がミス・マープルを演じてらっしゃいますが、個人的に今回のジェラルディン・マクイーワンさんが可愛くてお気に入り。岸田今日子さんの声がとても似合っていたので本当に残念。今回はどなたが声をされるんだろうと思っていたら、草笛光子さんでした ... » more

原作と必ずしも同じの必要はないと思うけど、今回のこの作品はあまりに有名。その分視聴者は見るツボみたいなのがあって、今回の場合はもちろん女主人(ここでは女将さん)の名前の呼び方と首すじのあざ。でもその二つがあまり関係なくなってました。ちょっと ... » more
テーマ サスペンス アガサ・クリスティ 火曜ドラマゴールド

ふと思い出したのは「情婦」(検察側の証人)。初めて見た時は本当に衝撃で見直してもマレーネ・ディートリッヒ,が同じ人物を演じているとわからないほど。今回のこの作品もそんな感じ。ラストでまたマネをするシーンは結構怖いです。旧家の頭首リチャー ... » more

基本的に原作は読んでいないので違いはわからなかったのですが、設定がやはり面白いですね。名探偵と犯罪人が同じパーティに招かれ、2部屋に分かれてトランプゲームの真っ最中に主催者が殺される。ついつい自殺か?なんて思いましたが、刺殺じゃ無理ですね。 ... » more

以前岸恵子さんと木の実ナナさんでドラマ化されたのでぜひ見てみたい作品でした。ミス・マープルの友人エルスペスは、パディントン駅発4時50分の汽車から、併走する別の汽車で起きた殺人事件を目撃する。エルスペスは車掌に通報するが、その汽車からは ... » more

遺体が移動させられるとか、遺体が別人とかという話しは今ではよく使われるトリックではあるだろうけど、犯人がびっくりです。まさかあんな展開になるなんて思いませんでした(^^;どうやらクリスティーが書いた頃からありふれた設定だったらしいのですが、 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 07:28

「アガサ・クリスティ」のブログ関連商品

» 「アガサ・クリスティ」のブログレビュー をもっと探す

「アガサ・クリスティ」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る