誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    任侠

任侠

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「任侠」のブログを一覧表示!「任侠」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「任侠」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「任侠」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

父がまだ任侠の世界にいた頃、父は外から帰ってくると家の門の側に置いてあった俺の子供用チャリのベルを鳴らして帰って来たことを家の中にいる俺(&母)に知らせてくれた。チリチリ鳴るベルではなく、幼児用の自転車に付いているボタンのよ ... » more

小学生の時、菓子作りにハマっていた時期があった。もともとチョコレートや生クリームなどの甘いモノ(あんこやあずきなどの和菓子系は抜かす)が好きだったこともあるが、その頃、気になっていた女の子が菓子作りが好きで、その子と仲良くな ... » more

ささやかな楽しい日本の夏の想い出も新学期が始まると例の担任教師によってイヤな想い出と重ねられてしまった。例の担任教師は俺の家の稼業を知っていた。さすがにそのことで皆の前で直接何かを言われたことはなかったが、うちのことはよ ... » more

小学校の頃は学校が楽しくなかったため、学校から長く離れられる夏休みは唯一の楽しみだった。その学校の夏休みは2ヶ月くらいと普通より長かったので、夏休みいっぱいハワイで過ごす年もあった。半分位の1ヶ月程を日本で夏を過ごす年も ... » more

付属小学校では例の担任の教師以外からも、俺が黒人とのクォーターと知ってか知らずか、「色が黒すぎるのでレモンで体をこすって色を白くしてこい」とか言われたりした。←ホントのハナシですww担任教師ももちろん俺をかばってはくれな ... » more

ここんとこNYは暑い日が続いている。しかも暑いだけぢゃなく、時々大雨が降ったりもしている。1−2時間でやむようなヤツだけど。とにかく連日90Fを越す暑さだ。℃だとどの位だろう?今、WEATHERCHANNEL(天気予報専 ... » more

日本で1番多い苗字はなんだろう?俺は子供の頃、「オジキ」という苗字が1番多いと思っていた。今、これを読んだ人はおそらく「ハァ?1番多いどころか、”オジキ”なんて苗字、1度も聞いたことねーよ!」と変に思ったことだろ ... » more

小学生の頃、日本に住んでいるときでも、小遣いを週ぎめで貰っていた。アメリカンスタイル(給料の支払い方法がアメリカは週1が基本だが、日本は月1が基本だった)だったのか、博徒の宵越しの金は持たない方式でそうだったのかはわ ... » more

日本の付属小学校での席替えで、当時からおしゃべりで特に同世代の子供たちより、大人と絡むことのほうが得意だった俺は、教師たちと気軽に会話しやすい1番前の席に座りたかった。なのでその席替えで1番後ろになったときカナリがっかりした ... » more

屋形船で花火 花火大会の話題をまだ引っ張る、引っ張るww我ながらそんな自分に驚いている。今までほとんど花火大会に行ったことがないということは、この前書いた。NYでも毎年独立記念日の花火大会があり、行こうと思えばいつでも行けるしお祭 ... » more

日本の小学校に入るまで、スニーカーの紐やエプロンの紐などを結ぶことができなかった。日本ではすべて若い衆たちがやってくれていたし、アメリカの学校では不器用な子供が多くw、できなくてもそれほど目立たなかったし問題にもなら ... » more

普通、こういう稼業のウチの子供は男の子なら「ボン(坊)」とか「ワカ(若)」、女の子であれば「お嬢」と周りから呼ばれることが多い。だがウチでは、母も俺も若い衆たちから名前で呼ばれていた。曾祖母が実際に「ワカ」だの「お嬢」だ ... » more

祭りのあと 今日は日本では七夕か。日本も本格的に花火や祭りの季節になっていそうだ。昨日(もうおとといか)の7月4日の独立記念日の花火大会が終わったあと、見物客たちがゾクゾクと帰路に着くのを自宅の屋上からなんとはなしに眺めていた。 ... » more

昨日UPした「ガラス割り事件」はタダの子供同士のトラブルだったので拍子抜けした人もいるかも知れない。なのでもうイッチョ追加。あれは確か小学校高学年の頃だった。当時、曾祖父の組は人に任せて近所に引っ越したばかりだったの ... » more

よく組同士の抗争で、相手の事務所や自宅に発砲し、ガラスを割ることを「ガラス割り」と言う。ほとんどの場合、相手がケガをすることはないし、割れたガラス以外被害はないので、ただの脅しやヤル気がない抗争で手打ちになるまでの時間稼ぎ* ... » more

当時のうちの組の若い衆たちや周りの組の人たちの多くが、今では引退したり、亡くなったりしている。中には長期の懲役に行っている人や、破門や絶縁処分になった人もいる。俺が子供の頃、部屋住みとしてウチに住んでいた人たちは、他の若 ... » more

随分前からアメリカでも日本でも「癒し」関係のモノが流行っているようだ。人によってそれぞれ癒されるアイテムは違うだろうが、それは幼い頃から慣れ親しんだ馴染み深いモノであったり、場合によっては全く新しいモノであるコトもあるだろう ... » more

クレジットカード大国であるアメリカを行き来していた割には、母は長いことクレジットカードを持っていなかった。最近ではさすがに不便なので、何枚か持っているようだが、大きい買い物をする時以外、使っていないらしい。母 ... » more
テーマ 無意識でヤクザ 任侠

民族衣装 俺は民族衣装が好きだ。日本やアメリカのに限らず、どこの国のでも。ってかアメリカの民族衣装ってどんなか知らんが、、。まだ毎年行ってるタイの民族衣装は持っていないし、浴衣や着物などもこっちでは持っていないが、セネガル(西 ... » more

NYに住むようになってから、時々若者の集団にケンカを売られることがあった。そういう時に限って、1人でいるときばかりだ。まあむこうはそういう時を狙っているのだろう。実家の職業の関係や、自分では全くわからないが外見がチャ ... » more

ひとりっこで大人に囲まれて育ったせいかひとなつっこい弟キャラの性格のせいか、子供の頃からけっこう大人にかわいがられ、大人の話にクビを突っ込んでいっぱしの意見を言うのが好きだった。日本の家には子供の頃から勉強部屋の他に ... » more

力仕事が苦手だ。小学校の途中で父が死んだので、家族は長い間、曾祖母と母だけだった。子供とは言え唯一の男であった俺は本来なら、家庭での力仕事や大工仕事などを一手に任されて、たくましく成長してもいいはずだった。だが、 ... » more

前にも書いたが母は俺の時代よりも更にうちの組が華やかだった頃に渡世人の家の娘として生まれ、やはり渡世人だった父と知り合って結婚した。そんな環境の割には、母はどちらかというと地味で頭がカタイ。元々の性格もあるのだろうが、お ... » more
テーマ 無意識でヤクザ 任侠 想い出  コメント(4)

数日前にこの文UPしたけど、今読み返したらイマイチ意味わからんカンジだったので、ちょっと再編してみました。それでもやっぱりまだ意味わからんかもだけどw。。まぁ、気を取り直して! ... » more

祭り この週末は、俺の日本の地元からそう遠くないところで、デカイ祭りが行われている。日本の三大祭と言われているものには入っていないが、人々の中にはそのうちの1つだと勘違いしている人もいるくらい全国的にも大きい祭りだ。主にその街の町 ... » more

子供の頃の一時期、ドラえもんの“どこでもドア”が俺のうちにもあると、本気で信じていたことがあった。日本の実家には、ほとんどの部屋にドアが2つあった。どんなに狭く小さい部屋でも、窓が1つもない部屋でもほとんどの場合、ドアだ ... » more

母の時代は、家に部屋住みの若衆が10人以上いて、それぞれが奥さんや時には子供たちも一緒に母の実家に住んでいた。家事は母の祖母である曾祖母と奥さんたちでやっていた。賭場もしょっちゅう開かれていて、カナリ華やかな時代だったのだろ ... » more
テーマ 任侠 想い出

カモフラージュの服が好きでたくさん持っている。Tシャツにはじまり、ジャケット、カーゴパンツ数枚、帽子に靴下、バンダナ、スニーカー、カバン、下着のパンツも何枚かある。他にも今急に思いつかないだけで、まだまだありそうだ。 ... » more

遺伝しなかったこと 今、仕事から帰って洗濯に行っている。待っている間にBLOGをUPホントは待っている間にトイレ掃除もしとこうと思ったんだが、なんかめんどくさくなったので今日はヤメ!!トイレの話のついでに、こないだ ... » more

自分はイッタイ何者だろう?なんとなくでもそんなことを考えたことがある人は多いと思う。俺は物心ついた日から今日まで幾度となくそのような問いかけを自分自身にしてきた。アメリカ黒人と日本人のクォーターとして産まれたので ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 07:25

楽天市場のおすすめ商品

「任侠」のブログ関連商品

» 「任侠」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る