誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    留学日記

留学日記

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「留学日記」のブログを一覧表示!「留学日記」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「留学日記」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「留学日記」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

日本のある製薬会社の共催で毎年行われている「小児白血病・幹細胞移植研究会」の世話人のO先生からメールを受け取った。以前電話で打診があった時には、来年1月にあるその研究会の特別講演を、MD Andersonの誰かに頼めないかということだった。 ... » more
テーマ 留学日記

最近の仕事ぶりは実にアメリカ人っぽい。というか、現在ローテーションで「Hematology(血液病学)」をまわっており、Hermann Hospitalという、何でもこなす大病院で仕事をしているせいであろう。HermannにはヘリポートもE ... » more
テーマ 留学日記

この土日と休みがもらえたので、放射線科レジデントのT先生、消化器科フェローのF先生(いつの間にか婚約して彼女と一緒に暮らしている)、感染症科フェローのG先生と一緒にイタリア料理店に行って、ワインとごちそうを楽しんだ。F先生の彼女はHalf- ... » more
テーマ 留学日記

今日は以前の取材記事が載る日経ビジネスの発売日です。僕はまだ読んでいませんが、割と過激な内容になっているとの事です。僕の話は、3行ほどの談話にとどまったようですが、まあ「若手医師」ですから。今日、国際通話料が安いコーリングカ ... » more
テーマ 留学日記

今日は日曜日で快晴。少しだけ春の太陽に当たることが出来たけど、ほとんど病院で仕事していた。思い返してみると、それほどたくさん仕事した気もしない。結局、慣れなのだろう。あまり神経を使わずに仕事が出来るようになったと言うことなのだろう。 ... » more
テーマ 留学日記

とにかく、月日が経つのは早い。もう3月も終わりに近くなっている。日本では年度が替わる頃で、病院では人事異動で一斉に医師が入れ替わる頃だ。こちらではそういうこともなく、ただ忙しく毎日を送っている。今月は2度目のNeuro-oncolo ... » more
テーマ 留学日記

その患者さんは、日本で診断を受け、仕事の都合でたまたまヒューストンに来て、よりよい治療を受けることが出来ているので、日本の医療に関しては非常に懐疑的であった。記者の彼自身、日本の医療に危機感を抱いていて、それがきっかけで、アメリカの ... » more
テーマ 留学日記

今日、その日経(日経メディカルではなく日経ビジネス)の記者がやってきた。僕も足を踏み入れた事のない病院の管理部へ入って、広報担当部長(?)のような方や普段は話さない高名な教授達と話ができた。緊張して出かけたが、彼もそこそこ英語をしゃ ... » more
テーマ 留学日記

先日、病院のLanguage service(通訳部門)の責任者が外来に僕を訪ねて来て、うちの病院の日本語通訳をどう思うかと聞いてきた。日本語通訳の彼は中国系アメリカ人で、流暢とは言えないがまずまずの日本語を話す。何故そんなことを聞 ... » more
テーマ 留学日記

1月以降、最も重要な事件?は、おそらく初月給の獲得であろう。額面は2980ドル、社会保険料等を差し引いて2500ドル弱である。しかし、無いよりはよっぽど良い。米国の物価(当時日本の3分の2ほど)を考えると、十分生きて行けそうだ。そう ... » more
テーマ 留学日記

最近、本当に忙しく、疲れ切っている。日記をつけるのもままならず、ついに一ヶ月も休んでしまった。その間、骨髄移植チームから再び白血病チームに移り、当初最も苦手だったDr.Zipfの元で頑張って、早2週間になる。今回も3人の新患を受け持 ... » more
テーマ 留学日記

その後、他の患者さんを回診して、恒例のオンコール・ラウンドを終えた後、僕らオンコールチームはICUへ立ち寄ったが、そこではすでに賛美歌が流れ、大勢の人が詰めかけていた。イアンに直接お別れを告げることは出来なかった。気になりながらも、 ... » more
テーマ 留学日記

16号ベッド。父は息子の横で、いすに座って眠っていた。おそらく、彼らは一晩中無言の会話を交わしていたのであろう。部屋に入った僕に気づくと、父はいつものように挨拶をした。僕と彼は昨日、10分くらい医師と患者家族としての会話を持った。 ... » more
テーマ 留学日記

それほど寒くなく、霧は出ているけど美しい朝だ。日本の初夏を思わせる。一人の少年の命が尽きようとしているのに、いつもと変わらず朝は訪れる。本当に、いつもそうだった。日本にいた頃から、何人もの病気の子供を見送ってきた。ある子供は ... » more
テーマ 留学日記

午前6時、目覚ましで目を覚ます。冬は布団から抜け出るのに一苦労だ。今日はIanに「Good-bye」を言わないといけない。彼は17歳、急性リンパ性白血病、2度の骨髄移植を受けて、103日目。一週間前、熱と咳で救急外来(PATC: P ... » more
テーマ 留学日記

今日、Dr.Bleyerと秘書のBerrlynに会って、今月より正式に給料が出る旨を確認した。本当にうれしいことだ。Dr.Chanから論文の催促もあり、また、来年のFellow志願者の面接をしたりで、いろいろ刺激になることが多い。昨日のオン ... » more
テーマ 留学日記

今日、HeadのDr.Bleyerと共にオンコールだった。夕方の回診を終えた後で、彼から、給料が出せると言う旨を伝えられた。そうしておまけに「You deserve it. You are one of the best fellow.」と ... » more
テーマ 留学日記

喪中につき、新年の御挨拶は御遠慮させていただきます。(註:幼少時にかわいがってもらった父方の祖父母を相次いで亡くした年であった。渡米する自分に心配をかけないよう、二人とも意図して旅立たれたのかもしれない、などと、自分勝手な考えが浮か ... » more
テーマ 留学日記

今年も残すところ一日となりました。この一年、前半は留学準備であわただしく過ぎ、後半はアメリカでまたあわただしく過ぎ、結局、形になるものは何も残せないままで終わりました。しかし、目に見えない進歩はあったと、それは自信があります。 ... » more
テーマ 留学日記

(続き)IreneとScottは今日から休暇に入っていた。優秀なScottがいなくなって、僕の仕事が増えて大変だった。本当に今日は大変だった。一気に責任がかかってきた感じだった。でも、結局頼りになるのは自分だけだという悟りを ... » more
テーマ 留学日記

昨夜はScott(レジデント), Irene(レジデントスーパーバイザー)夫妻, Mary(薬剤師)と、いつものLinda(フェロー)夫妻(彼らは宴会好き)と一緒にNIPPONで飲んだ。Linda夫妻以外は寿司が好きなので、4人分の ... » more
テーマ 留学日記

Nippon Restaurantの地図とメニュー 1998年末の忘年会のために、レジデント達に配布した地図とメニュー資料です。ここまで作成すると、ほとんど従業員ですね(笑)。My Favorites in NIPPON■AppetizersYakitori 3. ... » more
テーマ 留学日記

忙しいはずの一日も、あまり苦労せずに終わった。外来でPaulaとSelenaを診て、病棟回診して、Selenaの骨髄穿刺をして、病棟でDieticianのVirginiaと話しをし、レジデントの一人のScottと雑談をし、外来でDr ... » more
テーマ 留学日記

American & Jap 〜何故かクリスマスイブに〜 12/24(木) アメリカ人は多分、働いてない時間は自分のための時間、と割り切れるのでしょうが、僕は「自分の患者」という意識が強いので、どうも引きずってしまいます。僕は日本人医師が本質的に劣っているとは決して思いませんが、彼らの方が実践的であることは ... » more

結局教育なんでしょうね。高校までの教育もお粗末だし、結局医学部に入った時点での動機付けが不十分なんじゃないでしょうかね。さらに大学での医学教育はまったくひどいものです。全然洗練されていないので、やる気のある人でも脱落しそうになります。 ... » more
テーマ 留学日記

ある日のメール (1) 98年12月 ドイツの医学生(註:日本では5年生に当たる)が4ヶ月の予定で研修に来ています。患者の診察、カルテ書き、プレゼンテーション等も積極的にやっています。時々Short lectureをしてあげているのですが、議論しているとすごく医学知識があるのに ... » more
テーマ 留学日記

寒い一日である。先週末は冷房をつけないと暑いくらいで、夜でも半袖で出かけていたのに、この月曜日から急に冷え込んで、今では暖房がないと生きていけない。今日から休日体制になり、外来にレジデントがいなくなったので、僕らフェローが新患を真っ ... » more
テーマ 留学日記

白血病患者のLucioのお母さんが、僕のところへ走り寄ってきて、何か小さな包みを見せて「読んでくれ」という。何でも「これを食べると白血病が治ると聞いた」そうで、手に取ってみると新潟県の「はたの音」というお菓子の包みだった。Lucioの学校の ... » more
テーマ 留学日記

日記をさぼっているうちに、テキサスもすっかり冬になってしまった。(この間、Paulaは自然に回復し、僕は脳腫瘍チームから再び固形腫瘍グループ〔AttendingはDr.Norman Jaffe〕にローテートした)3日ほど雨が ... » more
テーマ 留学日記

Galleriaという巨大なショッピングセンターが近く(高速道路経由で10分)にあり、息抜きのために久しぶりに行ってみた。Holiday seasonというのは11月末のこのThanksgiving dayからChristmas, ... » more
テーマ 留学日記

 

最終更新日: 2016/11/15 07:10

「留学日記」のブログ関連商品

» 「留学日記」のブログレビュー をもっと探す

「留学日記」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る