誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    人生論

人生論

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「人生論」のブログを一覧表示!「人生論」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「人生論」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「人生論」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

○人生は挫折しつつ生きるのだ、という論理はあるにせよ・・・ 人は生きているかぎり、常に挫折という二文字の恐怖に晒されて生きていかねばならない。とくに順風満帆たる生を謳歌しているかのごとき人々にとっては、この挫折という言葉が時折頭の中 ... » more
テーマ 人生論

○無理なんてしなくていいんだな、と思う 繰り返し書いてきた、僕の過去の抗いの原因をずっと探ってきたが、やっと見出した答は意外なものだった。僕の予測では、僕の辿ってきた過去の文学体験なり、哲学世界への彷徨なりのどこかに、抗いの本質的な ... » more
テーマ 人生論

○Vagabond? よし、それならVagabondらしく生き抜いてみせる! 僕の過去における巨悪に対する反抗や、あらゆる権威に対する抗いの歴史(勿論それらは、いまにして思えば、単に自らが造り上げた虚像に過ぎないものなのだが)の根幹 ... » more
テーマ 人生論

○僕の中の終わらない旅 小田 実は、最晩年に「終わらない旅」という、彼の生涯のテーマを、彼の言うという形式の中に封じ込めることに成功した。作品の出来は、ずいぶん前に小田が書いた「現代史」(1)-(3)(角川文庫)と比べても余計な力が ... » more
テーマ 人生論

○思想なんか、いくら変わってもいいんだけど、でもなあ… 1970年代という時代を生き抜いてきた人間の一人としての観想とは, あの安保闘争という劇場的状況の場を、ある意味において自己の思想を、それが左翼的であれ、右翼的であれ、その思想 ... » more
テーマ 人生論

○母なる幻像について考える 僕の裡なる母親像について語ろう、と思う。物事を正確に言うために敢えて言うが、僕には一般に人々が感じているという意味合いにおける母という存在は、事の始まりから存在しなかった、と断言して差し支えないと思ってい ... » more
テーマ 人生論

○過去に縛られない人間なんて存在し得ないはずだ 大昔、そう、僕が小学生の低学年の頃だろうか、その頃の神戸の繁華街の中心地は、現在の三ノ宮などではない。三ノ宮などはまだ繁華街にもなり得ていなかった。当時の神戸っ子の、大人の匂いが漂う憧 ... » more
テーマ 人生論

○告白という難物に関する雑感として書き記す。 告白という行為には、当然だが、必ず他者が介在する。自己完結する告白とは、宗教的なそれだけだろう。それ以外に自己完結するような告白は、他者への訴えをいっときなのか、永遠になのかは無関係に、 ... » more
テーマ 人生論

○這い上がってやる!などという心境から自由であれ! 人はある種の苦難に直面したとき、その苦難の底から這い上がってやる、という強い決意をしてしまうことがある。しかし、幸か不幸か、このような苦難に立ち向かい、抗い、した結果、眼前に立ちは ... » more
テーマ 人生論

○重くて、軽い。それが人生か? 親やら親戚やら、その多諸々のやたら人のことに口出ししたがる血縁のしがらみから抜け出して、やっと社会に船出した頃、それは人によっては親元を離れた大学生活なのかも知れないし、また別の人によっては、社会人と ... » more
テーマ 人生論

○哀愁としての青春 いまさら何が青春か?と思われる方が多いと感じるが、56歳になったいまも、僕は自分の裡なる青春という存在と供に、この生を生き抜いていきたい、と懲りずに思い続けている。ただ、僕の裡なる青春のイメージとは、昔話として酒の肴 ... » more
テーマ 人生論

○壊され,壊すのが新たな人生を切り開くことになるのか? ○壊され,壊すのが新たな人生を切り開くことになるのか? 人が己れの人生を、幾ばくかの後悔の念を持ちながら振り返るのは、それなりの意味がある。自己の人生という存在を脳髄の中に留めることができるようになるのは、たぶんかなりの幼少の頃だ。 ... » more
テーマ 人生論

○自意識が変容して、自分になった 青年の頃、自分の裡に、確実に自分を支配する精神の型が出来上がり、それを自我と呼び称するのだ、と知ったとき、果たしてその自我というものの存在が自分の裡で拡がりを持つものであり、自分という精神の容器たる ... » more
テーマ 人生論

○絶望から、希望への道のりとして書き残しておくべきこと 人が生きるという行為には、その根拠を科学的に証明出来るわけではないが、僕の考えでは、その遺伝子の中に、生への躍動的な働きかけの力学と、逆に生から拒絶されるかのごとき苦悩とを宿命 ... » more
テーマ 人生論

○精神の果ての果ての旅路へと向かおうではないか! 誰に対する呼びかけでもありません。あくまで自己に対する最晩年の生きかたを自問しているのです。自問のプロセスを今日は書き記すことになります。ご辛抱あれ。 人生56年も生き抜き、 ... » more
テーマ 人生論

○人は出会いと別れを繰り返すというけれど… 人は青年の頃、素直に他者との出会いと別れの繰り返しを人生行路の避け難い一側面と捉え、これから船出しようとする人生に対する心の構えを固めていくのだろうと思う。自分のこれまでの人生における、ず ... » more
テーマ 人生論

ゲゲゲの女房を見て気づいたこと。 夫婦の形というものは、きっと百組百様なのだろうなぁと思います。以前から連続テレビ小説を見ていますが、今放映されているゲゲゲの女房は特に毎回楽しみ ... » more
テーマ 雑記 恋愛 人生論

○勇気とは何だろうか?僕はこんなふうに思うんだけれど… 勇気という言葉ほど、その意義を定義づけるのが難しい概念を含んだものはないのではなかろうか?勇壮果敢なる闘いの勝者に対する讃辞の言葉と規定するのは、無論、勇気という言葉の一つの意味な ... » more
テーマ 人生論

○こんな時代だからこそねえ… 結構いい歳、食ってくると、自分の人生に早々に見切りをつけて、気楽に生き抜いてしまう人もいる一方で、いつまでも自分の人生とは何ぞや?などと自問しながら涙ながらに取り戻せない過去を慈しむように日々を何とかやり過 ... » more
テーマ 人生論

○地の底を這いずっても生き抜かないと。そんな気分がもどってきた感あり、かな? つまらない話ばかりなので、仔細は省くが、このところ小さいけれど、それぞれの出来事は、小さいなりに自分の精神を負の状態に引き落とすだけの威力があって、ついつ ... » more
テーマ 人生論

○死するならば。 古い友人に手紙を書いたら、予想通りの返信が返ってきたのである。10代の女の子ではないので、(失礼、ひとまとめにしてこんなふうに言うのは間違っているけれど、まあ、一つの比喩として受け止めてくれればありがたいです)もうオレ ... » more
テーマ 人生論

○生きる勇気・死する覚悟 青年の頃、人生とは生の瞬間、瞬間に新たな出来事が生起し、その度に生起した出来事を迎え撃つ側の僕の心の中にも常に新たな生へのエネルギーが再生産されつつ、文字通り生が枯渇するまで生き抜くのが人生だろう、と心の深 ... » more
テーマ 人生論

○慟哭という観念について想う 自己の人生の総括などと言いながら、勝手な自己正当化ばかりをしてきた気がしてならない。あるいは、自分の過去を失敗作だ、などと書きつつ、その裏側で自己憐憫に浸っていたような感覚から自由になれない。確かにひと言で ... » more
テーマ 人生論

○コングラッチュレーションズ! 人間56年も生きていると、なかなか自分の年齢に伴う環境の変化を自覚出来ないもので、時折耳に入ってくる、かつての友人の訃報や、病変による体力の衰えや、エリート社員だったのに、リストラされただとか、妻に先立た ... » more
テーマ 人生論

心の中の遠い旅路。もらい泣き。
人はいろんな悲しみを心にしまって生きているものだと思います。普段は笑っていたり、元気な様子をみんなに見せていても、ふとしたときに溢れんばかりの熱い涙が、ほろりほろりと頬に流れゆくことがあるものです。先 ... » more
テーマ 日記 雑記 人生論

ホームシック@ルネ・マグリット ルネ・マグリットの絵が結構好きだったりします。キレイだなぁと思う絵も好きですが、絵を見て何かを感じたり、考えたりできる絵がすきです。 ... » more

東京大空襲から65年が経ったという。もちろんぼくは全く戦争というものを知らないけど、ぼくの世代にしては、きっと戦争のことはよく聞いているのだろうと思う。ぼくの父親は海軍にいたそうです。といっても10代の終わりに志 ... » more
テーマ 雑記 歴史 人生論

心の中の遠い旅路。両親との距離。
実家でずっと暮らしていると、両親という存在の何たるかがよく分からなくなることがあります。すくなくとも僕にとっては、ただうるさいだけの存在になりがちのように思います。まだ二十歳ほどのころ、ある友人の家に泊まりに ... » more

心の中の遠い旅路。みんな同じさ。
生きているといろいろと起こるものだとつくづく思います。楽しいことや笑えること。辛いことや誰かを憎くなること。時には死にたくなることさえ降りかかってくるものです。みんなそんな事はお願いだから起こらないでください、と思ってい ... » more

私の血液型はA型で夫はB型です。一般的には、このパターンは最悪な相性らしいのですがとりあえず25年は続いてます。一応、常識人と言われるA型の私からみたらB型の行動は、まさに理解不能なことばかり若いうちは、本当に信 ... » more

 

最終更新日: 2018/05/05 11:16

「人生論」のブログ関連商品

» 「人生論」のブログレビュー をもっと探す

「人生論」ブログのユーザランキング

BlueBloomBlog 1 位.
BlueBloomBlog

テーマのトップに戻る