誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    人生論

人生論

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「人生論」のブログを一覧表示!「人生論」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「人生論」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「人生論」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

○完璧な人生なんて、ないんだ、と思う 人の人生なんて、本当に頼りない、寄る辺なき存在ではなかろうか? 実社会に飛び出さんとしている学生諸氏の人生観などは、根拠のない自信や確信を無理矢理抱いての、社会進出だ。人生の船出と言うが、人の社 ... » more
テーマ 人生論

○春闘という残滓 かつて、と言っても、もういまとなっては何年前までを、かつて、という言葉に含めればよいのかも定かではないが、僕が30代の半ば頃、京都における春闘は、なかなかに盛大であった。二条城に集合し、各々の組合分会の、かなりな人 ... » more
テーマ 人生論

○恋愛という論理 恋愛というものの定義から入ろうと思う。近頃、恋愛に関して勘違いする人たちが案外に多いので、いったい、世の中の人々の、好き、嫌い、の概念とはどうなっているのか? ということに大いなる疑問が生じてきたからである。恋愛を ... » more
テーマ 人生論

心の中の遠い旅路。その瞬間。
その瞬間。 その日の朝、堤防を散歩していると、カラスがすずめをしとめる瞬間に出遭いました。ちょっと油断していたすずめを、カラスはとっさに飛びつき、すずめを鋭い嘴 ... » more

○クリエィティブに人生に反抗してはどうだろうか? 人は自分で納得している以上に、自分の生きかたに関しては、意図的ではない。生涯を決定づける就職、結婚、出産、等々における人の覚悟のつけかたなど、余程幸運な伴侶との巡り合わせでもないかぎ ... » more
テーマ 人生論

○人生の憂愁について考える 人は、どのような個性の持主であれ、その個性に従って、各々の生に対する憂愁という観念を抱いているものである。そんなことは考えてもみたことがない、などと言う人がいるとすれば、その人は、自分の生とまともに向き合 ... » more
テーマ 人生論

○性の目覚めと世界への対峙 女性のことは知らない。なので、僕は男子の性の目覚めについて語る。なぜいまさらなのか? というと、50代半ばにして、僕の場合は10代の頃の、あの性に対する神秘的な覚醒の経験は、たぶん初めて自分と世界というも ... » more
テーマ 人生論

対パラグアイ戦に思うこと。 対パラグアイ戦。丁度今、テレビでやっています。パラグアイとはどんな国か。そんなことをテレビでときどきやっていました。パラグアイはブラジルの隣り。 ... » more
テーマ 雑記 沖縄 人生論

○祖母について思い出すこと 父方の祖父母も母方の祖父母も、僕にとってはいたって好ましい存在であった。僕が救われたのは、決して両親の力や愛によってではない。祖父母たちによって僕は癒され、救われたのである。昨夜の僕の母親のことについての ... » more
テーマ 人生論

○崩壊感覚について想うこと ○崩壊感覚について想うこと 崩壊感覚と言っても、野間宏がかつて、戦争に駆り出された人間の、社会そのものが崩壊していく渦中で、人間性もともに朽ち果てていくがごとき大きなテーマに関することが書きたいのではない。野間宏の観点は大切なことだ ... » more
テーマ 人生論

○人生の時の時 ○人生の時の時 確か同じような題名の小説か評論かは読んでもいないので分からないが、石原慎太郎東京都知事が書いていたように記憶する。勿論今日、僕が書くのは石原とはまるで異なることを考察し、文字を紡ぎだすことになる。少し横道にそれるが、 ... » more
テーマ 人生論

○精神の強靱さについて想うこと 人の精神が強靱であることには、己れの心の奥深くに眠る精神の繊細さを犠牲にしてこそ手に入れられる代物だ、と錯誤している場合が多いのではなかろうか? つまりは精神の強靱さとは、この場合、他者に対するある種 ... » more
テーマ 人生論

○僕にとっての6月20日という意味について語る もう二日前になるが、6月20日という日を苦しい想いで迎えたのは、今日で10回目である。つまりは10年の歳月が流れたことになる。10年前のこの日、僕は人生で、たぶん最も苦い味のする時間の ... » more
テーマ 人生論

心の中の遠い旅路。みんな誰かと、
みんな誰かと、 みんな誰かとつながっていたいと思っているのかも知れない。みんな誰かのことをもっと知りたいと思っているのかも知れない。みんな誰かに自分のことを知ってほしいと思って ... » more

ある種の一体感の感覚。 とある居酒屋でお酒を呑んでいた。その日はワールドカップ・日本対オランダ戦。試合が始まると、アクションがあるたびに歓声が沸く。みんな大きなテレビの前に並んで見ている。普段、あまり見る事のない一体感のようなものを感じ ... » more

○不誠実な愛のゆくえ 愛のありかたがいつも誠実さとむすびついているとは限らない。愛がスタンダールの恋愛論のごとき、結晶作用という、ある種の純潔性と通底しているものならば、人が愛ゆえに不幸に陥ることなどないだろう。理由は、そのような愛 ... » more
テーマ 人生論

雨の日の小さな旅。 今時、晴耕雨読の生活なんてしている人はあまりいないと思います。晴れているときに耕す生活。だけど、雨読というのは時にはあるような気がします。雨なの ... » more
テーマ 雑記 人生論

○愛について書き綴る。 ○愛について書き綴る。 「惜しみなく愛は奪う」と言い放ったのは、有島武郎だったと記憶しているが、有島の考えとはたぶんかなり異なる、僕なりの「惜しみなく奪う」愛の定義をしてみようと思う。 僕は、愛というかぎりなく優しく、そして、か ... » more
テーマ 人生論

○人生は挫折しつつ生きるのだ、という論理はあるにせよ・・・ 人は生きているかぎり、常に挫折という二文字の恐怖に晒されて生きていかねばならない。とくに順風満帆たる生を謳歌しているかのごとき人々にとっては、この挫折という言葉が時折頭の中 ... » more
テーマ 人生論

○無理なんてしなくていいんだな、と思う 繰り返し書いてきた、僕の過去の抗いの原因をずっと探ってきたが、やっと見出した答は意外なものだった。僕の予測では、僕の辿ってきた過去の文学体験なり、哲学世界への彷徨なりのどこかに、抗いの本質的な ... » more
テーマ 人生論

○Vagabond? よし、それならVagabondらしく生き抜いてみせる! 僕の過去における巨悪に対する反抗や、あらゆる権威に対する抗いの歴史(勿論それらは、いまにして思えば、単に自らが造り上げた虚像に過ぎないものなのだが)の根幹 ... » more
テーマ 人生論

○僕の中の終わらない旅 小田 実は、最晩年に「終わらない旅」という、彼の生涯のテーマを、彼の言うという形式の中に封じ込めることに成功した。作品の出来は、ずいぶん前に小田が書いた「現代史」(1)-(3)(角川文庫)と比べても余計な力が ... » more
テーマ 人生論

○思想なんか、いくら変わってもいいんだけど、でもなあ… 1970年代という時代を生き抜いてきた人間の一人としての観想とは, あの安保闘争という劇場的状況の場を、ある意味において自己の思想を、それが左翼的であれ、右翼的であれ、その思想 ... » more
テーマ 人生論

○母なる幻像について考える 僕の裡なる母親像について語ろう、と思う。物事を正確に言うために敢えて言うが、僕には一般に人々が感じているという意味合いにおける母という存在は、事の始まりから存在しなかった、と断言して差し支えないと思ってい ... » more
テーマ 人生論

○過去に縛られない人間なんて存在し得ないはずだ 大昔、そう、僕が小学生の低学年の頃だろうか、その頃の神戸の繁華街の中心地は、現在の三ノ宮などではない。三ノ宮などはまだ繁華街にもなり得ていなかった。当時の神戸っ子の、大人の匂いが漂う憧 ... » more
テーマ 人生論

○告白という難物に関する雑感として書き記す。 告白という行為には、当然だが、必ず他者が介在する。自己完結する告白とは、宗教的なそれだけだろう。それ以外に自己完結するような告白は、他者への訴えをいっときなのか、永遠になのかは無関係に、 ... » more
テーマ 人生論

○這い上がってやる!などという心境から自由であれ! 人はある種の苦難に直面したとき、その苦難の底から這い上がってやる、という強い決意をしてしまうことがある。しかし、幸か不幸か、このような苦難に立ち向かい、抗い、した結果、眼前に立ちは ... » more
テーマ 人生論

○重くて、軽い。それが人生か? 親やら親戚やら、その多諸々のやたら人のことに口出ししたがる血縁のしがらみから抜け出して、やっと社会に船出した頃、それは人によっては親元を離れた大学生活なのかも知れないし、また別の人によっては、社会人と ... » more
テーマ 人生論

○哀愁としての青春 いまさら何が青春か?と思われる方が多いと感じるが、56歳になったいまも、僕は自分の裡なる青春という存在と供に、この生を生き抜いていきたい、と懲りずに思い続けている。ただ、僕の裡なる青春のイメージとは、昔話として酒の肴 ... » more
テーマ 人生論

○壊され,壊すのが新たな人生を切り開くことになるのか? ○壊され,壊すのが新たな人生を切り開くことになるのか? 人が己れの人生を、幾ばくかの後悔の念を持ちながら振り返るのは、それなりの意味がある。自己の人生という存在を脳髄の中に留めることができるようになるのは、たぶんかなりの幼少の頃だ。 ... » more
テーマ 人生論

 

最終更新日: 2016/11/15 06:55

「人生論」のブログ関連商品

» 「人生論」のブログレビュー をもっと探す

「人生論」ブログのユーザランキング

BlueBloomBlog 1 位.
BlueBloomBlog

テーマのトップに戻る