誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    人生論

人生論

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「人生論」のブログを一覧表示!「人生論」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「人生論」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「人生論」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

アラスカ・風のような物語 冬は大嫌いなのですが、それでも真冬の北海道には行きたいと思うのです。かなり矛盾した話ですが、以前に真冬の北海道に行ったとき、それは美しい大地に魅了されたのでした。樹氷・ダイヤモンドダスト・スノーパウダー・そして丹頂鶴 ... » more
テーマ 雑記 人生論

『老い』について考える DNAの中に『老い』という因子が組み込まれている、ということをどこかで読んだことがある。専門家でもないので、周りを見回してみても、例外なくみんな老いていくのであるから、たぶんそれは本当のことなのだろうか? と ... » more
テーマ 人生論

○思い出してしまった!ずっと、ずっと自分の中でわだかまっていた出来事がある。忘れようとしたこともない。ある意味で、自分の卑劣で唾棄すべき行為を戒めとして生きてきた。何故敢えてここに書こうと思ったのかというと、先日の神戸の青年の刺殺事 ... » more
テーマ 人生論

心の中の遠い旅路。二十歳の憧憬。
二十歳の憧憬。 少しばかり先日のことですが、お酒を飲んだ後、そのまま帰りたくない日というのがありました。そんな日は時折やってきます。その日も、ぼんやり街を歩きた ... » more
テーマ 雑記 人生論

人生の物語性の必要性について 人は互いに比較出来ないほどの生育歴のプロセスをくぐりぬけて大人になっていく。何もかもが整っている生活基盤の中で育つ人はたぶん僕の想像だが、数少ないのではないか? と思う。いろいろな具体例を書き記すのは際 ... » more
テーマ 人生論

枯れてなんかやるものか! 人生の大半を生き抜いて、人はどのような環境に置かれていても、それぞれの環境のもとで、自己を完結させるべく己れの価値観を固めていくようだ。頭も固くなるし、融通だって段々と効かなくなってくる。概ね、老いという現 ... » more
テーマ 人生論

○死者に捧げる鎮魂歌 この年齢になると、何人もの人が自分の周りから姿を消してしまっている。生き別れた人のことは今日は考えない。今日はあくまで死者に対する感謝と切なさとを、祖父という人物の存在を通して書き綴ることにする。 物心 ... » more
テーマ 人生論

○とても醜悪な自分がいる・・・ 教師時代の話である。京都市内の大宗教教団が学校法人をも支配する学校に、はっきりと言って食い詰めて、食うために何とか自分の力を出し切って試験を乗り切って入った。30倍の倍率をくぐり抜けたのであるから、大 ... » more
テーマ 人生論

○喪失感に見悶える自分がいる 生きていく限りにおいて、人は必ず何かを失い、何かを得る。両者の均衡がうまくとれていれば、たぶん平穏な気持ちで生きていられるのではないか、と僕は思う。たぶん、これは僕だけの観想なのだろうが、心の中はどのよ ... » more
テーマ 人生論

僕の虹 君の星@ハービー山口 人は生きているうちに、知らず知らずに誰かを傷つけていることがあるかも知れません。この本の中に、1970年、20歳の春というエッセ ... » more
テーマ 雑記 人生論 写真

○老いは確実にやってくるなあ〜。 自分の姿かたちは毎日鏡で見ているわけだし、時折街で買い物なんかをしていて、ウィンドウに映る自分の姿は自然に目に入ってくるわけで、まあ、オレって、この程度かい、などと諦め半分で、自分の老いた外見を自分なり ... » more
テーマ 人生論

○寂しくてたまらない〜! 僕が青年だった頃、フォークソング流行りで、時代も揺れに揺れていて、学生運動もとりわけ具体的な目標もなく、マイクに向かって大人たちの創った社会になんぞ、はまってやるものか! という抗いが、アメリカ帝国主義撲滅 ... » more
テーマ 人生論

○絶望の果てに想うこと 自分が置かれている生活環境などというものほど、危ういもの、壊れやすいものはないのではないか? と僕は思う。自分の経験から物を言う。他者のことはいまは触れない。ただ、僕自身の拙い人生の生きざまの中になにほどかの ... » more
テーマ 人生論

○いつから野たれ死にを人は嫌うようになったのだろう? ずっと昔、人はたぶん自分の死というものを、とても自然に受け入れていたような気がする。たぶん動物と近い感性で己れの死を受容していたのではないか、と思う。犬も猫も飼ったことがあるが、 ... » more
テーマ 人生論

心の中の遠い旅路。写真に想う心。
写真に想う心。 一枚の写真。これは久高島のフェリーに乗り込む際の写真で、タクシーの運ちゃんとしゃべっているおばさんは、一緒にバスに乗っていた人で、一緒にフェ ... » more

心の中の遠い旅路。心に響く光景。
心に響く光景。 心に響くその光景というのは、きっとその人の心の鏡なのかも知れません。同じその光景を眺めていても、なにも思わない人もいれば、眺めているだけで感動する人もいると思い ... » more
テーマ 雑記 人生論 散歩

借りぐらしのアリエッティ 先日、借りぐらしのアリエッティを観ました。一言で印象を言えば、なかなか静かな作品だったように思います。最近のジブリ作品は、凝ったストーリーで、いろん ... » more

○開き直ろう、居直ろう、っていうのはほんとうは難しいことだと思う。 僕から見ると、人生の難局とは到底言い難い場面であれ、眼前の克服するべき課題の前で立ちすくんでいる人に対してかけ得る言葉というと、そんなに落ち込むことではない、あなた/君 ... » more
テーマ 人生論

Tudo Bem ?『障害役者』(柳浩太郎)
この柳さんは,「テニスの王子様」のミュージカルの主役(初代)を演じていた,D-BOYSというグループの一員の方です.少し前ですが,TVでもこの密着番組も放映していました.そのミュージカルで活躍していた最中に突然に,交通事故に ... » more
テーマ 柳浩太郎 読書 人生論  トラックバック(1)

心に残った先生のこと@A-studio・中島美嘉 先日、A-studioを見ました。この番組は結構好きで、毎週録画しています。その日は中島美嘉がゲストで、彼女の意外な素行が面白かった。中学時代、自分の中学校には登校 ... » more

○僕の、ほんとうの勝負どころに到達した感じがする。 47歳という働きざかりに、宗教的権威に楯ついたばかりに、解雇同然に学校を追われた。人間の生活とは、意外に単純な成り立ちなのだということが、身に沁みて分かった。収入の道が断たれたら、家庭 ... » more
テーマ 人生論

○人間の生き方というのはねえ・・・ 数年音信が途絶えていた、いとこの継母が亡くなったとのことで、これも数年どころか、長年音信不通だった、いまは絶縁状態の母の末の弟の妻からその旨を伝える電話があった。姿かたちを見ても歳月の流れの中で変わり ... » more
テーマ 人生論

○友人のこと 江上 剛の「非情銀行」 (新潮文庫) を読んでいたら、やはりこの日本という国はおかしな国だ、と思う。簡単に言ってしまえば、日本という国は資本主義を装った国家統制の国ではないか、ということである。国家統制の象徴的存在であ ... » more
テーマ 人生論

長い旅の途上@星野道夫 きっと、人はいつも、それぞれの光を捜し求める長い旅の途上なのだそんな言葉から始まるこの本は、なかなかいろいろと考えさせられる本でした。ぼくは ... » more

○不純異性交遊って何だ? 不純異性交遊という、何ともおどろおどろしい言葉がいまだに使われているのは、たぶん学校と警察の少年課くらいのものではないか? と思われる。教師をしていた頃、この言葉を会議で聞く度に、背筋に冷たいものが流れるの ... » more
テーマ 人生論

○ラストダンスは私と。 越路吹雪というシャンソン歌手のことを知っている人々は、僕以上の世代だろう。シャンソンそのものを知らない人もいることだろう。しかし、僕の10代の頃の日本は、いまのように、英語、英語などと言っている時代ではなかったの ... » more
テーマ 人生論

○これまで大きな考え違いをしていたことがある。僕は、どうも金銭に対する並々ならぬ嫌悪感があった。金があれば、必要なものも整うし、現実の形而下的な生活は、とりあえずは不自由なく過ぎ去っていく。しかし、金銭は一方で、浅薄であれども、人の評価 ... » more
テーマ 人生論

Tudo Bem ?『京大少年』{菅広文)
『京大芸人』に続く第2弾です.タイトル通りで,大学受験などを中心とした前作よりも,もっと若い少年時代のお話が豊富な内容になっています.宇治原さんは,小さい頃から,突出した子供だったようですね.少し紹介しますと,幼稚園 ... » more

Tudo Bem ?『京大芸人』{菅広文)
お笑い芸人「ロザン」の宇治原さんの少年期を相方の菅さんが紹介した本です.ロザンと聞いても,正直あまりピンとこないです.ネタなども観たことはありませんし,基本的には宇治原さんの方だけがクイズ番組に出ているところしか見かけません. ... » more

○進歩と退歩 人は生きるという行為の中で、進歩と、その反対の、退歩とを繰り返しながら、日々を何とかやり過ごしている。これが生の現実ではなかろうか? 進歩の途上にあるうちは、かえって自身の置かれた環境にゆったりと想いを馳せるなどという ... » more
テーマ 人生論

 

最終更新日: 2016/11/15 06:55

「人生論」のブログ関連商品

» 「人生論」のブログレビュー をもっと探す

「人生論」ブログのユーザランキング

BlueBloomBlog 1 位.
BlueBloomBlog

テーマのトップに戻る