誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    人生論

人生論

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「人生論」のブログを一覧表示!「人生論」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「人生論」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「人生論」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

一流の男とそうでない人との違いはたった一つで、「信念があるかないか、人生に哲学があるかないか」だそうである。自分の信念をもって格差社会と闘っていかないといけない、とのことです。かっこいいですね。著者は、十代と二十代の頃に病気をして苦 ... » more
テーマ 里中李生 読書 人生論

天台宗大阿闍梨の酒井雄哉さんの『一日一生』を読んで感銘を受け、若くして千日回峰行という修行の世界に入っていった方の本です。『一日一生』と比較しますと、その修行の様子が精緻に描写されているところが、本書の特徴かもしれません。そ ... » more
テーマ 読書 塩沼亮潤 人生論  コメント(1)

今週読んだ本「ナウシカの飛行具、作ってみた」八谷和彦幻冬舎これって、メーヴェだよ、メーヴェ!ナウシカって名作だよねえ。その重要な登場人物(人物じゃないが)が、このメーヴェ!学生時代、航空工学科の友達がメーヴェって飛行機として飛ばない ... » more

今週読んだ本「ワークショップ新しい学びと創造の場」中野民夫岩波新書最近仕事でワークショップなんかやるんだけど、ワークショップってそもそも何だろうと思い、原点を振り返りたくて、ちょっと古い本だけど読んでみた。僕が地元とかで取り組ん ... » more

『人に強くなる極意』佐藤 優著(青春出版社 880円) 『人に強くなる極意』佐藤優著(青春出版社880円)どんな相手にも「ぶれない」「びびらない」「怒らない」--。ビジネスでも人生でも、人と相対したときにどう振る舞えるかが結果を大きく左右する。いつでも最高のパフォーマンスをす ... » more

DINKSだらだらメモ第63「致知10月号」
今週読んだ雑誌「致知10月号」また記憶に残る言葉集「輝く存在は、燃える苦しみに耐えねばならない」「修練と勇気、あとはゴミ」マリアカラス「時は過ぎ去るものではなく、心のうちに体のうちに積もりゆくもの」「脳相一致」 ... » more
テーマ 人生論

DINKSだらだらメモ第56「致知9月号」
この前読んだ雑誌「致知9月号」致知出版社心にしみた言葉。「原点は継承せよ仕組みは革新せよ」SYワークス佐藤芳直「京都の雅、近江の鄙び(ひなび)」「稽古とは一より習い十を知り十よりかえるもとのその一」千利休 ... » more
テーマ 人生論

ハーバードでキャリアチェンジをした女性からのメッセージです。大学卒業後に就職が決まらず、フリーターを続けていたのですが、このままではいけないという意識もあいまって、第一志望ではなかったボストン大学への留学を選択します。もとも ... » more
テーマ 読書 人生論 林英恵

先週読んだ雑誌「経営予測エイジ6月号」予測エイジ社久しぶりだ。忙しくて更新できなかった。雑誌とかは読んでたけど・・・今回は一言だけ。良い習慣は才能を超える。良い言葉だね、おれに欠けてるものだ。昔、努力 ... » more
テーマ 人生論

家庭が不和な状態で、仕事だけ成功する、ということはありませんよ、ということを体系的にまとめているような印象の本です。ざっくりまとめますと、普段の言動は自分の人生に影響を与えますので、家庭というベースの状況が、仕事などに当然影響してく ... » more
テーマ 読書 人生論 赤城夫婦

今週読んだ雑誌「致知7月号」致知出版社 是非、紹介したいものがるので、致知の追加版。篠田桃紅(とうこう)さん百歳。墨で表現している美術家。「古いものはダメ、新しいというだけでもダメ。古くもなく新しくもないものでなくて ... » more
テーマ 人生論 芸術

今週読んだ本「残月みおつくし料理帖」高田郁ハルキ文庫待ちに待った新作だ!前作から8ヶ月くらいか。 相変わらず、じんとくる。やはり人は、人のために生きるのだ、人の幸せのために生きるのだ。それを実行している人がたくさん出てくるの ... » more
テーマ 江戸 人生論 人情

DINKSだらだらメモ第44「致知7月号」
今週読んだ雑誌「致知7月号」致知出版社相変わらず、書きたいことはいっぱいあったが、前回からの続きという意味で”義”について。司馬正次さんという「インド製造業経営幹部育成支援プロジェクト」の元チーフアドバイザーで筑波大名誉教授 ... » more
テーマ 人生論 社会

DINKSだらだらメモ第41「橘花抄」
今週読んだ本「橘花抄」葉室麟新潮文庫おもしろかったね、久しぶりに小説読んだ。藤沢周平みたい。それに和歌とか香道とか茶道とか、知的で品よく。たまたまだけど、この前に読んだ小説が藤沢周平「秘太刀馬の骨」だった。人情ものとかじっくり読 ... » more
テーマ 江戸 人生論 人情

今週読んだ雑誌「致知」4月号相変わらず、中身が濃いのでキーワードを並べる。「大事なのは、根拠のない自信。ただし、未来に対して造っていく自信。一時間後の未来は一時間後は今。人間の能力の限界はイマジネーションの限界。」久瑠あさ美 ... » more
テーマ 精神論 人生論

Tudo Bem ?『僕の死に方』(金子哲雄)
そういえば最近TVで見なくなり、忘れかけていた時期に、店頭に並ぶ本書を発見し、少なからず驚きました。本書の最後にある、奥様によるあとがきを読んだときに、涙をとめることができませんでした。肺カルチノイド。がんの一種なのでしょうか、10 ... » more

今週読んだ本「100分de名著学問のすすめ福沢諭吉」齊藤孝NHK天は人の上には人を造らず・・・、で始まることは学校で習ったから知ってるけど内容は知らなかった。人の上下を造るのは学問だ、と。勉強しろ!したら実行しろ!実行に役立 ... » more
テーマ 精神論 歴史 人生論  トラックバック(1)

今週読んだ本「一瞬に生きる」小久保裕紀小学館小久保ファンは必読と思ってハードカバーなのに買った。まあ、すごい男ではある。このレベルの人間は小学生から、がんばってる、悩んでいる、考えている。挫折、克服、天狗、けが、いろんなことがあった ... » more

ずっと前に読んだ本「秘太刀馬の骨」藤沢周平文春文庫年末に感想を書けなかったので、本日リベンジ。以前書いたとおり、司馬さんや池波さんより山本、藤沢派なんだよね(でも、山本の本が出てこないね、このブログ)。タイトルが馬の ... » more
テーマ 江戸 歴史 人生論

そうじの神様の第1作『ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと』に引き続いて泣ける話がつまってました。今度は、サービスの神様のお話です。基本的には、人の絆を機軸とした感動ストーリーが満載ですので、確かに、この本は電車では読まない方 ... » more
テーマ 読書 人生論 鎌田洋

ディズニーランドのカストーディアル(清掃部門)での出来事を中心としたお話です。やはり泣いてしまいました。そうじの神様チャック・ボヤージンからおもてなしの極意を教えてもらったお話が出てきますが、皆さんもご存知の通り、掃除には違いないの ... » more
テーマ 読書 人生論 鎌田洋  トラックバック(1)

前回、日本文化は例外が多いと言うことを書いたが、別の面から考えてみたい。今ひとつは、余白と沈黙も、存在に当たると言うことだ。無いことが意味を持つとでも言っても良い。たとえば、日本書道のかな文字の散らし書き。竜安寺石庭の石の配置。能や歌舞 ... » more

Tudo Bem ?『賢者の書』(喜多川泰)
久しぶりに喜多川さんの本を読みました。本著も楽しい物語として読むことができました。アレックスは、会社で肩たたき的な扱いを受けて疲れていた。何とはなしに会社を休んで、昔懐かしい公園に向かった。そこに、サイードなる少年が現れて、 ... » more
テーマ 喜多川泰 読書 人生論  トラックバック(1)

この心屋さんは心理カウンセラーの方なのですが、心理カウンセラーで心屋って、本名だとしたら面白いですね。私は、この心屋さんをTVでお見かけし、そのコメントが非常に興味深いものだったので、著作も拝見してみようと思い、この本を手に取った次 ... » more
テーマ 心屋仁之助 読書 人生論

住職の人生論です。総じて、自然体で「無」的に生きることを推奨されているように感じました。さすが出家しているだけのことはあります。個人的には、「無」ということに対しての損失感が少し抜けないですね。もっともっとできるはずと思って ... » more
テーマ 板橋興宗 読書 人生論

Tudo Bem ?『続・悩む力』(姜尚中)
前著の『悩む力』は90万部突破だそうですね。本著が発売されて、さらに販売部数をあげているかもしれませんね。内容としては前作に似た感じとの印象です。しかし、前作と今作の間に、われわれは東北大震災を経験しました。そのため、この悩む力シリ ... » more

私は1956年生まれで、生まれたときからマンガを見ていました。最近のマンガ関係の記事を見ていると、本当に次元が違うなとおもいます。私か初めて読んでいたマンガは、月刊誌の「少年」、「マンガ王」、「冒険王」、作品は「鉄腕アトム」、「鉄人28 ... » more

たまには、一般的な人生論を(笑)。社会生活を営んでいる以上は、最低限の礼節というものは不可欠です。特に、日ごろからお世話になっている人に対しての義理人情は、忘れてはならないです。少なくとも、相手に ... » more
テーマ 人生論 独り言

私の少年時代羽スポーツ根性の、すぽ根時代。しかし、その頃私は心臓肥大とか言われていて、「激しい運動をしないように」と言われていた。今となってみればそれほどの心臓疾患はなかったのかもしれないが、当時のレントゲンばかりで診断していた時代には要注 ... » more

山口県で起こった殺人事件の遺族と司法との戦いの記録です.事件の概要は,未成年の少年が,快楽を求めて,母を絞殺した後に強姦して,その1才の娘を床に叩きつけて死亡させる,といった非常に残虐な内容でした.ほとんどの人がご存じなあの事件です ... » more
テーマ 読書 人生論 門田隆将

 

最終更新日: 2016/11/15 06:55

「人生論」のブログ関連商品

» 「人生論」のブログレビュー をもっと探す

「人生論」ブログのユーザランキング

BlueBloomBlog 1 位.
BlueBloomBlog

テーマのトップに戻る