誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    さ行の作家

さ行の作家

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「さ行の作家」のブログを一覧表示!「さ行の作家」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「さ行の作家」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「さ行の作家」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

「きみの友だち」  重松 清 「今日金管の時、みんな話ししてくれなかったんだよ。」これが突然の告白なら、かなり衝撃受けるはず。ハナコの言葉。先日も、「お母さん、ハナちゃんが学校休みたいって言ったら、休ませてくれる?聞いてみるだけだよ!」 ... » more

おっちゃんの備忘録青い鳥
青い鳥 中学生の話が殆どですが、最近中学に入ってちょっとした壁にぶつかっている友人の話を聞きましたが、こんな大人(先生)が近くにいて、間に合ってくれればいいなと思います。ちょっと神出鬼没が過ぎる気がするけど。ちなみにおっちゃんは残念 ... » more

おっちゃんの備忘録気をつけ、礼。
気をつけ、礼。 教師と生徒に関する短編です。こういう作風に昔はまって一回飽きて、とんびを読んでまたはまりつつあります。気をつけ、礼。新潮社 重松 清 ユーザレビュー:惨めさや悔しさを見つ ...「先生」を軸にした8 ...ロックはロール?教 ... » more

シーア・コルボーン ‘奪われし未来’ 最近ではあまり「環境ホルモン」という言葉を聞かなくなりました。「環境ホルモン」の問題は解決されていません。‘奪われし未来’は「環境ホルモン」をテーマにした本です。‘奪われし未来’は化学物質による汚染が全地球規模にまで ... » more

山賊 ‘やさぐれぱんだ1’ 世の中には「山賊」を名乗る漫画家だか、情報起業家だかが描いた漫画が文庫化されたものが販売されています。‘やさぐれぱんだ1’は、そんな山賊氏の作品の書籍化第1弾です。‘やさぐれぱんだ’は山賊氏のホームページから派生して、文庫本 ... » more

スタンダール ‘赤と黒’ スタンダールの‘赤と黒’は、一人の青年が成り上がる過程を描いた小説です。主人公のジュリアン・ソレルはフランスのド田舎にある木材商の末っ子ですが、野心家でナポレオンのように歴史に名を残す人物になろうとします。主人公 ... » more
テーマ スタンダール さ行の作家 小説

おっちゃんの備忘録とんび
とんび 移動中に読んでしまった。3回くらい泣いた。移動中(機内)に読むにはふさわしくなかったな。ヤスさんにはしびれました。とんび角川グループパブリッシング 重松 清 ユーザレビュー:泣かせます。ヤスさん ...あかん・・・泣 ... » more

「今夜も宇宙の片隅で」 笹生陽子 今夜も宇宙の片隅で講談社 2009-07-01売り上げランキング : 284237Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明「ネットにアクセスしてる時って、無限の宇宙空間にほうりだされた小さな星になっている気がしない?」 ... » more
テーマ 笹生陽子 さ行の作家 おすすめ  コメント(2)

白ブタさんひとくちの甘能 酒井順子
タイトルとどっしりしたパンダの後姿にひかれて購入ちょっと怪しい感じのタイトルですが、なんのことはない、甘いものについての熱い(?)思いを綴ったエッセイ集です(笑)春・夏・秋・冬 と章がわかれて ... » more
テーマ さ行の作家

「天山の巫女ソニン」 (4)夢の白鷺 (5)大地の翼  菅野 雪虫 3巻で、北の強国巨山の女王イェラが登場し、物語はぐんと「半島の勢力情勢」みたいな感じになってこれからどっちにひっぱって行くのかな〜?と思いながら、4巻、5巻と一気に読んだ。ソニンという一人の少女を触媒として、三国の若い王 ... » more

天山の巫女ソニン5 大地の翼 菅野雪虫  このシリーズが完結のようです。いい意味で地味で、誠実な物語でした。ソニンを始めとする若い登場人物たちが、いろんな事件や苦難を越えて、少しずつ成長していく姿を、一歩一歩一緒に経験することができた。いいファンタジーだったなあ ... » more

世界がぼくを笑っても 笹生陽子 講談社 10代男子。このわけわからん生き物を笹生さんほど等身大に書ける人は珍しいと思う。10代男子はカッコ悪い。基本カッコ悪い不器用さの中にある、キラっと光るものを、掴みとる視線がとってもいい。中学2年。一番ダレる学年真っ只 ... » more
テーマ 笹生陽子 さ行の作家 ヤングアダルト

ローマ人の物語 (7) ― 勝者の混迷(下)新潮文庫 全然頭に入らない。。なんか入ってきたな〜と思って読んでたら、(上)を読んでた。2回目だということも気づかないほど頭に入ってこない。いったん休憩します。ローマ人の物語 (7) ― 勝者の混迷(下)新潮文庫新潮社 塩野 ... » more

ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上)新潮文庫 なかなか調子は出ません。函館山の頂上で霧が晴れるのを、、また暗くなるのを待ちながら読みました。ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上)新潮文庫新潮社 塩野 七生 ユーザレビュー:塩野さんの偏見。地中 ...重なる問題地中 ... » more

おっちゃんの備忘録わくらば追慕抄
わくらば追慕抄 わくらば追慕抄角川グループパブリッシング 朱川 湊人 ユーザレビュー:「わくらば日記」の続 ...わくらばシリーズの続 ...まだまだ続編がありそ ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ... » more

ジョーンズの大人向けファンタジー初期の作品です。内容(「BOOK」データベースより)見知らぬ異世界の牢獄に、いきなり放りこまれたエミリー。手探りで状況を分析するうちに、どうやらこの世界で権力を争 ... » more
テーマ 海外作家 さ行の作家

1954年、18歳で書き上げた「悲しみよ こんにちは」が世界的大ベストセラーを記録する。一躍時代の寵児となったフランス人作家フランソワーズサガン。彼女の波瀾万丈の生涯を描いた作品だそうです。18の若さで360億稼いだんで ... » more

「短劇」 坂木司 短劇坂木 司光文社 2008-12-17売り上げランキング : 12309Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明憂鬱な満員電車の中で。空き地に掘られた穴ぼこの底で。何かがあなたに、話しかけていますよ…。毒があって蜜も ... » more

夜の光 坂木司 新潮社 坂木さんの学園ものを、初めて読みました。それぞれ、飛びたい理由を抱えての高校生活。それを「ミッション」と呼びながら、自分の正体を知られないために潜伏する。この距離感、さらけ出さない加減が、「今」っぽくてお洒落な感じです。 ... » more

ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) 新潮文庫新潮社 塩野 七生 ユーザレビュー:5★「我々はあなた方 ...カルタゴの滅亡依然 ...歴史上稀な天才同士の ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ... » more

キャットとアラバスターの石 ケイト・ソーンダズ 三辺律子訳 小峰書店 猫ものには弱いです。見ると、ついつい読みたくなる(笑)この本も、猫がぎょうさん出てきそう・・という動機で読んだのですが、これがなかなか面白い作品でした。猫になってみたいわ・・といつもヒーターの前で爆睡してるうちの猫を見る ... » more

ローマ人の物語 (4) ― ハンニバル戦記(中) ローマ人の物語 (4) ― ハンニバル戦記(中) 新潮文庫新潮社 塩野 七生 ユーザレビュー:英雄同士の決戦戦争 ...第二次ポエニ戦役地 ...天才ハンニバルの登場 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ... » more

ローマ人の物語 (3) ― ハンニバル戦記(上) ローマ人の物語 (3) ― ハンニバル戦記(上) 新潮文庫新潮社 塩野 七生 ユーザレビュー:ハンニバル戦記史上に ...戦争家の真骨頂あのハ ...第1次ポエニ戦役とそ ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ... » more

ローマ人の物語 (2) ― ローマは一日にして成らず(下) なんとかローマは一日にしてならず(上・下)が終わった。つらかった。つぎのハンニバル戦記からは面白くなるんだろうと信じて進みます。ローマ人の物語 (2) ― ローマは一日にして成らず(下) 新潮文庫新潮社 塩野 七生 ユー ... » more

前に読んだ『ずっとお城で暮らしてる』 がおもしろかったので、読んで見ました心霊学者モンタギュー博士の誘いで集った三人の協力者。幽霊屋敷と恐れられる「丘の屋敷」で起こる数々の不思議な出来事。 ... » more
テーマ 海外作家 さ行の作家

柴田さんの特集ということで、つい買ってしまいました(笑)いやー、柴田さんの翻訳される本が、けっこうツボにはまる私には、ありがたい特集です。柴田さんの翻訳作品一覧が付いてる♪やっぱり、オースターは柴田さんじゃなきダメですし ... » more
テーマ 柴田元幸 さ行の作家 雑誌

「書店はタイムマシーン―桜庭一樹読書日記」 桜庭一樹 書店はタイムマシーン―桜庭一樹読書日記桜庭 一樹東京創元社 2008-10売り上げランキング : 58254Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明「きょうも早くおうちへ帰って本を読むのだ」 作家桜庭一樹は今日も1日、 ... » more

『魔法使いハウルと火の悪魔』 や 『クレストマンシー』シリーズなどで有名なダイアナ・ウィン・ジョーンズの1974年に出版された古い作品です(日本では2007年7月)。ハウルが86年で現在もまだまだ新作を発表し続けていることを思うと、彼女 ... » more
テーマ 海外作家 さ行の作家  トラックバック(1)

天空の巫女ソニン 4 夢の白鷺 菅野雪虫 講談社 このシリーズも、もう4巻目になりました。私、3巻読んだのに、レビュー書いてないんですよねえ。3巻では、ソニンとイゥオル王子は、北の国・巨山に向かいます。沙維とは全く違う風土である巨山を統べているのは「狼殺しの王」と呼ばれる、 ... » more

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 近所の方からのおすすめ。曰く「最初はキツいかもしれませんが、、、」う〜んキツいぜんぜん進みませんが、がんばってボチボチ読みます。ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫新潮社 塩野 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 05:05

楽天市場のおすすめ商品

「さ行の作家」のブログ関連商品

» 「さ行の作家」のブログレビュー をもっと探す

「さ行の作家」ブログのユーザランキング

千夜一夜 2 位.
千夜一夜

テーマのトップに戻る