誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    催眠術

催眠術

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「催眠術」のブログを一覧表示!「催眠術」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「催眠術」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「催眠術」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

催眠魔女の虜催眠道化師(59)
「立花さん!!」病室に三枝枝里子がやってきた。「三枝さん……」立花澪奈の声は今にも消えそうな声であった。その目は泣き腫らしおり、すっかり憔悴しきっていた……「警視庁の記者クラブから、事件の事を聞いたわ……まさかとは思ったけど ... » more
テーマ 女性催眠術師 小説 催眠道化師 催眠術

催眠魔女の虜催眠道化師(58)
秀人の緊急手術は成功した。だが、まだ意識は戻らず、予断を許さない状況が続いていた……立花澪奈は病室で秀人の手を握りながら、ひたすら回復を祈った。〈兄さん……秀人さんを助けて……お願い……〉亡くなった兄、『晴彦』に秀人の回復を ... » more
テーマ 女性催眠術師 小説 催眠道化師 催眠術  コメント(2)

催眠魔女の虜催眠道化師(57)
秀人が沢田の恋人の、『北川愛理』に腹部をナイフで刺された!!突然の愛理の凶行に、沢田は我が目を疑った。まさか、愛理が秀人を刺すとは……「神山っ!!」沢田は刺された秀人の元に行き、苦しむ秀人を抱きかかえた。刺された腹部から夥しい血が流 ... » more
テーマ 女性催眠術師 小説 催眠道化師 催眠術

催眠魔女の虜催眠道化師(56)
秀人は沢田の罠に嵌った!!そして、己の顔面に沢田の渾身の右ストレートが迫る!!秀人は迫り来る拳に耐えるため、歯を食いしばった。とどめに放ったパンチの打ち終わり狙われた。もはや避けることは不可能であった。ただ、耐えるしかない…… ... » more
テーマ 女性催眠術師 小説 催眠道化師 催眠術

男性の目からポロポロと涙がこぼれてきた……唇を震わせ、心の中に溜め込んでいた感情が爆発しそうになっていた。「聞かせなさい……お前の心の闇の叫びを!!この黒きマントが全てを包むだろう……」絹子は男性に近づいていき、男性を覆い尽くすよう ... » more
テーマ 女性催眠術師 短編 催眠小説 催眠術  コメント(4)

私の名前は、『黒井絹子』……私には二つの顔がある……昼は冴えない派遣社員……そして、もう一つの顔は、『催眠マントセラピスト』としての顔……『催眠マントセラピー』誰もが初めて聞くだろう……私は世界で唯一人の、『催眠マントセラピスト』… ... » more
テーマ 女性催眠術師 短編 催眠小説 催眠術

催眠魔女の虜催眠道化師(55)
「来いっ!!神山っ!!」沢田が秀人を挑発するように叫んだ。沢田は秀人と打ち合う覚悟を決めている。その声に触発され、秀人はもう闘争本能を抑えることが出来なかった。打ち合いという展開になり、秀人のアドレナリンは全開で放出された。 ... » more
テーマ 女性催眠術師 小説 催眠道化師 催眠術

催眠魔女の虜催眠道化師(54)
沢田は秀人と自分には、大きく戦闘能力に差があることを痛感していた…現役時代は二度勝ったが、今のその頃の秀人では無かった……自分は引退してから、荒んだ生活を送っていた……初めてのタイトルマッチで、チャンピオンに顎を砕かれ、その ... » more
テーマ 女性催眠術師 小説 催眠道化師 催眠術

「もしもし、冴子。やっと、場所と日程が決まったわ!!」冴子の携帯に女性から連絡があった。それは、冴子が待ち望んでいたショーの日程と場所の知らせだった。「良かった!!やっと決まったのね!!もう、待ちくたびれたわよ……欲求不満が溜まっち ... » more
テーマ 女性催眠術師 催眠妖女達の宴 催眠術

催眠魔女の虜催眠道化師(53)
秀人と沢田の三度目の対決が幕を開けた。お互い、数秒睨み合ったあと、それぞれファイティングポーズをとった。秀人と沢田は現役時代は同じ階級だったが、体型もファイティングスタイルも全く違っていた。身長は沢田が秀人より5センチ高い。そして、 ... » more
テーマ 女性催眠術師 小説 催眠道化師 催眠術

催眠魔女の虜催眠道化師(52)
秀人と沢田は、アパートの近くにある人気の無い場所に向かって歩いていた。道中、二人は一切口を利かなかった。三度目の対戦……しかもリングの上ではなく、観客もいない場所での戦い……二人の胸中はどんな思いなのか……秀人の心は昂ぶって ... » more
テーマ 女性催眠術師 小説 催眠道化師 催眠術

催眠魔女の虜催眠道化師(51)
秀人が帰ったあと、立花澪奈は一人でクリニックに残り考えを巡らせていた。先ほど秀人に催眠術をかけて失っている昨日の記憶を呼び戻してみたところ、やはりあの時、亡くなった兄の晴彦の魂が秀人に乗り移ったとしか思えなかった。しかし、そんな現象 ... » more
テーマ 女性催眠術師 小説 催眠道化師 催眠術

催眠魔女の虜催眠道化師(50)
秀人が立花澪奈の兄、『立花晴彦』の名前を口にした。やはり、兄の魂はあの時、秀人に乗り移ったのだ。「秀人さん……その、『晴彦』という人の顔はわかりますか?」立花澪奈は顔がわかるか聞いて見ることにした。顔の特徴が、『晴彦』と一致すれば兄 ... » more
テーマ 女性催眠術師 小説 催眠道化師 催眠術  コメント(2)

催眠魔女の虜催眠道化師(49)
『澪奈を守ってくれ!!』『闇の催眠術師の正体は女だ!!』立花澪奈の亡くなった兄が秀人に残したメッセージに二人は驚きと戸惑いの表情を見せた……「…………」二人はしばし沈黙した。言葉が出ないほどの衝撃だった。「秀人さんが聞いた声 ... » more
テーマ 女性催眠術師 小説 催眠道化師 催眠術

催眠魔女の虜催眠道化師(48)
翌日、いつものようにクリニックで患者の診察を行っていた立花澪奈だったが、やはり昨日の不思議な出来事が気になっていた……あれは本当に兄だったのだろうか?亡くなった兄の魂が秀人に乗り移ったのか?そんな思いが頭の中を巡っていた。し ... » more
テーマ 女性催眠術師 小説 催眠道化師 催眠術  コメント(4)

催眠魔女の虜催眠道化師(47)
秀人は、立花澪奈に催眠術をかけられて、自分の事をすっかりピエロだと思い込んでいた。立花澪奈が準備を終えると、二人はあの公園へと向かった……二人が出会った公園に……「秀人さん。今日はよろしくね!!子供達をうんと楽しませましょう ... » more
テーマ 女性催眠術師 小説 催眠道化師 催眠術  コメント(2)

催眠魔女の虜催眠道化師(46)
パーティーの翌日、秀人は坂崎にパーティーで得た情報をいつもの焼き鳥屋で一杯やりながら伝えた。「そうですか……反町のバックに、『政界の大物』がいるのですか……」秀人は三枝から、反町のバックには、『政界の大物』がいるという情報を入手した ... » more
テーマ 女性催眠術師 小説 催眠道化師 催眠術

催眠魔女の虜催眠魔女と野獣(7)
突然、謎の集団に襲われた響子と公平だったが、駆けつけた警察によって一通り事情を聞かれた後、自宅へと戻った。帰りの車中、響子は黙ったまま一言もしゃべらなかった……襲撃によほどショックを受けたのであろう……いつものように響子の自宅の安全 ... » more
テーマ 女性催眠術師 催眠術 小説 催眠魔女と野獣  コメント(2)

催眠魔女の虜催眠魔女と野獣(6)
公平と襲撃してきた男達の立場は完全に逆転していた。襲撃してきた男達は狩りを行うはずだった……しかし、獲物を狩るはずが、自分達が、『木羽公平』という一匹の野獣の獲物になってしまったのだ……圧倒的な戦闘力の差……このゴリラのような大男を ... » more
テーマ 女性催眠術師 催眠術 小説 催眠魔女と野獣

催眠魔女の虜催眠魔女と野獣(5)
突然現れた、バイクの集団は響子と公平の乗る車を取り囲み、何処かへと誘導していた…… 「公平さん……」 響子は不安でいっぱいな表情だった…… 「心配ありません… すぐに襲ってくるわけではなさそうです。 少し様子を見ます……」 ... » more
テーマ 女性催眠術師 催眠術 小説 催眠魔女と野獣

催眠魔女の虜催眠魔女と野獣(4)
公平と響子はこれから行われる打ち合わせ場所に車で向かっていた。今日は先日行われたパーティーの主催者が、響子を自社のイメージキャラクターとして起用したいと申し出たため、その会社のある場所へと二人で向かっていた。その会社名は、『フレンド ... » more
テーマ 女性催眠術師 催眠術 小説 催眠魔女と野獣

催眠魔女の虜催眠魔女と野獣(3)
公平の鍛え抜かれた身体を使い、『催眠魔女美崎響子』の演奏が始まった。それは、催眠術によって身体の感覚を通常の何倍も敏感にさせられ、その敏感になった身体は触れただけで極上の快感が全身を駆け巡る……そして、楽器となった公平の身体 ... » more
テーマ 女性催眠術師 催眠術 小説 催眠魔女と野獣

「これお願いねぇ〜〜……今日は合コンなの!!」女性達は悪びれた様子も見せず、同じ部署の同僚の、『黒井絹子』に仕事を押し付けて、さっさと退社していった。『黒井絹子』は先月、派遣社員としてこの会社に派遣されてきた。仕事を押し付けられた絹 ... » more
テーマ 女性催眠術師 短編 催眠小説 催眠術  コメント(4)

催眠魔女の虜催眠魔女と野獣(2)
仕事を終え、響子と公平は響子の自宅のマンションに帰ってきた。 公平がいつものように、部屋の隅々まで点検して安全確認をする。 「大丈夫です!!異常ありません。 今日もお疲れ様でした」 部屋の安全確認を終え、響子は中へと入っていく。 ... » more
テーマ 女性催眠術師 催眠術 小説 催眠魔女と野獣

催眠魔女の虜催眠道化師(45)
「反町さん。昨日のパーティーの成功、おめでとうございます!!」反町と工藤は、反町の自宅のタワーマンションで祝杯をあげていた。「おう!!昨日のパーティーは大成功だったぜ!!政財界との繋がりも、さらに強めることが出来たしな!!おいっ!! ... » more
テーマ 女性催眠術師 小説 催眠道化師 催眠術

催眠魔女の虜催眠道化師(44)
立花澪奈が、『催眠魔女』に変化しそうになったので、秀人はあわてて立花澪奈の元から逃げ出した。「ふぅ〜〜……危なかった……突然、変化するから気が気でないよ……」秀人は間一髪といったところだった。「神山さん!!」秀人が一息ついた ... » more
テーマ 女性催眠術師 小説 催眠道化師 催眠術

催眠魔女の虜催眠道化師(43)
紹介を終えた美崎響子は、ゆっくりと壇上に用意されたピアノへと向かっていった。その可憐な姿は招待客達全ての視線を釘付けにしていた。秀人は響子が、『催眠魔女』であることを聞かされて、何とも不思議な気持ちであった。立花澪奈から、『催眠魔女 ... » more
テーマ 女性催眠術師 小説 催眠道化師 催眠術

催眠魔女の虜催眠道化師(42)
「とりあえず、反町が接触する人をよく観察したほうがいいかもしれないね。その中に、黒幕の催眠術師がいるかも知れないから」作戦通り、反町にショックを与えた二人は、反町の行動を観察することにした。「そうね。この会場に、黒幕の催眠術師がいる ... » more
テーマ 女性催眠術師 小説 催眠道化師 催眠術  コメント(2)

催眠魔女の虜催眠道化師(41)
秀人と立花澪奈はパーティーが行われるホテルの会場へと向かった。会場となるホテルは都内有数のホテルであり、反町の会社の創立記念パーティーということで、多くの名士や著名人が参加することになっていた。「あの……澪奈……俺、パーティーとかに ... » more
テーマ 女性催眠術師 小説 催眠道化師 催眠術

催眠魔女の虜催眠道化師(40)
「はぁ〜〜〜……何か、とんでもない事になっちゃったなぁ〜〜……」パーティー当日、ビルの前で立花澪奈を待つ秀人は、気が重かった……以前、友人の結婚式の時に作った、安い一張羅のスーツに身を包みながら、溜息ばかりついていた……今日 ... » more
テーマ 女性催眠術師 小説 催眠道化師 催眠術

 

最終更新日: 2016/11/15 04:08

「催眠術」のブログ関連商品

» 「催眠術」のブログレビュー をもっと探す

「催眠術」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る