誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    亀田3兄弟

亀田3兄弟

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「亀田3兄弟」のブログを一覧表示!「亀田3兄弟」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「亀田3兄弟」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「亀田3兄弟」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

WBAフライ級で2度目の防衛を果たし、そのタイトルを返上した大毅は、2階級制覇を目指す前にノンタイトル戦を行う。その相手について議論が挙がっている。ヘスス=マルチネス(メキシコ)は30代半ばのベテランであり、過去には現WBAスーパーフライ級 ... » more

大毅はスーパーフライ級に戻ると思われたが、2度目の挑戦もフライ級だった。その理由は、WBA王者・坂田を陥落させたデンガオセーンの不安定ぶりである。デンガオセーンの初防衛戦は地元に久高寛之を迎えて行われたが、国内のあらゆる立場の人間がグルにな ... » more

興毅がフライ級に戻ってきて、WBAでは指名挑戦権を獲得し、王者・パーラvsジムの先輩・坂田のタイトルマッチを見守っていた。坂田が奪取しても、WBCで上位にランクされている興毅の為に、王者・ポンサクレックがどれほど法外なファイトマネーを要求し ... » more

亀田興毅、大毅は日本人として前人未到の記録を成し遂げた。JBCが加盟しているWBA、WBCの同一階級をジムメイトで独占したのは初めてである。また、それを兄弟で成し遂げた。兄弟での世界王者も史上初である。興毅の2階級制覇6人目だが、これま ... » more

7人の2階級制覇者を出しているが、3階級制覇者は出ていなかった。最初の2階級制覇者・ファイティング原田、3番目の制覇者・井岡弘樹の2人のみ3階級制覇を狙ったが、実現しなかった。やはり3階級制覇の道のりは険しい。それを興毅が成し遂げた。もう誰 ... » more

トリプルアクセルならぬトリプルKOにはならなかったようですが・・・。亀田興毅、亀田大毅、亀田和毅が3人揃って、さいたまスーパーアリーナで試合を行ったそうです。「亀田祭り2010」なんですと、初めて知りました。 ... » more

大毅は完璧な内容で判定勝利をもたらした。ユナニマス・デシジョンのポイント差は最大で8ポイント差である。6位の坂田は三十路を迎えているが、決して衰えてはいない。それほどの相手をここまでも完璧な内容で退けたのだから、大毅の実力は認めざるを得ない ... » more

今夜行われる因縁の世界タイトルマッチ。坂田にとっては約1年10ヶ月ぶりの返り咲きの機会であり、大毅にとっては念願の初防衛の機会である。かつてのジムメイトであった2人だが、大毅は自宅でのジムワークに拘り、顔を合わす機会は少なかった。共 ... » more

亀田ジムの再開が認められた。史郎氏の恫喝問題を重く見たJBCは厳罰を与えるつもりだったが、五十嵐会長、史郎氏は自ら罰を受けることで潔さをアピールして罰の軽減を伺っていたが、そんな甘い考えは通用しなかった。五十嵐会長は無期限のマネージャー ... » more

WBCの聴聞の為にメキシコ入りしている史郎氏は、珍しく神妙に話を聞きいれていた。そこで下された処分は90日間の試合会場の出入り禁止である。すでにボクシングに関する全てのライセンスを手に入れられない状況になっている。つまりどう転んでも関係者に ... » more

史郎氏の恫喝問題の審議は13日に行われた。セコンドライセンスを無期限停止中での暴挙に酌量の余地は無いものと思われていた。それを止められなかった五十嵐会長の責任も重く、最悪の場合は東日本ボクシング協会から除名処分も検討されていた。しかし12日 ... » more

興毅vsポンサクレックの統一戦のリングで、ポンサクレックが同一ラウンドでの2度のバッティングの際、レフェリーは2度の減点を示した。しかしルール上、故意でない限りは同一箇所の負傷に対して減点の追加は無い。それを誤ったのはレフェリーであり、それ ... » more

興毅の目標は3階級制覇である。だから今回の王座陥落に対してリベンジは無いものと思われた。しかし試合内容に問題があった。ポンサクレックに対する2度のバッティングである。WBCルールでは偶然のバッティングの際に、負傷の無い選手から1点の減点が与 ... » more

腐っても鯛、人気が落ちても亀田である。亀田人気が下火になったのは数年前である。大毅の世界初挑戦の際には、内藤陣営に割り当てられたチケットがすぐに完売になったのに対して、大毅陣営は当日まで売れ残っていた。これは両陣営の割り当てに差があった ... » more

正規王者・亀田興毅の初防衛戦は暫定王者・ポンサクレックとの王座統一戦である。ポンサクレックの高い技術は相変わらずである。王座を獲得してから既に9年が経過しており、内藤大助にタイトルを奪われたのが3年前である。そして暫定タイトルを獲得した ... » more

内藤大助を破り、晴れて2階級制覇を成し遂げた興毅である。WBAライトフライ級を制した3年7ヵ月前には、その苦戦ぶりと多くのアンチ亀田により、八百長試合と蔑されていたが、本来のフライ級に戻ってからは技術の高さを見せつけ、無気力なタイ人選手ばか ... » more

私は積極的にボクシングネタを披露しているが、それも5ヶ月間の中断期間を要してしまった。その間に亀田興毅、大毅は世界王者になり、注目されていた内山高志もKOで奪取した。内藤は王座を負われた後に進退が注目されていたが、ここにきて興毅へのリベンジ ... » more

史郎氏がJBCに対して行ってきた数々の悪行は前回述べた通り。決して心から詫びることのできない史郎氏は、やくみつる氏やガッツ石松氏との対談でも屈託の無い姿を見せた(やく氏の執拗な挑発と、これを想定して組んだプロデューサーに落ち度があると思うが ... » more

無期懲役=懲役の満期を迎える日が決まっていないだけであり、一生ムショから出られないわけではない。無期停学=停学期間が決まっていないだけであり、多くの場合が年度末に解除される。つまり無期限というのは永久的というわけではない。亀 ... » more

興毅はフライ級での世界挑戦が叶わない為にライトフライ級で挑戦し、見事タイトルを獲得した。減量苦の為に即座に返上するつもりだったが、判定を巡っての賛否があまりにも出た事により、再戦に応じた。ここで充分すぎるほどの実力を発揮し、意気揚々と本来の ... » more

待ちに待った内藤vs興毅の世界タイトルマッチが行われるらしい。まだ完全に決定していない理由はある。興毅はWBCランクに入っていない。ランクに入っていない選手がタイトルマッチに出場可能なのだろうか?可能である。WBCはこれまで多くのランク外の ... » more

最近は他の人の記事に目を移すことが多い。最も多いのが大毅の世界挑戦についての是非であり、指名挑戦権を保持している興毅の実力の疑問である。やはり「腐っても鯛」「人気が落ちても亀田」である。亀田以外の記事について見てみると、やはり最近乱立する暫 ... » more

なんてことだ。やはり予想通り、大毅の世界再挑戦は決定してしまった。大毅は世界ランクを保持しているので、もちろん世界挑戦の資格はある。しかしあの程度の実績で得た世界ランクに何の価値があるのだろうか?大毅に限らず、日本人選手の多くが安易 ... » more

大毅は今月末に世界前哨戦が決定し、その勝利で世界に挑む。挑戦資格はあるが、何のタイトルも獲得せずに、下の階級の世界ランカーから奪い取ったランク程度で挑むにはキャリア不足である。世界前哨戦とは名ばかりで、実際にはこの後に数戦の修羅場を潜ってか ... » more

今月下旬から来月上旬にかけて、興毅、大毅がそれぞれノンタイトル戦を行う。先ずは大毅が今月30日に、石田vsアベンダーニョのアンダーカードに登場する。そして9月5日には興毅がノンタイトル戦を行う。先ずは興毅のノンタイトル戦だが、これは ... » more

2人の兄と同様、コンスタントに試合をこなす和毅は、日本時間の27日にメキシコで第8戦目(6回戦)を行った。すでに6回戦レベルを超えている事は、先日の雲林戦で証明されている。本場メキシコでも実力は充分認められていると思うのだが、和毅は2人 ... » more

WBAフライ級王者・デンガオセーンが日本での防衛戦を希望し、両陣営の交渉はまとめの段階までに至った。しかしデンガオセーンのマネジメントを巡っての内部分裂が勃発し、それぞれが異なる相手と交渉した。防衛戦の相手を升田、亀田興毅といった二重契 ... » more

小堀が引退を表明した時から少し期間が空いている。一時は再起を表明したが、その後は音沙汰無しだった。連戦の故障から首、背中に慢性的な痛みが絶えなかった。ベストコンディションでリングに上がれない状況から引退を決意したと思われる。伝統のあるラ ... » more
テーマ 小堀佑介 亀田3兄弟 ボクシング

すでに6回戦レベルではあるが、これまで主にメキシコで行われた試合は4回戦であり、今回の日本2度目のリングが初の6回戦だった。対戦相手の雲林龍広は既に数戦の6回戦を経験しているが、和毅はそれを翻弄する内容だった。2人の兄はKOタイムの最短 ... » more

先月、チャンピオンカーニバルが終わり、何階級かで王座が交代した。その中でライト級、スーパーライト級は予想外の王座交代だった。新井田豊が去った後の横浜光ジムの看板選手であるライト級王者・石井一太郎、スーパーライト級王者・木村登勇。彼等の陥落に ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 04:06

「亀田3兄弟」のブログ関連商品

» 「亀田3兄弟」のブログレビュー をもっと探す

「亀田3兄弟」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る