誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    孔子

孔子

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「孔子」のブログを一覧表示!「孔子」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「孔子」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「孔子」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

湯島聖堂(上)、アーチ構造・シンシ梁に似た聖橋。 思想的手錠・反動の聖人たる孔子 [第232回]日本の教会建築(13)の後半の1、ニコライ堂と湯島聖堂と聖橋(2)「湯島」というと、学問の神さま・湯島天神とか昌平坂学問所・湯島聖堂とかがあり、北には東大の本郷キャンパス、南には代々木と並ぶ浪人の街・御茶ノ水があって、「文 ... » more

「罪を悪(にく)んで人を悪まず」という言葉がある。広辞苑によれば、「犯した罪は罪としてにくむべきものだが、その罪を犯した人までもにくんではならない」という意味だそうである。犯した罪をにくんでも、その罪を犯した人をにくんではならな ... » more
テーマ 罪をにくんで人をにくまず 『孔叢子』 孔子

C.R.A.Cシンパ、遅まきながら朝鮮学校の教育の異常性に気付く 論語 (岩波文庫)岩波書店 Amazonアソシエイト by 反日ハンター・神功正毅です。C.R.A.Cシンパ、清義明が遅まきながらではありますが朝鮮学校の教育の異常性に気付いたそうです。Twitter/清義明https:// ... » more
テーマ 朝鮮学校 しばき隊界隈 孔子

「折衝」という言葉の由来について 「言葉は過去からやってくる」と主張する西部邁先生の顰に倣い、折を見て言葉の根源や由来について考察を加えていこうと思う。(【特別寄稿 西部邁 】言葉は過去からやってくるhttp://asread.info/archives/428)そ ... » more
テーマ 西部邁 中国古典 孔子

日本史の「迷宮入り」11 どっちが若い?釈迦と孔子 歴史の二択クイズです。問)次の二人は、どっちが若い?@インド・釈迦A中国・孔子少なからぬ影響を与えた人物ということもあって、お二人の日本での知名度は、確かに高いものがあります。ですが、どうです、いきなり正面から、こんな風 ... » more
テーマ 孔子 釈迦 儒教

独り言インドネシア(^_-)-☆惑いっぱなし
(^_-)-☆惑いっぱなし 1729今になって、大いに迷っている、学問の志で迷っているのではない、どうしたら、インドネシア製の製品が売れるようになるかということです。せっかくのチャンスなので、できるだけ多くのインドネシア人の若者に、インドネシアに無い技術を伝えて、あ ... » more
テーマ 不惑 孔子 論語

勝亦急行どっと混む?不惑
不惑 かの孔子曰く「我、四十にして惑わず」…。うそ〜ん!?駅長は、四十にしてますます「惑いまくり」ですよー!?ホントは「惑わず」よりも「窓際族」になりたい駅長ではあるが…。解雇規制が緩くなる今の世の中に ... » more

仕事で「論語」を拾い読みしていたら、こんな言葉に当たりました。紀元前500年前も、子どもの世代というのは、同じことで悩んでいたんだなあと思いました。【書き下し】子の曰く、父母に事(つか)うるには幾(ようや)くに諫(いさ)め、 ... » more
テーマ 老親 孔子 論語

足利学校 《栃木県》 日本最古の学校で国指定史跡の「足利学校」に行ってきました。江戸・明治・大正・昭和・平成・と継承されてきた足利学校のシンボルの「学校門」。堂々ととしたこの門を、志の高い若者たちが胸躍らせて潜っていたのでしょう。学生の講 ... » more

青島紀行(15) q.曲阜のオナガ/r.突然セレモニー/s.セレモニー 青島紀行(15)q.曲阜のオナガ/r.突然セレモニー/s.セレモニー 青島ツアー3日目は、濃い霧でしたが、4日目は、朝から雨が1日中降り続けました。4日目の予定は曲阜の観光で、曲阜は「論語」で有名な、儒教の祖師である孔子を祀る孔廟、孔子 ... » more
テーマ 曲阜 青島ツアー 孔子

「孔子はこう考えた」山田史生著 (筑摩書房 819円) 「孔子はこう考えた」山田史生著 (筑摩書房819円)【書籍・書評】日刊ゲンダイ2012年1月24日 掲載http://gendai.net/articles/view/book/134792 <孔子の言葉を飴 ... » more
テーマ 孔子 書籍・書評 日刊ゲンダイ

孔子にコミュニケーション能力を学ぶ 人が私のことを知らないということなどは気にかけず、私自身が人のことを知らないということを気にかけよ。by孔子------------------------------------------自己重要感を満た ... » more

世界の潮流はこうなる――激震! 中国の野望と民主党の最期 大川隆法著(幸福実現党発行) 民主党政権がアメリカと距離を取り中国にすり寄れば日本は戦場となる。理想の政治を説いた人類の教師孔子が、国際政治の巨人キッシンジャーの守護霊が緊急霊言!!まえがき本書は、今後の世界の潮流がどうなるかを、中国側か ... » more
テーマ 孔子 キッシンジャー 政治

「中庸」と云う名の平凡 孔子は「中庸」が大切だと説いている。-----------------------------『50代からの生きかた上手』の著者である斎藤茂太氏は「中庸」とはどちらにも片寄らない中くらいであり、つまりは「平凡」の ... » more
テーマ 孔子 悪い社会 良い社会

独行録 まだ見ぬ中国社会について
将来は中国に住みたいといっている知人がいる。その理由を聞いてみると、日本社会に特有の、他者に気を使い、また集団のルールを重んじる、ある種のウェットな空気が息苦しいのだという。その点、中国人というのは一般的にストレートだから、こちらの ... » more
テーマ 孔子 中国人

きょう9月28日は孔子の誕生日、台湾では『教師節』といって模範的な教師を表彰したりさまざまな孔子をしのぶ行事が催されるそうです。孔子は魯の襄公21年の夏正八月二十一日の生まれ、それが紀元前551年の今日だそうです。 ... » more
テーマ 周易ごよみ 孔子 易の基礎知識

終わりなき旅中庸
久しぶりに中庸という言葉を聞きました。改めて辞書をひいてみると、■考え方・行動などが一つの立場に偏らず中正であること。過不足がなく、極端に走らないこと。また、そのさま。とありました。人である限り中庸であること ... » more
テーマ 中庸 孔子 論語

西郷隆盛 孔子の血統
孔子の第七十七代目の子孫、台湾の孔徳成氏が10月28日に88歳で亡くなられました。孔徳成氏は、孔子の出身地でもある山東省曲阜の生まれで、国民党が共産党軍に敗れ、台湾に渡った際、行動をともにしたのだそうです。シナの天下を争う中で、中 ... » more
テーマ 孔徳成 孔子 中国

新札の肖像に孔子を。日本史を振り返ってみても、このことは見当違いな考えではありません。これからの日本の政治家は、たとえば西郷隆盛から多くを学ぶべきですが、今後中国とますます近密な関係を結ばなければならない経済人は、渋沢栄一から多くを ... » more
テーマ 孔子 お札の肖像 日本の安全保障問題

西郷隆盛には、福沢諭吉と本居宣長という正反対の思想を(しかも聖徳太子の和の思想をも)一身に体現しているようなところがあるのですが、彼らには共通する、精神の背骨となっている思想がありました。それが実は孔子の思想です。福沢は「孔孟は稀有 ... » more
テーマ 孔子 西郷隆盛 お札の肖像

重ねる日々の羽ばたき  友あり 
友あり  オリンピックが無事開幕。「朋(とも)あり遠方より来るまた楽しからずや」写真は、わたしが5月に撮影。クアラルンプル国際空港の祈りの部屋。ムスリム(イスラム教徒)のためのもの。 ... » more

夏になり、畑や田んぼの仕事がひと段落してしまって、毎日暑い家でぼ〜っと過ごしています。こうやって時間をもてあましている時の、私の過ごし方...それは「勉強」です。もちろん、お掃除やお料理などの家事も毎日やっているんですけ ... » more
テーマ カタカムナ 孔子 論語  コメント(1)

西郷隆盛孔子の末裔
昨日のたかじんの「そこまで言って委員会」のメインテーマは中国国家主席胡 錦濤の来日にあわせて、中国問題がテーマとなっておりましたが、中国側の主張者として新聞チャイニーズドラゴン主宰の孔健氏がゲストとして招かれていました。というよりも、話を聞 ... » more
テーマ たかじんの「そこまで言って委員会」 孔子 中国

四字熟語の問題です。「焚書坑( )」の( )に入るのは「需」という字? ●●●★日本語★●●●問題:●漢検準一級の問題集から拾った四字熟語の問題です。次のうちで正しい記述はどれでしょうか?□ [い]「焚書坑()」の()に入るのは「需」という漢字である□ [ろ]「泡沫夢()」の()に入るのは「幻」と ... » more

孔子の因果が子孫にたたる 「日本との戦争は避けられない」 孔健著/幻冬舎 2006.1.25発行中国で盛り上がっている反日が戦争の導火線になりつつあることを憂い、互いの信頼回復への道を模索する。著者は孔子の第75代直系子孫と称するジャーナリスト。中国人の ... » more
テーマ 書評 孔子 中国

古の賢人孔子が「斉の桓公は良い政治をした」という。では恒公とは如何なる人物か。桓公が料理人の易牙に「わしは今まで、人間の子供を食べてことがない」といい、易牙は自分の子供を蒸し焼きにして供した。そのおかげで大臣まで上り詰める。しかし、宰相管仲 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 03:10

「孔子」のブログ関連商品

» 「孔子」のブログレビュー をもっと探す

「孔子」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る