誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    博物館・美術館

博物館・美術館

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「博物館・美術館」のブログを一覧表示!「博物館・美術館」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「博物館・美術館」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「博物館・美術館」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

『タイ〜仏の国の輝き〜』展に行ってきました@東京国立博物館 日タイ修好130周年を記念して7月4日(火)〜8月27日(日)の期間、上野の東京国立博物館にて『タイ〜仏の国の輝き〜』展が開催されています。この展覧会では、タイ族前史から現王朝のラタナコーシン朝まで、選りすぐりの名品によって、タイ仏 ... » more

奈良国立博物館の源信展で地獄めぐり!! 奈良で生まれ、比叡山で修行を積んだ平安時代の僧侶、恵心僧都源信(えしんそうずげんしん、942〜1017)の千年忌特別展「源信地獄・極楽への扉」が奈良国立博物館で始まりました。源信は地獄と極楽の世界をわかりやすく描いた「往生要集( ... » more

シロフクロウ、メゾチント 天170715生田宏司銅版画展。ほかに、シマフクロウ、カワセミ、スズメ、ルリビタキあり。 ... » more
テーマ 博物館・美術館 シロフクロ

ドクターイエローの軌跡@リニア・鉄道館 リニア・鉄道館で開催されている『ドクターイエローの軌跡』を見に行ってきました。この企画展では、ドクターイエローの新幹線開業時からの歴史や、各種計測技術の進化などを映像やパネルで説明したり、普段は中に入ることができないドクタイエロー( ... » more

青谷上寺地遺跡展示館-後編(鳥取県鳥取市) 「弥生人の脳」と言うショッキングなパネルが目を引きます。青谷上寺地遺跡では、少なくとも109体を超える人骨が発見されその内の三体から、脳の一部が奇跡的に残っていたことが発見されたとのこと。ここ ... » more

青谷上寺地遺跡展示館-前編(鳥取県鳥取市) 鳥取市の東部以前から訪れたいと思っていた「弥生の地下博物館」と呼ばれている青谷上寺地遺跡を訪れるべくその前に、青谷上寺地遺跡への理解を深めるため、近くにある出土された遺物を展示している「青谷上寺地遺跡展示館」に立ち寄ってみま ... » more

本間美術館の白ツツジ GW明け、猫の手も借りたい日々をやり繰りして、東北出張へ(平成29年5月中旬)。盛岡、秋田(Yさん、夕食に付き合ってくれて、ありがとう(*^_^*))を経て、最後に酒田に立ち寄り、顧問先様の副部長に昇進されたSさんの豪華アテンド付き ... » more

風薫る伊予 D宇和島城と伊達博物館 宇和島の街では、隅々から、宇和島城の天守を仰ぎ見ることができます。その宇和島城に登城しました(平成29年5月上旬、愛媛県宇和島市、国史跡、日本百名城)。(写真は、二の門跡付近から望んだ現存天守と本丸石垣)宇和島城は、 ... » more

24年ぶりの日本での公開、バベルの塔展@東京都美術館 東京都美術館へブリューゲルの傑作「バベルの塔」を見に行ってきました。画面いっぱいにそびえたつ塔の迫力。それでいて、虫眼鏡で覗きたくなるほど緻密でリアルな細部の描写は、見事としかいいようがありません。バビルの塔展では、副題に「 ... » more

山田洋次ミュージアム(東京都葛飾区) 「寅さん記念館」の道を挟んだ向かいには山田洋次監督の功績を称える「山田洋次ミュージアム」があります。「寅さん記念館」から陸橋で結ばれていて、二階が入口になっています。入口では、山田監督の胸像が出迎えて ... » more

「寅さん記念館」-後編(東京都葛飾区) 寅やを忠実に再現したミニチュアが飾られていて・・・ほんと、細かなところまで目を引きます。二階には寝っ転がった寅さんの姿を見ることができます。裏庭や朝日印刷の建物も再現されています。奥に ... » more

「寅さん記念館」-前編(東京都葛飾区) 二年半前に訪れた際は運悪く、「寅さん記念館」は休館日だったので入館することができませんでした。と言うことで、今回は、とても楽しみにしておりました。13年前に訪れて以来二度目です。ニッコリ笑った寅さんが ... » more

ユネスコ無形文化遺産に登録された長浜曳山祭が行われる長濱八幡宮伝来の聖観音菩薩立像@観音ハウス 久しぶりに上野にある『びわ湖長浜KANNON HOUSE』に行ってきました。今お越しになっている観音さまは長浜城歴史博物館の「聖観音菩薩立像」です。元々は北門前観音堂にいらっしゃったのですが、観音さまをお守りしてきた観音講の講員 ... » more
テーマ 博物館・美術館 びわ湖長浜 KANNON HOUSE 近江・若狭の社寺

関東で相次いで開催される二つの運慶展@東京国立博物館と神奈川県立金沢文庫 2017年は慶派イヤーで、今は奈良国立博物館で快慶展が開催されていますが(6月4日まで)、秋には東京国立博物館で運慶展が開催されます。(2017年9月26日〜11月26日まで)ところが、年が明けてすぐの平成30年(2018年)1月1 ... » more

『特別展快慶〜日本人を魅了した仏のかたち』に行ってきました@奈良国立博物館 鎌倉時代を代表される仏師として運慶と並び称されることもある快慶。そんな快慶の代表的な作品を一堂に集めた展覧会『特別展 快慶 日本人を魅了した仏のかたち』が、奈良国立博物館で開催されています。運慶が力強いリアルな仏像を追い求めたのに対 ... » more

明延鉱山学習館(兵庫県養父市)	探検坑道出口の直ぐ上にちょっと歴史を感じる建物があって・・・赤いトタン屋根を見ると倉庫のようにも見えます。ここは、「明延鉱山学習館」として明延鉱山の歴史などを紹介する施設です。訪れたの ... » more
テーマ 但馬エリア 歴史 博物館・美術館

備前おさふね刀剣の里(岡山県瀬戸内市) 「備前長船」と言えば素人でも「関の孫六」などとともに名刀と呼ばれていることは知っています。そんな「備前長船」里である、その名もそのまんま瀬戸内市にある「備前おさふね刀剣の里」に立ち寄ってみました。刀剣の工房、 ... » more

「パロディ、二重の声」 at 東京ステーションギャラリー 連休中、天気も良かったので、都心まで出かけることにした。久しぶりに美術館に行こうと思っていたのだ。今回はどこにしようかと考えたが、前々から東京駅に行く度に気にはなっていた東京ステーションギャラリーに行ってみることにした。ここでは今、「パロデ ... » more

アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国@名古屋市美術館 アドルフ・ヴェルフリ(1864-1930)は、アウトサイダー・アート/アール・ブリュットの芸術家のひとりとして知られています。アウトサイダー・アート/アール・ブリュットとは、芸術の教育や訓練を受けておらず、既成の芸術流派や傾向・ ... » more

北近畿と舞鶴の旅行記(その10・舞鶴引揚記念館) 舞鶴市街地からリアス式海岸に沿って北上すること15分くらい?舞鶴湾の北東の一番奥に位置する高台に「舞鶴引揚記念館」があります。この施設に収蔵されている資料がユネスコ世界記憶遺産に登録されているようですね。 ... » more

北近畿と舞鶴の旅行記(その8・まいづる智恵蔵) 赤レンガ倉庫群の中の三号館は、「まいづる智恵蔵」として、一階はショップ、二階は旧海軍関連の展示を行っているイベントスペースになっています。ちなみに二号館は、「舞鶴市政記念館」として舞鶴市の文化と歴史を紹介し、市民の交流の場と ... » more

北近畿と舞鶴の旅行記(その7・赤れんが博物館) 赤レンガパークの倉庫群の中で市役所庁舎を挟んだ奥に一棟だけポツンと建っている「赤れんが博物館」1903年に海軍の兵器廠魚形水雷庫として作られたものを改装した、レンガについて様々な視点からの収集・展示を行っている博物館 ... » more

東京国立博物館で見つけた大将軍八神社の衣冠束帯姿や武装姿の神像 この二つの像、実は同じ神さまです!!大将軍神といって、平安京守護のためにまつられた方位神なのです。京都の大将軍八神社には、このような武装像・束帯像・童子像が百体余り伝わり、このうち80対が重要文化財に指定されています。 ... » more
テーマ 京都の社寺 博物館・美術館

春日大社千年の至宝@東京国立博物館 東京国立博物館で開催されている『特別展 春日大社千年の至宝』へ行ってきました。この展覧会は、20年に一度の式年造替が行われたことにちなんで開催されたもので、春日大社の神々が描かれた絵巻や甲冑、太刀などが展示されています。歴史 ... » more

クロマニョン人が描いたラスコー洞窟壁画を見てきました!! 国立科学博物館でクロマニョン人が描いたラスコー洞窟壁画を見てきました!!本物のラスコー洞窟『ラスコーT』は、現在、壁画を保存するため非公開となっていますが、本物のラスコー洞窟の近くには観光客向けに手作業で洞窟の一部を再現した『ラ ... » more

刺繍や染織が美しい、おめでたい模様の掛袱紗@東博本館14室 東京国立博物館で見つけた、赤い魚の開き。なんだ?なんだ? 風呂敷か?それにしてもメデタイ柄だなぁ。これは『掛袱紗(かけふくさ)』といって、祝い事で贈り物をする際に、お祝いの品の上に掛ける覆いなのだそうです。年始の挨拶や節 ... » more

すみだ北斎美術館と両国ぶらぶら 行くあてもなく総武線に乗って、思いつきで両国で降りることに。以前居酒屋があった場所がリニューアルオープンしたらしいので。国技館前の旧両国駅駅舎。両国駅で降りた階段の途中でポスターを眺めてたら下から撮影してる人が。何だろうと思って ... » more

京都鉄道博物館-その6(京都市下京区) 本館を後に出口を示す矢印に沿って歩くと梅小路機関車館を抜けることになります。ここは、以前から扇形車庫を中心に蒸気機関車が展示されていたのですが、京都鉄道博物館の一部として従来同様、見学ができます。1年 ... » more

京都鉄道博物館-その5(京都市下京区) 本館の屋上に出るとそこはスカイテラスとして展望スペースが用意されています。目の前には梅小路機関区が広がります。その先には京都タワーの姿を望むことができます。丁度、山陰本線(嵯峨野線)の電車が左 ... » more

京都鉄道博物館-その4(京都市下京区) 同じく二階には鉄道に関するテーマごとにいろんなものが展示されています。昔と言うか・・・高度成長期くらいかな?子供の頃の駅の改札はこんな感じでした。対比の意味で、現在の自動改札も展示されていて・・ ... » more

 

最終更新日: 2018/06/16 16:54

「博物館・美術館」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る