誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    博物館・美術館

博物館・美術館

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「博物館・美術館」のブログを一覧表示!「博物館・美術館」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「博物館・美術館」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「博物館・美術館」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

必見!! 運慶仏が上野に集結する展覧会@東京国立博物館 日本で最も有名な仏師、運慶。現存する運慶作の仏像(推定作品も含む)は31体あるといわれています。そのうち22体が集結した東京国立博物館に行ってきました。運慶と縁の深い興福寺の中金堂が約300年振りに再建されるのを記念して開催するもので、 ... » more

足立美術館-後編(島根県安来市) ガラス越しに見える枯山水庭園は正面の山をも庭の一部のように見える配置は素晴らしいものです。本当に素晴らしいですね。ただただ見入ってしまいます。正面の山肌には高さ15mの ... » more

足立美術館-前編(島根県安来市) 島根県に出張で頻繁に足を運んでおきながら、一度は訪れたいと思いながら行くきっかけがなかった足立美術館に立ち寄ってみました。この美術館は横山大観の作品と日本庭園でとても有名な美術館です。横山大観だけでなく、多く ... » more

安来市立歴史資料館(島根県安来市) 2015年の12月に一度おとずれたことがあったのですが、その時は冬季と言うことで本丸が立ち入り禁止だったこともあって、近くに来たのでリベンジにと思って月山富田城址に立ち寄ってみました。しかし・・・・猛暑日の昼間炎天下 ... » more

Once Upon A Time和鋼博物館(島根県安来市)
和鋼博物館(島根県安来市) どじょうすくいで有名な安来市にある「和鋼博物館」に立ち寄って見ました。「和鋼」とは、近代以前わが国で行われてきた砂鉄を原料に木炭を燃料として「たたら製鉄法」で生産された鋼のことです。この博物館では、日本遺 ... » more

鴎舞時 / OhmyTime北斎の鳥
北斎の鳥 葛飾北斎(1843)「雪中鷲図」。特別展葛飾北斎とその時代。後頸の褐色が薄いのでイヌワシだろう。翼の各羽の並びや尾の形状は写実とはいえない。古木を掴む趾は第4趾がミサゴのように後方に向いている。南蘋派の点苔が足を伝わって喉まで増殖したよ ... » more

仁摩サンドミュージアム(島根県大田市) 石見銀山遺跡を見学後松江に戻るため国道9号線を目指している途中にガラスのピラミッドが目に止まったため立ち寄って見ました。事前に調べていなかったので、訪れてから知ったのですが、ここは、大田市では石見銀山遺跡に続く観光ス ... » more

但馬と鳥取旅行記(その12・砂の美術館-後編(鳥取県鳥取市)) 会場の中央にはIt’s an America!!と言っても過言ではない自由の女神と摩天楼風景を刻まれたオブジェ正面には、ジョージ・ワシントン、トーマス・ジェファーソン、セオドア・ルーズベルトとエイブラハム・リンカーン ... » more

但馬と鳥取旅行記(その11・砂の美術館-前編(鳥取県鳥取市))  今回の旅は観光目的と言うより、民宿でのんびりと時間を潰して、おいしいものを頂くと言うことだったので、二日目もガツガツと観光地で走り回ると言うより、目的地を一ヶ所に絞って立ち寄ってみました。場所は、昨年も訪れた鳥取砂丘 ... » more

Once Upon A Timeメガ恐竜展2017-後編
メガ恐竜展2017-後編 奥に進むと大型恐竜の発掘された骨格化石がたくさん展示されています。成長したら20mを超える巨体になると言われているカラウサウルスの幼生の化石です。幼生と言っても4mを超す巨大なものです。 ... » more

Once Upon A Timeメガ恐竜展2017-前編
メガ恐竜展2017-前編 大阪南港のアジアトレードセンターで開催中の「メガ恐竜展2017」に行ってきました。さすがに夏休み期間中ということで、家族連れで大賑わいでした。これって、ジュラシックパークの有名なシーンをイメー ... » more

「レオナルド × ミケランジェロ展」 at 三菱一号館美術館 今日から三連休だ。三連休は何をしようかと考えたが、久しぶりに美術館に行ってみることにした。例によって展覧会スケジュール検索サイトで、何かいい展覧会はやっていないか調べてみたら、丸の内にある三菱一号館美術館で開催している「レオナルド×ミケ ... » more

不思議な絵 『アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国』へ行ってきました@東京ステーションギャラリー 東京ステーションギャラリーで開催中の『アドルフ・ヴェルフリ二萬五千頁の王国』へ行ってきました。この展覧会は、これまでに兵庫県立美術館(2017.1.11 〜 2.26)、名古屋市美術館(2017.3.7 〜 4.16)と巡回してきて ... » more

へんてこだけど面白い『ベルギー奇想の系譜』@Bunkamura ザ・ミュージアム 空想でしかありえない事物を描いた絵画が発展したベルギー美術。この展覧会ではタイトルどおり、『奇想』のルーツといえるヒエロニムス・ボス工房の作品をはじめ、ブリューゲル、マグリッドなど、15世紀〜16世紀のブランドル絵画から現代美術まで ... » more

マンガチックでゆる〜い絵がなんともいえない『地獄絵ワンダーランド』@三井記念美術館 つい1週間ほどまえに奈良国立博物館の「源信 地獄・極楽への扉」で地獄巡りをしてきたばかりですが、今度は東京で地獄巡りをしてきました!!入口は、水木しげるの絵本『水木少年とのんのんばあの地獄めぐり』の原画で八大地獄をめぐるとこ ... » more

国立西洋美術館の鳥(U) ファン・ヴァン・デル・アメン(c1620)「果物籠と猟鳥のある静物画」Still Life with Basket of Fruits and Game Fowl by Juan van der Hamen y León. ... » more

アルチンボルド展に行ってきました@国立西洋美術館 アルチンボルドって誰?と名前を知らない人でも、野菜や果物で描かれた肖像画は一度は目にしたことのあるでしょう。かく言う私も、これまで「アルチンボルト」だと思っていました 「アルチンボルト」ではなくって「アル ... » more

『タイ〜仏の国の輝き〜』展に行ってきました@東京国立博物館 日タイ修好130周年を記念して7月4日(火)〜8月27日(日)の期間、上野の東京国立博物館にて『タイ〜仏の国の輝き〜』展が開催されています。この展覧会では、タイ族前史から現王朝のラタナコーシン朝まで、選りすぐりの名品によって、タイ仏 ... » more

奈良国立博物館の源信展で地獄めぐり!! 奈良で生まれ、比叡山で修行を積んだ平安時代の僧侶、恵心僧都源信(えしんそうずげんしん、942〜1017)の千年忌特別展「源信地獄・極楽への扉」が奈良国立博物館で始まりました。源信は地獄と極楽の世界をわかりやすく描いた「往生要集( ... » more

シロフクロウ、メゾチント 天170715生田宏司銅版画展。ほかに、シマフクロウ、カワセミ、スズメ、ルリビタキあり。 ... » more
テーマ 博物館・美術館 シロフクロ

ドクターイエローの軌跡@リニア・鉄道館 リニア・鉄道館で開催されている『ドクターイエローの軌跡』を見に行ってきました。この企画展では、ドクターイエローの新幹線開業時からの歴史や、各種計測技術の進化などを映像やパネルで説明したり、普段は中に入ることができないドクタイエロー( ... » more

青谷上寺地遺跡展示館-後編(鳥取県鳥取市) 「弥生人の脳」と言うショッキングなパネルが目を引きます。青谷上寺地遺跡では、少なくとも109体を超える人骨が発見されその内の三体から、脳の一部が奇跡的に残っていたことが発見されたとのこと。ここ ... » more

青谷上寺地遺跡展示館-前編(鳥取県鳥取市) 鳥取市の東部以前から訪れたいと思っていた「弥生の地下博物館」と呼ばれている青谷上寺地遺跡を訪れるべくその前に、青谷上寺地遺跡への理解を深めるため、近くにある出土された遺物を展示している「青谷上寺地遺跡展示館」に立ち寄ってみま ... » more

本間美術館の白ツツジ GW明け、猫の手も借りたい日々をやり繰りして、東北出張へ(平成29年5月中旬)。盛岡、秋田(Yさん、夕食に付き合ってくれて、ありがとう(*^_^*))を経て、最後に酒田に立ち寄り、顧問先様の副部長に昇進されたSさんの豪華アテンド付き ... » more

風薫る伊予 D宇和島城と伊達博物館 宇和島の街では、隅々から、宇和島城の天守を仰ぎ見ることができます。その宇和島城に登城しました(平成29年5月上旬、愛媛県宇和島市、国史跡、日本百名城)。(写真は、二の門跡付近から望んだ現存天守と本丸石垣)宇和島城は、 ... » more

24年ぶりの日本での公開、バベルの塔展@東京都美術館 東京都美術館へブリューゲルの傑作「バベルの塔」を見に行ってきました。画面いっぱいにそびえたつ塔の迫力。それでいて、虫眼鏡で覗きたくなるほど緻密でリアルな細部の描写は、見事としかいいようがありません。バビルの塔展では、副題に「 ... » more

山田洋次ミュージアム(東京都葛飾区) 「寅さん記念館」の道を挟んだ向かいには山田洋次監督の功績を称える「山田洋次ミュージアム」があります。「寅さん記念館」から陸橋で結ばれていて、二階が入口になっています。入口では、山田監督の胸像が出迎えて ... » more

「寅さん記念館」-後編(東京都葛飾区) 寅やを忠実に再現したミニチュアが飾られていて・・・ほんと、細かなところまで目を引きます。二階には寝っ転がった寅さんの姿を見ることができます。裏庭や朝日印刷の建物も再現されています。奥に ... » more

「寅さん記念館」-前編(東京都葛飾区) 二年半前に訪れた際は運悪く、「寅さん記念館」は休館日だったので入館することができませんでした。と言うことで、今回は、とても楽しみにしておりました。13年前に訪れて以来二度目です。ニッコリ笑った寅さんが ... » more

ユネスコ無形文化遺産に登録された長浜曳山祭が行われる長濱八幡宮伝来の聖観音菩薩立像@観音ハウス 久しぶりに上野にある『びわ湖長浜KANNON HOUSE』に行ってきました。今お越しになっている観音さまは長浜城歴史博物館の「聖観音菩薩立像」です。元々は北門前観音堂にいらっしゃったのですが、観音さまをお守りしてきた観音講の講員 ... » more
テーマ 博物館・美術館 近江・若狭の社寺

 

最終更新日: 2017/10/02 01:50

「博物館・美術館」のブログ関連商品

» 「博物館・美術館」のブログレビュー をもっと探す

「博物館・美術館」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

境界のRINNE 1 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 境界のRINNE 1 [DVD]
ポニーキャニオン

源信さん 浄土教の祖 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 源信さん 浄土教の祖
石田大成社

往生要集を読む (講談社学術文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 往生要集を読む (講談社学術文庫)
講談社 中村 元

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

「博物館・美術館」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る