誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    海外留学

海外留学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「海外留学」のブログを一覧表示!「海外留学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「海外留学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「海外留学」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

皆さん、こんにちは! 保険や投資信託など金融商品を一切 販売しないFPの長谷です。 3連休いかがお過ごしでしょうか?ボーナス支給月でもあり楽しまれていることと思います。 ... » more

超人気英語教材の一部を、プレゼントします!ロサンゼルスNo1の超人気英語学校BYB English Centerのセニサック淳先生が開発した、今人気のHapaトラベル英会話の教材の一部を、プレゼントし ... » more

今日も、元気です。おひさしぶりです
おひさしぶりです 最後に書いたのが2011年の3月なので、2年以上更新していませんでした。月日は過ぎ、23歳になり大学生活も半分終わり4年生になりました。自分では大人になってきたような気がしますが、周りからは全く変わっていないと言われるので良いのか悪 ... » more

海外で日本人の器用さや勤勉さは大変評価されています。その器用さと勤勉さがなければ出来ない仕事が歯科技工の仕事です。歯科技工士は今、世界中で求められています。技術を身につけて海外で活躍したいという方は歯科技工士の資格をお勧めします ... » more
テーマ 海外就職 海外生活 海外留学

英語がペラペラじゃやないと、海外就職なんてムリと決めつけていませんか?実際は、そんなことありません。英語が話せなくても、海外で活躍できる仕事はあります!日本人相手の仕事や、技術職は語学は必要ないのです。そして、現地に住み、現 ... » more
テーマ 海外就職 海外生活 海外留学

タスマニア奮闘記〜世界の果てまで逝ってQooの巻〜 2001年4月〜2002年4月までの1年間タスマニアに留学していました僕が留学に至った経緯と英語に奮闘した日々の記録ですナツカシーご注意ください!! ウェブリブログ事務局のクソどーでも ... » more
テーマ 海外留学 過去の栄光 タスマニア  コメント(6)

由似(ゆい)ブログありがたいね
ありがたいね 3月に入って、セブ島に短期留学していた坊ちゃまが帰国しました体調をくずして、なかなか回復せずイライラしつつもなんとか4週間過ごし、ルームメイトや先生、スタッフのみなさんとお別れをしてきましたこれはイベントで出かけた海 ... » more

由似(ゆい)ブログ心配続き
インフルエンザが流行っていますね主人の会社でとうとう罹患者が出ましたいつもなにかと話をしている方・・・「(絶対保菌してるでしょ!)別の部屋で寝てくれる?」と、冷たい一言を浴びせてみました(笑)まあ、私も“治りかけ”と言って来 ... » more
テーマ 日記 海外留学

由似(ゆい)ブログえっ!地震!!
今日の仕事中、ソロモン諸島で大きな地震がありました坊ちゃまが短期留学をしていることをスタッフに伝えてあるので、すぐ知らせてくれましたまず、ソロモンはどこ?私の不安はそこから始まりました場所がある程度わかり、ホッと ... » more

由似(ゆい)ブログ坊ちゃま一人旅へ
今朝、出発しました!ちっさい時に北海道へ家族旅行して以来の飛行機ですあの時はまだ名古屋空港といわれていた頃で、小さな空港でした今回は中部国際空港、そうセントレアです幸い、幹線道路が整備され、セントレアまではほぼノンストップで ... » more

グルノーブルの教授には、ジョンルークと共にもう一人の変革組アーティストとしてアンジュレッチアが居ました。アンジュレッチアと聞いて解らない人も多いと思いますが、日本では西武美術館で嘗て展覧会を遣っていまして。車を向かい合わせて展示するだけ ... » more

フランスは何処の街へ行っても、その美しい町並みにロマンティックな世界へ引き込まれます。しかし、そこに住んで見ると表通りからは見えない生活観溢れる中庭を見る事が出来ます。フランスの道はアベニューや小道のルーで構成され住居群は中庭を中心 ... » more

日本の観光ガイドブックは、フランスでのショッピング、美術館、市場などありきたりの物がいまだ多く見られますが、私は夏にフランスを訪れるのなら是非、市民プールに足を向ける事を推薦します。フランスの夏は、多くの人がバカンスに行ってしまい、街は ... » more

今回、日本に長期滞在をして多くの旧友と会う機会がありました。何故か、デザイナーなどのデザイン関係者が多かったのですが、共通に言える事は皆とてもアートの事に詳しく、アートを愛しているのでは?と言う位にアートの真髄を語て頂きました。“みんな ... » more

私がアーティストを休止した理由は、前にも書きましたが10年間アートのムーブメントが動かないと感じた事が大前提ですが、その他にももろもろの要因がありました。そういった中で、私の好きなアーティストとイスラエルで出会った事もその大きな要因の1つで ... » more

私のグルノーブルの学生生活で欠かせなかった事は、マルシェ(露天市場)に古着を買いに行く事でした。教会前の広場がそういった物を扱うマルシェとなっている訳ですが、フランス文化の凝縮した感のあるそういったマルシェから教わる事も多く、ここの経験が私 ... » more

私は嘗て、パリに有った、来る未来の文化を予知、研究する機関のアドバイザーを遣った経験があります。確かそこの機関が出していた出版物の名前は“キャトルセゾン“(四季)だったと思います。ここの機関の仕事はファッション雑誌、色々な分野の大手 ... » more

私は今回、帰国して東京、京都、そして福岡と見ましたが、殆ど外国人になってしまった私の目からは、日本の美しさ、特に日本の田舎の美しさは信じられない程、神々しく、世界中でこの様な国は全く無いと核心しました。多分、私がずっと日本に居たらこの様 ... » more

グルノーブルの教授には、ジョンルークと共にもう一人の変革組アーティストとしてアンジュレッチアが居ました。アンジュレッチアと聞いて解らない人も多いと思いますが、日本では西武美術館で嘗て展覧会を遣っていまして。車を向かい合わせて展示するだけ ... » more

先にも書きましたが、著名人の友人も又、著名人。と言う事がしばしあります。グルノーブルのボザールに飛び級で入学してきたヴィディアとDJの女王Miss KITTINことキャロリンは、幼友達であり親友でした。2人共、見かけは可愛く学内、学外でアイ ... » more

突然ですが、私は日本の警察に窃盗の疑いで捕まった経歴があります。何を盗んで捕まったか?と言いますと、溶岩なのです。火山の溶岩です。ムサビ時代、私は地中のマグマから地表に出て冷えて固まり石となった溶岩にもう一度、高熱を当ててマ ... » more

突然ですが、私は日本の警察に窃盗の疑いで捕まった経歴があります。何を盗んで捕まったか?と言いますと、溶岩なのです。火山の溶岩です。ムサビ時代、私は地中のマグマから地表に出て冷えて固まり石となった溶岩にもう一度、高熱を当ててマ ... » more

前回、イスラエルの事に少し触れましたので、フランスからまたちょっと寄り道してイスラエルの事を書きます。イスラエルと聞いて、みなさんはどの様なイメージを想像しますか?大抵はテロ、戦争といったきな臭い物が最初に来て、あまり良いイメージは無い ... » more

私が始めてグルノーブルのボザールに行った時の正式な学校の名前は、Echole des Beaux-Art de Grenoble でしたが、確か3年後に、Beaux(美)が無くなりArt(芸術)だけになりました。確かに、現代アートがアートの ... » more

他の人のボザールでの生活のブログを見ると、ボザールの授業料は、現在、300ユーロの保険料だけが年間で必要だそうです。私の時は確か800フラン、約2万円でしたので、少し値上がりしているようです。しかしこの値段は日本の芸大、美大の入学金、授業料 ... » more

グルノーブルはアルプスに囲まれた風光明媚な街ですが、高さ3000メートルのアルプスの壁が他界との会話を拒絶している様に重く圧し掛かってきます。その壁が一箇所、突然、不自然に切れた所があり、如何にもその隙間だけがパリへ繋がるここからの脱出ルー ... » more

“負けるが勝ち”“弱い地方の強み”頭の良い有吉君は、物を力学的に考え、進む方向を見つけて行きます。そうしないと、地方のグルノーブルは、アートマーケットの中心、パリには勝てないからです。私は、全生徒達の投票でグルノーブル、ボザ ... » more

アーティストとしてデビューするきっかけは、前にも書きましたが、これと言た定型はありません。何かのチャンスに乗る。というのが普通かも知れません。私の場合もそういった感じでした。“パープルプローズ“と言う、発行人Elein Fleissと評 ... » more

話をグルノーブルのボザールに戻します。どうしても言語が不慣れと言う事で、まず話しやすいのは、同じ留学生と言う事が良くあります。本当は、フランス人の彼氏、彼女の方が言語習得の為には良いのですけど、ちょっと寄り道して他の見聞や観る方向の習得 ... » more

海外美術留学、又は美術環境を求めて海外へ行かれる方にとって、第一の難関は言語だと思います。普通は、英語ですね。フランスの場合フランス語。大体、英語はある程度、話す事が出来る。と言う事が前提となりますので、勉強しましょう。勉強と言っても日 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 02:41

「海外留学」のブログ関連商品

» 「海外留学」のブログレビュー をもっと探す

「海外留学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る