誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    和船

和船

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「和船」のブログを一覧表示!「和船」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「和船」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「和船」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

神戸・金沢・伊根旅行(ダグラス・ブルックスさんと竹中大工道具館) 22日から25日まで、強行軍で三宮〜金沢〜伊根と車で回ってきた。三宮は新神戸駅前の竹中大工道具館で和船を建造中のダグラス・ブルックスに会うのが目的だ。『琵琶湖の伝統的木造船の変容 - 丸子船を中心に』(牧野久美著)を2011年に英訳した時に ... » more
テーマ ダグラス・ブルックス 和船 竹中大工道具館

空港内のミュージアムでやっているんですね 木船の世界では、特に上の絵はよく見かけるんですが、まあ、それにしても金がかかりそうですね.大名の金を使わせるためにやっていたわけですから、当然のことなんですが,全く非生産的なルールですなぁ。いずれにしても、期間中に見に行かなくちゃね。 ... » more

刳り船って写真が撮りにくい 某県の某博物館ですけど、写真が撮りにくい・・・。丸太船の写真って、細長比が大きいだけに、ピントもうまく合わないのでありますよ。★毎晩飲んでいる日本酒の分だけ体重が増えている感じですなぁ。この頃のお気に入りはB県の外れにある藏元の純米酒な ... » more
テーマ 丸太舟 博物館 和船

なかなか素晴らしいフナクイムシの解説 結構分かりやすいというか、適切なポイントを突いた解説ですね。実に素晴らしい。 拍手拍手。どこの博物館でもこんな感じの解説ばかりだといいんですがね。なかにはひどいのもありますからね。 ... » more
テーマ 和船 フナクイムシ

チッチの手作り部屋和船 初漕ぎ
和船 初漕ぎ あけましておめでとうございます昨日4日は和船の初漕ぎの日、運行の無事を祈った後、子どもたちの太鼓や甚句の披露等がありました。大漁旗を川幅いっぱいに飾り、最後はお屠蘇をいただいて、お ... » more
テーマ 和船 身近な景色

和船の部材の名称って何でこんなに訳が分らないのか 古建築の部材の名称は慣れないうちは訳が分らなくて、頭を抱えてしまいますが、それでも何とか漢字から連想できそうな物もけっこうあって、徐々に敷居が下がっていくわけです。海老虹梁なんて、「えびこうりょう」の発音からは何のことか分りませんが、梁 ... » more
テーマ 部材 和船 名称

長年の疑問シリーズ その24 こんな形でホントにまっすぐ進むのか もちろんあちこちで見たことはあるんですが、刳り舟というか、丸太舟には未だかつて乗ったことがないのであります。スギのような針葉樹なら割合まっすぐに加工できるんでしょうが、この写真からも明らかなように広葉樹となると、きちんとしたシンメトリックの ... » more
テーマ 丸太舟 刳り舟 和船

知・、知らなかった・・・シリーズ その14 こんな御座船が 久しぶりの知らなかったネタです。3.11以降、どうも湾岸エリアには近づきがたかったんですが、久しぶりに行ってみると、なんとこんな御座船もどきが停まっていました。何じゃこれ・・、と思って調べてみたんですが、東京都観光汽船で、安宅丸納涼 ... » more

これも超マニアックな木船の本でありまして・・・ (元気が出ないので、つくばの震災関係のネタはやめています)この本は某歴史文化資料館の特別展の出版物です。内容は和船がメインではありませんが、江戸時代の木造外国船の絵が色々載っています。朝鮮通信使の川御座船の屏風絵とか、長崎の唐船の図とか ... » more
テーマ 和船 木船

まだらひげのTさんが木造船に凝っているとは知らなかったなぁ (元気が出ないので、普通のネタに戻します)北海道、つくば、九州、秋田など、全国を転々としながら、関西弁でギャグを飛ばしまくっている「まだらひげのTさん」なんですが、この頃、木造船というか和船に凝っていることが分かりました。このブログ ... » more
テーマ 琵琶湖 和船 木船

和船はモノコックなのに、日本の在来構法は・・・ 第五福竜丸の肋骨構造の模型です。和船はいわゆるモノコック構造なのに、この類の木造船はいわば軸組構造です。北米で発達してきた2×4工法がいわばモノコック構造で、日本の在来構法が軸組構造なのとは、全く逆の関係にあるわけでありまして・・・。 ... » more
テーマ 和船 モノコック 軸組

某市の記念館に置いてあった渡良瀬川の伝馬船です 伝馬船の構造そのものについては、何も不思議には感じないのですが、よく分からないのは、材と材の間に出来る「隙間」です。2枚目の写真は、舳先の部分を上から撮ったものですが、明らかに大きな隙間が出来ています。どう見ても「まきはだ」が入っていた雰囲 ... » more
テーマ まきはだ 和船 木船

マニアックな船舶の本 東京文化財研究所がまとめた「船舶の保存と修理」という超マニアックな本なんですが、内容が実にすばらしいですな。初めて聞くような話が満載でした。価格も高いのでとうてい一般の方におすすめできるような本ではありませんが、とにかく、脱帽であります。 ... » more
テーマ 修理 和船

出土した舟形埴輪から復元したそうですが・・、どう考えても 何度見ても不思議なのは、何でこんな形でなければならないのかということです。下半分はくり舟で、その上に上部を継ぎ足した準構造船なんですが、べつにこんなワニが口を開けたようなデザインでなくてもいいと思うんですがね。当たり前ですが、重心が高くなる ... » more
テーマ 準構造船 和船 くり舟

こんなところに雨ざらしにしているのなら売ってくれないかなぁ・・ ちょっと前に県内某所で見た高瀬舟ですが、こんなところに放りだして雨ざらしにしておくくらいなら、売ってくれないかなぁ・・。まあ無理でしょうけどね。某所に持っていって、釣り遊びに使うんだけどなぁ。ちょっと大きすぎるかなぁ。その昔、水遊びの時 ... » more
テーマ 和船 スギ 暴露

なぜ日本で木造船が造られなくなったのか 大変申し訳ありませんが、諸般の事情によりこのネタは撤去します。写真を除去しました。 ... » more
テーマ 博物館 和船

和船というか弁才船のマニアにとっては必須の本でしょうね・・ なんとまあ、これは素晴らしい。意味の分からない人にとっては、単なる博物館の解説本でしかないでしょうが、木造船の好きな人にとっては・・・。まあ、マニアならきっと、とっくの昔に入手しているんでしょうね。こういう木材のからんだプロジェクト ... » more
テーマ 和船 弁才船

マリンスペース進行中!
進行中! 10月に入りさっぱりお客さんも途絶え海も荒れ々先月から一人で悪戦苦闘中の海人丸パイプ曲げ溶接グラスファイバー磨き張替え計器類の穴あけ配線・・・・でも・・・・楽しいイメージしながらの手作 ... » more
テーマ 改造 和船

手漕ぎの和船を推進させるには 夕方、電気システム工学科の島田先生が4年生の臼井君を連れてやって来ました。手漕ぎをするロボットを研究していて、流体力学の理論について調べていたら、インターネットの検索で私のブログに行き当たったそうです。そこで、知り合いの私に話を聞いてみよう ... » more
テーマ 手漕ぎ 和船 流体力学

執念の本という感じです、大田区の船大工 大田区立郷土博物館から出ている海苔舟に関する記録書なんですが、実にスゴイ本です。製作の工程をはじめとして、いやはや、細かいことが記録されています。船大工の道具のスケッチなんか、何というか学芸員の執念ですね。買った私が言うのもおかしな話で ... » more
テーマ 船大工 和船 大田区  コメント(2)

「なにわの時空館」  ラスト なにわの時空館最後はこの博物館から受けた、江戸時代の大阪、海運の印象をレポートします。見晴台の模型です。バックは今の実際の運河で、船と重ねてみました。館内では、いくつかの場所で“ちょん ... » more

時空館より学んだコト 和船の勉強がたくさん出来たこの博物館。その一部をご紹介したいと思います☆和船(江戸時代の輸送船)の性能についてです。大きな一枚帆が特徴なのですが、これって逆風の時には行きたい方向へ進めないのでは?と言うの ... » more

「なにわの時空館」 その弐 巨大な復元和船、「浪華丸」は船内の見学が出来ます☆船の中に入るのは、横浜の氷川丸以来!デッキと言うのかな?甲板です。床下の船内の他、ここにも荷物をたくさん積 ... » more

晴れの日 雨の日『なにわの時空館』
『なにわの時空館』 港の散歩、つづきます。。『なにわの時空館』と言う博物館にも寄りました。遠くに見える銀色のドームがそれです。さて、どんなものがあるのか・・入ると、上にでっかい船らしきものが見えて来ま ... » more

おうちの博物館 つづきのつづき・・・ 「民家集落博物館」での写真、最後の掲載です。展示民家そのものの解説もしたい所ですが、あまり説明書きなどをじっくり読むなどしていなかったので、またの機会にじっくりとさせてもらいたいと思います。。「刳り舟(くりぶね)」が二つ ... » more

長年の疑問シリーズ その1 和船のトイレ この当時の和船の模型や写真を見る度にいつも思うんですが、どこにもトイレがないんですよね。そのまま垂れ流ししていたことはわかるんですが、舟のどのあたりで用を足していたんですかね。ヘタしたら落っこちますからね。上方落語の旅の話では、兵庫 ... » more
テーマ 長年の疑問 和船 木船  トラックバック(1)

九州博物館の前に置いてあった準構造船です、なんでこんな名前なんですかね このところ、和船がマイブーム(古いなぁ)になっておりまして、色々と調べておるのですが、専門用語というかターミノロジーが面白いですね。古建築ほどではありませんが、ちょっとオヤッと思うような用語があります。この船は丸木船(刳船)のサイドに波 ... » more
テーマ 木材(1) 和船 福岡

森林木讃歌長瀞(ながとろ)の和船
長瀞(ながとろ)の和船 客を待つ長瀞ライン下りの和船。 ... » more
テーマ 和船

 

最終更新日: 2016/11/15 01:28

「和船」のブログ関連商品

» 「和船」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る