誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    古典

古典

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「古典」のブログを一覧表示!「古典」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「古典」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「古典」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

They were a well-assorted couple.おしどり夫婦だった。(8) 本日は満月でありまして、そして皆既月食だったのであります。国立天文台のサイトによれば、本日は月の出が夕方の5時8分、月の入りは明日の朝の午前6時13分のようでありまして、午後11時37分に最も南に位置するようであります。ただしこれは、私の住 ... » more
テーマ 俳句 気象 古典

姐さんの本棚共感!
ワタシのこのブログで「古典」のカテゴリに入っているのはこれしかないのがご愛敬ですが、またしても面白いのを読んでしまいましたので(笑)ご紹介したいと思います。原作清少納言、漫画小迎裕美子、監修赤間恵都子での『本日もいとをかし! ... » more

The information was completely wrong.天下の誤報(8) 朝日新聞の誤報問題を考えていたら、兼好法師の『徒然草』が浮かびましたが、取り上げたのは第七十三段でありますけれども、あれには続編にあたる部分がありまして、第百九十四段というのがそれであります。まあ、そちらも面白いには面白いんですが、調子に乗 ... » more
テーマ 植物 古典 昆虫

The information was completely wrong.天下の誤報(7) パロディをしてみましたけれども、どこまでがパロディなのか分からないという人もいるはずでありますから、「嘘」を巡る兼好法師の意見を掲載してみたいと思います。前回の文を読んでから、今回の『徒然草』第七十三段を見たら、あんまり難しくないので驚くと ... » more
テーマ 植物 古典 昆虫

The information was completely wrong.天下の誤報(6) 世の中で語り伝えていること、特に新聞が一面を使って報じることは、真実なんてものはつまらないことなんでありましょう、多くは嘘っぱちのでたらめであります。実際の有様以上に人というのは余計なことを申すものでありますが、ましてや、長い年月が経ち、遠 ... » more
テーマ 植物 古典

flom 仙台「仙台刑罰記」から
「仙台刑罰記」から 今日は、前回、前振りしておいた、「仙台刑罰記」のとんでもない事件の判決文について書いて見たいと思います。*前回載せた翻刻文前回の文に、説明をしやすくする為に、行番号と丸印をつけて有ります。このままでは少し見難いの ... » more
テーマ 昔の風俗 古典 仙台  コメント(6)

flom 仙台今、はまっている物
今、はまっている物 ブログの更新がしばらくご無沙汰になっておりました。実は、先日仙台市図書館から下の写真に写っている本を借りてきまして、今それにはまっているのです。それで、ブログの更新が遅れています。「仙台藩刑罰記」高倉淳編集、発行この ... » more
テーマ 昔の風俗 古典  コメント(4)

Stop it immediately when you can't do.己が分を知る。(9) 9月になってしまいました。夜中にブログを書いていて、さあてとアップしましたら、思いがけず日付が9月1日になっているので、やれやれ、もう9月かいなと思ったわけであります。今朝も小雨でありまして、こうなると梅雨の状態とまったく同じであります。非 ... » more
テーマ 植物 古典 記憶

Stop it immediately when you can't do.己が分を知る。(8) 本日も涼しい一日でありました。例年なら最低気温が22度、最高気温が30度くらいなんだそうですが、本日の最低気温は19・5度、最高気温は26・5度とアメダスが記録したそうで、ありがたいなあと思うのであります。これで広島の土砂崩れがなかったら、 ... » more
テーマ 植物 気象 古典

flom 仙台「おしろい」の話
「おしろい」の話 前回、オシロイバナについて書いたので、今回は白粉(おしろい)について書くことにしました。もちろん、オッサンが書くので現代の化粧品のことではありません。江戸時代の話です。*武家の奥方の化粧の図白粉(おしろい)を襟首に塗 ... » more
テーマ 昔の風俗 江戸学 古典  コメント(6)

flom 仙台おもしろい本、手に入れた
おもしろい本、手に入れた 「都風俗化粧伝」です。東洋文庫の1982年10月8日初版第1刷本をAmazonで手に入れました。本当は何時の時代の再販でもいいから原本を手に入れたかったのですが・・・書名は「みやこふうぞくけわいでん」と読みます。どんな本かは、写真の帯の ... » more

観方を誤った舞台「アンナ・カレーニナ」 5月27日、会津演劇鑑賞会の例会でエイコーン公演、トルストイ原作、加来英治脚色・演出「アンナ・カレーニナ」を會津風雅堂で観ました。工夫された舞台セットと演出でテンポ良く流れた舞台でしたが、主役アンナを勤めた栗原小巻さんの大時代的な台 ... » more
テーマ 古典 エイコーン 演劇

2014年05月23日 11:47世阿弥の身体論http://blog.tatsuru.com/2014/05/23_1147.phpというお題での寄稿を「観世」から頂いた。書いてはみたけれど、ぜんぜ ... » more

Chieko is one of the elements.全存在をかけめぐる。(6) 「𡢳」という字をご存知でありましょうか。『万葉集』の大伴家持の歌に出てくる漢字でありまして、とりあえず大伴家持の歌がどこにあるかというと、巻の第19の巻頭でありまして、『新編国歌大観』歌番号は4163番(ただし、旧『国歌大観 ... » more

My house seems to be a vacuum tube. 茶粥を煮る。(8) ソメイヨシノというのは、晴れているときには確かにきれいな花でありますけれども、曇天の下では全く冴えないような気がいたします。花弁自体の色が薄いせいなのか、私の目が悪いせいなのか、さらにはカメラの調整を全くしないで適当に写しているせいなのか、 ... » more
テーマ 植物 古典 詩人

ブックオフで古書 最近、めったに使わなくなった家の電話がなって、誰かと思うと、大概はは郵便局のいつもの配達人である。インターフォンが壊れているから、ピンポンのかわりに電話をしてくるのだ。玄関をあけてユーパックをもらってサインをする。いそいそと家に入って、ハサ ... » more
テーマ 古典

田辺聖子「一葉の恋」 田辺聖子の本を、読んでいる。司馬遼太郎の本で歴史の面白さを体験した時に似て、古典の面白さ学んでいる感じ。「一葉の恋」は様々なところで発表された弔辞、あとがきまで集めたエッセイ集だ。一茶、一葉、与謝野晶子、杉田久女、吉屋信子、司馬遼太郎、そし ... » more
テーマ 古典

大王オオサザキ(仁徳天皇)は異母弟である隼別(はやぶさわけ)王子を使者にたて、女鳥(めとり)姫に求婚する。しかし逆に隼別王子と女鳥姫は愛し合い、ついに二人はオオササギと戦い、殺されてしまう。古代の残酷で生々しく、そして美しい世界が描かれて ... » more

「田辺聖子の小倉百人一首」 奈良に通う時期があった。大概は自転車を持参して行った。10年ほど前に、生物を専攻した友人と高速バスで大和高原で降りると春なのに吹雪になった。まもなく天気が回復して、都祁野で薬草園を見学し、吉野で桜を見、高野山で宿坊に泊まり、飛鳥をまわり、最 ... » more
テーマ 古典

田辺聖子「文車日記」 和歌が日本の文化の中でいかに重要な役割を果たしてきたかを、岡野弘彦氏の話から学んだ。ふと田辺聖子の「小倉百人一首」に目が止まった。でもまず読んだのは「文車(ふぐるま)日記」の方だ。田辺聖子は「更科日記」の少女がそうであったように、古典を ... » more
テーマ 古典

本日の最高気温の予想が、このあたりでは13度とありまして、まあそれは平年並みであります。それが明日は19度まで行くのではないかと予想されておりまして、さてどんな格好をしたものかと考え込むわけであります。仮に行った先が冷暖房のきめ細やかな調節 ... » more
テーマ 植物 古典 詩人

If there is no public notice. 抱き来ましを。(4) ♪いぬはよろこび、にわかけまわり、ねこはこたつでまるくなる♪子供のころに歌わされた歌でありますが、今でも学校で歌っているのかどうか。いわゆる文部省唱歌でありまして、これを岩波書店のワイド版岩波文庫54収録の『日本唱歌集』(堀内敬三・井上武士 ... » more
テーマ 植物 気象 古典

『ストーリーで楽しむ日本の古典 落窪物語』越水利江子・著 沙月ゆう・絵 岩崎書店 継母にいじめられた落窪をなんとか救いたいと思う侍女。やがてすてきな貴公子が現れて、落窪を救い出そうとする。日本にもあるシンデレラストーリーにおもわずうっとり。(内容紹介より)落窪物語 いじめられた姫君とかがやく貴公子の恋 (ストーリーで ... » more
テーマ 越水利江子 古典 児童書

She becomes a friend of birds.尾長のともがら。(7) いい天気でありました。武蔵野から富士山が見えまして、大きくなったり小さくなったり、車が進むたびに道路の正面に見えたり右に見えたり、はたまた隠れたりと、富士山は千変万化、一度たりとも固定しないのであります。本日は平日をいいことに紅葉を見物に参 ... » more
テーマ 植物 古典 季節

2013.10/19 [Sat]伝統文化に見える日本人の死生観http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2555.html江戸時代中期の国学は戦前までの日本人の ... » more
テーマ 古典

She has no ticket of human-beings.荒漠の意識。(7) 台風は台風じゃなくなったそうでありまして、熱帯低気圧と呼ぶのじゃなかったかと思います。きっと、気圧とか最大風速とか、どこかに基準がありまして、台風と呼んだり、熱帯低気圧と呼んだりするのでありましょう。気象予報士になるなら、そこのところはしっ ... » more
テーマ 植物 気象 古典

姐さんの本棚現代OL
若干メインの登場人物とタイトルに「チッ」とか思ったりしなかった、といえば嘘になりますが、面白く読めたのをご紹介したいと思います(苦笑)。作者は井上ミノル、タイトルは『もしも紫式部が大企業のOLだったなら』です。漫画の絵自体は ... » more
テーマ 古典 漫画

石清水八幡宮、夏の夜間特別拝観へ(1) 枕草子や、徒然草、源氏物語など古典に数多く登場する石清水八幡宮の夏の夜間特別拝観へ行ってきました。朱塗りがライトに映えてとてもキレイです。普段非公開な漆金箔で半永久的につかえるという贅沢な「黄金の雨樋」ものぞき込むこ ... » more

「COOL JAPAN  発掘!かっこいいニッポン〜わび・さび〜」BS1から、徒然草再考 前回、徒然草REMIXを取り上げたとき、「花は盛り…をのみ、見るものかは」(徒然草137段)の吉田兼好のくだりが、ちょっとスカしてて鼻につくなぁと申し上げたのですが、「わび・さび」をテーマにした「COOL JAPAN 発掘!かっ ... » more
テーマ ベランダ農園 古典 テレビ

青海の備忘録徒然草REMIX
私が、はじめて徒然草を読んだ中高生の頃は、「気取っちゃって」とか、「エラそうに」と反発を感じました。枕草子は素直に面白く読めたのに。「花は盛りに、月はくまなきをのみ見るものかは」気取りが鼻についた記憶があります。 ... » more
テーマ 古典

 

最終更新日: 2016/11/15 00:24

「古典」のブログ関連商品

» 「古典」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る