誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    官能小説

官能小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「官能小説」のブログを一覧表示!「官能小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「官能小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「官能小説」で閲覧数の多い注目記事をピックアップしています。

老人の島 21章 義じいさん宅に現れた、三浦老人、そして、清則じいさんは、その夜、遅くまで、呑み明かした。・・・・・【・・・それじゃ、わしは、そろそろ帰るわ?・・・・・・その前に、ション便だ。・・・爺さん、連れて行ってくれ?・・・】・・・・・ ... » more
テーマ 官能小説 小説 老人の島

養子三代 \ 自分は、横で眠る、三国老人の股座に、何故か、性欲をそそられた。・・・・・それもそうだ?・・・勝手な爺さんだ。・・・自分さえ良ければ?・・・そう思った。だが、三国老人の股座を見れば見るほど、性欲は駆り立てられた。そして、自 ... » more
テーマ 官能小説 養子三代 小説

老人の島 20 義じいさん宅には、いつものように、近所の老人達が、夕涼みを兼ねて、縁側に、腰を下ろしていた。・・・・・(・・・清則じいさん!・・・今夜も良い気分だな?・・・)・・・・・【・・・ハハハ!・・・婆さんが、余分に、呑ませてくれたか ... » more
テーマ 官能小説 小説 老人の島  コメント(2)

幼き日の過ち <夜這い> 15 隆一は、翌朝、静かに目覚めた。そして、バイキングの会場に、足を運んだ。会場には、彼方此方で、馴染の顔が、食事を摂っていた。隆一は、善造老人を見つけると、そのテーブルに、向かった。・・・・・(・・・おじさん!・・・)・ ... » more
テーマ 幼き日の過ち<夜這い> 官能小説 小説

湯治場 23章 松下老人は、南口老人が去った後、浴槽に身を沈め、一人、妄想に耽った。・・・・・<<<・・・今夜の自分は、何だったんだ?・・・>>>・・・・・しかし、現実を否定する事はできなかった。そして、部屋に戻った。しかし、横には ... » more
テーマ 官能小説 湯治場 小説  コメント(2)

養子三代 V 自分は、その日、東老人の遊びに、幻惑した。祖父との遊戯もそうだったが、ラブホテルと言う雰囲気が、自分を、又、違う世界に、陥れていた。唇も奪われ、尺八もされたが、初めての時と違い、力強さを感じた。これが、若い子を殺める術なのかと思 ... » more
テーマ 官能小説 養子三代 小説  コメント(2)

瑠璃子は全裸のまま拷問部屋に連れて行かれた。「そこに寝ろ」床には手枷足枷がついている。瑠璃子は躊躇した。これで手足を縛る気だ。全裸で大の字拘束にされたら、好きにされてしまう。拷問とレイプの恐怖に、彼女は恐れおののいた。 ... » more

 

最終更新日: 2017/09/19 20:42

「官能小説」のブログ関連商品

» 「官能小説」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る