誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    官能小説

官能小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「官能小説」のブログを一覧表示!「官能小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「官能小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「官能小説」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

川島彩愛は、屋上恐怖症になっていたので、有料の駐輪場に自転車を止めて、漫画喫茶に行った。そして今、戻ってきて、自転車を出そうとしたところ、入口に竹森善人が立っていた。「え!」顔面蒼白になる彩愛を、善人は満面笑顔で見つめた。 ... » more

取調室ではなく、会議室のような部屋で、竹森善人に話を聞く。窓を背にした善人。そして、樹里と園場と小川は三人並ぶ形で善人と向かい合う。「僕は彼女を辱めてなんかいないよ」「あくまでも被害者の女性の証言ですから、一つ一つ確認したい ... » more

女性刑事が真顔で、竹森善人に言った。「すいませんが、署まで御同行願いますか?」「嘘、僕は容疑者?」善人は何だか嬉しそうに見える。「違います。捜査に御協力ください」女性刑事の後ろにいる若い男の刑事二人も、怖い顔 ... » more

彩愛は辺りを見回した。このビルよりも高い建物はいくつかある。この光景を誰かが見ていて、警察に通報してくれないか。そんなことを考えていると、エレベーターの開く音がした。(嘘、やだあ!)見られる。全裸を見られる。彼女は出てくる人 ... » more

ビルの3階は漫画喫茶で、4、5階は居酒屋。そして屋上は駐輪場になっていた。季節は初夏。昼間の出来事だった。漫画喫茶にいた川島彩愛(あやめ)は、エレベーターで屋上へ行き、自分の自転車を出そうとした。肩までの黒髪がよく似合う。「ん?」 ... » more

悲鳴のような声に、耕史は血相を変えた。「ふみ?」「んんんんんんんんんん!」耕史は靴を脱いで部屋に上がる。「!」ベッドの上にはあり得ない光景が。愛しのふみが、一糸まとわぬ姿で大の字に拘束されている。耕史 ... » more

「ああ、もう我慢できない」そう言うと、谷藤は服を脱ぎ始めた。ふみは泣きたかった。もはや万事休すか。(どうしよう、やられちゃう)一気に全裸になると、谷藤はもう一度ふみの上に乗る。「さあ、犯すぞ。このアバズレ生意 ... » more

ふみは慌てた。たちまち弱気丸出しの顔になると、哀願に満ちた目で谷藤の目を見つめた。「んんん!んんん!」「テメー、大人をからかうのもいい加減にしやがれ」水着を脱がされる、と思ったが、いきなりボディーブロー。「う ... » more

ガスの定期点検の当日。午後からというだけで、ハッキリと1時なら1時と時間が決まっているわけではない。ただ待っているのも時間がもったいない。ふみは今年の夏に海やプールで身につける水着を買っていたので、試着しようと思った。一度着た服を全 ... » more

湯治場 22章 松下老人は、脈を打つ、己の身体に、疑問を抱いていた。・・・・・<<<・・・何故だろう?・・・男に興味がある訳でも無いのに?・・・・・・だが、あの人のチンポを、今までと違った感覚で見ていた事は確かだ!・・・>>>・・・・・ ... » more
テーマ 官能小説 湯治場 小説  コメント(2)

ふみが退院した翌日。電話がかかってきた。見ると、ガス会社からだ。『お葉書ありがとうございます。確認させていただきます。今週の木曜日の午後ということで、大丈夫でしょうか?』「はい、お願いします」電話を切る。ガスの定期点 ... » more

病院のベッドで寝ているふみ。耕史は彼女の手を握り、聞いた。「怪我はしてない?」「大丈夫よ。本当にありがとう。命の恩人です」「ふみ」ふみは笑みを浮かべると、囁くように言った。「耕史さん。退院したら、あな ... » more

無情にも車は走り出す。道路に出た。ふみは顔面蒼白だ。早くも一台の車とすれ違った。「いやあああ・・・」暴れて落ちたら死亡事故にも繋がる。ふみはじっとしているしかなかった。「やめて・・・」何台もの車とすれ違う。確 ... » more

「まずは名前から聞こうか?」「嘘言ったら回すよ」怖い。本当に心臓が止まりそうな恐怖だ。男たちの顔が赤い。酒を飲んで酔っている。危険だ。「ふみ・・・です」「ふみ。年はいくつ?」「まだ19歳です、許してく ... » more

友達が少ないふみは、一人で行動することが多い。一人が平気な女子は逞しい。牛丼店やラーメン屋に一人で入るのは余裕だし、関東の近場なら旅行も一人で行ってしまう。ふみは小さな旅館に来ていた。大きいホテルと違い、夜10時を過ぎると、1階のフ ... » more

男は構わずふみの全身を貪るように愛撫する。ふみは彼の服を両手でつかんで哀願した。「お願い許して、許してください」「だから許さないよ」と股を弄る。「あああ!」このままでは犯されてしまう。ふみは男の手首をつかみ、 ... » more

数日もすると、危険な体験も薄らいでしまう。欲望というものは恐ろしいもので、なかなか押さえきれない。月曜日に「二度と競馬をやらない」と固く誓った人が、金曜日の夕方には競馬新聞を買っている。二日酔いで頭痛に苦しみ、「二度と酒は飲まない」と誓願し ... » more

大地は、翌朝、鴨倉老人と別れると、養護施設に向かった。大地にとっては、勇気のいる決断だった。しかし、20年と言う、年月は、あまりにも長かった。そこには、もう、大地を知る人物は、誰一人、居なかった。・・・・・【・・・大地! ... » more

「じゃあ俺たちと飲みに行く?」「あたし、お酒は飲めません」「ダメ、飲ますよ」「19歳なんで」「うるさいよ」男たちは全裸のふみに迫る。「言うこと聞かないとねえ、このパジャマで手足縛ったまま放置す ... » more

99%の女子が「パジャマでコンビニは無理」という話を聞くと、ふみは燃えた。挑戦したくなる。半裸で玄関に出ることに比べたら、実行は不可能とは思えない。しかし危険度は野外のほうが大きいかもしれない。ふみは、さすがに夕方の時間は避 ... » more

いつも全裸で寝るふみだったが、夏は家の中でも素っ裸でいた。休日の昼に人が来ても、バスタオル一枚で応対するのが常だった。あれだけ危険な目に遭っても、彼女は怯まない。もちろんヤクザの事務所に連れて行かれた時は怖くて泣いてしまったが、数日 ... » more

ふみは、事務所に連れて行かれた。生まれて初めて入るヤクザの事務所。そんなに広くない。ふみは失禁しそうな恐怖に震えながら、部屋の真ん中に立った。「あの・・・」窓を背にした大きなデスク。しかしイスにすわっているスーツ姿の男性は、 ... » more

ふみは仕事を終えて、自分のマンションに到着。黒い高級車が二台、マンションの前に停まっていた。ふみが車の前を通ると、ドアが開いた。「え?」二台の車からはスーツを着た柄の悪い男たちが五人も出てきた。ふみは足がすくんだ。まさか自分 ... » more

ふみは、スーパー銭湯でマッサージの仕事をしていた。女性客のアカスリやマッサージの時、わざと敏感なところをしつこく責めて、女子を困らせるのが好きだった。まじめなマッサージで感じてきてしまい、慌てる女の子を見るのが楽しかった。自分はSとM、両刀 ... » more

「くすぐったいと顔面にキックしちゃうかもしれないよ」ふみは笑った。「ダメだよ」「たぶん蹴るよ」ふみは足を上げて耕史の顔を蹴るまねをした。すると耕史は、その右足をつかみ、足枷で拘束した。「あああああ!」 ... » more

すぐにふみから連絡があり、耕史は二人きりで会った。赤いシャツに白のショートスカート。裸足にスニーカー。きょうも刺激的な夏服だ。二人は軽く食事を済ませると、洒落たラブホテルに入る。部屋は耕史が見て選んだ。二人はエレベーターに乗り、30 ... » more

ふみは、何を思ったか、全裸のままベッドにうつ伏せになる。「え?」「プロかどうか、ちょっと、腰を指圧してみて」「こんなところでまずいよ」「違いますよ、ここじゃなくて」耕史は彼女の意図がつかめないまま、両 ... » more

ふみは笑うと、耕史を笑顔で睨んだ。「今、心の中であたしの悪口を言ったでしょう?」「言ってないよ」「絶対言ったよ」「言ってない」耕史の額に汗が滲む。(エスパーかよ)「酷いな」ふくれる彼女 ... » more

レントゲン室の前にある長イスに、一人の女性がすわっている。肩に触れるか触れないかの黒髪。目がパッチリしていて、口を真一文字にしている感じがかわいい。爽やかなブルーのワンピース。短めな丈。裸足にスニーカー。レントゲン室から技師の川北耕 ... » more

赤雪は牢獄の中で美玲のことを考えていた。死刑にはならない。無期懲役にもならない。必ず出所する。「ふふふ」どうやって美玲にお返しをしようか。また手足を拘束されて無抵抗にされたときの美玲刑事の慌てふためく姿が見てみたい。でも、泣 ... » more

 

最終更新日: 2017/11/04 10:35

「官能小説」のブログ関連商品

» 「官能小説」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る